このページの記事リスト (全 1 ページ)

サウンドカードで光デジタル・同軸デジタルケーブルを使って音声の入出力を設定した時のメモ

自作 PC のサウンドカードには、Core 2 Duo (LGA775)時代から使っていた Creative の Sound Blaster X-Fi Fatal1ty (PCI カード) を流用して使っています。このサウンドカードの上位モデルには 5インチベイ用 X-Fi I/O ドライブが付属しており、さまざまなアナログ・デジタル入出力端子が備わっています。

いままで、ステレオミニジャックの PC スピーカーをつないで音を再生していただけなので、それ以外のアナログ・デジタル入出力端子を使うことはなく、5インチドライブベイを埋めて飾っているだけの存在でしかありませんでした。

このサウンドカードが使えるうちに、将来購入を考えている DAC にデジタルケーブルをつないでヘッドホンで音を聴きたいと思い、環境構築を想定して 5インチベイ用 X-Fi I/O ドライブから音声出力の動作確認のため Amazon ベーシック 同軸デジタルオーディオケーブル 2.4mAmazon ベーシック TOSLINK (トスリンク) デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8m を購入。

2台の Sound Blaster X-Fi Fatal1ty I/O ドライブ に同軸デジタルと光デジタル(TOSLINK)ケーブルを接続して、Windows のサウンドコントロールパネルと Creative コンソールランチャ(Creative オーディオコントロールパネル)をさわって、音声の入出力を設定してみました。

関連記事
Amazon ベーシック 同軸デジタルオーディオケーブル 2.4m 購入 Amazon ベーシック TOSLINK トスリンク デジタルオーディオ オプティカルケーブル 1.8m 購入
続きを読む

低予算でできるロジクール Z120BW スピーカーの音質向上・改善をやってみました

自作 PC のメインスピーカーとして格安小型スピーカー ロジクール ステレオスピーカー Z120 を長年使っています。

関連記事

たまたま、このスピーカーについてのネット情報を調べていた時に、あまりお金をかけずに音質をカンタンに向上させる方法を見つけました。

今回の記事ではそれらの情報をもとに、低予算でできる ロジクール ステレオスピーカー Z120 の音質向上・改善を実践してみることにしました。

ロジクール Stereo Speakers Z120BW 音質改善環境完成、国産ヒノキ 90mm角材×長さ100mm 無塗装 木製インシュレーター、大里 セーフティークッション 25丸 PR-001 3点支持、USB 電源を PC・USB ハブからパナソニック スマートフォン対応 USB 出力 AC アダプター QE-AP108-D に変更
続きを読む
おすすめ記事&広告