このページの記事リスト (全 1 ページ)

Borderless Gaming を使ってゲーム画面のアスペクト比を維持したまま、ウィンドウ枠を消去してボーダーレスウィンドウ(仮想フルスクリーン)でゲーム画面を表示する方法

使用している液晶モニターの解像度が WUXGA (1920 x 1200 アスペクト比 16:10) なのですが、DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) をプレイする時に使いたい表示方法と対応解像度がないという致命的な仕様があります。

関連記事

ゲームをフルスクリーンモードでプレイする時は解像度 1920 x 1200 が用意されているので、WUXGA モニター上でフルスクリーンでプレイするには問題ありません。

またフルスクリーンモードでは 解像度 1920 x 1080 も用意されているため、フル HD モニター (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) でフルスクリーンでプレイする場合でも特に問題ありません。

問題となるのは、フルスクリーンからウィンドウモードに変更すると、解像度がフル HD (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) までしか用意されておらず、さらにウィンドウモードのためゲーム画面の縦横にウィンドウ枠が表示されてしまうので、ゲーム画面を手動で 1ドットのズレもなくモニター内に表示させることが困難 になることです。

また、フル HD モニターを使っている人でもウィンドウモードで 1920 x 1080 に変更すると、ウィンドウ枠が表示されてしまうため、おそらくモニター内に 1ドットのズレもなくゲーム画面を表示させるのは難しいかと思われます。

ゲーム内で仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)が用意されていればこのような苦労はないのですが、残念ながら DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) では設定できません。(おそらく、DirectX 9 版にもこの仮想フルスクリーンの設定はないと思われます)

そこで出番となるのが 仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)にできるソフトウェアを使う ことです。このツールに関しては 以前の記事 で簡単に紹介しています。

これらのソフトウェアはいくつかあり、基本的にどれも仮想フルスクリーンで動作しますので、アスペクト比が崩れずゲーム画面が表示できるのであれば、あとは使い勝手や機能など好みで選ぶことになるかと思います。

関連記事

仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)ができるソフトウェアについて、液晶モニターの画面解像度とウィンドウモードで表示したゲーム画面の解像度が同じで、アスペクト比を維持したままウィンドウ枠を消去してゲーム画面を表示したい、といった用途でなら最適なツールとなります。

ただ、私が持っている WUXGA モニター (1920 x 1200 アスペクト比 16:10)ではこれらのソフトウェアを使用すると、ゲーム画面の解像度 1920 x 1080 (アスペクト比 16:9) では縦に引き延ばされるような解像度となってしまい、アスペクト比が崩れてしまいます。

そこで今回の記事では、ゲーム解像度(アスペクト比)≠モニター解像度(アスペクト比)でも、アスペクト比を崩さずゲーム画面を仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)に表示できるツール 「Borderless Gaming」 を使った設定方法を紹介します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Borderless Gaming 8.4 起動、Applications に現在起動中のプログラムが表示 Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 座標位置(0,60)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態
続きを読む
おすすめ記事&広告