このページの記事リスト (全 1 ページ)

ダークソウルシリーズのゲームシステムからみるダークソウル リマスターへの期待と不安、ダークソウル リマスターで気になる点・改善してほしいと思うことをピックアップしてみました

2018年1月に DARK SOULS REMASTERED (ダークソウル リマスター) が発表、同年5月に発売予定となったのをきっかけに、久しぶりに 各種 MOD を導入 した Steam 版 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (日本語版タイトル)、DARK SOULS: Prepare To Die Edition (英語版タイトル) をプレイしました。

当時は PS3 版も含めかなり夢中になってプレイしたゲームですが、その後リリースされた続編の DARK SOULS II (PS3 版のみ通しでクリア、DLC 未プレイ)、DARK SOULS II: Scholar of the First Sin (PC 版のみ途中までプレイ、未クリア)、DARK SOULS III (PC 版 DLC 含め一通りクリア済み) とソウルシリーズを一応プレイしてきた身としては(ただし、マルチはほぼ白プレイ、侵入はほぼゼロ)、当時のシステムをそのまま移植しただけの内容になってしまうと、初代を知らないユーザーから見るとシステムが不便・不親切に見えたりして、いろいろと不満が出るんじゃないかという気がします。

PS3 版ダークソウル リリース当初は凶悪な仕様やバグなどがありで大変だったようですが、パッチでいろいろ修正されたことによりだいぶ遊びやすくなったような流れだったと記憶しています。(私の場合はリリース後、しばらく経過してから初プレイ)

今回の記事ではオリジナルの DARK SOULS の主要なゲームシステム部分に注目して、ナンバリングタイトルと異なる部分・気になる点(多くの方が不満を感じると思われる)をピックアップしてみました。(画像はすべて PC 版 DARK SOULS)

リマスターということで画質の向上だけでなく各種大量のバグ修正にも期待できますが、マルチプレイの人数が 4人から 6人へと変更されていたりと、リマスターの範囲を超えていると思われる仕様変更もアナウンスされています。

リマスターということで初代ダークソウルのゲームシステムの刷新はあまり期待できませんが、DARK SOULS REMASTERED (ダークソウル リマスター) では初代ダークソウルにあった各種ゲームシステムについてできるだけ改善や緩和、内容によってはテコ入れをしてほしいところです。

以下、DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (DARK SOULS: Prepare To Die Edition) に関するネタバレが含まれる可能性があります。また、ゲームシステムについてすべての仕様を確認したわけではないので、間違った情報が含まれている可能性があります。

関連記事
初代ダークソウルやソウルシリーズのゲームシステムからみるダークソウル リマスターへの期待と不安、ダークソウル リマスターで改善してほしいと思うことをピックアップ
続きを読む
おすすめ記事&広告