このページの記事リスト (全 8 ページ)

トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロスから、サイドフロー型 CPU クーラー REEVEN OURANOS(RC-1401)に換装しました

長年、CPU クーラーには サイズのグランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を使ってきました。冷却能力に不満はなかったのですが、非常に大きい CPU クーラーのため PC ケースに取り付けたリアファンとの隙間はほとんどありません。そのため、リアファンを着脱したい場合かなり大変な作業になり、効率よくメンテナンスすることができません。

また、マザーボード上を覆うくらいの大きさもあって、PC ケースにマザーボードを取り付けたままだと CPU 周辺のマザーボードの状態がほとんど見えなくなってしまいます。そのため、PC ケースを横に倒してネジなどの小さいものが落ちてしまった場合は、見つけるのが困難になります。

さらに、CPU クーラーには GELID の PWM 12cm ファン+アイネックス ファンガードを取り付けていたため風量がかなり落ちる構成にしていました。トップフロー型のグランド鎌クロスですが背が高いため、風量が落ちたファンではマザーボードまで風が届いておらず、CPU 周辺の VRM 冷却はほとんどできていなかった可能性があります。

以上のように、非常に大きい CPU クーラーゆえにメンテナンス時においてはかえってそれが邪魔になってしまうことがあり、トップフロー型本来のメリットである CPU 周辺を冷却するということができていませんでした。

それに長い間熱伝導グリスを塗りなおしていないので、その辺の見直しも含めて新しい CPU クーラーに換装しようかと思いいろいろ探したところ、ちょうどよく REEVEN のサイドフロー型 CPU クーラー OURANOS RC-1401 が処分特価で売られているのを発見!下調べをして特に問題がなさそうでしたので購入しました。

今回の記事では長い間お世話になった トップフロー型のグランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を引退させて、サイドフロー型の REEVEN OURANOS RC-1401 に換装してみました。運よくかなり安く CPU クーラーを手に入れることができましたので、ついでに熱伝導グリスと別売り 14cm PWM ファンもまとめて購入して使ってみました。

関連記事
ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンを取り付け、CPU クーラー固定用マウントバーのネジとファンが接触しない程度にすき間を作ってファングリップで固定 ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボード、REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに装着した Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンの取り付け位置、ファンの取り付け位置を下げると CPU クーラー固定用マウントバーのネジがファンと接触してしまうため、ファンがネジと接触しない程度の位置に固定した場合は画像のような高さの位置になる ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーと Three Hundred Two AB に取り付けたリアファンとの空間 ASUS P8Z68-V LE LGA1155 マザーボード、REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに装着した Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンの取り付け位置、ファンの取り付け位置を下げると CPU クーラー固定用マウントバーのネジがファンと接触してしまうため、ファンがネジと接触しない程度の位置に固定した場合は画像のような高さの位置になる、ASUS P8Z68-V LE LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーと Three Hundred Two AB に取り付けたリアファンとの空間
続きを読む

USB 3.0(ルネサス) と SATA(ASMedia) が使える PCI Express 低価格コンボカードを購入しました

使用しているマザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 にはオンボードの Marvell SATA チップ(88SE9172)が搭載しており、このポートには SATA DVD ドライブを接続して使っていました。(IDE Mode → DVD ドライブ消失トラブルのため AHCI Mode に変更後安定)

関連記事

新しいHDD 増設にともない、空きのあった Marvell の SATA ポートに HDD をつないで動作確認をしたところ、イベントビューワーに大量のエラーログが発生、SMART 値では C7 UltraDMA CRC エラー数が短時間に怒涛のカウント されてしまうという事態となってしまいました。

エラーが収まる気配がないため、SATA ポートがあるインターフェースカードを購入することに。PC ケースのシャドウベイに増設できる HDD があと 2台まででしたので、SATA ポートが 2つある PCI Express インターフェースを探したところ、Marvell か ASMedia チップなら約 2~3,000円程度で手に入れられることがわかりました。

ただ、以前より USB 3.0 のルネサスチップ搭載のインターフェースカードも増設したいと考えていたので、USB 3.0(ルネサスチップ)と SATA ポートをまとめて増設できないかと調べていたところ、両方のチップを搭載したコンボカード オウルテック インターフェースボード(USB 3.0/SATA3.0 コンボカード) OWL-PCEXCMU3ST3 という商品を発見しました。

しかし、国内で購入できる USB 3.0(ルネサス)・SATA コンボカードは調べた限りおそらくこれしかなく、競合製品がないためか値段も 5,000円ほどくらいします。サブ PC にも増設したいため 2枚購入を考えていましたが、これだと約 10,000円ほどの出費となってしまいます。

このタイプのコンボカードでもっと安い値段で購入できないかと調べたところ、海外の Amazon.com で国内相場の約半額(+送料)で購入できる Syba 2 Port USB 3.0 and 2 Port SATA III PCIe 2.0 X 1 Card (SD-PEX50063) という商品を発見しましたのでこちらを購入。PC に取り付けてドライバのインストールやファームウェアの更新、新しく購入した HDD の動作確認などを行いました。

SYBA SD-PEX50063 (2 Port USB 3.0 and 2 Port SATA III PCI Express 2.0 x1 Card) Renesas uPD720202 / ASMedia 1061 開封、カード本体
続きを読む

OS が入った HDD を SSD に換装するため、Crucial の 3年保証がついた 525GB の SSD MX300 (CT525MX300SSD1) を購入しました

長年 HDD に OS (Windows 7 64bit Pro) をインストールした状態で使っていましたが、PC の電源を入れたり再起動した際に OS の起動、同時に立ち上がるプログラムや Windows Update 時の更新時など、すべて起動し終えるまでかなりの時間がかかっておりました。

そろそろ SSD に換装したいと思い、MLC を搭載した SSD あたり(この時点では TLC は候補外)を購入しようかと様子を見ていましたが、本命だった SanDisk の Extreme PRO シリーズ2016年12月で生産完了、後継の予定なし、流通在庫で販売終了、値上がりに転じたため別の SSD 機種を探すことに。

その後、2017年は NAND 供給不足により SSD が値上がりするという予測 というニュースもあったので、値上がりする前に SSD を確保すべく、値段と容量・保証のバランス、ユーザーレビューなどを考慮した結果、3D TLC NAND を採用した Crucial SSD MX300 525GB 3年保証 CT525MX300SSD1 を 2台購入しました。

今回の記事では PC に SSD のセットアップから、HDD から SSD へ換装・OS を移行する一連の作業内容を公開します。

Crucial Micron SSD MX300 525GB 3D TLC NAND 3年保証 CT525MX300SSD1 2個 購入
続きを読む

ビデオカードの垂れ下がりを防止する国産グラフィックスカードホルダー、長尾製作所の 「VGA サポートステイ」 を購入しました

PC ケース内に装着してあるビデオカード、全長 30cm もある GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD の重量による垂れ下がりを防止するため、国産グラフィックスカードホルダーの 「長尾製作所 VGA サポートステイ L 自己粘着式 SS-NVGASTAY02-L」 を購入しました。

開封して中身のチェックと、ビデオカードに取り付けてみましたので、簡単にレビューしてみます。

関連記事
PC ケース内にあるビデオカードに長尾製作所 VGA サポートステイ L 自己粘着式 SS-NVGASTAY02-L を取り付けたところ、フックはビデオカードのファン部分ではなく鉄板バックプレート側一番端部分を支えるように設置、別角度ズームイン撮影 (PC 構成内容、マザーボード:ASUS P8Z68-V PRO/GEN3、ビデオカード:Gigabyte Geforce GV-N970G1 GAMING-4GD、PC ケース:Three Hundred Two AB、電源ユニット:SilverStone STRIDER Gold Evolution SST-ST75F-G-E)
続きを読む

3連ファンと大型ヒートシンクで冷却特化した GIGABYTE(ギガバイト) のバックプレート付き GeForce GTX 970 を購入しました

今までメイン PC で使用していたビデオカード ZOTAC GeForce GTX 570 ZT-50203-10M ですが、新作 3D ゲームをプレイするのに性能不足を感じるようになったので、新しいビデオカードに交換することにしました。

関連記事

ビデオカードの性能以外にもファンが一つしかないため、フルロードで稼働するとものすごくファンの音がうるさくなり、ファンの轟音むなしく温度が非常に高くなってしまう状態になります。

そのため、ゲーム内の設定を下げるしかないのですが、それでも解決できるというわけでもなく最終的に新しいグラボを購入する運びとなりました。

以上の経緯から新しいビデオカードは性能だけでなく、ファンや冷却が優れているものを重視していろいろ調べて吟味した結果、セールで少し安くなっていた GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD を購入しました。

今回の記事では開封してビデオカードの確認とメイン PC への換装、ベンチマークなどを計測してみました。

GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD 購入 GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD ビデオカード本体 3連ファン GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD ビデオカード本体 接続端子とホコリ防止カバー GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD ビデオカード本体 3連ファン 側面 GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD ビデオカード本体 バックプレート側
続きを読む
おすすめ記事&広告