このページの記事リスト (全 11 ページ)

ダークソウルシリーズのゲームシステムからみるダークソウル リマスターへの期待と不安、ダークソウル リマスターで気になる点・改善してほしいと思うことをピックアップしてみました

2018年1月に DARK SOULS REMASTERED (ダークソウル リマスター) が発表、同年5月に発売予定となったのをきっかけに、久しぶりに 各種 MOD を導入 した Steam 版 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (日本語版タイトル)、DARK SOULS: Prepare To Die Edition (英語版タイトル) をプレイしました。

当時は PS3 版も含めかなり夢中になってプレイしたゲームですが、その後リリースされた続編の DARK SOULS II (PS3 版のみ通しでクリア、DLC 未プレイ)、DARK SOULS II: Scholar of the First Sin (PC 版のみ途中までプレイ、未クリア)、DARK SOULS III (PC 版 DLC 含め一通りクリア済み) とソウルシリーズを一応プレイしてきた身としては(ただし、マルチはほぼ白プレイ、侵入はほぼゼロ)、当時のシステムをそのまま移植しただけの内容になってしまうと、初代を知らないユーザーから見るとシステムが不便・不親切に見えたりして、いろいろと不満が出るんじゃないかという気がします。

PS3 版ダークソウル リリース当初は凶悪な仕様やバグなどがありで大変だったようですが、パッチでいろいろ修正されたことによりだいぶ遊びやすくなったような流れだったと記憶しています。(私の場合はリリース後、しばらく経過してから初プレイ)

今回の記事ではオリジナルの DARK SOULS の主要なゲームシステム部分に注目して、ナンバリングタイトルと異なる部分・気になる点(多くの方が不満を感じると思われる)をピックアップしてみました。(画像はすべて PC 版 DARK SOULS)

リマスターということで画質の向上だけでなく各種大量のバグ修正にも期待できますが、マルチプレイの人数が 4人から 6人へと変更されていたりと、リマスターの範囲を超えていると思われる仕様変更もアナウンスされています。

リマスターということで初代ダークソウルのゲームシステムの刷新はあまり期待できませんが、DARK SOULS REMASTERED (ダークソウル リマスター) では初代ダークソウルにあった各種ゲームシステムについてできるだけ改善や緩和、内容によってはテコ入れをしてほしいところです。

以下、DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (DARK SOULS: Prepare To Die Edition) に関するネタバレが含まれる可能性があります。また、ゲームシステムについてすべての仕様を確認したわけではないので、間違った情報が含まれている可能性があります。

関連記事
初代ダークソウルやソウルシリーズのゲームシステムからみるダークソウル リマスターへの期待と不安、ダークソウル リマスターで改善してほしいと思うことをピックアップ
続きを読む

Steam 版 METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ) でゲームコントローラー無効化とフレームレート上限 60fps を解除する方法

2018年2月に発売された Steam 版 METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ) をキーボード・マウスでプレイしているのですが、コントローラーをサポートするアップデート後に、ゲーム内操作画面のアイコンがコントローラーのボタンになり、一部の操作が受け付けなくなる現象が発生してしまいました。

ネットで調べてみると、どうやらデバイスマネージャーで 「HID 準拠ゲームコントローラー」 などのゲームコントローラーがある状態だと、ゲーム内ではコントローラーを使っていると認識してしまうようです。

今回の記事は Steam 版 METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ) のゲーム内で勝手にコントローラーとして認識してしまった状態を解除して、キーボード・マウスでプレイできるよう設定を変更してみました。

また、Steam 版 METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ) のフレームレートは 60fps が上限となっていますが、ファイル内設定を書き換えることで fps 上限を解除できるので、その設定も合わせてやってみました。

関連記事
PC Steam METAL GEAR SURVIVE(メタルギア サヴァイヴ) ゲームコントローラー・ゲームパッド無効化方法、60fps上限解除・60fps制限解除方法
続きを読む

PC 版 Destiny 2 で STUN テスト(NAT タイプ) モデレートからオープンに変更する方法

PC 版 Destiny 2 で STUN テスト(NAT タイプ) が モデレート だったので、マルチプレイがつながりやすくなる オープン に設定を変更してみました。

PC 版 Destiny 2 ネットワークデータ STUN テスト(NAT タイプ) モデレート PC 版 Destiny 2 ネットワークデータ STUN テスト(NAT タイプ) オープン
続きを読む

PC ゲームで OS 巻き込んでフリーズしたり、ディスプレイドライバーの応答停止と回復でゲームがクラッシュしてまともにゲームできない場合の対処方法

最近 PC ゲームをプレイしている最中に OS ごと巻き込んで完全にフリーズしたり、ゲームがクラッシュして 「ディスプレイドライバの応答停止と回復」 が表示されたりと、一度だけでなく何度も同じことが繰り返されて、まともにゲームがプレイできない状態が続いておりました。

いろいろ調べて試行錯誤してみた結果、原因とその対処方法がわかりましたので、その内容を記事にまとめてみました。

Call of Duty : WWII オープンベータプレイ時にゲームがクラッシュ、DirectX に回復不能なエラーが発生しました IDXGISwapChain::Present failed: (error 0x887a0005) GetDeviceRemovedReason returned DXGI_ERROR_DEVICE_HUNG エラーメッセージ
続きを読む

公式日本語化された PC 版 OUTLAST を非公式日本語訳に変更したときのメモ

PC 版 Outlast を公式日本語訳から 非公式 日本語訳に変更したときのメモです。

PC 版 Outlast リリース直後は日本語は入っておらず、しばらくして有志の方が翻訳した非公式日本語化ファイル(本編のみ、メニューなど一部は英語のまま?、DLC 未翻訳)が公開されていました。

その後、本編および DLC を含め公式で日本語が実装されたことにより、日本語化への作業が不要となった経緯があります。

ただ、日本語訳の内容に関しては非公式のほうが評判がいいらしいということで、非公式日本語化の方法について調べてみたところ、公式と非公式日本語訳を切り替える方法がネット上で見つかったので、動作確認をしてみました。

Steam 版 Outlast 公式日本語化の変更方法、ゲームタイトル画面から Option → General にある Language から NIHONGO を選択すると公式日本語訳になる
続きを読む
おすすめ記事&広告