このページの記事リスト (全 16 ページ)

トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロスから、サイドフロー型 CPU クーラー REEVEN OURANOS(RC-1401)に換装しました

長年、CPU クーラーには サイズのグランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を使ってきました。冷却能力に不満はなかったのですが、非常に大きい CPU クーラーのため PC ケースに取り付けたリアファンとの隙間はほとんどありません。そのため、リアファンを着脱したい場合かなり大変な作業になり、効率よくメンテナンスすることができません。

また、マザーボード上を覆うくらいの大きさもあって、PC ケースにマザーボードを取り付けたままだと CPU 周辺のマザーボードの状態がほとんど見えなくなってしまいます。そのため、PC ケースを横に倒してネジなどの小さいものが落ちてしまった場合は、見つけるのが困難になります。

さらに、CPU クーラーには GELID の PWM 12cm ファン+アイネックス ファンガードを取り付けていたため風量がかなり落ちる構成にしていました。トップフロー型のグランド鎌クロスですが背が高いため、風量が落ちたファンではマザーボードまで風が届いておらず、CPU 周辺の VRM 冷却はほとんどできていなかった可能性があります。

以上のように、非常に大きい CPU クーラーゆえにメンテナンス時においてはかえってそれが邪魔になってしまうことがあり、トップフロー型本来のメリットである CPU 周辺を冷却するということができていませんでした。

それに長い間熱伝導グリスを塗りなおしていないので、その辺の見直しも含めて新しい CPU クーラーに換装しようかと思いいろいろ探したところ、ちょうどよく REEVEN のサイドフロー型 CPU クーラー OURANOS RC-1401 が処分特価で売られているのを発見!下調べをして特に問題がなさそうでしたので購入しました。

今回の記事では長い間お世話になった トップフロー型のグランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を引退させて、サイドフロー型の REEVEN OURANOS RC-1401 に換装してみました。運よくかなり安く CPU クーラーを手に入れることができましたので、ついでに熱伝導グリスと別売り 14cm PWM ファンもまとめて購入して使ってみました。

関連記事
ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンを取り付け、CPU クーラー固定用マウントバーのネジとファンが接触しない程度にすき間を作ってファングリップで固定 ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボード、REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに装着した Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンの取り付け位置、ファンの取り付け位置を下げると CPU クーラー固定用マウントバーのネジがファンと接触してしまうため、ファンがネジと接触しない程度の位置に固定した場合は画像のような高さの位置になる ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーと Three Hundred Two AB に取り付けたリアファンとの空間 ASUS P8Z68-V LE LGA1155 マザーボード、REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーに装着した Phanteks PH-F140HP_RD 140mm口径 PWM 汎用ファンの取り付け位置、ファンの取り付け位置を下げると CPU クーラー固定用マウントバーのネジがファンと接触してしまうため、ファンがネジと接触しない程度の位置に固定した場合は画像のような高さの位置になる、ASUS P8Z68-V LE LGA1155 マザーボードに装着した REEVEN OURANOS RC-1401 CPU クーラーと Three Hundred Two AB に取り付けたリアファンとの空間
続きを読む

内蔵 SATA DVD ドライブ を USB 外付けドライブ化にするため、オウルテックの OWL-PCSPS3U3U2 を購入しました

以前、HDD から SSD に OS のデータ移行した際に、SSD を 3.5インチシャドウベイではなく、マウンタに載せて 5インチドライブベイに取り付けた記事を公開 しました。

その際に 5インチドライブベイがすでに全部埋まっていたので、使用頻度が低い内蔵型 SATA DVD ドライブを取り外しています。

DVD や CD を読み込んだり書き込む頻度は減ったものの、まだまだ DVD ドライブは使う機会がありますので、安くなっていたポータブル DVD ドライブ(USB 接続)を導入しようかと思っていたのですが、ポータブル型ドライブの性能や寿命などの面で保証期間があってもなんとなく不安を感じていました。

SATA → USB に変換するアダプタは以前から持っていたのですが、SATA 電源とデータ用コネクタに別々に接続するタイプで、外付け化するとケーブル類でかなりの場所がとられてしまいます。

PC ケースに光学ドライブを取り付けるスペースがもうないため、どのような形で DVD や CD を取り扱おうかと調べていたところ、SATA の HDD や 光学ドライブのコネクタにコンパクトにまとめて接続する USB 変換アダプタ オウルテック OWL-PCSPS3U3U2 を発見。

値段はポータブル DVD ドライブ(USB 接続)とほとんど変わりませんが、手持ちの内蔵型 SATA DVD ドライブの性能をそのまま活用できそうだと思い、オウルテック OWL-PCSPS3U3U2 を購入してみました。

開封して中身のチェックと DVD ドライブへの取り付けて動作確認をしてみます。

関連記事
2.5/3.5インチ SATA HDD/DVD ドライブ → USB3.0 用変換アダプタ、ACアダプタ付、オウルテック OWL-PCSPS3U3U2 を東芝サムスン DVDドライブ SH-222BB に装着
続きを読む

4年間まったく手入れをしなかったテンキーレスゲーミングキーボードを徹底的にクリーニング&メンテナンスしてみました

普段、PC での文字入力やゲーム操作などでは 2013年に購入した 今は亡き ダーマポイント タクティカルキーボード テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 を愛用していますが、ほとんど掃除することがなくそのまま使っていたため、かなり汚れていました。

このキーボードの開発者が別会社に移りほぼ同じ仕様・形で復活した ビット・トレード・ワン ゲーミングキーボード テンキーレスモデル BFKB92UP2 があるので、こちらに乗り換えようと考えましたが、汚れている部分以外はまだまだ問題なく使えるので、ネット情報をもとに思い切って分解・メンテナンスしてみることにしました。(DRTCKB91UP2 の分解方法は こちら を参考にしました)

関連記事
参考 URL
Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キートップをスライダーに装着してキーボードのクリーニング・メンテナンス完了 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キムワイプと無水エタノールでキートップの汚れを落とす、アーマオール プロテクタントでキートップの表面を保護&ツヤ出し、キー内側にドライファストルブ噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 プランジャー構造キースライダー側面にドライファストルブ噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キートップ内側とスタビライザー、スタビライザー取り付け穴にドライファストルブを噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キーボード溝掃除、マーナ 掃除の達人 みぞスッキリ サッシブラシ W210B の V カットブラシでハウジングフレームにたまったゴミを取り除いてきれいにする Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 ハウジングフレームのキーボード溝とプランジャー構造キースライダーが接触する部分にドライファストルブ噴射、それ以外の場所にはアーマオール プロテクタントで保護・ツヤ出し Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 分解した手順とは逆にプランジャー構造キースライダー、ラバードーム、メンブレンシート、鉄板、フィルムケーブルを取り付けてキーボード組立
続きを読む

USB 3.0(ルネサス) と SATA(ASMedia) が使える PCI Express 低価格コンボカードを購入しました

使用しているマザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 にはオンボードの Marvell SATA チップ(88SE9172)が搭載しており、このポートには SATA DVD ドライブを接続して使っていました。(IDE Mode → DVD ドライブ消失トラブルのため AHCI Mode に変更後安定)

関連記事

新しいHDD 増設にともない、空きのあった Marvell の SATA ポートに HDD をつないで動作確認をしたところ、イベントビューワーに大量のエラーログが発生、SMART 値では C7 UltraDMA CRC エラー数が短時間に怒涛のカウント されてしまうという事態となってしまいました。

エラーが収まる気配がないため、SATA ポートがあるインターフェースカードを購入することに。PC ケースのシャドウベイに増設できる HDD があと 2台まででしたので、SATA ポートが 2つある PCI Express インターフェースを探したところ、Marvell か ASMedia チップなら約 2~3,000円程度で手に入れられることがわかりました。

ただ、以前より USB 3.0 のルネサスチップ搭載のインターフェースカードも増設したいと考えていたので、USB 3.0(ルネサスチップ)と SATA ポートをまとめて増設できないかと調べていたところ、両方のチップを搭載したコンボカード オウルテック インターフェースボード(USB 3.0/SATA3.0 コンボカード) OWL-PCEXCMU3ST3 という商品を発見しました。

しかし、国内で購入できる USB 3.0(ルネサス)・SATA コンボカードは調べた限りおそらくこれしかなく、競合製品がないためか値段も 5,000円ほどくらいします。サブ PC にも増設したいため 2枚購入を考えていましたが、これだと約 10,000円ほどの出費となってしまいます。

このタイプのコンボカードでもっと安い値段で購入できないかと調べたところ、海外の Amazon.com で国内相場の約半額(+送料)で購入できる Syba 2 Port USB 3.0 and 2 Port SATA III PCIe 2.0 X 1 Card (SD-PEX50063) という商品を発見しましたのでこちらを購入。PC に取り付けてドライバのインストールやファームウェアの更新、新しく購入した HDD の動作確認などを行いました。

SYBA SD-PEX50063 (2 Port USB 3.0 and 2 Port SATA III PCI Express 2.0 x1 Card) Renesas uPD720202 / ASMedia 1061 開封、カード本体
続きを読む

OS が入った HDD を SSD に換装するため、Crucial の 3年保証がついた 525GB の SSD MX300 (CT525MX300SSD1) を購入しました

長年 HDD に OS (Windows 7 64bit Pro) をインストールした状態で使っていましたが、PC の電源を入れたり再起動した際に OS の起動、同時に立ち上がるプログラムや Windows Update 時の更新時など、すべて起動し終えるまでかなりの時間がかかっておりました。

そろそろ SSD に換装したいと思い、MLC を搭載した SSD あたり(この時点では TLC は候補外)を購入しようかと様子を見ていましたが、本命だった SanDisk の Extreme PRO シリーズ2016年12月で生産完了、後継の予定なし、流通在庫で販売終了、値上がりに転じたため別の SSD 機種を探すことに。

その後、2017年は NAND 供給不足により SSD が値上がりするという予測 というニュースもあったので、値上がりする前に SSD を確保すべく、値段と容量・保証のバランス、ユーザーレビューなどを考慮した結果、3D TLC NAND を採用した Crucial SSD MX300 525GB 3年保証 CT525MX300SSD1 を 2台購入しました。

今回の記事では PC に SSD のセットアップから、HDD から SSD へ換装・OS を移行する一連の作業内容を公開します。

Crucial Micron SSD MX300 525GB 3D TLC NAND 3年保証 CT525MX300SSD1 2個 購入
続きを読む
おすすめ記事&広告