このページの記事リスト (全 5 ページ)

スプレーを使って Xbox 360 コントローラー(ホワイト)をメンテナンスしてみました

こちらの記事 で用意したメンテナンス用スプレーを使って、手持ちのゲームコントローラー を分解・メンテナンスしていきます。

※ ゲームコントローラーに使うメンテナンス用スプレーはネット上にある各種情報を参考にして選んでいますが、使用した本人(awgs)はこの手の内容について完全に素人判断で購入・使用しています。使用したスプレー・箇所によっては効果がないところがあるかもしれませんし、かえって悪化する可能性があります。

何らかの問題が起きても、責任は一切負えませんのでご注意ください。コントローラーの保証期間が残っているのであれば、分解はせずメーカーなどで保証を受けるなど検討してください。

Xbox 360 コントローラー(ホワイト) スプレーを使ってメンテナンス、スプレーによるメンテナンス完了後、元通りに組み立てて動作確認する
続きを読む

スプレーを使って Xbox 360 コントローラー(ブラック)をメンテナンスしてみました

こちらの記事 で用意したメンテナンス用スプレーを使って、手持ちのゲームコントローラー Xbox 360 コントローラー リキッドブラック を分解・メンテナンスしていきます。

手持ちのコントローラーの中では一番新しいため、メンテナンスが難しいと思われる部品のところには、今回スプレーを使用していません。

※ ゲームコントローラーに使うメンテナンス用スプレーはネット上にある各種情報を参考にして選んでいますが、使用した本人(awgs)はこの手の内容について完全に素人判断で購入・使用しています。使用したスプレー・箇所によっては効果がないところがあるかもしれませんし、かえって悪化する可能性があります。

何らかの問題が起きても、責任は一切負えませんのでご注意ください。コントローラーの保証期間が残っているのであれば、分解はせずメーカーなどで保証を受けるなど検討してください。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、スプレーによるメンテナンス完了後、元通りに組み立てて動作確認する
続きを読む

黄ばんだ Xbox 360 コントローラー (ホワイト) を漂白剤で白くしてみました

今まで特に気にしていなかったのですが、過去に十字キーの改造をしたりクリーニングなどのメンテナンスをしてきた Xbox 360 コントローラー (ホワイト) のプラスチックカバーのところどころに、クリーニングしても取れない黄ばみのような汚れがこびりついているのを発見しました。

画像ではわかりにくいのですが、アナログスティックや十字キーがあるプラスチックカバーの縁のまわりに黄ばみのような汚れがあります。

Xbox 360 コントローラー (ホワイト) 黄ばみ取り作業 黄ばんでいる Xbox 360 コントローラー (ホワイト)

Xbox 360 コントローラーに付着している黄ばみを取り除くために、以前プレイステーションコントローラーの黄ばみ取りに使用した 「酸素系漂白剤 + 紫外線」 の組み合わせを使ったプラスチックカバーの漂白を試してみました。

関連記事
Xbox 360 コントローラー (ホワイト) 黄ばみ取り完了後、組み直した Xbox 360 コントローラー Xbox 360 コントローラー (ホワイト) 黄ばみ取り完了 アナログスティックカバーとシリコンコントローラーカバーを装着
続きを読む

Xbox 360 コントローラーのアナログスティック干渉トラブルのため、アナログスティックの高さを調節改造してみました

ゲームプレイ時の操作性の改善と手垢とホコリ付着防止のため、手持ちの新旧 Xbox 360 有線コントローラー (新・・・ブラック、旧・・・ホワイト) のアナログスティックに アクラス PS3用 コントローラーキャップセット のアナログスティックカバーを、コントローラー本体には Microsoft Xbox 360 シリコンコントローラーカバー ホワイト を装着していますが、ここで一つ大きな問題点が見つかりました。

関連記事

下の画像を見てもらいますと、アナログスティックを最大限に傾けたときに、スティックのゴムカバーとコントローラーのシリコンカバーが接触して引っかかったままとなり、そのままスティックレバーが戻らなくなるという状態になってしまいました。

カバーを装着した手持ちの Xbox 360 コントローラーのアナログスティックが必ずしもこうなるわけではなく、特定の方向に傾けたときだけこのようにレバーが戻らなくなる現象になるのですが、それ以外の方向に傾けたときにも引っかかりがあり、スティックの操作に難がある状態となっていました。

コントローラーに装着したアナログスティックカバーかシリコンコントローラーカバーのどちらかを取り外せばこの問題は解決しますが、できればこれらのグッズを装着したままコントローラーを使いたいので、解決策を模索することになりました。

シリコンコントローラーカバー装着済み Xbox 360 コントローラーとカバー付きアナログスティックの干渉トラブル Xbox 360 コントローラー(ホワイト) アナログスティックがコントローラー本体シリコンコントローラーカバーに引っかかってアナログスティックのレバーが戻らない現象

コントローラーを分解してアナログスティックを調べたり、ネットでググって似たような症状と対策方法を調べた結果、どうやらアナログスティックの軸部分になにか適当なものを詰め込めば、スティックの高さを調節できることがわかりました。

この方法を少し応用してアナログスティックの高さ調整を行い、アナログスティックカバーとシリコンコントローラーカバーを装着したままでも、アナログスティックのレバー干渉を起こさないよう対策してみました。

シリコンコントローラーカバー装着済み Xbox 360 コントローラーとカバー付きアナログスティックの干渉トラブル 2mm×3mm にカットした綿棒のプラスチック軸を、アナログスティックの軸穴に詰める シリコンコントローラーカバー装着済み Xbox 360 コントローラーとカバー付きアナログスティックの干渉トラブル アナログスティックの軸穴に入れた、2mm×3mm にカットした綿棒のプラスチック軸
続きを読む

Xbox 360 コントローラーのケーブル断線対策をしてみました

有線タイプの Xbox 360 コントローラーはケーブルの断線が発生しやすいためか、断線したケーブルを修理するなどのブログ情報をいくつか見たことがありました。

手持ちの新旧 Xbox 360 有線コントローラー (新・・・ブラック、旧・・・ホワイト) を調べてみると、コントローラーケーブル末端付近には、ケーブル皮膜と一体型になった筒状のフェライトコアが取り付けられています。

確証はありませんが、おそらくコントローラーを持っているときに、このフェライトコアの重みによってケーブル根元部分から何回も極端に垂れ下がったり曲げてしまうことで、ケーブル断線が発生しやすくなる状況になるのではないかと考えられます。(画像赤丸箇所)

幸い手持ちの Xbox 360 コントローラーではケーブル断線は発生しておりませんが、念のためケーブル断線対策をしてみることにしました。

Xbox 360 コントローラーケーブル 断線対策 コントローラーケーブル根本とフェライトコア間にケーブル断線対策を施す

このケーブル断線問題はケーブル全般によくあることみたいで(Lightning ケーブルの断線が有名)、いくつかの断線対策がすでにネット上で公開されています。今回はネット上で公開されているケーブル断線対策とは別の方法で試してみることにしました。

断線しやすい部分と思われる箇所に プラス ねじりっこ カッター付 TF-800 ホワイト をケーブルに巻いて補強してみることにしました。

Xbox 360 コントローラーケーブル 断線対策用に鉄線入りビニールひも 「ねじりっこ」 購入 Xbox 360 コントローラーケーブル 断線対策 Xbox 360 コントローラー(ホワイト)に 26cm にカットした鉄線入りビニールひも 「ねじりっこ」 を巻いたところ Xox 360 コントローラーケーブル 断線対策  Xbox 360 コントローラー(ブラック)に 26cm にカットした鉄線入りビニールひも 「ねじりっこ」 を巻いたところ
続きを読む