このページの記事リスト (全 1 ページ)

ゲーム画面のアスペクト比を維持したまま、仮想フルスクリーンで表示する方法

現在使用している液晶モニターの解像度が WUXGA (1920 x 1200 アスペクト比 16:10) なのですが、DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) をプレイする時に使いたい表示方法と対応解像度がないため、いくつか不便なところがあります。

関連記事

ゲームをフルスクリーンモードでプレイする時は解像度 1920 x 1200 が用意されているので、WUXGA モニター上でフルスクリーンでプレイするには問題ありません。またフルスクリーンモードでは 解像度 1920 x 1080 も用意されているため、フル HD モニター (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) でフルスクリーンでプレイする場合でも特に問題ありません。

問題となるのは、フルスクリーンからウィンドウモードに変更すると、解像度がフル HD (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) までしか用意されておらず、さらにウィンドウモードのためゲーム画面の縦横にウィンドウ枠が表示されてしまうので、ゲーム画面を 1ドットのズレもなくモニター内に表示させることが困難 になることです。

また、フル HD モニターを使っている人でもウィンドウモードで 1920 x 1080 に変更すると、ウィンドウ枠が表示されてしまうため、おそらくモニター内に 1ドットのズレもなくゲーム画面を表示させるのは難しいかと思われます。(フル HD モニターを持ってないためこの辺は未確認)

ゲーム内で仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)が用意されていればこのような苦労はないのですが、残念ながら DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) では設定できません。(おそらく、DirectX 9 版にもこの仮想フルスクリーンの設定はないかもしれない)

そこで出番となるのが 仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)にできるソフトウェアを使う ことです。このツールに関しては 以前の記事 で簡単に紹介しています。これらのソフトウェアはいくつかあり、基本的にどれも仮想フルスクリーンで動作しますので、アスペクト比が崩れずゲーム画面が表示できるのであれば、あとは使い勝手や機能など好みで選ぶことになるかと思います。

関連記事

仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)ができるソフトウェアについて、液晶モニターの画面解像度とウィンドウモードで表示したゲーム画面の解像度が同じで、アスペクト比を維持したままウィンドウ枠を消去してゲーム画面を表示したい、といった用途でなら最適なツールとなります。

ただ、私が持っている WUXGA モニター (1920 x 1200 アスペクト比 16:10)ではこれらのソフトウェアを使用すると、ゲーム画面の解像度 1920 x 1080 (アスペクト比 16:9) では縦に引き延ばされるような解像度となってしまい、アスペクト比が崩れてしまいます。

そこで今回の記事では、WUXGA モニターでもアスペクト比を崩さず、ゲーム画面を仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)に表示できるツール 「Borderless Gaming」 を使った設定方法を紹介します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Borderless Gaming 8.4 起動、Applications に現在起動中のプログラムが表示 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x0-1920x1080] に設定、以後 Borderless Gaming を起動している状態であれば設定したゲームが自動的にこの解像度と座標位置で仮想フルスクリーンで表示されるようになる Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 画面左上隅 原点座標(0,0)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x60-1920x1140] に設定 Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 座標位置(0,60)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態
続きを読む

PC 用 DirectX 11 対応版 DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (数量限定特典同梱) パッケージ版を購入しました

2015年 4月 9日に DirectX 11 対応、最大 60fps のフレームレートを実現、マルチプレイは最大 4 人から最大 6 人に、従来版からのアレンジ要素やエネミーの配置変更等、各種変更要素を盛り込んだ DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) パッケージ版 (ダウンロード版は DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) [オンラインコード])が発売されました。

PS3 版で発売された PS3 DARK SOULS II は通しですでにプレイ済みでしたが、その後発売された 三部作の DLCDARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 9 対応版) ダウンロード版 は未プレイでしたので、前々からニュースで気になっていて今回発売された完全版(完成版?) DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) パッケージ版 を購入することにしました。

開封して特典内容のチェックやゲームの動作確認、また各種関連情報等をまとめてみました。

PC 用 DirectX 11 対応版 DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (数量限定特典同梱) パッケージ版 購入
続きを読む
おすすめ記事&広告