このページの記事リスト (全 1 ページ)

4年間まったく手入れをしなかったテンキーレスゲーミングキーボードを徹底的にクリーニング&メンテナンスしてみました

普段、PC での文字入力やゲーム操作などでは 2013年に購入した 今は亡き ダーマポイント タクティカルキーボード テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 を愛用していますが、ほとんど掃除することがなくそのまま使っていたため、かなり汚れていました。

このキーボードの開発者が別会社に移りほぼ同じ仕様・形で復活した ビット・トレード・ワン ゲーミングキーボード テンキーレスモデル BFKB92UP2 があるので、こちらに乗り換えようと考えましたが、汚れている部分以外はまだまだ問題なく使えるので、ネット情報をもとに思い切って分解・メンテナンスしてみることにしました。(DRTCKB91UP2 の分解方法は こちら を参考にしました)

関連記事
参考 URL
Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キートップをスライダーに装着してキーボードのクリーニング・メンテナンス完了 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キムワイプと無水エタノールでキートップの汚れを落とす、アーマオール プロテクタントでキートップの表面を保護&ツヤ出し、キー内側にドライファストルブ噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 プランジャー構造キースライダー側面にドライファストルブ噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キートップ内側とスタビライザー、スタビライザー取り付け穴にドライファストルブを噴射 Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 キーボード溝掃除、マーナ 掃除の達人 みぞスッキリ サッシブラシ W210B の V カットブラシでハウジングフレームにたまったゴミを取り除いてきれいにする Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 ハウジングフレームのキーボード溝とプランジャー構造キースライダーが接触する部分にドライファストルブ噴射、それ以外の場所にはアーマオール プロテクタントで保護・ツヤ出し Dharma Tactical Keyboard テンキーレスタイプ DRTCKB91UP2 分解した手順とは逆にプランジャー構造キースライダー、ラバードーム、メンブレンシート、鉄板、フィルムケーブルを取り付けてキーボード組立
続きを読む

PC のケースファンから異音が発生したので、グリスを塗って修理してみました

2012~2013年ごろに PC ケース Antec Three Hundred Two AB の専用ケースファンとして組み込んだ GELID Silent12 ハイドロダイナミックベアリング 120mm ファン ですが、稼働しているファンの一つから不定期に(特に冬の寒い時間帯に)異音が発生するようになってしまいました。

関連記事

新しいファンに買い替えて交換することを考えていましたが、なんとか簡単に直す方法がないかとネットで調べてみたところ、このファンのブレード(羽根)は押し出すだけで簡単に取り外せることがわかりました。

参考 URL

さらに調べてみると、ファンの軸にグリスなどの潤滑剤を塗ることで、ファン異音がなくなる可能性があることがわかりましたので、ダメ元でケースファンを修理してみます。

以下のファン修理方法については、ネット上で調べて見つけた修理事例をもとに、実際に試してみたファンの修理記事です。完全に素人判断でやっていることなので、かえって症状が悪化したり最悪故障する可能性があります。以上の内容を踏まえた上、自己責任でお願いします。

タミヤ モリブデングリス 10g 購入 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)側 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)を引き抜いたところ GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸受け・軸穴 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸穴周辺部分にタミヤ モリブデングリスを適量注入、つまようじで軸穴にグリスを流し込む GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸全体につまようじを使ってタミヤ モリブデングリスを適量塗布
続きを読む
おすすめ記事&広告