このページの記事リスト (全 1 ページ)

安くて使いやすいカッターと、耐久性と切れ味のよい替刃(カエバ)を求めて、いろんなカッターと替刃を購入してみました

前回の記事 では切れ味が悪くなったハサミを新調しました。

関連記事
  • コスパ最強のハサミはいったいどれだ?使いやすくて切れ味が長続きする、低価格で耐久性があるハサミを購入してみました
  • http://awgsfoundry.com/blog-entry-287.html

今回の記事では、荷物の開封や段ボールを片づけるのによく使うカッターが、長年の使用でところどころ使いづらくなってしまったので、前回のハサミを一新にしたタイミングでカッターも一緒に新調することにしました。

当初はカッターについて特にこだわりはなく、とりあえずなんでもいいのかなと思っていましたが、いろいろ調べてみると各社からいろんな特長があるカッターがあることがだんだんとわかってきました。

ハサミを購入した時と同様、各社から多種多様な用途のカッターや替刃があり、値段もハサミと同等の値段で購入できることもあって、自分で使う用途を見極めて各種カッターと替刃、ついでに刃折器をまとめて購入しました。

今回購入したカッターと替刃は次のリストを基準に選択しています。

  • オートロック式カッター(スライドさせて刃を出すタイプ)
  • 耐久性と切れ味が両立した替刃(だと思うもの)
  • 予算はカッター1本500円前後(例外あり)
  • 替刃は1セット(5~10枚)でなるべく安いもの

購入の候補に挙げませんでしたが、、カッターにはオートロック式のほかにネジで刃を固定するネジロック式のカッターがあります。

ネジロック式カッターがあることは以前から知っていましたが、オートロック式のほうが刃の出し入れが簡単ですので、ネジロック式にはまったく興味がありませんでした。そのため、どのようなメリットがあるのか今まで知りませんでした。

その辺についていろいろ調べてみると、ネジロック式カッターは 「少ないパーツで構成しており堅牢で壊れにくい、刃がしっかりと押さえられガタつきがない」 といった特長や、「木材や建築資材など厚みのあるもの、硬いものなどを切る時の力仕事」 に向いており、そういった作業現場では愛用されているようです。

紙や封を切る程度の軽作業では多少刃がガタつきますがオートロック式で十分ですので、今回の記事ではオートロック式のカッターのみを購入しています。

それでは、購入したカッター・替刃を開封して使い心地や切れ味などのチェックしてみます。

参考 URL
オルファ カッター ハイパー H型 オートロック 212B 購入 オルファ カッター ハイパー AL型 193B 購入 タジマ ドライバーカッター L560 オートロック 黒 DC-L560BBL 購入 タジマ カッター ドラフィン L560 (刃は付属しておりません) DFC-L560W 購入 3M スコッチ チタンコートカッター PRO Lサイズ オートロック TI-DLA 購入 エヌティー(NT) 軽作業用カッター A-300GRP 購入
続きを読む