このページの記事リスト (全 1 ページ)

ガラス保存ビンの黄ばんだシリコーンゴムパッキンを漂白してみました

今回の記事では、購入してから 10年以上が経過した イタリアーナ ガラス保存ビン の密封用に使われている、黄ばんだシリコーンゴムパッキンを漂白してみることにしました。

以前、ネット上で同じように黄ばんだプラスチックのゲームコントローラーを漂白する方法を見つけ、漂白剤(ワイドハイター EXパワー)を浸けて日干しする(太陽の紫外線を当てる)ことにより、きれいに漂白することができた記事を公開しています。

その時調べたネット情報の中に、シリコンゴムも漂白剤と太陽の紫外線を当てることで黄ばみがきれいに取れたという記事を見つけましたので、今回シリコンゴムの漂白にチャレンジしてみることにしました。

関連記事
ワイドハイター EX パワーと太陽の紫外線で黄ばみが取れたイタリアーナ ガラス保存ビンのシリコーンゴムパッキン
続きを読む

ステンレス製ケトルの内部にこびりついた水垢をきれいに落としてみました

以前、こちらの 記事 で電気ポットの電気代節約のため、石油ストーブ上でお湯を沸かすため 「エルマース ステンレス製広口ケトル 3.2L H-2042」 を購入したのですが、シーズン中ずっと使用しているためか、ステンレスケトル内部に水垢がびっしりこびりついてしまいました。

関連記事

水垢を落とす方法やテクニックはいろいろなところで紹介されており、基本的には 「クエン酸」 や 「穀物酢」 といったものをうまく使うことできれいに落とすことができます。

今回は手持ちの 「ハインツ ホワイトビネガー 醸造酢 5L」 を使って水垢落としにチャレンジしてみました。

エルマース ステンレス製 広口ケトル 3.2L H-2042 水垢落とし、ステンレスケトル内面にこびりついた水垢 エルマース ステンレス製 広口ケトル 3.2L H-2042 水垢落とし、数時間後ステンレスケトル内部の水垢が膜状になって剥がれ落ちた状態になる エルマース ステンレス製 広口ケトル 3.2L H-2042 水垢落とし、水垢がきれいに取れたステンレスケトル
続きを読む
関連コンテンツ