このページの記事リスト (全 1 ページ)

フレッツ光のひかり電話(光 IP 電話)を申し込んで、ひかり電話ルーターの設置と設定をしてみました

2015年2月ごろに長年契約していた NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) へインターネット回線の契約に変更しました。

関連記事

今回の記事では今まで自宅で使用していたアナログ回線の電話を ひかり電話 に変更するため、ひかり電話サービスの申し込みレンタルされるひかり電話ルーター(ONU なし) の設置・設定をしてみました。

契約回線が フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps)ひかり電話 を申し込んだ場合は、ひかり電話ルーター(ONU なし) が送付されますので、機器の設置・設定とネットワーク配線をする必要があります。

ちなみに契約回線が フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ であれば ONU(光回線終端装置)とルーターが一体型となった ホームゲートウェイ がレンタルされます。(フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) は ONU(光回線終端装置) 単体がレンタル)

関連記事

ホームゲートウェイ にはひかり電話ルーターの機能が備わっていますので、アナログ電話からひかり電話にする際には機器を追加・設置するといった手間が省けるようになっています。(ひかり電話の申し込みは必要、電話線は ホームゲートウェイ の TEL ポートに接続)

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ を申し込まず、フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) を申し込んだ経緯については 以前の記事 をお読みください。

関連記事

ホームゲートウェイフレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ) にしなかった理由を簡単にまとめると・・・

  • ホームゲートウェイ のルーター機能に不安(特に使い勝手や今まで設定を触った実績がなく未知数)
  • 複数の自前ルーターを用意してデバイス別に PPPoE 接続するネットワークを構築したいため (ホームゲートウェイUNI ポート をスイッチングハブで分岐させる方法はあるが配線が面倒、ホームゲートウェイに PPPoE ブリッジ(パススルー) を設定して配下にルーターを設置する方法はあるが二重ルーター構成は避けたい)
  • ネットワーク通信とひかり電話を同じ ホームゲートウェイ に接続して処理させたくない
  • ホームゲートウェイ (特にルーター部分)が故障してしまった場合、ネットワークのダウンタイムを避けたい(ONU 以外の故障なら自前ルーターで代用できるようにしておきたいため)

・・・と、かなり個人的な理由によるものがあります。

ひかり電話(光IP電話)申し込み、ひかり電話ルータ RT-S300SE(単体型) 専用スタンド取り付け後のひかり電話ルータ RT-S300SE ひかり電話(光IP電話) ひかり電話ルータ RT-S300SE(単体型) 設定、ログイン後のメニュー画面
続きを読む

フレッツ・セッションプラスを申し込んでみました

2015年2月ごろに長年契約していた NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) へインターネット回線の契約に変更しました。

関連記事

今回の記事では サービス情報サイト から フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本) を申し込みましたので、その手続きの流れを紹介します。

フレッツ光ネクストを含めほとんどの回線サービスの基本サービス(フレッツ・アクセスサービス)において、標準提供されるセッション数が一部を除き、 2 セッション(PPPoE セッション数上限値)参考リンク : フレッツ・セッションプラス - サービスの特長) と決まっています。

フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本)申し込む ことにより、2 セッション(PPPoE セッション数上限値) から各回線サービスで定められた最大上限数までのセッション数を増やすことができます。(参考リンク : フレッツ・セッションプラス - サービスの特長

今回の回線契約の変更を機に 2 セッション 以上同時に使うネットワーク構成にするため、フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本) を申し込むことにしました。

私が回線契約している フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) の場合であれば、追加申し込みで 最大 5 セッション 同時利用が可能になります。(サービスご利用イメージセッションを利用する主な接続先/サービス利用シーンフレッツ・セッションプラスに必要な機器と構成例

なお、複数のセッションを同時利用するには、最大同時接続セッション数のマルチセッションに対応したルーターや、複数のルーターを使い分ける場合は PPPoE ブリッジ(パススルー)機能が必要になったりと、ネットワーク構成によってルーターの機能や設定が必要になります。

また、接続先のサービスに応じた追加申し込みが必要になります。プロバイダーであれば原則 1(接続ID)契約 = 1セッション となっていると思いますので、2セッション以上ならその分の新規または追加申し込みを行います。このへんはプロバイダーによって対応がさまざまかと思いますので、今回の記事では省略しています。

参考 URL
フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 未契約 → 「詳細」ボタンをクリック フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 受付完了画面 フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細
続きを読む

フレッツ光メンバーズクラブで認証キーの発行・登録をしてみました

前回の記事 ではフレッツ光メンバーズクラブの申し込みとログイン手続きが完了しました。

関連記事

フレッツ公式サイトのフレッツ光メンバーズクラブ からログインすることで、「ご契約・ご利用情報」 ページにて契約中のサービス内容の確認や、ひかり電話の申し込みなどができるようになりました。

ただ、「ご契約・ご利用情報」 ページにアクセスする際に 「契約回線確認画面」 が表示されることがあるのですが、ここでエラー画面が表示されてしまうことがあり 「ご契約・ご利用情報」 ページが見れないことが多々ありました。

あれこれ調べても原因がよくわからず、半分諦めかけていたのですが、その後 「認証キーの発行・登録」 というのが知らないうちに追加され早速登録してみたところ、 「ご利用中のサービス(ご契約・ご利用情報)」 ページにアクセスできるようになりました。

今回の記事ではフレッツ光メンバーズクラブで 「認証キーの発行・登録」 する流れを紹介します。

フレッツ光メンバーズクラブ 会員IDが登録されている「フレッツ光」 契約回線へ接続できなかった時の画面 フレッツ光メンバーズクラブ ご利用中のサービス(ご契約・ご利用情報)をクリック後、「ご契約回線からご利用する場合」とは別に、「ご契約回線以外からご利用の場合、契約回線確認が成功しない場合」にある「認証キーの発行・登録を行う」をクリック フレッツ光メンバーズクラブ 登録端末一覧画面、ブラウザの Cookie を使っているため Cookie を削除した場合は再登録が必要、また別PCからアクセスしたい場合も登録が必要
続きを読む

サービス情報サイト(NGN IPv4)からフレッツ光メンバーズクラブを登録してみました

前回の記事では 2015年2月ごろに長年契約していた NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) へインターネット回線の契約に変更した流れを簡単に紹介しました。

関連記事

今回の記事では B フレッツベーシックからフレッツ光に契約変更したことにより フレッツ光メンバーズクラブ に登録することができるようになりましたので、登録手続きの流れを紹介します。いままで B フレッツサービスでも登録は可能ですが、ベーシックタイプの場合は登録することができませんでした。 → 参考 URL

フレッツ光メンバーズクラブ を登録した理由は、Web 上で契約している回線等の契約内容が確認できること、フレッツ光メンバーズクラブ 経由でひかり電話の申し込みができる(※)ためです。

ひかり電話の申し込み については、フレッツ光メンバーズクラブ 「未登録」 でも Web 上から申し込みは可能 です。

フレッツ光メンバーズクラブ会員登録 サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ光メンバーズクラブ「ご登録・変更」ボタンをクリック フレッツ光メンバーズクラブ会員登録 サービス情報サイト NGN IPv4 会員登録完了 フレッツ光メンバーズクラブ会員登録 メールにてログイン手続のご案内
続きを読む

Bフレッツ ベーシックタイプ(100Mbps)から、フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps)へ契約変更しました

2015年2月ごろに長年契約していた NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) へインターネット回線の契約に変更しました。

それに伴い、ネット上で情報収集した内容を参考にして、新しいネットワーク環境構築のためフレッツサービスの申し込みやひかり電話の導入、自宅内の LAN 環境の一新をおこないましたので、新しく構築した宅内 LAN 環境の内容を公開します。

今回の記事では、NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) に変更手続きを行い、機器交換工事までしたところまでの流れを簡単に紹介します。

GE-PON<FA>E GE-PON-ONU TYPE D<1>2 光回線終端装置 梱包パッケージ GE-PON<FA>E GE-PON-ONU TYPE D<1>2 光回線終端装置 梱包パッケージ ラベル
続きを読む