このページの記事リスト (全 2 ページ)

ハードディスクの省電力機能を CrystalDiskInfo を使って設定オフにしたときのメモ

メイン PC の HDD に 「Seagate ST2000DM001」 を使っていますが、この HDD も含め最近の HDD は省電力機能がデフォルトで有効になっているものがほとんどかと思います。(Werstern Digital の HDD では 「IntelliPark」 という名前の機能を搭載)

本来なら電気代を少しでも節約できて、故障防止にも繋がるありがたい機能のはずなんですが、この機能が働くことで頻繁に ヘッド (HDD の円盤上でデータを書き込んだり読み込んだりする先が先端状の物) が HDD の円盤から自動的に退避してしまいます。

この機能が働くことにより、読み取り書き込みなどの反応が遅くなる上、ヘッド退避時に機械音が発生してしまうため、PC 環境によっては非常に耳障りな音が発生してしまいます。

また、こういった動作が頻繁に発生することで、短期間でヘッド退避回数が数百~数千回、下手をすると数万回レベルに達してしまうため、頻繁なヘッド退避が機械的に大きな負担となってしまいます。

最近の HDD ではこのヘッド退避の回数 「ロード/アンロード サイクル」 が数十万回まで耐えられる仕様となっているものがあるようですが、PC の使用時間や使い方、HDD の仕様等によってはあっという間にこの回数に達してしまう可能性があります。

ちなみに 「Seagate ST2000DM001」 の 「ロード/アンロード サイクル」 仕様は 「30 万回(300,000)」 のようです。

省電力機能を優先するあまりに、HDD の本来のパフォーマンスを落としたり、機械的負担を与えるようなことをして寿命を縮めてしまうようなことは避けたいため、これらの機能はできるだけ切っておきたいところです。

ただ、調べた範囲内ではそういった機能を完全に切るというのは、各社 HDD と型番によりますがどうも難しいようです。(きちんと調べたわけでもないので、もしかしたら間違っている可能性があります)

今回 Seagate の HDD を使用している PC 環境で、このヘッド退避を起こさないようにするため、Windows 上から HDD の設定を変更できる HDD/SSD ユーティリティソフト 「CrystalDiskInfo」 を使って設定してみることにしました。

CrystalDiskInfo の AAM/APM 設定設定画面にて、電源管理(APM) のスライダーを FEh(パフォーマンス ON) に変更して有効ボタンをクリック
続きを読む

シリアルATA の LPM 無効化設定メモ Microsoft ドライバー編

この記事は Microsoft 標準 AHCI ドライバーを使用していたと勘違い したまま、 SATA (シリアルATA) の Link Power Management(以下、LPM) を無効化設定した時のメモ内容です。

前回の記事 ですでに Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) がインストールしてある環境で、LPM 無効化設定と Intel ドライバー専用のレジストリに変更を加えて、設定を完了させておりました。

関連記事

今回の記事では当時 Intel ドライバーを使用しているにもかかわらず、Microsoft 標準 AHCI ドライバー用のレジストリも一緒に変更してしまったもので、その時の一連の変更作業の内容を記録して残してあったものとなっています。

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) を使用している環境ではこのレジストリ変更は意味がないと思いますが、Microsoft 標準 AHCI ドライバーを利用している人でレジストリ変更の流れを把握するための助けになればと思い、その一連の作業を記事として公開することにしました。

「AHCI Link Power Management - HIPM/DIPM」、「Active」 に変更 レジストリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\0012ee47-9041-4b5d-9b77-535fba8b1442\0b2d69d7-a2a1-449c-9680-f91c70521c60」 にアクセス、レジストリキーの 「Attributes」 1 から 0 に変更 レジスト 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\ControlPanel\NameSpace\{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}」 にアクセス、レジストリキー 「PreferredPlan」 を 高パフォーマンスプランの 「8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c」 に変更
続きを読む

シリアルATA の LPM 無効化設定メモ Intel ドライバー編

SATA (シリアル ATA) の Link Power Management(以下、LPM) を無効化にしたときの設定メモです。

LPM を無効化にする方法は PC 環境によって違うようで、今回紹介する記事ではうちの PC 環境で LPM 無効化にするまでの過程を、各種ネット情報と照らし合わせながら設定した時の記録内容になります。(設定した時期は 2013年夏~秋頃)

この LPM 無効化は主に SSD (HDD 含む?) で発生する プチフリ に対して行う有名な対策方法だと思いますが、OS をインストール後の初期のセットアップの段階で設定・対策したためか、そのトラブルに遭遇していません。

また、今回記事にするにあたって設定した メイン PC は、マザーボードが ASUS P8Z68-V PRO/GEN3、HDD は Seagate ST2000DM001 のみの構成となっており、SSD は使っていません。

同時期に一緒に同じ設定をした サブ PC では、マザーボードに ASUS P8Z68-V LE、OS がインストールされたシステムディスクに SSD(Intel SSD 520 Series 120GB SSDSC2CW120A3K5) とデータ用 HDD に Seagate ST2000DM001 という PC 構成になっています。設定方法自体に特に違いはなくトラブルも特になかったので、今回の記事では サブ PC に関する設定については説明を省いています。

以上の内容により、この LPM 無効化設定メモが必ず効果がある内容かどうかはわかりませんので、ご注意ください。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、Advanced - SATA Configuration、SATA Mode Selection - AHCI、Hot Plug - Enabled ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、詳細 - SATA 設定、SATA コントローラー 動作モード - AHCI、ホットプラグ - Enabled Intel Rapid Storage Technology(IRST) パフォーマンスをクリック、電源とパフォーマンスの設定 - 無効 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device、DIPM と HIPM 0 (Disable)
続きを読む

Logicool Gaming Software (LGS) G500s ポインタ設定メモ

現在メインで使用中のマウス LOGICOOL レーザーゲーミングマウス G500s のゲーミングデバイス用ソフトウェア Logicool Gaming Software (以下、LGS) をあれこれ触ったりした時の設定メモです。

今回は Windows 7 の 「マウスのプロパティ」 と LGS でいろいろ試行錯誤の上、最終的に落ち着いた設定メモ内容となります。

Windows-7-Control-Panel-Mouse-Property-02.png

LGS-Automatic-Game-Detection-38-Pointer-Setting-Edit-04-a.png
続きを読む

Logicool Gaming Software (LGS) 自動ゲーム検出 新しいゲーム用のスキャン 設定メモ

現在メインで使用中のマウス LOGICOOL レーザーゲーミングマウス G500s のゲーミングデバイス用ソフトウェア Logicool Gaming Software (以下、LGS) をあれこれ触ったりした時の設定メモです。

今回は 「自動ゲーム検出」 にて 「新しいゲーム用のスキャン」 を使って一連の設定作業をしてみます。

このスキャン機能を使用することで、あらかじめ PC にインストールされているゲームとスキャンで一致したゲームがあればそれをリストアップして適用することで、ゼロからプロファイルを作成することなく最初からキーの割り当てが簡単にできるようになります。

LGS-Automatic-Game-Detection-Setting-Scan-BF3-02.png
続きを読む