このページの記事リスト (全 3 ページ)

真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ でコーヒーをドリップしてみました

コーヒーメーカー TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ の 「本体内洗浄」 が終わり(関連記事)、コーヒー粉を入れる準備が整いました(関連記事)。

長い前置きとなりましたが、TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ にコーヒー粉をセットしてドリップを行い、コーヒーを入れてみます。

TIGER-Coffee-Maker-ACW-S080-KQ-make-coffee-12.jpg
続きを読む

マキシム レギュラーコーヒー ちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg を保存ビンに入れてみました

前回の記事TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ の 「本体内洗浄」 が終わりコーヒーをドリップする準備が整いました。

今回、このコーヒーメーカーでドリップするためのコーヒー粉として AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg を購入しておきました。

実はこのレギュラーコーヒーもコーヒーメーカー同様、購入後しばらく家の中で保管されていたものでして(関連記事)、2014年8月末の Amazon で販売されている価格を見ると約半値の時に購入していたものとなっておりました。

そのため、このレギュラーコーヒーを使い切るときには価格の安い別のコーヒー粉を購入することになるかと思います。

今回の記事では AGF マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg をドリップする前に、開封後のコーヒー粉を保管するため、新たに保存ビンを購入して移し替えを行いました。

AGF-a-luxury-coffee-shop-with-rich-taste-1kg-01.jpg
続きを読む

真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ の本体内洗浄を行いました

前々回の記事前回の記事 でコーヒーメーカー TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ の開封・セットが一通り完了しました。

コーヒーをドリップして飲む前に、事前にコーヒーメーカーの 「本体内洗浄」 を行う必要がありますので、今回の記事ではその作業を行いました。

TIGER-Coffee-Maker-ACW-S080-KQ-inside-wash-09.jpg
続きを読む

真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ の各部を触ってみました

前回の記事 では TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ を箱から開封してコーヒーメーカー本体を取り出したところまで確認しました。

今回の記事では、付属品や本体の各部・部品をいろいろと触ってみます。

TIGER-Coffee-Maker-ACW-S080-KQ-part-attachment-20.jpg
続きを読む

コーヒーを一度に 1 リットルまでドリップできる 真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ を開封しました

長らくインスタントコーヒーだけでのコーヒー生活が長かったのですが、毎回毎回電気ポッドの前でお湯を入れる作業もいい加減面倒となってきましたので、そろそろコーヒーメーカーを導入したいと考えておりました。

ずいぶん前にですが、各社のコーヒーメーカーをいろいろ比較していた時に目をつけていた、TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ が安く売っていた時期があり、値段が変わらないうちに購入して確保済みとなっておりました。

その後、コーヒーを作るにあたって必要なもの(コーヒー粉、ペーパーフィルター、etc)をそろえるのに時間がかかり、また、せっかくなので導入記事を作ろうと思ったのと同時に他のブログ記事作成でコーヒーメーカーを触るのが後々になったりと、長い間未開封のまま置いてある状態が続いておりました。

最近、やっと TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ 8 杯用 ACW-S080-KQ の開封・導入記事を作成できる時間ができたので、中身を確認していきたいと思います。

TIGER-Coffee-Maker-ACW-S080-KQ-open-01.jpg
続きを読む