このページの記事リスト (全 1 ページ)

二重窓がない部屋で氷点下の冬を暖かく過ごすために私がやっている寒さ対策

今まで毎年冬になると暖房器具の石油ファンヒーターと 2012 年の冬から石油ストーブも部屋に追加設置して、部屋を暖めるようにしていました。

しかし、住んでいる地域の気温が氷点以下になることがあり、部屋の窓が二重窓になっていないこともあって、ストーブだけで過ごすには厳しい時がよくあります。

そういった寒い時期には暖房器具の炎の燃焼状態を強くしていくことで寒さを凌いでおりましたが、それでは灯油の減りも早くなり無駄に給油回数が多くなってしまいます。

この状況を改善するためネットで改善方法を調べた後、暖房関連グッズの購入や手持ちの物を活用して様々な寒さ対策を施してきました。

いろいろ試行錯誤した結果、氷点下の冬でも暖房器具の火力を大きく上げることなく、今までより暖かく過ごせるようになったので、今回の記事では寒さ対策と使用している暖房関連グッズや寒さ対策の方法を簡単に紹介したいと思います。

TOYOTOMI トヨトミ 石油ストーブ RS-S23C(B) 燃焼筒 燃焼状態
続きを読む

2012 年に購入した TOYOTOMI トヨトミ 石油ストーブ RS-S23C(B) を使用するため、各種動作チェック等を行いました

毎年本格的な冬を迎える前に自宅で保管している暖房器具を取り出し、各種点検・動作確認を行った後に日常生活で使用するようにしております。

今回の記事では 2012 年に購入した TOYOTOMI トヨトミ 石油ストーブ RS-S23C(B) が 2014 年の冬で 3 シーズン目に突入し、日々の生活でトラブルなく使えることを確認するため、取り出し直後の石油ストーブの点検を行いつつ各種動作チェックを行いました。

TOYOTOMI トヨトミ 石油ストーブ RS-S23C(B)
続きを読む

RMA で戻ってきた交換品 Seagate HDD ST2000DM001(Certified Repaired HDD) に各種動作確認テストをしてみました

前回の記事 では RMA から戻ってきた交換品の Seagate HDD ST2000DM001(Certified Repaired HDD) を開封、外観等を簡単にチェックしました。

今回の記事では PCケースに ST2000DM001(Certified Repaired HDD) を取り付け各種動作確認テストをした後に、バックアップ専用のデータドライブとして使用するところまでを記録した作業内容となっています。

Seagate HDD ST2000DM001(Certified Repaired HDD) 取り付け後の CrystalDiskInfo S.M.A.R.T. 情報
続きを読む

RMA 申請して送った Seagate HDD ST2000DM001 の交換品(Certified Repaired HDD)が届きましたので開封して中身を確認しました

前回の記事 では RMA(Return Merchandise Authorization) 申請した Seagate HDD を国内指定場所(千葉県)に送るため梱包と宅配便の送り状印刷と発送を行い、その後 Seagate からの受領確認メールおよび Seagate 返品システム の交換品発送、RMA ステータス更新までを確認しました。

数日後、無事 Seagate から交換品が届きましたので、開封して届いた HDD を確認してみます。

Seagate HDD RMA HDD 梱包用ダンボール 静電気防止プラスチック・ケース(SeaShell)
続きを読む

RMA 申請した Seagate HDD ST2000DM001 を梱包して国内指定場所に発送してみました

前回の記事 では Seagate 公式サイトで公開している、統合 ソフトウェアスイートDiscWizard」 にある 「Seagate DriveCleanser」 を使って、旧HDD Seagate HDD ST2000DM001 内にあったデータを完全消去処理を行いました。

旧HDD Seagate HDD ST2000DM001RMA(Return Merchandise Authorization) の申し込みが終わり(関連記事)、HDD のデータも消去できましたので、今回の記事では HDD の梱包・宅配便の送り状印刷と発送するまでのメモ内容となります。

Seagate HDD ST2000DM001 緩衝材スポンジにセット確認
続きを読む