このページの記事リスト (全 1 ページ)

PC のケースファンから異音が発生したので、グリスを塗って修理してみました

2012~2013年ごろに PC ケース Antec Three Hundred Two AB の専用ファンとして組み込んだ GELID Silent12 ハイドロダイナミックベアリング 120mm ファン ですが、稼働しているファンの一つから不定期に(特に冬の寒い時間帯に)異音が発生するようになってしまいました。

関連記事

新しいファンに買い替え交換を考えていましたがネットで調べていたところ、このファンのブレード(羽根)は引っ張るだけで簡単に取り外せることがわかりました。

参考 URL

またさらに調べてみると、ファンの軸にグリスなどの潤滑剤を塗ることで、ファン異音がなくなる可能性があることがわかりましたので、ダメ元でケースファンを修理してみます。

タミヤ モリブデングリス 10g 購入 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)側 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)を引き抜いたところ GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸受け・軸穴 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸穴周辺部分にタミヤ モリブデングリスを適量注入、つまようじで軸穴にグリスを流し込む GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸全体につまようじを使ってタミヤ モリブデングリスを適量塗布
続きを読む

空になった Zippo オイル缶にハクキンベンジンを詰め替え補充してみました

寒さ対策に購入した Zippo ハンディウォーマーと、以前メンテナンスと新たに購入した Zippo ライターのオイル(燃料)用として、Zippo ジッポー オイル缶 小缶 133mlZippo ジッポー オイル缶 大缶 355mlカイロ用ハクキンベンジン を常備しています。

関連記事

オイル(燃料)関係をネットでいろいろ調べているうちに 空になった Zippo オイル缶にベンジンを詰め替えている動画 を見つけたので、今回の記事ではオイル缶再利用のため、オイルの詰め替え補充をしてみました。

ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、Zippo 355ml、133ml オイル缶とハクキンベンジン 500ml ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、Zippo 133ml オイル缶と注入口キャップの隙間にマイナスドライバーを差し込んだところ ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、Zippo 133ml オイル缶から注入口キャップを取り外したところ ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、Zippo 355ml オイル缶と注入口キャップの隙間にマイナスドライバーを差し込んだところ ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、Zippo 355ml オイル缶から注入口キャップを取り外したところ ハクキンベンジンを空になった Zippo オイル缶に詰め替え補充、ハクキンベンジン 500ml から Zippo 355ml、133ml オイル缶への詰め替え補充完了
続きを読む

使い捨てじゃないカイロを複数用意して万全の寒さ対策を!ということで Zippo ハンディウォーマーを追加購入しました

以前の記事 で、2015年冬に寒さ対策用に購入した Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF の開封とレビュー記事を公開しました。

関連記事

携帯用アイテムとしてかなり暖かく、寒い日が続く冬の間は毎日使用していますが、どうしても Zippo ハンディウォーマー 1個だけでは物足りなくなってしまい、追加でもう一つ同じものを購入することにしました。

2016年初頭では Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF は旧モデルとなっており、後継品の Zippo ジッポー ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 というモデル名でが発売されています。

Amazon レビューによれば 旧モデルとほぼ中身が一緒と思われるものが発売されており、今回はこちらの新モデルを購入してみました。そのほかにも専用フリース以外のカイロカバーや、体の部位に固定できるカイロベルトも購入してみました。

以前購入した旧モデルのハンディウォーマーと比較しつつ、オイル注入・点火をして暖かさなどをチェックしてみます。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 購入 Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 パッケージから取り出した、注油カップ、オイル缶(133ml)、専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体 Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 山田化学 携帯クリップスタンドでハンディウォーマー本体を掴んで立たせた状態 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーと Zippo ハンディウォーマー 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーに Zippo ハンディウォーマーを収納したところ 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン に Zippo ハンディウォーマーを入れてみたところ 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに Zippo ハンディウォーマーを収納したところ 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに、フリース袋に入れたZippo ハンディウォーマーを収納したところ 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン、 カイロベルト ファスナー付に Zippo ハンディウォーマーを収納したイス・テーブル脚カバーを入れてファスナーを閉めたところ、ベルトの長さを調節して暖めたい部位にフィットさせる
続きを読む

紛失した時の心のショックや損失を最小限に、外での普段使い用に Zippo ライター クローム バレル仕上げを購入してみました

以前の記事 で長年放置していた Zippo ライターを再び使えるようにと、素人でもできるオーバーホールを行いました。

関連記事

無事、オーバーホールも終わり問題なく着火できるようになりましたが、いざ外に持ち出して使うことを考えますと、うっかり紛失してしまう可能性が高いのではないかという不安を覚えるようになってしまいました。(いままでライターを外に持ち出して使うことがなかったというのもあります)

こういったことはライターに限らず財布・スマホなど身近でよく携帯するものでも当然考えられることですが、とりわけ Zippo ライターは非常に小さいものですので、なくしてしまう可能性は高いのではないかと思います。

オーバーホールした Zippo ライター のケースに刻印されているものは、おそらくもう流通しているものではないと思いますので、外で紛失してしまってはせっかくメンテナンスした意味もなくなってしまいます。

そこで、仮に Zippo ライターをなくしても心のショックや損失を抑えられてすぱっと諦められるよう、一般に流通している Zippo ライターを普段使い用として購入することにしました。

いろいろ吟味した結果、Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 を購入してみましたので、開封して中身を確認してみます。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 購入 Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 パッケージケースを開けたところ Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 本体 Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 キャップを開けたところ Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 レーヨンボール詰め込んだ後元通りに戻して、オイル注入後、ウィック(芯)にオイルが浸透するまでしばらく待ってから着火を確認する
続きを読む