このページの記事リスト (全 2 ページ)

PC 版 DARK SOULS III パッケージ版限定特典 特製マップ&オリジナルサウンドトラック付 を購入しました

2016年 4月12日にダークソウルシリーズ最終章となる PC 版 DARK SOULS III パッケージ版PC 版 DARK SOULS III ダウンロード版) が発売されました。

予約していたパッケージ版が届きましたので、開封して特典内容のチェックやゲームの動作確認を行うとともに、各種関連情報をまとめてみました。

PC 版 DARK SOULS III 特典付き(特製マップ & オリジナルサウンドトラック) 購入 PC 版 DARK SOULS III 特典付き(特製マップ & オリジナルサウンドトラック)  購入、特製マップ & オリジナルサウンドトラック(画像左側)とゲームディスクパッケージ(画像右側) PC 版 DARK SOULS III 特典付き(特製マップ & オリジナルサウンドトラック)  購入、オリジナルサウンドトラック WUXGA モニターで Borderless Gaming を使ってアスペクト比を維持したまま仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)表示した PC 版 DARK SOULS III
続きを読む

ゲーム画面のアスペクト比を維持したまま、仮想フルスクリーンで表示する方法

現在使用している液晶モニターの解像度が WUXGA (1920 x 1200 アスペクト比 16:10) なのですが、FromSoftware DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) をプレイする時に使いたい表示方法と対応解像度がないため、いくつか不便なところがあります。

ゲームをフルスクリーンモードでプレイする時は解像度 1920 x 1200 が用意されているので、WUXGA モニター上でフルスクリーンでプレイするには問題ありません。またフルスクリーンモードでは 解像度 1920 x 1080 も用意されているため、フル HD モニター (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) でフルスクリーンでプレイする場合でも特に問題ありません。

問題となるのは、フルスクリーンからウィンドウモードに変更すると、解像度がフル HD (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) までしか用意されておらず、さらにウィンドウモードのためゲーム画面の縦横にウィンドウ枠が表示されてしまうので、ゲーム画面をモニター内にきれいに収めるといったことが困難になることです。

また、フル HD モニターを使っている人でもウィンドウモードで 1920 x 1080 に変更すると、ウィンドウ枠が表示されてしまうため、おそらくモニター内にゲーム画面をぴったり収めるのは難しいかと思われます。(フル HD モニターを持ってないためこの辺は未確認)

仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)が用意されていればこのような苦労はないのですが、残念ながら FromSoftware DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) のゲーム内設定では用意されていません。(おそらく、DX9 版にもこの仮想フルスクリーンの設定はないかもしれない)

そこで出番となるのが仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)にできるソフトウェアを使う方法で、このツールに関しては 以前の記事 で簡単に紹介しています。これらのソフトウェアはいくつかあり、基本的にどれも仮想フルスクリーンで動作しますので、アスペクト比が崩れずゲーム画面が表示できるのであれば、あとは使い勝手や機能など好みで選ぶことになるかと思います。

関連記事

仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)にするソフトウェアについては、液晶モニターの最大解像度とウィンドウモードで表示できるゲーム内解像度が同じで、アスペクト比を維持したままウィンドウ枠を消去して、ゲーム画面を表示したいといった用途でなら最適な方法となります。

ただ、私が持っている WUXGA モニター (アスペクト比 16:10)ではこれらのソフトウェアを使用すると、ゲーム内解像度 1920 x 1080 (アスペクト比 16:9) が縦に引き延ばされるような解像度となってしまい、アスペクト比が崩れてしまいます。

今回の記事では WUXGA モニターでもアスペクト比を崩さず、ゲーム画面を仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)に表示できる 「Borderless-Gaming」 を使った設定方法を紹介します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Borderless Gaming 8.4 起動、Applications に現在起動中のプログラムが表示 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x0-1920x1080] に設定、以後 Borderless Gaming を起動している状態であれば設定したゲームが自動的にこの解像度と座標位置で仮想フルスクリーンで表示されるようになる Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 画面左上隅 原点座標(0,0)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x60-1920x1140] に設定 Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 座標位置(0,60)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態
続きを読む

PS3 コントローラー(デュアルショック 3)を PC で使えるように XInput Wrapper for DS3 をインストールした時のメモ

今回の記事では 2016年4月12日に発売する 「PC 版 DARK SOULS III」 を購入してプレイするにあたり、PS3 で長年愛用してきた デュアルショック 3 コントローラー を PC で操作できるようにするため、非公式ドライバ 「XInput Wrapper for DS3」 をインストールして使えるよう設定してみました。

また、2016年9月に発売された 新型デュアルショック 4 コントローラー を PC で使えるようにするため、ネット上で公開されている非公式ドライバをインストール・設定解説した記事も公開しましたので、導入を検討されているのであれば関連記事よりあわせてお読みください。

関連記事

今までゲームコントローラーで PC ゲームをプレイする際には、Xbox 360 コントローラー公式ドライバ にフリーソフトのゲームパッド設定ツール 「XInput Plus」 を組み合わせてゲームプレイをしてきました。(主に A・B ボタンの入れ替え)

関連記事

本家 SCE ではデュアルショック 3 コントローラーの PC 用公式ドライバが公開されていないため、デュアルショック 3 コントローラーを PC で使えるようにするためには、これまでネット上の各地で開発・公開された、さまざまな非公式ドライバのいずれかを導入する必要があります。

非公式ドライバにはさまざまなメリット・デメリットが存在しており、事前にこれらの内容を把握・納得した上で使わないと、安定したプレイ環境を構築することができない可能性があります。

トラブルを可能な限り少なくするため、ネット上で集めた情報をよく把握した上で、今回は DS3 と DS4 両コントローラーが PC で使えるという非公式ドライバ 「XInput Wrapper for DS3」 をインストールして使うことにしました。

それ以外の DS3 コントローラー非公式ドライバの情報については こちら を参照してください。

今回はデュアルショック 3 を PC で使えるようにするための非公式ドライバ 「XInput Wrapper for DS3」 のインストールと設定をメインに解説していきますが、道中トラブルが発生してつまずいたところがありました (原因はインストール済み Xbox 360 コントローラー 非公式ドライバ

関連記事

最終的に無事コントローラーが使えるようになりましたので、トラブった箇所も含め非公式ドライバ 「XInput Wrapper for DS3」 のダウンロードからインストールまでの一連の流れを順番に解説していきます。

ちなみに、現行機の PS4 コントローラーのデュアルショック 4 は PC でも自由にカスタマイズ操作ができるように、すでに非公式ドライバがいくつか存在しています。この辺の事情は公式ドライバが公開されている、PC と親和性のよい Xbox 360・Xbox One コントローラーと対極する位置にあります。(Xbox One コントローラーの公式ドライバは 不安定 のようですが・・・ → 2016年4月の Windows Update 配信 KB3147458 で修正されたそうです)

非公式ドライバが乱立する中で、デュアルショック 4 コントローラーを使うために注意しておかないといけないことがありますので、その辺の事情についても事前に情報収集を行い、簡単にまとめてみました。

PS3 コントローラー(デュアルショック3)Bluetooth(無線)接続用 I-O DATA アイ・オー・データ機器 Bluetooth USB アダプター USB-BT40LE 購入 PS3 付属 PS3 コントローラー(デュアルショック 3 DUALSHOCK 3 CECHZC2J-A1) とソニー純正 USB ケーブル (CECH-ZUC1) XInput Wrapper for DS3 ScpMonitor.exe を開きタスクトレイのアイコンを右クリックから Profile Manager をクリックしたときに表示される Profile Manager 画面、コントローラーを操作すると各種ボタンが反応する、ちなみにデフォルトでは一部のボタン(スタート、セレクト、PS ボタン、L3ボタン、R3ボタン)を除いてすべてアナログボタン(感圧式)の模様
続きを読む

2016年1月~3月分の Windows Update を一気に更新したときのメモ

2016年1月に 2015年10月~12月分 (3ヶ月分) の Windows Update を一気に適用した 記事 を公開しました。

前回は 3ヶ月分(2015年10月~12月分)溜まっていた Windows Update の更新プログラムをまとめてアップデートしましたが、それからまたしばらく地雷更新プログラム(Windows 10 アップグレード関連)によるトラブル回避のため様子を見ておりました。

2016年01月~03月分までの更新プログラムが溜まってしまったので、今回も各種情報収集して 2016年01月~03月分までの Windows Update 更新プログラムをまとめてインストールしてみました。

なお、前回に引き続き使用している PC 環境(Windows 7 64bit Pro) では、Windows Update によって起きる想定外のトラブル回避のため自動更新を切り、更新プログラムの公開日から数ヶ月程度(記事公開時点では 3ヶ月スパン)様子を見た後に、トラブル情報がないことを確認してから(問題のある更新プログラムは非表示) ”手動” で Windows アップデートするようにしています。

関連記事

今回の記事でも 2016年01月~03月までの Windows Update 更新プログラムを一気に更新するにあたり、ネット上の各種情報と照らし合わせてインストールしなかった更新プログラムをまとめてみました。

Windows 7 64bit Windows Update 重要 2016年1月~3月分リスト Windows 10 アップグレード関連プログラム除外済み(KB2952664、KB3035583、KB3118401、KB3121255、KB3123862、KB3135445、KB3138612) Windows 7 64bit Windows Update オプション 2016年1月~3月分リスト Windows 10 アップグレード関連プログラム除外済み(KB2952664)
続きを読む

ハサミとカッターがいつでもすぐ取り出せるように収納できる、丈夫なスチール製ペンスタンドを購入しました

前回前々回 の記事では、古くなって切れ味が悪くなったハサミとカッターをまとめて新調しました。

関連記事
  • コスパ最強のハサミはいったいどれだ?使いやすくて切れ味が長続きする、低価格で耐久性があるハサミを購入してみました
  • http://awgsfoundry.com/blog-entry-287.html
  • 安くて使いやすいカッターと、耐久性と切れ味のよい替刃(カエバ)を求めて、いろんなカッターと替刃を購入してみました
  • http://awgsfoundry.com/blog-entry-288.html

せっかく新しく購入したハサミとカッターですが、一気に何本もまとめて購入してしまい、すぐに取り出して使えるような保管場所を考えていなかったため、置く場所が確保できない状況になってしまいました。

そこでハサミとカッターがいつでも簡単に取り出せて、保管も簡単にできるようなものを探したところ、ナカバヤシ Nakabayashi PS-M1BK パンチングメタル ペンスタンド(ペン立て) 丸型 ブラック が作りがしっかりしてそうな丈夫なスチール製でちょうど良さそうでしたので、ハサミ用とカッター用に購入してみました。

ナカバヤシ PS-M1BK パンチングメタル ペンスタンドペン立て 丸型 ブラック 購入 ナカバヤシ PS-M1BK パンチングメタル ペンスタンドペン立て 丸型 ブラック 内部、ペン先保護パッド付き ナカバヤシ PS-M1BK パンチングメタル ペンスタンドペン立て 丸型 ブラックにハサミとカッターを収納
続きを読む