このページの記事リスト (全 3 ページ)

Killing Floor 2 のカスタムマップが保存されたキャッシュフォルダの保存場所を変更する方法

ドライブのファイル・フォルダ解析ソフト DiskInfo を使って Java の残骸ファイルを完全に削除 したり、Steam のキャッシュファイルを削除 してきました。

今回の記事では DiskInfo でファイル・フォルダサイズを調べた際に、Steam で販売されている Killing Floor 2 でカスタムマップをプレイしたサーバーから、自動的にダウンロードしたと思われるキャッシュファイルが大量に残っているのを発見しました。

大量に残ったキャッシュファイルを完全に削除するのと一緒に、Killing Floor 2 のキャッシュの保存場所を変更してみました。

関連記事
Steam Killing Floor 2 Logo Tripwire Interactive
続きを読む

Steam を使いまくっているのなら知っておきたい!Steam のキャッシュファイルを完全に削除する方法

前回の記事 ではドライブのファイル・フォルダ解析ソフト DiskInfo を使って、Java の残骸ファイルを削除した記事を公開しました。

今回の記事では同じく DiskInfo を使って無駄なファイル・フォルダを調べた際に、ゲームデジタル配信ツール Steam のキャッシュファイルが数百 MB に達していたので削除してみることにしました。

Steam で保存されたキャッシュファイルを完全に削除する方法
続きを読む

Java をインストールしているなら知っておきたい!Java の残骸ファイルを完全に削除する方法

C ドライブや各ドライブにおいてあるファイル・フォルダサイズを調べるのに、使用状況が数字や棒グラフで可視化できて、なおかつ動作が軽くドライブ解析も速い DiskInfo というフリーソフトを使っています。

DiskInfo で無駄にディスク容量を圧迫しているファイル・フォルダを調べていた際に、バージョンが更新されるたびにインストールしてきた Java ファイルの残骸ファイルが、大量に残っているのを見つけました。

今回の記事では、この Java の残骸ファイルを完全に削除します。あわせて、Java を新規インストールした際の、不必要な設定も切っておきます。

今までインストールしてきた Java の残骸ファイルを完全に削除した時のメモ
続きを読む

古い PCI サウンドカードから発生した爆音ノイズを解決した時のメモ

マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の PCI スロットには、Windows XP 時代から使っていたサウンドカード Creative Sound Blaster X-Fi Fatal1ty PCI (SB0466) を流用して使用しています。

このサウンドカードのステレオミニジャック端子に接続したスピーカーから、不定期にピーガーという爆音ノイズが発生することがあって、サウンドの設定をいろいろいじってみたり、非公式 PAX ドライバを入れてみたりしましたが、改善することはなく長年未解決のままの状態にありました。

ある時、マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS から省電力機能が怪しいと思い、すべて Disable(無効) にした結果、これまで発生していた爆音ノイズがピタリと収まったので、その解決方法を簡単に紹介します。

関連記事
古い PCI サウンドカードから発生した爆音ノイズを解決した時のメモ
続きを読む

内蔵光学ドライブで 「指定されたドライブが見つかりません」 と表示された場合の根本的な解決方法

DVD や CD を内蔵 DVD ドライブに挿入して、OS 上からドライブアイコンを開いた際に 「指定されたドライブが見つかりません。」 と表示されてしまい、ディスクが開かなくなる現象が今まで何度も多発しておりました。

この現象は PC 起動後しばらくは DVD ドライブが認識してディスクを読むことができますが、一定時間経過した後にディスクを入れてドライブを開こうと 「指定されたドライブが見つかりません。」 と表示されてしまい、こうなってしまうと PC を再起動するまで DVD ドライブが使えません。

DVD ドライブを使う機会はめっきり減りましたが、まったく使わないかというとそうでもなく、過去のディスク資産を利用するときがたまにあります。久しぶりに使おうとすると OS 上でなぜか DVD ドライブを認識しなくなってることがあり、長年ネット上にある対策方法を試しても解決できなかった問題でもありました。

使う頻度が減ったとはいえ、DVD ドライブを開くのに毎回 PC を再起動しなければならないのは釈然としなかったので、何とか解決したいと思っていました。でも、どうやっても解決できなければ最終的に外付けの USB DVD ドライブを購入して、内蔵 DVD ドライブは引退させるところまで考えていたところです。

また、この DVD ドライブを PC に接続しているせいで不定期に CPU 使用率が暴走することがあり、頭を悩ませていた時期がありましたが、いろいろと試行錯誤した結果すべての問題を解決できました。その後、問題なく使えているので、今回の記事ではいままでやってきた対策(効果なし)と解決できた方法を公開します。

PC 環境はマザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS で Marvell Storage Controller を IDE Mode に設定。Marvell SATA ポートに 東芝サムスン DVD ドライブ SH-222BB+S を接続した時の内容です。(解決時は AHCI Mode に変更。)

関連記事
Windows 7 指定されたドライブが見つかりません。エラーメッセージ
続きを読む