このページの記事リスト (全 1 ページ)

2017年5月分の Windows Update を更新したときのメモ

2017年4月末に、2017年4月公開された Windows Update の更新プログラムをインストールと保留にした 記事 を公開しました。

今回の記事でも 2017年5月分 Windows Update の更新プログラムについて各種ネット情報をチェック、必要に応じて更新プログラムのインストールと非表示(保留)を行いました。

なお、過去に公開された一部の更新プログラムはインストールせず保留(非表示)で対応したものがあるため、本来表示されるべき関連する更新プログラムが、記事内では最初から非表示となっていることがありますのでご注意ください。

今回の 2017年5月分公開 Windows Update 更新プログラムを入れるにあたり、インストールした・しなかった更新プログラムについては、ネット上にある情報と照らし合わせて内容を簡単にまとめてみました。

特に断りがない限り、基本的に更新プログラムの公開日からある程度様子を見た後に、トラブル情報がないと判断できたら、「手動」 で Windows Upsate で公開された更新プログラムを必要に応じて順次アップデート、または 必要な更新プログラムをネットからダウンロードしてインストール するようにしています。(問題のある更新プログラムは事前に個別に非表示設定)

前回に引き続き使用している PC 環境(Windows 7 64bit Pro) では、Windows Update によって起きるトラブルを回避するため自動更新を切っている状態となっています。

関連記事
2017年5月分の Windows Update を更新したときのメモ
続きを読む

ごちゃごちゃした配線を刷新!高品質電源タップで安全性確保!雷ガードタップで雷サージ対策!ケーブルボックスとメタルラックでホコリ対策とコード周りをすっきりしてみました

長年、パソコン周りの電源タップにはサンワサプライの雷ガードタップを使っていたのですが、配線については何も考えずフローリング(床)にそのまま直置きしていたため、ホコリがものすごくたまりやすい環境になっていました。

さらに、電源タップにつなぐコードが多くなるにつれていわゆるスパゲティ状態になってしまい、見た目も環境もよくない状態が続いていました。

配線がごちゃごちゃしているため掃除はやりにくいし、掃除中にうっかりコードが抜けてしまう可能性があります。何とかしようと思っていたのですが、この状態から配線を見直すにはかなりの労力がいるため長年そのまま放置していました。

しかし、ホコリによるトラッキング現象で発火する危険性を考えるとこのまま放置するのはダメだと思い、ネットでいろいろ調べた内容をもとに思い切って一(イチ)から見直し、配線環境を刷新しました。

電源タップは安全性&信頼性&耐久性に定評があるパナソニック ザ・タップ X に交換、雷サージ対策には 雷ガードタップ を電源タップの上流に配置、ケーブルボックスメタルラック でホコリ対策とコード周りをすっきりさせて、コードをまとめて管理しやすくなると同時に掃除やメンテナンスが楽になるよう工夫しました。

オーム電機 電源タップ 雷ガードタップ 1口 HS-A1234W、Panasonic ザ・タップ X、スマイルキッズ コード収納 スリムタップボックス AKD-50 を使ってすっきり配線 オーム電機 電源タップ 雷ガードタップ 1口 HS-A1234W、Panasonic ザ・タップ X、スマイルキッズ コード収納 スリムタップボックス AKD-50 を使ってすっきり配線 オーム電機 電源タップ 雷ガードタップ 1口 HS-A1234W、Panasonic ザ・タップ X、スマイルキッズ コード収納 スリムタップボックス AKD-50、メタルラックを活用してごちゃごちゃした配線をすっきり
続きを読む

2017年4月分の Windows Update を更新したときのメモ

2017年3月末に、2017年3月公開された Windows Update の更新プログラムをインストールと保留にした 記事 を公開しました。

今回の記事でも 2017年4月分 Windows Update の更新プログラムについて各種ネット情報をチェック、必要に応じて更新プログラムのインストールと非表示(保留)を行いました。

なお、過去に公開された一部の更新プログラムはインストールせず保留(非表示)で対応したものがあるため、本来表示されるべき関連する更新プログラムが、記事内では最初から非表示となっていることがありますのでご注意ください。

今回の 2017年4月分公開 Windows Update 更新プログラムを入れるにあたり、インストールした・しなかった更新プログラムについては、ネット上にある情報と照らし合わせて内容を簡単にまとめてみました。

特に断りがない限り、基本的に更新プログラムの公開日からある程度様子を見た後に、トラブル情報がないと判断できたら、「手動」 で Windows Upsate で公開された更新プログラムを必要に応じて順次アップデート、または 必要な更新プログラムをネットからダウンロードしてインストール するようにしています。(問題のある更新プログラムは事前に個別に非表示設定)

前回に引き続き使用している PC 環境(Windows 7 64bit Pro) では、Windows Update によって起きるトラブルを回避するため自動更新を切っている状態となっています。

関連記事
2017年4月分の Windows Update を更新したときのメモ
続きを読む
おすすめ記事&広告