ソフトウェア ドライバ Creative Sound Blaster X-Fi(PCI) Creative オーディオコントロールパネル 設定確認メモ

Creative Sound Blaster X-Fi(PCI) Creative オーディオコントロールパネル 設定確認メモ

前回の記事 「Creative Sound Blaster X-Fi(PCI) エンターテインメントモード 設定メモ」 に続き、「Creative Sound Blaster X-Fi Fatal1ty PCI Card (SB0466)」 用にインストールした非公式ドライバ 「Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite 2013 V1.00 ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition」 の個人的なサウンド設定メモです。

2017年4月に PAX Drivers から非公式 X-Fi ドライバ SB X-Fi Series Support Pack 4.0 (2017年公開) に変更しています。

関連記事

前回は 「Creative ボリュームパネル」 画面から 「Creative コンソールランチャ」 を起動して、「エンターテインメント モード」 画面で設定を行いましたが、今回は 「Creative オーディオコントロール パネル」 画面から設定内容を確認します。

今まであまり気にしてませんでしたが、「Creative コンソールランチャ」 (前回記事) と 「Creative オーディオコントロールパネル」 で設定できる項目はほぼ同じみたいなので、違いは設定するときのインターフェイス画面だけとなっているようです。

すでに 「Creative コンソールランチャ」 (前回記事) にて設定済みのため、今回の記事では 「Creative オーディオコントロールパネル」 の設定画面を開いて確認するだけの記事内容となっています。

Creative オーディオコントロールパネル画面
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Creative オーディオコントロールパネル起動

非公式サウンドドライバ PAX Driver インストール後にタスクバーに表示された Creative ボリュームパネルアイコン

非公式サウンドドライバ Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite 2013 V1.00 ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition インストール後、タスクバーに表示されている画像のようなアイコンをクリックします。

Creative ボリュームパネル画面から Creative オーディオコントロールパネルを起動

タスクバーのアイコンをクリックすると 「ボリュームパネル」 画面が表示されますので、「Creative オーディオコントロールパネル」 をクリックします。

Creative オーディオコントロールパネル画面

Creative オーディオコントロールパネル」 画面です。

  1. 「モード」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル モードタブ

モード」 タブです。

前回の記事 で 「エンターテインメントモード」 に設定済みのため、こちらの画面でも 「エンターテインメントモード」 に設定したままの状態となっています。

  1. 「スピーカー構成」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル スピーカー構成タブ

スピーカー構成」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちらこちら

  1. 「EAX エフェクト」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル EAX エフェクトタブ

EAX エフェクト」 タブの設定画面です。

前回 設定した内容がそのまま反映されています。

  1. 「X-Fi CMSS-3D」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル X-Fi CMSS-3D タブ

X-Fi CMSS-3D」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

  1. 「X-Fi Crystalizer」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル X-Fi Crystalizer タブ

X-Fi Crystalizer」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

  1. 「SPDIF I/O」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル SPDIF I/O タブ

SPDIF I/O」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

  1. 「ビットマッチ」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル ビットマッチタブ

ビットマッチ」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

  1. 「ベッドフォン検出」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル ヘッドフォン検出タブ

ヘッドフォン検出」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

  1. 「リストア」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル リストアタブ

リストア」 タブの設定画面です。

  1. 「デコーダ」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル

デコーダ」 タブの設定画面です。

Creative オーディオコントロールパネル

デコーダタブにある 「4 / 5.1 チャンネル コンテンツ スピーカー マッピング設定...」ボタンをクリックして開いた 「スピーカーマッピング設定」 画面です。

Creative オーディオコントロールパネル

こちらはデコーダタブから開いた 「Dolby Digital の設定」 画面です。

Creative オーディオコントロールパネル

同じく 「DTS-ES の設定」 画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちらこちら

  1. 「FlexiJack」 タブ

Creative オーディオコントロールパネル

FlexiJack」 タブの設定画面です。

「エンターテインメントモード」 画面での同等の設定場所は こちら

次回、「Creative Sound Blaster X-Fi コントロールパネル サウンド設定メモ」 へ続きます。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細

コメントの内容によっては削除することがあります