ソフトウェア ドライバ Creative Sound Blaster X-Fi コントロールパネル サウンド設定メモ

Creative Sound Blaster X-Fi コントロールパネル サウンド設定メモ

前回の記事 「Creative Sound Blaster X-Fi(PCI) Creative オーディオコントロールパネル 設定確認メモ」 に続き、「Creative Sound Blaster X-Fi Fatal1ty PCI Card (SB0466)」 用にインストールした非公式ドライバ 「Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite 2013 V1.00 ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition」 の個人的なサウンド設定メモの続きです。

2017年4月に PAX Drivers から非公式 X-Fi ドライバ SB X-Fi Series Support Pack 4.0 (2017年公開) に変更しています。

関連記事

今回は Windows 7 のコントロールパネルからサウンドの設定画面を開き、そこから設定内容の確認と変更を行います。

このサウンド設定も今までの 「Creative コンソール ランチャ」 から起動した 「エンターテインメント モード」 や 「Creative オーディオ コントロール パネル」 から設定した内容が一部反映されております。

ほとんどの項目は内容を確認するだけなっていますが、一部設定を変更している項目があり、また Windows 7 からサウンドに関する機能が XP から大きく変わっているようなので、それらの機能を把握しておくためメモとして残しておきます。

Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「再生」タブ
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. 「コントロールパネル」 - 「サウンド」 - 「再生」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「再生」タブ

「コントロールパネル」 から 「サウンド」 を開くとサウンドの設定画面が表示されます。(画像は再生タブ)

画像では 「スピーカー」 しか表示してありませんが、この Creative X-Fi(PCI) のサウンドカードはほかにもたくさんのデバイス名(SPDIF Out など)があります。ただ、それらのデバイスは使う予定がないため、この画面で個々のデバイスを無効化したり非表示にしたり、ほかにも既定のデバイスを設定しています。

参考 URL
Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「再生」タブにある「スピーカー」の「プロパティ」ボタンをクリック

「再生」 タブから既定のデバイスに設定している 「スピーカー」 タブを選択し、「プロパティ」 ボタンをクリックします。

「スピーカーのプロパティ」 - 「全般」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「全般」タブ

「スピーカーのプロパティ」 画面が開き 「全般」 タブが表示されました。

「スピーカーのプロパティ」 - 「トーン」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「トーン」タブ

「スピーカーのプロパティ」 の 「トーン」 タブの設定画面です。

エンターテインメントモードで設定したトレブル・バス がそのまま反映されておりました。

「スピーカーのプロパティ」 - 「カスタム」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「カスタム」タブ

「スピーカーのプロパティ」 - 「カスタム」タブの設定画面です。

「スピーカーのプロパティ」 - 「レベル」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「レベル」タブ Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「レベル」タブ Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「レベル」タブ Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「レベル」タブ Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「レベル」タブ

スピーカーのプロパティ」 - 「レベル」 タブの設定画面です。

エンターテインメントモードで設定したミキサー(プレイバック) がそのまま反映されております。

「スピーカーのプロパティ」 - 「Sound Blaster」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「Sound Blaster」タブ

「スピーカーのプロパティ」 - 「Sound Blaster」 タブの設定画面です。

設定ボタンをクリックすると Creative オーディオコントロールパネル 画面が開きます。

「スピーカーのプロパティ」 - 「詳細」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「スピーカーのプロパティ」-「詳細」タブ

「スピーカーのプロパティ」 - 「詳細」 タブの設定画面です。

既定の形式は X-Fi サウンドカードだと 「24ビット、192000 Hz (スタジオの音質)」 までのサンプリングレートができるので通常はその設定をしています。

ただ、以前 UBI の The Division というゲームにてノイズ問題があり、いろいろ調べた結果 「規定値に戻す」 ボタンをクリックして 24ビット、48000 Hz に戻したことで、ノイズ問題を回避してプレイしたことがあります。

UBI The Division のフォーラム を見る限りではこの問題は解決できなかったようです。

  1. 「コントロールパネル」 - 「サウンド」 - 「録音」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「録音」タブ

「コントロールパネル」 から 「サウンド」 画面の 再生タブ の横にある 「録音」 タブです。

画像では 「What U Hear」 しか表示してありませんが、この Creative X-Fi(PCI) のサウンドカードはほかにもたくさんのデバイス名(Line-In や Microphone など)があります。ただ、それらのデバイスは使う予定がないため、この画面で個々のデバイスを無効化したり非表示にしたり、ほかにも既定のデバイスを設定しています。

参考 URL
Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「録音」タブ「What U Hear」の「プロパティ」ボタンをクリック

「録音」 タブから既定のデバイスに設定している 「What U Hear」 タブを選択し、「プロパティ」 ボタンをクリックします。

「What U Hear のプロパティ」 - 「全般」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「What U Hear のプロパティ」-「全般」タブ

「What U Hear のプロパティ」 の 「全般」 タブ画面が表示されます。

「What U Hear のプロパティ」 - 「聴く」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「What U Hear のプロパティ」-「聴く」タブ

「What U Hear のプロパティ」 - 「聴く」 タブの設定画面です。

参考 URL

「What U Hear のプロパティ」 - 「レベル」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「What U Hear のプロパティ」-「レベル」タブ

「What U Hear のプロパティ」 - 「レベル」 タブの設定画面です。

エンターテインメントモードで設定したミキサー(レコーディング) がそのまま反映されております。

「What U Hear のプロパティ」 - 「詳細」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「What U Hear のプロパティ」-「詳細」タブ

「What U Hear のプロパティ」 - 「詳細」 タブの設定画面です。

既定の形式は X-Fi サウンドカードだと 「2チャンネル、24ビット、96000 Hz (スタジオの音質)」 までのサンプリングレートが選択できます。

  1. 「コントロールパネル」 - 「サウンド」 - 「通信」 タブ

Windows 7 サウンドコントロール、「コントロールパネル」-「サウンド」-「通信」タブ、なにもしないに設定

「コントロールパネル」 から開いた 「サウンド」 画面にある 「通信」 タブです。

初期設定では、「他のすべてのサウンドの音量を 80% 下げる」 が選択された状態になっていましたが、勝手に音量を変更されたくないため 「何もしない」 に設定しています。

以上でサウンド関係の設定内容の確認は終了です。

参考 URL
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細

コメントの内容によっては削除することがあります