ソフトウェア ドライバ Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 設定メモ その2

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 設定メモ その2

メインで使用中のマウス ロジクール G500s レーザーゲーミングマウス のゲーミングデバイス用ソフトウェア Logicool Gaming Software (LGS) をあれこれ触ったりした時の設定メモです。

今回は Logicool Gaming Software (LGS) 「自動ゲーム検出」 にて実際にマウスボタンをカスタマイズしてボタンの割り当てをしてみます。

関連記事
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 新規コマンドを作成
スポンサードリンク

記事で取り上げる LGS のバージョンは 8.46 の時のものです。そのあとのバージョンアップで一部機能が追加されていたり、若干メニュー配置や色が変わっていたりしています。

こちらのわかる範囲でバージョン違いによる変更点について都度説明を入れてありますが、基本的に大きな違いはあまりないと思うので、大きなアップデートでもない限り迷うようなことはほぼないと思います。

ただ、今後のアップデートでどう内容が変わるのかわからないので注意は必要かもしれません。

参考 URL
目次

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 新規コマンドを作成&編集

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 新規コマンドを作成

マウスボタンのカスタマイズはいくつか設定方法があります。

「オンボードメモリ」 と 「自動ゲーム検出」 で共通するマウスボタンのカスタマイズは、マウス画像の各ボタンをクリック・右クリックして表示されたメニューから 「コマンド エディタ」 画面を開いて直接ボタンを編集したり割り当てる方法ができます。

「自動ゲーム検出」 では上記に加えて画面左側に 「コマンド」 という欄が設けられており、そこに 「+」 ボタン ( 「新規コマンドを作成」 ) をクリックすることで 「コマンド エディタ」 画面を開くことができます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 新規コマンドを作成 コマンドエディタ

「コマンド エディタ」 画面です。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンド編集

または、すでに作成済みのコマンドから適当に選択して、右クリックから 「編集...」 を選択することで 「コマンド エディタ」 画面を開くことができます。

画像はすでに作成済みコマンドの 「1」 キーを右クリックで 「編集...」 をクリックするところ。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンド編集 コマンドエディタ キーストローク

「新規コマンドを作成」 から 「コマンド エディタ」 を起動した状態では何も表示されていませんでしたが、すでにあるコマンドから編集した場合は設定されているコマンド内容が表示されます。

画像はキーストローク項目で 「1」 が設定されている状態です。

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 左クリックボタンの編集

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 左クリック コマンド編集

今度は作成済みコマンドから 「左クリック」 を編集します。

ちなみにコマンド左側が水色になっているのは、現在マウスボタンに割り当てられている状態を指しています。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 左クリック コマンド編集 コマンドエディタ マウス機能

「コマンド エディタ」 画面が開き 「マウス機能」 項目が 「左クリック(ボタン 1)」 になっているのがわかります。

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 コマンドをマウスボタンに割り当て(ドラッグ&ドロップ)

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 サイドボタンにコマンド割り当て

「コマンド」 に登録されている操作内容をドラッグ&ドロップでマウスボタンに割り当ててみます。

画像は 「貼り付け」 コマンドをドラッグ&ドロップでマウスのサイドボタンに割り当てます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 サイドボタンにコマンド割り当て

コマンドを割り当てしますと、マウスボタンにコマンドでの登録名が表示されます。

また、割り当てた 「コマンド」 欄の左側に水色の帯が付きます。色がついている場合はマウスボタンに割り当てをしている状態を示しています。

参考 URL

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 マウスボタン 割り当て解除

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 サイドボタン 割り当て解除

マウスボタンの割り当てを解除したい場合は、マウスに割り当てられているコマンド名か、マウスボタンを右クリックからメニューを表示させ、「割り当て解除」 を選択することで解除することができます。

ちなみに、ごみ箱のアイコンへ割り当てたボタンをドラッグアンドドロップすることで、割り当てたマウスボタンを解除することもできます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 サイドボタン 割り当て解除

割り当て解除後はマウスボタンに表示されていたコマンド名の表示が消え、何も割り当てられていない状態になりました。

また、先ほど割り当てていた 「コマンド」 がどのマウスボタンにも割り当てられていない状態になると、「コマンド」 欄の左側に付いていた水色の帯がなくなります。

参考 URL

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 コマンドエディタ

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ キーストローク

「コマンドエディタ」 機能の各項目を確認してみます。

「キーストローク」 ではキーボードで押下したキーをセットできます。「Shift」 や 「Ctrl」 といったキーと他のキーと組み合わせで登録することができます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ マルチキー

「マルチキー」 ではマクロを登録することができます。

参考 URL
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ テキストブロック

「テキストブロック」 ではここで登録したテキストをボタン一発で入力することができます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ メディア

「メディア」 ではメディアプレイヤーなどの一般的な操作ボタンを割り当てることができるようです。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ ホットキー

「ホットキー」 では Windows において一般的なショートカットキーがあらかじめ登録されています。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ ショートカット

「ショートカット」 ではプログラムやファイル、フォルダなどのショートカットを登録することができます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ 機能

「機能」 では Windows 標準アプリケーションを起動することができるみたいです。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 コマンドエディタ Ventrilo

「Ventrilo」 はフリーのボイスチャットソフトです。「Ventrilo」 は使用していないので動作確認はしていませんが、おそらくソフトと連動して使う機能だと思われます。

次回、「Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 設定メモ その3」 に続きます。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細

コメントの内容によっては削除することがあります