ソフトウェア ドライバ Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル設定メモ

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル設定メモ

メインで使用中のマウス ロジクール G500s レーザーゲーミングマウス のゲーミングデバイス用ソフトウェア Logicool Gaming Software (LGS) をあれこれ触ったりした時の設定メモです。

今回は Logicool Gaming Software (LGS) 「自動ゲーム検出」 にて新規プロファイルの作成からボタンの割り当てまでの一連の設定作業をしてみます。

関連記事
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル マウスボタンをカスタマイズ完了
スポンサードリンク

記事で取り上げる LGS のバージョンは 8.46 の時のものです。そのあとのバージョンアップで一部機能が追加されていたり、若干メニュー配置や色が変わっていたりしています。

こちらのわかる範囲でバージョン違いによる変更点について都度説明を入れてありますが、基本的に大きな違いはあまりないと思うので、大きなアップデートでもない限り迷うようなことはほぼないと思います。

ただ、今後のアップデートでどう内容が変わるのかわからないので注意は必要かもしれません。

参考 URL
目次

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 新規プロファイルを作成

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイルを作成

空いている「プロファイル」 欄から 「新規プロファイルを作成」 を選択します。

画像ではまだプロファイル数が少ないため空欄がありますが、複数のプロファイルを作成するとすべて埋まってしまいます。

その場合プロファイル文字の下にある 「+」 アイコンをクリックをクリックして 「新規プロファイルを作成...」 または 「既存のプロファイルをコピー」 を選択してプロファイルを作成することになります。

参考 URL
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイル

「新規プロファイル」 画面が開きます。新規からの作成のため何もない状態です。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイル

「名前」 欄にプロファイル名を、「説明」 欄にはメモを入れることができます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイル ゲーム実行ファイルを選択

「...」 ボタンをクリックすると、プログラム (.exe) を選択する画面が開きます。

ここで指定したプログラム (.exe) が起動すると、プロファイルで割り当てられたボタンやポインタ設定に切り替わります。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイル ゲーム実行ファイルを選択

プログラム (.exe) ファイルを指定するとプログラムファイルの絶対パスが表示されます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 バージョン 8.50 プロファイル 新規プロファイル

ちなみにこちらの画像は Logicool Gaming Software (LGS) バージョン 8.50 時の 「新規プロファイル」 画面です。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 バージョン 8.50 プロファイル 新規プロファイル このプロファイルを使用するゲームとアプリケーション

Logicool Gaming Software (LGS) バージョン 8.50 では 「+」 ボタンから (.exe) を指定します。

プログラムを選択すると絶対パスは表示されず、プログラムのファイル名とアイコンが表示されます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 バージョン 8.50 プロファイル 新規プロファイル このプロファイルを使用するゲームとアプリケーション 複数登録可能

また、複数のプログラム (.exe) ファイルを指定できるようになっていますので、1つのプロファイルで複数のプログラムに対応できるようになりました。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 新規プロファイル ゲーム実行中はプロファイルをロックする

「ゲーム実行中はプロファイルをロックする」 にチェックマークを入れておくことで、実行中に他のプロファイルに勝手に切り替わらないようにすることができます。

「OK」 ボタンをクリックして基本となるプロファイルが作成できました。

参考 URL

  1. Logicool ゲーミングソフトウェア(LGS) 自動ゲーム検出 マウスボタン割り当て

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル 作成したプロファイルを選択、マウスボタンをカスタマイズ

作成したプロファイルを選択してマウスボタンのカスタマイズをしてみます。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル プロファイル 作成したプロファイルを選択、マウスボタンをカスタマイズ、編集をクリック

「戻る」 ボタンを右クリック、もしくはボタン画像にカーソルを合わせ逆三角形ボタンからメニューを表示して 「編集...」 をクリックします。

なお、Logicool Gaming Software (LGS) バージョン 8.50 では 「編集...」 ではなく 「新しいコマンドを割り当てる」、「コマンドを編集」 となっています。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル コマンドエディタ マウス機能

「マウス機能」 から 「中央ボタンをクリックする(ボタン 3)」 に変更して 「OK」 ボタンをクリックします。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル プロファイル 作成したプロファイルを選択、マウスボタンをカスタマイズ

「戻る」 から 「中央クリック」 に変わり、マウスボタンの機能を変更することができました。

参考 URL
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル プロファイル 作成したプロファイルを選択、マウスボタンをカスタマイズ

次にマウスボタンにキーボードのキーを割り当ててみます。

「左へスクロール」 ボタンを右クリック、もしくはボタン画像にカーソルを合わせ逆三角形ボタンからメニューを表示して 「編集...」 をクリックします。

Logicool Gaming Software (LGS) バージョン 8.50 では 「編集...」 ではなく 「新しいコマンドを割り当てる」、「コマンドを編集」 となっています。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル コマンドエディタ キーストローク

「キーストローク機能」 から 「修飾子を含めてキーストロークを入力」 欄にキーボードの 「C」 キーを設定してみます。またキー入力と同時に 「名前」 欄も同時に入力されます。

キー設定ができたら 「OK」 ボタンをクリックします。

Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル コマンドエディタ キーストローク

「左へスクロール」 から 「C」 キーに変わり、マウスボタンの機能を変更することができました。

参考 URL
Logicool ゲーミングソフトウェア 自動ゲーム検出 プロファイル マウスボタンをカスタマイズ完了

残りのマウスボタンに割り当てたいキーを設定して完了です。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)コメントの内容によっては削除することがあります