ソフトウェア ドライバ シリアルATA の LPM 無効化設定メモ Intel ドライバー編

シリアルATA の LPM 無効化設定メモ Intel ドライバー編

SATA (シリアル ATA) の Link Power Management(以下、LPM) を無効化にしたときの設定メモです。

LPM を無効化にする方法は PC 環境によって違うようで、今回紹介する記事ではうちの PC 環境で LPM 無効化にするまでの過程を、各種ネット情報と照らし合わせながら設定した時の記録内容になります。(設定した時期は 2013年夏~秋頃)

この LPM 無効化は主に SSD (HDD 含む?) で発生する プチフリ に対して行う有名な対策方法だと思いますが、OS をインストール後の初期のセットアップの段階で設定・対策したためか、そのトラブルに遭遇していません。

また、今回記事にするにあたって設定した メイン PC は、マザーボードが ASUS P8Z68-V PRO/GEN3、HDD は Seagate ST2000DM001 のみの構成となっており、SSD は使っていません。

同時期に一緒に同じ設定をした サブ PC では、マザーボードに ASUS P8Z68-V LE、OS がインストールされたシステムディスクに SSD(Intel SSD 520 Series 120GB SSDSC2CW120A3K5) とデータ用 HDD に Seagate ST2000DM001 という PC 構成になっています。設定方法自体に特に違いはなくトラブルも特になかったので、今回の記事では サブ PC に関する設定については説明を省いています。

以上の内容により、この LPM 無効化設定メモが必ず効果がある内容かどうかはわかりませんので、ご注意ください。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、Advanced - SATA Configuration、SATA Mode Selection - AHCI、Hot Plug - Enabled ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、詳細 - SATA 設定、SATA コントローラー 動作モード - AHCI、ホットプラグ - Enabled Intel Rapid Storage Technology(IRST) パフォーマンスをクリック、電源とパフォーマンスの設定 - 無効 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device、DIPM と HIPM 0 (Disable)
スポンサードリンク

OS のレジストリをいじりますので、誤った設定・変更した場合、最悪 OS の再インストールが必要になることがあります。レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負いませんので、自己の責任で行ってください。

参考 URL
目次

  1. LPM について

忘却の彼方」 さんの記事に LPM について非常に詳しく解説されているので、そちらが参考になるかと思います。

参考 URL

  1. LPM 無効化 - BIOS で HotPlug を有効

LPM を手っ取り早く無効化するには、「BIOS にて SATA Mode が AHCI になっている時に、HotPlug を有効(Enabled)にする」 というのが一番簡単な方法です。その設定を行います。

参考 URL
ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、Advanced - SATA Configuration、SATA Mode Selection - AHCI、Hot Plug - Enabled ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS、詳細 - SATA 設定、SATA コントローラー 動作モード - AHCI、ホットプラグ - Enabled

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS 設定変更後の SATA 設定画面です。(画像上側が英語メニュー、下側が日本語メニュー)

SATA Mode Selection(SATA コントローラー 動作モード」 が 「AHCI」 になっており、 SSD・HDD が接続している 「Hot Plug(ホットプラグ)」 の項目を 「Enabled(有効)」 に設定します。

  1. SATA(AHCI) Driver の確認

引き続き、「忘却の彼方」 さんの記事を参考にレジストリの変更作業をすることになりますが、このレジストリ変更はインストールしている AHCI ドライバー(Microsoft の純正 AHCI ドライバー、または Intel ドライバー)によって変更箇所が異なっています。

どの AHCI ドライバーを使っているのかを調べる方法については、「イツキの爪磨ぎ跡」 さんの記事を参考にして確認してみます。

参考 URL
デバイスマネージャー、Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller

デバイスマネージャー」 を開きます。

IDE ATA/ATAPI コントローラー」 を開くと、この PC 環境では 「Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller」 があり、おそらく Intel ドライバーを使っているであろうと推測することができます。

デバイスマネージャーからデバイス(接続別)をクリック

デバイスマネージャー」 の 「表示」 から 「デバイス(接続別)」 をクリックします。

ACPI x64-based PC - Microsoft ACPI-Compliant System - PCI バス - Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller と接続している HDD 一覧表示

先ほど表示されていたツリー情報が大きく変わります。

PC 環境によって変わるみたいですが、この PC では 「ACPI x64-based PC」 - 「Microsoft ACPI-Compliant System」 - 「PCI バス」 - 「Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller」 の下に接続している HDD 一覧がありました。

以上の内容から、Intel ドライバーを使用していることがわかりましたので、この情報をもとにレジストリの変更を行うことになります。

ただし、Intel ドライバーでもバージョンによってレジストリの修正個所が異なるため、次の内容を確認しておく必要があります。

Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller バージョン 12.8.0.1016

Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller」 を開き、「ドライバー」 タブからバージョンを確認すると 「12.8.0.1016」 となっているので、これを覚えておきます。

Intel(R) Desktop/Workstation/Server Express Chipset SATA AHCI Controller、ドライバーの詳細 iaStorA.sys、iaStorF.sys

ドライバーの詳細」 をクリックすると、「iaStorA.sys」、「iaStorF.sys」 を使用しているのがわかります。こちらも覚えておきます。

  1. Intel Rapid Storage Technology(IRST) のバージョン確認

Intel Rapid Storage Technology(IRST) タスクトレイアイコンを開く

この PC 環境ではすでに 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 がインストール済みとなっています。

タスクトレイに 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 のアイコンがありますので、これをダブルクリック、もしくは右クリックから 「アプリケーションを開く」 をクリックして開きます。

Intel Rapid Storage Technology(IRST) ヘルプを開く

Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 画面が開いたら 「ヘルプ」 をクリックします。

Intel Rapid Storage Technology(IRST) バージョン情報を開く

バージョン情報」 をクリック。

Intel Rapid Storage Technology(IRST)、インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー 12.8.0.1016

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー 12.8.0.1016」 と表示されているのが確認できました。

このバージョンは先ほど 「デバイスマネージャー」 で確認した 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 のバージョンと 同じ であることがわかります。

つまり、「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 をインストールした PC は、その 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 のバージョンと同じ Intel ドライバーを使用しているであろうということが推測できます。

  1. Intel Rapid Storage Technology(IRST) バージョン 11.5 以降のレジストリ書き換え

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) を使用してる場合、バージョンが 「11.5 以降のバージョン」 と 「11.5 より前のバージョン」 によってレジストリの変更箇所が異なります。

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) バージョン 11.5 より のレジストリ変更箇所
Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) バージョン 11.5 以降 のレジストリ変更箇所

参考 URL ではドライバのバージョンが 11.5 より前では 「iaStor.sys」 と 「iaStorV.sys」 が、11.5 以降では 「iaStorA.sys」 と 「iaStorF.sys」 のドライバーファイルが使われていることが説明されています。

以上の内容から、「デバイスマネージャー」 の ドライバのファイル名バージョン と 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 で調べた内容より、バージョンが 「12.8.0.1016」、ファイル名は 「iaStorA.sys、iaStorF.sys」 だったので、11.5 以降のバージョンに該当しますので、こちらの内容でレジストリを変更すればよいことになります。

Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 バージョン 11.5 以降で変更するレジストリは 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device」 にアクセスしてキーを作成して設定することになっていますが、レジストリエディタを起動させなくても 「Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 の設定から直接一部のレジストリキーを Enable(有効)、Disable(無効)に設定することができます。

Intel Rapid Storage Technology(IRST) パフォーマンスをクリック、電源とパフォーマンスの設定 - 有効

Intel Rapid Storage Technology(IRST)」 を開き、「パフォーマンス」ボタンをクリックします。

電源とパフォーマンスの設定」 - 「リンク電源管理」 が初期値では 「有効」 になっているかと思います。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device、DIPM と HIPM 1 (Enable)

この状態でレジストリエディタから 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device」 を見ると、ハードディスクに接続しているポート番号のみ() 「DIPM」 と 「HIPM」 が 「1 (Enable)」 になっています。

この画像内にある 「Controller0Phy3」 には SSD や HDD などのストレージデバイスは接続していません。よく覚えていないのですが、以前 HDD とマザーボードの SATA 接続先ポートを変更したことがあったので、一度接続したことがあるポートはレジストリ上ににそのまま残ってしまうのかもしれません。

Intel Rapid Storage Technology(IRST) パフォーマンスをクリック、電源とパフォーマンスの設定 - 無効

次に 「電源とパフォーマンスの設定」 - 「リンク電源管理」 を 「無効」 にしてみます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device、DIPM と HIPM 0 (Disable)

ハードディスクが接続してあるポート番号のみ、「1 (Enable)」 から 「0 (Disable)」 に変わりました。念のため PC 再起動を行い設定完了です。

この方法はレジストリキーの 「DIPM」 と 「HIPM」 のみを有効、無効に変更するだけとなっており、「LPMState」 と 「LPMDstate」 のレジストリキーの設定と変更は行わないようです。

  1. Intel Rapid Storage Technology(IRST) アンインストール後のデバイスマネージャー 2016/11/11 追記

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology(IRST) をアンインストールした際に、デバイスマネージャーではどのように表示されるのか確認した時のメモです。

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology IRST アンインストール後のデバイスマネージャー、IDE ATA/ATAPI コントローラー以下に ATA Channel 0~5 と Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 が表示

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology IRST アンインストール後のデバイスマネージャー画面です。

IDE ATA/ATAPI コントローラー以下に 「ATA Channel 0~5」 と 「Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02」 が表示されています。(マザーボードは ASUS P8Z68-V PRO/GEN3

ATA Channel 0~1」 が重複されていますが、おそらく当時 SATA Marvell ポートを IDE で設定しており、2ポート分が 「ATA Channel 0~1」 として表示していたからだと思います。後に AHCI に変更して Marvell SATA ドライバをインストールしたのですが、重複していた 「ATA Channel 0~1」 はなくなっていました。

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology IRST アンインストール後、デバイス(接続別)に変更表示したデバイスマネージャー、PCI バスに Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 が表示、以下に ATA Channel 0~5 とそれぞれのポートに接続している HDD の型番が表示

Intel ドライバー Intel Rapid Storage Technology IRST アンインストール後、デバイス(接続別)に変更表示したデバイスマネージャー画面です。

PCI バスに Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 が表示され、以下に 「ATA Channel 0~5」 とそれぞれのポートに接続している HDD の型番が表示されています。

Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 ドライバー画面 Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 ドライバー ファイルの詳細画面、 Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 ドライバー ファイルの詳細画面、

Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family 6 Port SATA AHCI Controller - 1C02 のドライバー画面とドライバーファイルの詳細画面です。

atapi.sys」、「ataport.sys」、「pciidex.sys」 3つのファイルバージョンは 「6.1.7600.16385 (win7_rtm.090713-1255)」 となっており、「msahci.sys」 のファイルバージョンは 「6.1.7601.17514 (win7sp1_rtm.101119-1850)」 となっていました。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する