ソフトウェア フリーソフト MSI Afterburner 3.0.0 の初期設定を確認してみました

MSI Afterburner 3.0.0 の初期設定を確認してみました

前回の記事 では 「MSI Afterburner 3.0.0」( + RivaTuner Statistics Server 6.1.1 ) のインストールを行いました。

今回は 「MSI Afterburner 3.0.0」 の初期設定状態を確認するとともに、新しく追加されたハードウェアエンコードエンジン(NVIDIA NVENCIntel QuickSync)の設定やスキンなど確認してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Legacy MSI Afterburner skin - big edition スキン
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. MSI Afterburner 3.0.0 起動

MSI Afterburner 3.0.0 インストール後のタスクトレイアイコン、画像右側のアイコン「MSI Afterburner」、画像左側のアイコン「RivaTuner Statistics Server

インストール後に MSI Afterburner を起動すると、タスクトレイにアイコンが常駐するようになると思います。画像右側のアイコンが 「MSI Afterburner」、画像左側のアイコンが 「RivaTuner Statistics Server」 です。

RivaTuner Statistics Server」 のアイコンは モニタリング(オンスクリーンディプレイ - OSD)設定を有効 にした後に表示されるようになっています。

MSI Afterburner」 でビデオカードに関するオーバークロックやモニタリング、ビデオキャプチャ、スクリーンショットなどの各種機能設定を行い、「RivaTuner Statistics Server」 でモニタリングのオーバーレイ表示に関する細かい設定を行うところは前バージョンから変わっておりません。

タスクトレイに表示されている画像右側のアイコン 「MSI Afterburner」 をクリックします。

MSI Afterburner 3.0.0 画面、「Settings」ボタンをクリック

MSI Afterburner 3.0.0」 の画面です。画面一番下の真ん中に 「Settings」ボタン があるのでこれをクリックすると設定画面が開きます。

関連記事

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「全般」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「全般」タブ 初期設定

全般」タブ の初期設定です。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「ファン」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「ファン」タブ 初期設定

ファン」タブ の初期設定です。

MSI Afterburner 3.0.0 「ファン」タブ 「ユーザー定義ソフトウェアによる自動ファン制御を有効にする」 にチェックマークを入れると、ビデオカードの温度に応じたファン回転速度を自分でカスタマイズ設定可能

ユーザー定義ソフトウェアによる自動ファン制御を有効にする」 にチェックマークを入れると、ビデオカードの温度に応じたファン回転速度を自分でカスタマイズ設定ができるようになります。

MSI Afterburner 3.0.0 「ファン」タブ ■(ノード) をドラッグ&ドロップすることでファンの回転速度をカスタマイズ可能

■(ノード) をドラッグ&ドロップすることでファンの回転速度をカスタマイズすることができます。キーボードの 「Ctrl + D」 キーでデフォルトの状態にリセットすることができます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ファン」タブ 緑のラインをクリックすると ■(ノード) を増やせる。最大 8 個までの ■(ノード) を設定することが可能

緑のラインをクリックすると ■(ノード) を増やすことができます。最大 8 個までの ■(ノード) を設定することができます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ファン」タブ ■(ノード) の部分をダブルクリックするとグラフ曲線が変更

■(ノード) の部分をダブルクリックするとグラフ曲線を変更することができます。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「モニタリング」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「モニタリング」タブ 初期設定

モニタリング」タブ の初期設定です。

グラフ項目一覧
  • GPU temperature
  • GPU 使用率
  • FB usage
  • VID usage
  • BUS usage
  • ファン回転速度
  • ファン回転速度計
  • コアクロック
  • シェーダークロック
  • メモリクロック
  • メモリ使用率
  • Utilization limit
  • フレームレート
  • Frametime
  • CPU1 temperature
  • CPU2 temperature
  • CPU3 temperature
  • CPU4 temperature
  • CPU1 usage
  • CPU2 usage
  • CPU3 usage
  • CPU4 usage
  • RAM usage
  • Pagefile usage

前バージョンよりモニタリングできるグラフ項目が増えています。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「オンスクリーンディスプレイ」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「オンスクリーンディスプレイ」タブ 初期設定

オンスクリーンディスプレイ」タブ の初期設定です。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「スクリーンキャプチャ」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「スクリーンキャプチャ」タブ 初期設定

スクリーンキャプチャ」タブ の初期設定です。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「ビデオキャプチャ」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ 初期設定 MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ 初期設定

ビデオキャプチャ」タブ の初期設定です。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「プロファイル」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「プロファイル」タブ 初期設定

プロファイル」タブ の初期設定です。

MSI アフターバーナーのプロパティ - 「ユーザーインターフェイス」タブ

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ 初期設定

ユーザーインターフェイス」タブ の初期設定です。

  1. 「ビデオキャプチャ」タブ - ビデオキャプチャのプロパティ

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ 初期設定

MSI Afterburner を使ってプレイしているゲームを録画したい場合、「ビデオキャプチャ」タブ で細かい設定を行うことができるようになっています。「Video prerecord」 については、下記のリンク先が参考になるかと思います。

参考 URL

前バージョンの MSI Afterburner 2.3.1 でも録画機能はありましたが、用意されているビデオフォーマット (CODEC - コーデック) の種類が少ないため、選択肢がほぼ限られていました。

前バージョンでもフリーのものや サードパーティーCODEC - コーデック を入れればビデオフォーマットの選択肢を増やせたのかもしれませんが、その辺は試していないため確認できませんでした。

MSI Afterburner 3.0.0 からビデオフォーマット (CODEC - コーデック) の種類が増えており、特にハードウェアエンコードエンジン (NVIDIA NVENCIntel QuickSync) が最初から対応しているのは大きいかと思います。

ビデオキャプチャのプロパティ - ビデオフォーマット

各種ビデオフォーマット (CODEC - コーデック) 内容を確認してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目をクリックすると CODEC - コーデック 一覧が表示、MSI Afterburner 3.0.0 から追加されたハードウェアエンコードエンジン (NVIDIA NVENC、Intel QuickSync を設定したい場合は 「external plugin : not configured」 を選択

ビデオフォーマット」 の項目をクリックすると、CODEC - コーデック 一覧が表示されます。

MSI Afterburner 3.0.0 ビデオフォーマット (CODEC - コーデック) 選択可能項目
  • uncompressed
  • NV12 compression
  • RTV1 compression
  • MJPG compression
  • VFW compression : not configured
  • external plugin : not configured

MSI Afterburner 3.0.0 から追加されたハードウェアエンコードエンジン (NVIDIA NVENCIntel QuickSync) を設定したい場合は 「external plugin : not configured」 を選択します。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目をクリックすると CODEC - コーデック 一覧が表示、MSI Afterburner 3.0.0 から追加されたハードウェアエンコードエンジン (NVIDIA NVENC、Intel QuickSync を設定したい場合は 「external plugin : not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック

...」 ボタンをクリックします。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面

External encoder configuration」 画面が表示されました。

この画面から ハードウェアエンコードエンジン (NVIDIA NVENCIntel QuickSync) を選択して中身を確認してみます。

external plugin : NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264 選択

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目の初期値 「disabled」

Encoder」 項目の初期値は 「disabled」 となっています。

クリックすると NVIDIA NVENCIntel QuickSync が選択可能となっています。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択

NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」 を選択してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック

Configure」 ボタンをクリックします。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック、「NVIDIA NVENC encoder」 画面

NVIDIA NVENC encoder」 画面が開きました。

3 種類 のプリセット(Speed、Balanced、Quality) と 1 Mbps ~ 50 Mbps までの ビットレート が選択できるのみとシンプルな内容となっています。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択、「Benchmark」 ボタンをクリック

External encoder configuration」 画面に戻り 「Benchmark」 ボタンをクリックしてみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択、「Benchmark」 ボタンをクリック、「NVIDIA NVENC H.264 1920x1200 : Failed to start encoding ! Error code : NVENC_ERR_API_LOADLIBRARY_FAILED !」エラーメッセージ発生、Kepler コア世代の GeForce 700/600 シリーズ 以前のビデオカードだと表示されるエラーの可能性大

NVIDIA NVENC H.264 1920x1200 : Failed to start encoding ! Error code : NVENC_ERR_API_LOADLIBRARY_FAILED !」 というエラーメッセージが表示されました。

Kepler コア世代の GeForce 700/600 シリーズが,「NVENC」と称するリアルタイム H.264 エンコーダを内蔵していることは,あまり知られていないかもしれない。

とあるように手持ちの Fermi 世代 ZOTAC GeForce GTX 570 ZT-50203-10M では対応していないようです。

2016/05/06 追記

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「NVENC.dll:0 - NVIDIA NVENC H.264」選択、「Benchmark」 ボタンをクリック、「NVIDIA NVENC H.264 accelerated via CUDA on device 0 (GeForce GTX 970), async mode. 1920x1200 : 500 frames have been encoded in 6693 ms, 74.7 frames per second」 というメッセージが表示

ビデオカードを GTX 570 から GTX 970 の GIGABYTE Geforce GTX 970 GV-N970G1 GAMING-4GD に交換(関連記事) しました。

再度 「External encoder configuration」 画面で 「Benchmark」 を実行したところ、「NVIDIA NVENC H.264 accelerated via CUDA on device 0 (GeForce GTX 970), async mode. 1920x1200 : 500 frames have been encoded in 6693 ms, 74.7 frames per second」 というメッセージ画面が表示されて、動作していることが確認できましたので、MSI Afterburner から NVENC を使ってエンコードができるようになりました。

関連記事
by カエレバ

external plugin : QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264 選択

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック

今度は 「External encoder configuration」 画面にてもう一つのハードウェアエンコードエンジン 「QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264」 を選択して 「Configure」 ボタンをクリックしてみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック、「Intel QuickSync encoder」 画面

Intel QuickSync encoder」 画面が開きました。設定できる項目は 「NVIDIA NVENC H.264」 とほぼ一緒です。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック、「Intel QuickSync encoder」 画面、「Benchmark」 ボタンをクリック

Benchmark」 ボタンをクリックしてみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「External encoder configuration」 画面 「Encoder」 項目 「QSV.dll:0 - Intel QuickSync H.264」選択、「Configure」 ボタンクリック、「Intel QuickSync encoder」 画面、「Benchmark」 ボタンをクリック、「Intel QuickSync H.264 1920x1200 : Failed to start encoding ! Error code : MFX_ERR_UNSUPPORTED !」エラーメッセージ発生、UEFI BIOS にて iGPU Multi-Monitor が Disabled(無効)、Intel HD Graphics ドライバがインストールされていないことが原因と考えられる

Intel QuickSync H.264 1920x1200 : Failed to start encoding ! Error code : MFX_ERR_UNSUPPORTED !」というエラーメッセージが表示されました。

いろいろ調べてみると 当方の PC 環境 では ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 マザーボードの UEFI BIOS にて iGPU Multi-Monitor が Disabled(無効) になっていること、Intel HD Graphics ドライバがインストールされていないことが原因のようです。(参考リンク

参考 URL
関連記事

VFW compression : x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec 選択

その他、選択可能な外部コーデックを確認してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択

ビデオキャプチャ」 タブの 「ビデオフォーマット」 項目から 「VFW compression : not configured」 を選択します。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック

...」 ボタンをクリックします。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」選択状態

ビデオの圧縮」 画面が開きました。「圧縮プログラム(C):」 は 「全フレーム(未圧縮)」 が選択されています。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧表示

全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧()が表示されます。

外部コーデック一覧の内容ですが、以前K-Lite Codec Pack」 をインストールしたことがあるため、それらの外部コーデックが選択できるようになっている可能性があります。

そのため、個々の PC 環境にインストールされている CODEC - コーデック によっては表示される外部コーデックの内容が違うかもしれません。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧表示、「x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec」 選択

x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec」 を選択してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧表示、「x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec」 選択 MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧表示、「x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec」 選択、「構成(F)...」 ボタンをクリック

構成(F)...」 ボタンをクリックします。

MSI Afterburner 3.0.0 「ビデオキャプチャ」タブ、「ビデオフォーマット」 の項目、「VFW compression :  not configured」 を選択、「...」 ボタンをクリック、「ビデオの圧縮」 画面、「全フレーム(未圧縮)」 をクリックすると外部コーデック一覧表示、「x264vfw - H.264/MPEG-4 AVC codec」 選択、「構成(F)...」 ボタンをクリック、「x264vfw configuration 画面

x264vfw configuration」 画面が表示されました。今回は外部エンコード内容の確認のみで、ゲームのキャプチャテスト等は行いません。別の機会に MSI Afterburner を使ったゲームプレイのエンコードテストをしてみたいと思います。

参考 URL

  1. 「ユーザーインターフェイス」タブ - ユーザーインターフェースのスキンプロパティ

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、スキン変更

ユーザーインターフェイス」タブ から 11 種類のスキンから変更することができます。

また、こちらのサイト (リンク切れ) からスキンのダウンロードができるようになっています。デフォルトで用意されているスキンを確認してみます。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Default MSI Afterburner skin

Default MSI Afterburner skin」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Default MSI Afterburner skin - big edition スキン

Default MSI Afterburner skin - big edition」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Black & Blue Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Black & Blue Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Black & Green Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Black & Green Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Black & Red Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Black & Red Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Blue Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Blue Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Green Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Green Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army (Purple Edition) by Derek Wook スキン

Dragon Army (Purple Edition) by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Dragon Army MSI Afterburner Skin by Derek Wook スキン

Dragon Army MSI Afterburner Skin by Derek Wook」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Legacy MSI Afterburner skin スキン

Legacy MSI Afterburner skin」 スキンです。

MSI Afterburner 3.0.0 「ユーザーインターフェイス」タブ、Legacy MSI Afterburner skin - big edition スキン

Legacy MSI Afterburner skin - big edition」 スキンです。

  1. MSI Afterburner 3.0.0 ツールチップ 英語版ファイル

MSI Afterburner 3.0.0 ツールチップ、一部英語のまま

MSI Afterburner は基本的にメニューやヘルプのほとんどは日本語化されていますが、画像のように一部の項目やツールチップなどは英語のままとなっています。

MSI Afterburner 3.0.0 ヘルプファイルがあるフォルダ

日本語化されていないツールチップは MSI Afterburner をインストールしたフォルダ「C:Program Files (x86)MSI AfterburnerHelp」 や、「C:Program Files (x86)MSI AfterburnerHelpProperties」 内にある各フォルダのファイルから読み取っているようです。

ちなみに、日本語化されたファイルは 「C:Program Files (x86)MSI AfterburnerLocalizationJP」 の各フォルダ内にあります。

MSI Afterburner 3.0.0 ヘルプファイル MSI Afterburner 3.0.0 「Enable hardware control and monitoring」のツールチップファイル HAL

先ほどのツールチップ 「Enable hardware control and monitoring」 のファイルは 「C:Program Files (x86)MSI AfterburnerHelpPropertiesGeneral」 フォルダ内にある 「HAL」 というファイル名です。

このファイルをメモ帳などのテキストエディタでファイルを開くことで中身を確認することができます。MSI Afterburner を終了してから 「HAL」 ファイルを開き、試しに日本語を入れて保存すると、ツールチップでちゃんと日本語が表示反映されます。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する