ソフトウェア フリーソフト RivaTuner Statistics Server 6.1.1 の設定をしてみました

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 の設定をしてみました

前回の記事 では 「MSI Afterburner」 を使ってビデオカードのモニタリングの設定と OSD - オンスクリーンディスプレイの設定が完了しました。

この OSD - オンスクリーンディスプレイの設定をしますと 「RivaTuner Statistics Server」 が起動して常駐するようになります。

RivaTuner Statistics Server」 では OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示に関する細かい設定ができるので、以前設定した ここここ の記事を参考にしつつ、その内容の確認と設定をしてみます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 画面
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. RivaTuner Statistics Server 6.1.1 起動

タスクトレイにある RivaTuner Statistics Server 6.1.1 起動

タスクトレイ内にある画像左側のアイコン 「RivaTuner Statistics Server 6.1.1」 をクリックします。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 画面

RivaTuner Statistics Server 6.1.1」 の設定画面が開きます。画面内右上の 「レンチ」ボタン をクリックするとプロパティ画面が開きます。

RivaTuner Statistics Server Properties - 「General」タブ

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「General」タブ 初期設定

General」タブ の初期設定です。「Compatibility properties」 のところに 64bit アプリケーションによる OSD サポートの設定項目が増え、デフォルトで有効設定されています。

参考 URL

RivaTuner Statistics Server Properties - 「User Interface」タブ

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「User Interface」 タブ 初期設定

User Interface」タブ の初期設定です。前バージョンではスキンは 2 種類ありましたが、今回のバージョンではデフォルトで用意されているスキンはこの 1 種類しかありませんでした。

  1. RivaTuner Statistics Server 6.1.1 動作確認

RivaTuner Statistics Server 6.1.1」 で OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイの設定を行い、どのような表示になるのかチェックしてみます。

Framerate limit

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「Framerate limit」 フレームレート(fps)制限項目、初期設定は 0 で無制限

Framerate limit」 項目は数値を指定することでゲーム中のフレームレートの上限を設定することができます。デフォルトでは 「0」 になっており、この場合はフレームレートの制限はしません。

前バージョンでは画面内右上の 「レンチ」ボタン から設定する必要があり、またすべてゲームに適用されてしまうため、プログラム別にフレームレートの設定はできなかったかと思います。

最新の 「RivaTuner Statistics Server」 では設定する場所が変わり、プログラム毎にフレームレートの上限設定ができるようになっています。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 フレームレート(fps)無制限設定、ゲーム起動中のフレームレート(fps)は無制限

Framerate limit」 が 「0」 のままだと、(ゲームもフレームレートが無制限の設定のままだと) 画像のように制限なくフレームレートが上がってしまいます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「Framerate limit」 に 60 を入力

Framerate limit」 に 「60」 と数値を入力してみます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「Framerate limit」 に 60 を入力して Enter キーで入力確定

Enter」キーを押して設定を確定します。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 フレームレート(fps) 60 設定、ゲーム起動中のフレームレート(fps) 60 が上限

ゲームを起動してみて、設定したフレームレートの数値に抑えられているかどうか確認します。このゲームでは 「Framerate limit」 で指定したフレームレートまでしか上がらないことが確認できました。

On-Screen Display rendering mode

RivaTuner Statistics Server」 では 「On-Screen Display rendering mode」 のところで 3 種類の レンダリングモード 「Vector 2D」、「Vector 3D」、「Raster 3D」 が設定することができます。

参考 URL
RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Vector 2D」 を選択

Vector 2D」 を選択した状態です。画面下にあるモニター内に簡易的なプレビューが表示されます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Vector 2D」 を選択、ゲームを起動して Vector 2D 設定でオーバーレイ表示

ゲームでは画像のように表示されます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Vector 3D」 を選択

Vector 3D」 を選択した状態です。プレビュー画面では 「Vector 2D」 と見た目に違いがわかりません。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Vector 3D」 を選択、ゲームを起動して Vector 3D 設定でオーバーレイ表示

ゲームを起動して確認してみると、先ほどのプレビューと同じように 「Vector 2D」 と見た目の違いは感じられませんでした。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Raster 3D」 を選択

Raster 3D」 を選択した状態です。「Vector 2D」、「Vector 3D」 と違い文字が大きくなり見やすくなりました。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Raster 3D」 を選択、ゲームを起動して Raster 3D 設定でオーバーレイ表示

ゲームを起動して確認すると、確かに文字が大きくなり見やすくなりましたが、同時にゲーム画面内の表示領域を占有してしまうため表示位置の調節が必要になるかもしれません。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Raster 3D」 を選択、「Raster 3D」 ボタンを選択した状態で、再度ボタンをクリックするとフォントの設定可能

ちなみに 「Raster 3D」 ボタンが選択した状態で、再度ボタンをクリックするとフォントの設定ができます。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display rendering mode」 「Raster 3D」 を選択、「Raster 3D」 ボタンを選択した状態で、再度ボタンをクリックするとフォントの設定可能、フォント設定画面

Font」 設定の画面です。

On-Screen Display shadow

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display shadow」 を ON にすると、オーバーレイ表示されている文字に影(デフォルトは黒、変更可)がつく

On-Screen Display shadow」 を 「ON」 にすると、オーバーレイ表示されている文字に影(デフォルトは黒、変更可)をつけることができます。わかりにくいですが、プレビュー画面にも影が表示されています。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display shadow」 を ON、ゲームを起動してオーバーレイ表示された文字(Vector 3D)に影がついている状態

こちらもゲーム内の背景色が暗いためわかりにくいですが、Vector 3D 影なし状態 と比べてみると、ゲーム画面内で影設定が反映されているのがわかります。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 Raster 3D で 「On-Screen Display shadow」 を ON 設定

こちらは 「Raster 3D」 に変更したときの、影設定です。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 「On-Screen Display shadow」 を ON、ゲームを起動してオーバーレイ表示された文字(Raster 3D)に影がついている状態

Raster 3D影なし状態 と比べると影が反映されているのがわかります。

On-Screen Display Preview

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は左上オーバーレイ表示設定) RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は左上オーバーレイ表示設定)、ゲーム画面左上に表示されているオーバーレイ表示

プレビュー画面の四隅にボタンがあって、これをクリックすることで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更することができます。デフォルトでは画面左上( 「On-Screen Display origin : top left」 )となっています。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は右上オーバーレイ表示設定) RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は右上オーバーレイ表示設定)、設定変更後ゲーム画面右上に表示されているオーバーレイ表示

画面右上 「On-Screen Display origin : top right」 に OSD - オンスクリーンディスプレイを表示するボタンです。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は右下オーバーレイ表示設定) RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は右下オーバーレイ表示設定)、設定変更後ゲーム画面右下に表示されているオーバーレイ表示

画面右下 「On-Screen Display origin : bottom right」 に OSD - オンスクリーンディスプレイを表示するボタンです。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は左下オーバーレイ表示) RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面の四隅ボタン、クリックで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置を変更(画像は左下オーバーレイ表示設定)、設定変更後ゲーム画面左下に表示されているオーバーレイ表示

画面左下 「On-Screen Display origin : bottom left」 に OSD - オンスクリーンディスプレイを表示するボタンです。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 プレビュー画面内の 60 を好きな場所にドラッグアンドドロップで OSD - オンスクリーンディスプレイのオーバーレイ表示位置変更可能

その他に、プレビュー画面内の 「60」 という数字をドラッグ&ドロップすることでオーバーレイ表示位置を自由に変更することができます。また、プレビュー画面下部にある 「矢印キー」 でオーバーレイ表示位置の微調整ができます。

  1. RivaTuner Statistics Server 6.1.1 ツールチップ 英語版ファイル

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 メニューやヘルプ、ツールチップはすべて英語表記

RivaTuner Statistics Server」 は 「MSI Afterburner」 と違いメニューやヘルプ、ツールチップなど日本語訳はなく、全部英語(+その他言語)となっています。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 英語版の言語ファイルフォルダ

RivaTuner Statistics Server」 の英語版の言語ファイルは 「C:Program Files (x86)RivaTuner Statistics ServerHelp」 フォルダ内にあります。

RivaTuner Statistics Server 6.1.1 英語版の言語ファイル、「Application detection level : low」 は 「BUTTON_LOW」 RivaTuner Statistics Server 6.1.1 英語版の言語ファイル、「Application detection level : low」 は 「BUTTON_LOW」ファイルをテキストエディタで開いたところ

先ほどのツールチップ 「Application detection level : low」 のファイルは 「C:Program Files (x86)RivaTuner Statistics ServerHelp」 フォルダ内にある 「BUTTON_LOW」 というファイル名です。このファイルをメモ帳などのテキストエディタでファイルを開くことで中身を確認することができます。

関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する