ソフトウェア アプリケーション 非公式サウンドドライバ(PAX Drivers)を可能な限り削除するために Driver Fusion をインストールしました

非公式サウンドドライバ(PAX Drivers)を可能な限り削除するために Driver Fusion をインストールしました

メイン・サブ PC 組み立て後、取り付けているサウンドカード 「Creative Sound Blaster X-Fi Fatal1ty PCI Card (SB0466)」 には非公式ドライバ 「Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite 2013 V1.00 ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition」 をインストールしています。

2014年6月に 「PAX MASTER PCI XFI Driver Suite 2014V 1.15 ALL OS Stable Drivers」 がリリースされていたので、新バージョンの非公式ドライバをインストールするため、旧非公式ドライバをアンインストールする方法についての情報を収集しておりました。

2017年4月に PAX Drivers から非公式 X-Fi ドライバ SB X-Fi Series Support Pack 4.0 (2017年公開) に変更しています。

関連記事

過去の名残でドライバアンインストール後のドライバ残骸の削除には 「Guru3D - Driver Sweeper」 というツールを愛用していましたが、今現在このツールはダウンロードができなくなっており、「Display Driver Uninstaller」 というツールに置き換わってしまったようです。

ただ、このツールはビデオカードドライバー専用アンインストールソフトのため、サウンドドライバの残骸削除はできません。かわりとなるものを探したところ、「Driver Fusion」 というツールがサウンドドライバだけでなく各種幅広くドライバの削除に対応しているとのことで、「Driver Fusion」 を導入して使ってみることにしました。

今回の記事では 「Driver Fusion」 のインストールから初期設定のところまで確認してみます。

Driver Fusion 2.1 画面
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Driver Fusion 2.1 ダウンロード

Driver Fusion 2.1 ダウンロード、Treexy 公式サイト ダウンロードページ

Driver Fusion をインストールすために、まずは ダウンロードページ にいきます。

参考 URL
Driver Fusion 2.1 ダウンロード、Download をクリック

Driver Fusion ページ内にある 「Download」 アイコンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 ダウンロード、Requirements 動作環境 .NET Framework 4.0 以上

今回ダウンロードする Driver Fusion は 「Version 2.1」 となっていました。

「Requirements」 にある動作環境を満たしているか確認しておきます。動作条件に 「.NET Framework 4.0」 以上が必要となっています。

Driver Fusion 2.1 ダウンロード、Microsoft .NET Framework 4.5.1 インストール済み

ちなみに私が使っている PC 環境(Windows 7 64bit Pro) では 「Microsoft .NET Framework 4.5.1」 がインストールされておりました。

この辺はあんまり意識していなかったのですが、Windows Update を介して更新できる ようになっていたみたいなので、Windows Update で常に PC を最新の状態にしていれば、おそらくほとんどの方が 「Microsoft .NET Framework 4.5.1」 がインストールされている状態になっていると思われます。

参考 URL
Driver Fusion 2.1 ダウンロード、ダウンロード先を選択 Download from : Treexy.com をクリック

「Download from :」 にあるダウンロード先のリンクをクリックします。どれを選択しても問題ないと思いますが、今回は 「Treexy.com」 を選択しました。

Driver Fusion 2.1 ダウンロード、自動的にダウンロード開始、万が一ダウンロードが始まらない場合 「click here.」 をクリックして手動でファイルをダウンロード

しばらくするとダウンロードが始まります。万が一、ダウンロードが始まらない場合は、「click here.」 をクリックして手動でファイルをダウンロードします。

  1. Driver Fusion 2.1 インストール

Driver Fusion 2.1 ダウンロード、ダウンロードした Driver_Fusion_21.exe ファイル

ダウンロードした 「Driver_Fusion_21.exe」 を実行します。

Driver Fusion 2.1 インストール、ダウンロードして Driver_Fusion_21.exe を開き、実行ボタンをクリック

「セキュリティの警告」 画面が表示されたら、「実行」 ボタンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 インストール、「Installer Language」 画面、「Japanese/Nihongo」 が選択された状態で 「OK」 ボタンをクリック

「Installer Language」 が表示され 「Japanese/Nihongo」 が選択された状態となっています。「OK」 ボタンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 インストール、「Driver Fusion セットアップ」 画面、「次へ」 ボタンをクリック

Driver Fusion のセットアップ画面が表示されました。「次へ」 ボタンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 インストール、ライセンス契約書画面、「同意する」 ボタンをクリック

「同意する」 ボタンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 インストール、インストール先フォルダ設定画面、「次へ」 ボタンをクリック

「次へ」 ボタンをクリックします。

Driver Fusion 2.1 インストール、アプリケーションのインストール要求画面、インストールしたくない場合はここで選択肢を変更

Driver Fusion 以外のアプリケーションのインストール要求画面が表示されました。初期状態では 「承諾する」 となっていますので、インストールしたくない場合はここで選択肢を変更する必要があります

Driver Fusion 2.1 インストール、アプリケーションのインストール要求画面、 「承諾しない」 を選択して 「インストール」 ボタンをクリック

インストールしたくない場合は 「承諾しない」 を選択して 「インストール」 ボタンをクリックするとインストールが始まりますので、完了するまでしばらく待ちます。

※ インストールする Driver Fusion のバージョンによってはここで表示されるアプリケーション名と承諾方法が変わることがありますので、インストールする Driver Fusion のバージョンが異なるごとに画面内容をよく見て進める必要があります。

Driver Fusion 2.1 インストール、インストール完了、「完了」 ボタンをクリックしてインストール終了

Driver Fusion のインストールが完了しましたので、「完了」 ボタンをクリックしてインストール終了です。

  1. Driver Fusion 2.1 設定変更

Driver Fusion 2.1 画面

インストールした Driver Fusion を起動して各種設定内容を簡単に確認してみます。

Driver Fusion 2.1 設定、画面右上にある 「歯車」 アイコンをクリック Driver Fusion 2.1 設定、画面右上にある 「歯車」 アイコンをクリックして 「Settings」 をクリック

デフォルトではユーザーインターフェースが英語の状態だったのでこれを日本語に変更してみます。

画面右上に 「歯車」 アイコンがあるのでクリックして、「Settings」 をクリックします。

Driver Fusion 2.1 設定、設定画面

Driver Fusion の設定画面が開きました。

Driver Fusion 2.1 設定、「Language」 が言語設定となっており、クリックすると対応言語一覧が表示 Driver Fusion 2.1 設定、「Language」 一番下側に 「日本語(Japan)」 をクリック

Language」 が言語設定となっており、クリックすると対応言語一覧が表示されます。一番下側に 「日本語(Japan)」 があるのでこれをクリックします。

Driver Fusion 2.1 設定、「Language」 で 「日本語(Japan)」 をクリックするとインターフェースが日本語に変更

「日本語(Japan)」 選択と同時に英語から日本語に切り替わりました。

Driver Fusion 2.1 設定、「情報」 項目のところに 「自動的に Treexy する匿名の情報を報告することにより、ドライバの検出を改善するのに役立つ」 のチェックマークを外す

「情報」 項目のところに 「自動的に Treexy する匿名の情報を報告することにより、ドライバの検出を改善するのに役立つ」 というところがデフォルトでチェックマークがついてました。

ドライバ検出の改善に協力できる人はチェックマークがついたままで、そうではない方はチェックマークを外せるように設定ができるようになっています。画面右下の 「OK」 ボタンをクリックすると設定画面が閉じます。

Driver Fusion 2.1 設定、「Language」 で 「日本語(Japan)」 に変更して、すべてのインターフェースが日本語に変更

「Language」 を 「日本語(Japan)」 に選択したので、すべてのユーザーインターフェースが日本語に切り替わりました。

次回、「非公式サウンドドライバ(PAX Drivers)のアンインストール作業メモ」 に続きます。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
関連コンテンツ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細