生活 タンブラー サーモスより値段が安いフォルテック・ハウス ステンレスタンブラーを購入しました

サーモスより値段が安いフォルテック・ハウス ステンレスタンブラーを購入しました

長年、保温も保冷も可能な THERMOS ステンレスマグカップ(飲み口付) JCM-240 を愛用しており、これでアイスコーヒー・ホットコーヒー・麦茶・お茶など淹れて飲んでおりました。

このステンレスマグカップの容量は 240ml とやや少ないため、特に夏になるとよく淹れるアイスコーヒーや麦茶はすぐに飲み干してしまい、毎回毎回都度注ぐのは面倒でしたので容量が大きいステンレスタンブラーを購入することにしました。

サーモス製品を利用していた実績から、引き続き同じサーモスの THERMOS 真空断熱タンブラー 400ml ステンレス JDA-400 STHERMOS 真空断熱タンブラー 600ml ステンレス JDA-600 S にほぼ購入に傾いていました。

ただ、1 個あたりの価格がやや高いかなと感じていたので、この機会に他社製品の類似品をいろいろ調べてみると、各社からほぼ同じ機能・容量で低価格のタンブラーがラインナップされていることがわかりました。

いろいろ吟味して悩んだ末、同容量でサーモスよりさらに安かった 和平フレイズフォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 をそれぞれ 2 つずつ購入することにしました。

2016/12/21 追記

2016年に発売されたフォルテック・ハウスの真空断熱ステンレスタンブラーを購入した記事を 公開 しました。

関連記事
フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-620、それぞれ 2 個ずつ購入 フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-620、それぞれ 2 個ずつ開封して並べてみたところ
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml(FHR-6177) 開封

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 購入

まずは フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 です。

2 個購入しました。

主にホットコーヒーやお茶など、一度にたくさん飲まない温かい飲み物用として使用します。

参考 URL
by カエレバ
フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 開封

開封して中身をチェックします。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 簡易包装

緩衝材などはなくビニール袋のみの簡単な包装のみです。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 取扱説明書一式

タンブラー内に取扱説明書などが一緒に同封されています。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 タンブラー内部

タンブラー内部を撮影した画像です。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 タンブラー内部 真上から撮影

タンブラー内部を真上から撮影した画像です。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 タンブラー底面 MADE IN CHINA

タンブラーの底面です。MADE IN CHINA となっています。

  1. フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml(FHR-6204) 開封

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 購入

次に フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 です。

こちらも 2 個購入しました。

主にアイスコーヒーや麦茶など、氷を入れて冷たい飲み物を飲むときに使用します。

参考 URL
by カエレバ
フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 開封

開封して中身をチェックします。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 簡易包装

こちらも緩衝材などはなくビニール包装のみの簡単な梱包のみでした。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 取扱説明書一式

同じくタンブラー内に取扱説明書などが同封されていました。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 タンブラー内部

タンブラー内部を撮影した画像です。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 タンブラー内部 真上から撮影

タンブラー内部を真上から撮影した画像です。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 タンブラー底面

タンブラーの底面です。こちらも MADE IN CHINA となっています。

片方のタンブラーのシールの貼る位置がずれているのがちょっと気になりました。

  1. THERMOS ステンレスマグカップとの大きさ比較

THERMOS ステンレスマグカップ(飲み口付) JCM-240 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 大きさ比較

愛用していた THERMOS ステンレスマグカップ(飲み口付) JCM-240 との大きさを比較してみます。

画像左側が THERMOS ステンレスマグカップ(飲み口付) JCM-240、真ん中が フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177、右側が フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 となっています。

THERMOS ステンレスマグカップ(飲み口付) JCM-240 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 の高さ比較

横から見るとこのような感じになっています。

それぞれ高さが・・・

となっていました。

  1. フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml と 620ml の大きさ比較

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-620、それぞれ 2 個ずつ開封して並べてみたところ

購入した フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177(左側) と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204(右側) 2 つずつ並べてみました。

フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177(画像上側) と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-620(画像下側) の底面の大きさを比較

底面の大きさを比べてみます。

画像下が フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204、画像上が フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 となっています。

画像で見るとわずかながら フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 のほうが底面積が大きいのがわかります。

また、容器内側もその分広くなっているせいか フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml FHR-6204 のほうがスポンジを使っての内部のお手入れがしやすくなっています。

  1. 酸素系漂白剤を使って内容器臭い取り

フロッシュ 食器用洗剤 オレンジ 500mL、3M スコッチ・ブライト ハイブリッドネットスポンジ オレンジ HBNT-75E 2PM

使用する前に取扱説明書に従って、食器用中性洗剤とスポンジを使ってよく洗っておきます。

食器用中性洗剤には フロッシュ 食器用洗剤 オレンジ 500mL を、スポンジは 3M スコッチ・ブライト ハイブリッドネットスポンジ 2個パック オレンジ HBNT-75E 2PM を使って洗いました。

by カエレバ
by カエレバ
やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤 750g

ステンレスタンブラー開封後、容器内の内側には鉄独特の臭いが残っているので、自宅で使用している やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤 750g を使って臭い取りを行います。

by カエレバ
フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml に適量の酸素系漂白剤を投入して、縁の部分まで熱湯を注ぎ放置する

ステンレスタンブラーに適量の 酸素系漂白剤 を入れ、内容器の縁の部分までお湯を注ぎ、約 30 分ほど放置しておきます。

ちなみに縁の部分まで熱湯を注ぐとタンブラー上部はかなり熱くなっていましたので、熱い飲み物を入れるとき・飲むときは注意したほうがいいかもしれません。

酸素系漂白剤を投入して熱湯を注ぎ、しばらく時間を置いた後 フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml をスポンジで洗ったところ 酸素系漂白剤を投入して熱湯を注ぎ、しばらく時間を置いた後 フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 400ml FHR-6177 と フォルテック・ハウス ステンレスタンブラー 620ml をスポンジで洗い水気をふき取ったところ

30 分後、スポンジでタンブラーをよく洗い、水気をふき取り十分に乾燥させて洗浄完了です。

これでタンブラーを使用できる状態となりました。

タンブラーの容量が大きくなったことで氷の量が増やせて、飲み物の頻繁な注ぎ回数は少なくなり、保冷に優れたステンレスタンブラーということもあって、この夏は冷たいアイスコーヒーや麦茶など味わって飲むことができるようになりました。

  1. その他使い方や注意事項など

その他取扱説明書を読んで気になった情報をピックアップします。

タンブラーの効果的な使用方法としては、あらかじめ少量の冷水(熱湯)を入れ、1 分ほど予冷(予熱)するとより保冷(保温)できるようになります。

タンブラーの縁の部分は断熱構造になっていないため、熱い飲み物を容器内いっぱいに注いでから飲むのは厳しいかもしれません。

丸洗いは可能ですが、つけ置き洗いはできません。また、塩素系漂白剤は使用できません。

スポーツ飲料水など、塩分を含んだ飲料物を入れた場合、塩分による腐食を防ぐために使用後はすぐ手入れする必要があります。

斑点状の赤錆がついた場合は食酢を 10 %程度加えて約 1 時間放置、ザラザラしたもの(カルシウム)が付着した場合は クエン酸 を 10 %程度加えて約 3 時間放置後、よく洗うことでとれるそうです。

汚れや臭いについては 5. 酸素系漂白剤を使って内容器臭い取り で実践した方法で 酸素系漂白剤 を使って 30 分放置後によく洗うのが効果的です。

サーモスのタンブラーと比較して、フォルテック・ハウス ステンレスタンブラーは食器洗浄機に非対応、保冷効力は 9 度以下(1時間)(サーモスタンブラーは 7 度以下)となっており、この辺がおそらくサーモスタンブラーとの価格差となっているのではないかと思われます。

食洗機は使いませんし、長時間保冷しておくこともなく短時間で大体飲み干してしまうので、個人的にはタンブラーの性能などに不満はありません。

あとはどれだけ長く使用できるかどうかといったところでしょうか。

今回、購入後いろいろ調べて気が付いたのですが、タンブラー類似品は大抵 ”真空断熱” または ”真空二重構造” という性能を謳っていることが多いと思うのですが、このフォルテック・ハウス ステンレスタンブラーは ”真空” という文字がどこにも入っていませんでした。

Amazon レビューでもその辺気にされている方がおりましたが、HC×Mania さんの記事和平フレイズ が ”真空” を謳っていないと思われる理由を書かれておりました。

評判のよいメーカーらしく、関連商品の性能は好評なようですのであまり気にする必要はなさそうですね。

他社の類似品タンブラー商品の中には、断熱層が ”真空” ではなく ”中空” ( 参考 : 真空構造と中空構造の違い )と明記されているものもあるみたいなので、保温・保冷重視のタンブラーを購入するときはその辺注意したほうがよさそうです。

参考 URL
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
関連コンテンツ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細