ハードウェア 自作 PC PCケース ホコリの詰まり具合チェックとホコリ掃除 - Three Hundred Two AB メインPC 編

PCケース ホコリの詰まり具合チェックとホコリ掃除 - Three Hundred Two AB メインPC 編

自作PC 完成後、一度もまともに PCケース Antec Three Hundred Two AB の埃掃除を行っていないためか、連日の猛暑により CPU・MB・GPUの温度が高めになっており、特に HDD については温度が ”40度” を超える日が続いておりました。

現在、ほぼ同じ構成の 自作PC を 2 台 常時稼働させておりますが、両方ともホコリの詰まり具合が目に見えてひどい状態なので、これを機にまとめて 自作PC のメンテナンスを行うことにしました。

ホコリ掃除する前に メインPC の OS をインストールした日時を調べてみると 2013/05 となっており、約 1年 と 3ヵ月 近くホコリ掃除に関してはまったく手入れしていなかったことになります。

こちらの記事では主に メインPC でのホコリ詰まりのチェックを行います。

メインPC のパーツ構成は こちら

※ 掃除前の PCケース 撮影画像には、非常に汚いホコリだらけの画像を掲載しております。

続きから記事を閲覧する場合はご注意ください。


スポンサードリンク
参考 URL

目次
  1. ホコリ掃除で使った道具の紹介

  2. ・ 1-1 軍手・綿手袋

    ・ 1-2 エアダスター

    ・ 1-3 割り箸

    ・ 1-4 3M スコッチ・ブライト フロアワイパー(伸縮タイプ) + ドライシート

    ・ 1-5 シュロブラシ


  3. メイン PCケース Three Hundred Two AB ホコリ チェック

  4. ・ 2-1 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ

    ・ 2-2 PCケース トップパネル(天板) ファンガード(ケースファンなし)

    ・ 2-3 PCケース リアパネル(背面) ケースファン(排気)

    ・ 2-4 PCケース サイドパネル(PCパーツ 取り付け側) ケースファン(排気)

    ・ 2-5 PCケース トップパネル & サイドパネル(裏配線側) ケースファン(排気)

    ・ 2-6 PCケース 内部

    ・ 2-7 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ 取り外し後のフロントファン(吸気)

    ・ 2-8 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ・ダストフィルター

    ・ 2-9 PCケース ボトム(底面)・電源ユニット搭載エリア ダストフィルター

    ・ 2-10 PCケース 電源ユニット搭載エリア ダストフィルター取り付け


  5. メイン PC のホコリ掃除を終えて・・・


by カエレバ


・ 1. ホコリ掃除で使った道具の紹介

今回、PCケースのホコリ掃除に使用した道具を簡単に紹介します。



・ 1-1 軍手・綿手袋

20130608-008.jpg
PCケース Antec Three Hundred Two AB は全体的に黒いケースのため、素手で持ち上げると指紋跡がついてしまいます。

後でふき取るのも面倒なため、PCケース を触る際には軍手を使用しています。

20130608-009.jpg
軍手ままでは細かい作業するには少々やりにくいため、軍手より薄い綿手袋を装着して作業を行います。

ただ、さらに細かい作業を行う場合は素手のままで作業を行うこともあります。

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ



・ 1-2 エアダスター

20130608-010.jpg
ファンや手が届かないようなところの隙間のホコリの吹き飛ばしにエアーダスターを使用します。

エアーダスターの連続使用は本体が冷たくなりますので、あらかじめ複数本用意しておきます。

1 本あたりの単価がやや高めのため、現在手持ちのエアーダスターのストックが切れたらブロワーを購入してみたいと思います。

by カエレバ



・ 1-3 割り箸

20130608-013.jpg
ファンのホコリ掃除にエアーダスターやブロワーなど、吹き付けが強力なものを使用してファンが回ったりすると、場合によってはファンやファンの軸にダメージを与えることがあるようです。

あらかじめ割り箸でファンの羽のところで固定しておけば、エアーダスターやブロワーを使ってもファンが勝手に回ることがなくなりますので、安心してホコリ掃除ができるようになるかと思います。

実は割り箸を使ってファンを固定する方法はつい最近知り、今まではそういうことを意識することなくエアーダスターを使ってホコリ掃除をしておりました。

たまたま運よくファンが故障するようなことはありませんでしたが、ブロワーなどエアーダスターより強力なものを使用する場合は、この割り箸を使ったファンの固定方法は必須かもしれません。

by カエレバ



・ 1-4 3M スコッチ・ブライト フロアワイパー(伸縮タイプ) + ドライシート

3m-scotch-bright-floor-wiper-stretch-type-dry-sheet-01.jpg
PCケース のホコリ掃除には直接使用しませんが、室内で掃除作業した場合にフローリングなどにホコリがたまってしまうため、そのあと片づけで普段のフローリング掃除で活用してる 3M スコッチ・ブライト フロアワイパー(伸縮タイプ) FW-TSS という商品を使用しています。

外で作業できれば使うことはないのですが、移動中などで HDD などに誤って衝撃を与えしまうことがあるかもしれませんので、なるべくそのようなことが起きないよう自室または別の部屋でホコリ掃除を行いました。

ちなみに、ドライシートは消耗品ですので汚れたら破棄をして 3M スコッチ・ブライト ドライシート 18枚入 FW-DS18 などから新しいものと張り替えて使用します。

by カエレバ

by カエレバ



・ 1-5 シュロブラシ

syuro-brush-01.jpg
こちらも普段の室内の掃除用に 【 白木屋傳兵衛 】 「シュロブラシ 28cm」 と 「小はりみ(ちりとり) ひも通し穴有り」 のセット を使用しているのですが、PCケースの表面や手が届く程度の PCパーツ や箇所などのホコリ掃除に シュロブラシ を使用しました。

棕櫚箒(シュロほうき)は使ってても 静電気は発生しない もののようですが、掃除中のひっかかりによって多少毛先が抜けやすく、ケース内に残ってしまうことがあるかもしれません。

ケース内部の奥深くまで念入りにやらない程度でホコリ掃除用に使用しました。

参考 URL

by カエレバ



・ 2. メイン PCケース Three Hundred Two AB ホコリ チェック

PCケース Antec Three Hundred Two AB および各 PCパーツ 類のホコリのたまり具合を確認していきます。



・ 2-1 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ

Main-PC-Maintenance-Dust-01.jpg
Main-PC-Maintenance-Dust-02.jpg
Main-PC-Maintenance-Dust-03.jpg
フロントパネル・フロントメッシュに詰まっているホコリです。

フロントファン 2 基 を吸気ファンとして取り付けているため、PCケース外からのホコリはほとんどフロントパネルから吸い込むことになっています。
(なお、フロントファン以外のケースファンは排気ファンとして取り付けています。)



・ 2-2 PCケース トップパネル(天板) ファンガード(ケースファンなし)

Main-PC-Maintenance-Dust-04.jpg
トップパネル(天板)にはケースファンは取り付けておらず、PCケース内側から別売りのファンガードのみを取り付けています。

机の下に PCケース を置いてありましたが、ファンガードも含めトップパネル(天板)全体にホコリをかぶっている状態となっていました。

関連記事

by カエレバ



・ 2-3 PCケース リアパネル(背面) ケースファン(排気)

Main-PC-Maintenance-Dust-05.jpg
PCケース のリアパネル(背面)です。

上にあるケースファンは排気ファンです。

マザーボードの I/O パネルの横と 拡張スロットの横にスリット状の穴があり、PCケース内はやや負圧状態のためかその穴から入り込むような形でホコリが付着しておりました。

by カエレバ



・ 2-4 PCケース サイドパネル(PCパーツ 取り付け側) ケースファン(排気)

Main-PC-Maintenance-Dust-06.jpg
PCケース のサイドパネル(PCパーツ 取り付け側)にあるケースファン(排気)です。

ファンに若干のややホコリが付着している程度で特に目立つような汚れ等は見当たりませんでした。

by カエレバ



・ 2-5 PCケース トップパネル & サイドパネル(裏配線側) ケースファン(排気)

Main-PC-Maintenance-Dust-07.jpg
Main-PC-Maintenance-Dust-08.jpg
PCケース のサイドパネル(裏配線側)にあるケースファン(排気)です。

サイドパネルのメッシュ部分やファン本体も含め、かなりのホコリが付着しておりました。

by カエレバ



・ 2-6 PCケース 内部

Main-PC-Maintenance-Dust-09a.jpg
PCケース Antec Three Hundred Two AB の内部です。

CPU ファンに取り付けた別売りのファンガードのホコリの付着が特に目立っておりました。

by カエレバ

by カエレバ

Main-PC-Maintenance-Dust-10a.jpg
電源ユニットやサウンドカードの表面にうっすらとホコリが付着していました。

Main-PC-Maintenance-Dust-11a.jpg
HDD の表面にもうっすらとホコリがありましたが、CPU ファンのファンガード以外は目立つようなホコリ汚れはないように感じました。

Main-PC-Maintenance-Dust-22.jpg
PCケースを逆さにしてビデオカードのファン付近を撮影したものです。

画像からはわかりづらいのですが、ビデオカードファンの奥にあるヒートシンクにはホコリが付着しており、エアーダスターでビデオカードのヒートシンクに吹きかけた時にそれなりのホコリが出てきました。

Main-PC-Maintenance-Dust-17.jpg
PCケース 裏配線側です。

CPUカットアウト側 マザーボード中心とその近くを通るケーブル類にホコリが付着しておりました。

それ以外の裏配線側にはあまりホコリは見られませんでした。

Main-PC-Maintenance-Dust-18.jpg
Scythe ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 のバックプレートの箇所が排気ファンの羽部分と被さる場所となっていますが、この部分にかなりのホコリが付着しておりました。



・ 2-7 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ 取り外し後のフロントファン(吸気)

Main-PC-Maintenance-Dust-14.jpg
PCケース フロントパネル取り外し後のフロントファン(吸気)です。

2 基の吸気ファンを取り付けていますが、フロントパネルのメッシュとダストフィルターでホコリをキャッチしているせいか、多少ホコリがみられる程度で目立つほどの汚れはありませんでした。

by カエレバ

Main-PC-Maintenance-Dust-15.jpg
PCケース フロント上面 5 インチベイがあるところから撮影した画像です。

PCケース内がやや負圧のためか、ケースの隙間からホコリが入り込むような跡が見受けられました。

Main-PC-Maintenance-Dust-16.jpg
PCケース フロント上面 5 インチベイ さきほどのところから反対側を撮影した画像です。

5 インチベイに取り付けたドライブの隙間にホコリが詰まっておりました。



・ 2-8 PCケース フロントパネル・フロントメッシュ・ダストフィルター

Main-PC-Maintenance-Dust-12.jpg
PCケースのフロントパネル・フロントメッシュ面です。

フロントパネルのケースファンが吸気ファンのため、PCケースのほとんどのホコリはこの部分に吸い込まれるようになっており、びっしりとホコリが詰まっています。

Main-PC-Maintenance-Dust-13.jpg
フロントパネルの裏側です。

フロントメッシュの裏にはダストフィルターが取り付けられています。

裏表どちらからみても隙間から先が全く見えないほどホコリが詰まっているのがわかります。

Main-PC-Maintenance-Dust-26.jpg
フロントパネルのダストフィルターを取り外したところです。

画像上側のフロントパネル・フロントメッシュは掃除後の状態で、画像下側のダストフィルターはまだホコリを取り払っていない状態のものです。

フロントメッシュにもかなりのホコリが詰まっておりましたが、ダストフィルターにもホコリが相当詰まっておりました。



・ 2-9 PCケース ボトム(底面)・電源ユニット搭載エリア ダストフィルター

Main-PC-Maintenance-Dust-19.jpg
PCケースを逆さにして底面を撮影した画像です。

今回は電源ユニットエリア搭載のダストフィルターのホコリの詰まり具合を調べるために、PCケースを逆さにしています。

Main-PC-Maintenance-Dust-20.jpg
PCケース下側に向けた電源ユニットのファンは吸気のため、ダストフィルターにホコリが詰まっているのがわかります。

実はこのダストフィルターが メインPC・サブPC ともに、カッチリと閉まってしまい取り外せない状態となっていたため、一度 PCケース を調べるために逆さまにしていました。

Main-PC-Maintenance-Dust-21.jpg
いろいろ調べてみたところ、どうも電源ユニットをネジで強く固定してしまったためか(?)、ダストフィルターが取り外せなかったようです。

いったん電源ユニットのネジを取り外すことで、なんとかダストフィルターを取り外すことができました。

Main-PC-Maintenance-Dust-23.jpg
ダストフィルターを取り外してみると、電源ユニットのファン側にもホコリが残っていました。

メンテナンスするときはダストフィルターだけを外して掃除するだけでなく、電源ユニット内や電源ユニットファンのホコリも一緒に掃除する必要がありそうです。



・ 2-10 PCケース 電源ユニット搭載エリア ダストフィルター取り付け

Main-PC-Maintenance-Dust-24.jpg
電源ユニットをネジ止めしてダストフィルターを取り付けます。

また、ダストフィルターが取り外せなくなるのが面倒なので、画像のように最後まで取り付けないようにしました。

Main-PC-Maintenance-Dust-25a.jpg
逆さにした PCケース を元に戻した時のダストフィルターの取り外し箇所部分です。

電源ユニット搭載エリアから横に引っ張って取り外すタイプのため、ダストフィルターを最後まで取り付けないようにすると、画像のように PCケース 横からすこしはみ出るような形に見えます。



・ 3. メイン PC のホコリ掃除を終えて・・・

一通りメイン PC のホコリ掃除が終わり、元通りに戻して作業完了となります。

電源を入れて問題なく起動できるかどうか確認します。

暑い日には ”40度” を超えていることが多かった HDD が、掃除後は ”35度” まで温度が下がったのが一番わかりやすかった結果でした。

ホコリによってエアーフローが機能していない状態では PCパーツ の冷却は当然ながら妨げになりますので、定期的な PCケース のホコリ掃除は必要であることを再認識しました。

こういった手入れは面倒なためあまりやらないのですが、エアコンがない部屋で PC を使い続ける場合には、特に夏場に入る前になるべくメンテナンスしたほうがよいと感じました。



関連記事




by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する