ソフトウェア Windows Update 2015年7月~9月までの Windows Update を一気に適用したときのメモ

2015年7月~9月までの Windows Update を一気に適用したときのメモ

2015年6月の Windows Update からしばらく更新作業をしていなかったので、久しぶりに情報収集しながらアップデートの準備をしていましたが、その間にいろいろとアップデート内容について気を付けなければならないものが増えてしまったようです。

当方の PC 環境(OS Windows 7 64bit Pro) では、Windows Update によって起きる想定外のトラブル回避のため自動更新を切り、更新プログラムの公開日から1、2ヶ月程度様子を見た後にトラブル情報がないことを確認してから(問題のある更新プログラムは非表示)、 ”手動” で Windows アップデートするようにしています。

関連記事

今回の記事では 2015年7月~9月までの Windows Update を一気に適用するために、各種情報と照らし合わせて更新しなかったプログラム、更新後に不必要なプログラムをスクリプトを使って削除したことなどをまとめてみました。

2015年10月上旬の段階で Windows Update 画面にて非表示にしていた更新プログラム一覧、IE10、IE11、LANドライバ(以前は NVIDIA ドライバあり)、KB3021917、KB3086255、KB308332、KB2952664(重複表示)、KB3068708(重複表示)、KB3075249、KB3080149、KB3083710
スポンサードリンク
目次

  1. KB3050265 (svchost.exe (netsvcs) メモリーリーク対応)

こちらの内容は 2015年7月~9月の Windows Update を適用する前に、以前から問題のあったプログラムに対して修正パッチを適用したときの内容です。

最新の Windows Update を適用している環境ではすでに改善しているみたいですので、改めて導入する必要はないようです。

参考 URL
Windows タスクマネージャー、svchost.exe CPU 使用率 25%とメモリリーク

1日数回程度 「svchost.exe」 の CPU 使用率が 数分間 25% のままとなり、メモリーリークと思われる挙動が同時に発生することがありました。

リソースモニター、svchost(netsvcs) の PID(プロセス ID) を確認

svchost.exe に関するトラブル調査方法については、ツールを使ってある程度絞り込むことができるようになっています。

リソースモニター を起動して 「PID(プロセス ID)」 (画像赤枠)を確認します。タスクマネージャーやコマンドプロンプトからでも PID を調べることができます。 参考リンク

Svchost Viewer から該当する svchost.exe PID: を見つけ、問題を起こしているサービスを突き止める、今回の場合は 「wuauserv」 サービスが原因

svchost viewer を使って該当する PID をクリックすると、問題が発生しているサービスを絞り込んでリスト表示できます。

svchost.exe プロセスに関する参考 URL

この問題についてはすでに対策方法が判明しており、KB305026564bit 版32bit 版) を適用することで解決できます。(最新の Windows Update を適用している環境ではこの修正プログラムは不要です。)

この問題はバックグラウンドで動いている Windows Update サービス(wuauserv)が原因だったようです。

Windows Update の自動更新は切っておりますが、アップデートに関する通知は表示するように設定していたので、今回このような問題が判明しました。

KB3050265 (svchost.exe (netsvcs) メモリーリーク対応) に関する参考 URL

  1. KB3021917 (Windows カスタマーエクスペリエンス向上プログラム CEIP)

2015年2月の Windows Update で公開された KB3021917 (Windows カスタマーエクスペリエンス向上プログラム CEIP) 更新プログラムをインストールしなかった時のメモです。

この更新プログラムはパソコンの状態を診断、そのデータを Microsoft に送信し、ユーザーへのシステムパフォーマンスの向上を提供する目的としたものでしたので、不必要と判断してあらかじめ Windows Update から 除外設定 をしました。

今回の 2015年7月~9月までの Windows Update とは関係のない内容ですが、Windows Update の(Internet Explorer、各種デバイスドライバ以外の)更新プログラムとして初めて 除外設定 した内容だったので、一応今回の記事に記録として一緒に残しておきます。

KB3021917 (Windows カスタマーエクスペリエンス向上プログラム CEIP) に関する参考 URL

  1. KB3086255 (コピープロテクト SafeDisc(secdrv.sys) 無効化)

2015年9月の Windows Update で公開された KB3086255 (コピープロテクト SafeDisc(secdrv.sys) 無効化) 更新プログラムをインストールしなかった時のメモです。

この 「SafeDisc」 はディスクのコピープロテクトの一つで、これらのプロテクトを採用しているゲームなどソフトウェアを起動することがないのなら、インストールしても特に問題ありません。

万が一更新プログラムをインストールしても、「SafeDisc」 採用のアプリケーション、ゲームが動作しない事態に陥った場合は、対処方法として管理者権限で起動したコマンドプロンプトから、コマンドを実行することで回避できるようになっています。

また、コマンドプロンプト以外からでも 「SafeDisc」 の ON・OFF の切り替えが可能となっています。

当方の PC 環境では KB3086255 (コピープロテクト SafeDisc(secdrv.sys) 無効化) のインストールは保留、Windows Update では 除外設定 にしてしばらく様子見としました。

KB3086255 (コピープロテクト SafeDisc(secdrv.sys) 無効化) に関する参考 URL

  1. KB3083324 (svchost.exe (netsvcs、wuauserv) 更新プログラム?)

2015年9月の Windows Update で公開された KB3083324 (svchost.exe (netsvcs、wuauserv) 更新プログラム?) をインストールしなかった時のメモです。

KB3083324 については大きな地雷更新プログラムではなさそうですが、一部の PC 環境によっては不具合があったり、更新プログラムの詳細が不明ということもあって、インストールする必要もないという話があり見極めが難しいところです。

判断が難しいところですが、こちらもインストールは保留、Windows Update で 除外設定 としました。

KB3083324 (svchost.exe (netsvcs、wuauserv) 更新プログラム?) に関する参考 URL
Windows 7 Professional 64bit Windows Update で非表示にしている更新プログラム、KB3021917、KB3086255、KB3083324

2015年9月分まで Windows Update の更新プログラムを適用する前に 除外設定 した更新プログラム一覧です。(Internet Explorer、デバイスドライバは以前から除外設定済み)

  1. Windows テレメトリーサービス (Microsofot による PC 情報収集) と削除スクリプト

いくつか不必要な更新プログラムを事前に除外して、最新の Windows Updatae を適用する準備が整いつつありますが、今度は 2015年9月分から追加されたデータテレメトリーサービスが更新プログラムに含まれていることがわかりました。

Windows テレメトリーサービス (Microsofot による PC 情報収集) に関する参考 URL

Windows 10 から始まっているプライバシー情報を Microsoft のサーバにデータ送信している仕組みが、Windows Update により他の OS にも適用されるようになったようです。

このデータテレメトリーサービスは OS によって、Windows Update 経由でインストールされる更新プログラムの内容が違うみたいです。

データテレメトリーサービスの更新プログラムを 除外設定 するには、手動で確認するしかなく手間のかかるめんどくさい作業です。

いろいろ情報収集していたところ、GitHub にてインストールされたテレメトリーサービスを一括で削除するスクリプトが公開されているという情報を見つけ、このスクリプトを実行してみることにしました。

というわけで、2015年7月~9月分までの Windows Update とテレメトリーサービス削除については下記の方法で実行しました。

2015年7月~9月分 Windows Update とテレメトリーサービス削除スクリプト実行の順番
  1. 2015年7月分 Windows Update インストール
  2. PC 再起動
  3. 2015年8月分 Windows Update インストール
  4. PC 再起動
  5. 2015年9月分 Windows Update インストール
  6. PC 再起動
  7. テレメトリーサービス削除スクリプト ダウンロードと実行
  8. PC 再起動

ちなみに GitHub で公開してあるテレメトリーサービス削除スクリプトの実行方法は、サイト内に 「Download ZIP」 ボタンがあるのでクリックするとファイルをダウンロードします。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、フォルダ内にある 「remove_crw.cmd」 というファイルを開くことで勝手にアンインストールが始まります。

アンインストール実行中は DOS 画面が開き、アンインストール終了後に勝手に DOS 画面が閉じて終了となります。勝手にアンインストール処理が始まり終了後も勝手に画面が閉じてしまうのですが、バッチファイルの中にコマンド(pause)を加えれば処理経過を確認できるかと思います。

バッチファイルを実行するため、お使いの PC 環境によっては管理者権限で起動する必要があるかもしれません。

Windows Update で 2015年9月分 まで更新プログラムを適用後、随時再起動。GitHub で公開されていたテレメトリー(Microsoft へ PC 内の情報を送信する仕組み)削除スクリプトを実行して念のため PC を再起動しました。

Windows テレメトリーサービス (Microsofot による PC 情報収集) に関する参考 URL
Windows 7 Professional 64bit Windows Update で 2015年7月~9月分 まで順番に更新プログラムを適用後、GitHub で公開されていたテレメトリ(Microsoft へ PC 内の情報を送信する仕組み)削除スクリプトを実行。その後再び Windows Update にて表示された更新プログラム、KB2952664、KB3068708、KB3075249、KB3080149 を非表示に設定

画像は Windows Update にて再表示された更新プログラム、KB2952664KB3068708KB3075249KB3080149 で、これらの更新プログラムを 除外設定 します。

2015年9月末の段階で Windows Update 画面にて非表示にしていた更新プログラム一覧、IE10、IE11、LANドライバ(以前は NVIDIA ドライバあり)、KB3021917、KB3086255、KB308332、KB2952664、KB3068708、KB3075249、KB3080149

2015年9月時点で Windows Updateの更新プログラムを 除外設定 した内容は下記の通りとなりました。

  1. Windows Update 更新プログラムの再表示と非表示

テレメトリー(Microsoft へ PC 内の情報を送信する仕組み)削除スクリプト 実行後に Windows Update で再表示された更新プログラムを 除外設定 にすることで、テレメトリーサービスをインストールしたままの状態は避けられました。

その後いくつかの更新プログラムが Windows Update 上に再表示されたので、再び 除外設定 をした時のメモです。

Windows Update 更新プログラム再表示に関する参考 URL
10月上旬 Windows Update に表示された KB3035583、非表示に設定

2015年10月上旬に Widnows Update で表示された KB3035583 (公開日 2015年07月09日) です。除外設定 済み。

2015年10月上旬 Windows Update に再び表示された KB3035583、再度非表示に設定

2015年10月上旬に Widnows Update で再び表示された KB3035583 (公開日 2015年10月05日) です。除外設定 済み。

2015年10月上旬 Windows Update に再び表示された KB2952664(前回は推奨、今回はオプション扱い)、再度非表示に設定、オプションの KB3083710 はこの段階では様子見

2015年10月上旬 Windows Update に再び表示された KB2952664前回は推奨、今回はオプション扱い)です。除外設定 済み。

オプションの KB3083710 はこの段階では様子見のため放置しています。

2015年10月上旬の段階で Windows Update 画面にて非表示にしていた更新プログラム一覧、IE10、IE11、LANドライバ(以前は NVIDIA ドライバあり)、KB3021917、KB3086255、KB308332、KB2952664(画像上赤枠重複表示)、KB3068708、KB3075249、KB3080149、KB3035583 (画像下赤枠重複表示)

2015年10月上旬時点で Windows Updateの更新プログラムを 除外設定 した内容は下記の通りとなりました。

2015年10月14日配信 Windows Update に再び表示された KB3083710(前回はオプション、今回は推奨扱い)、再度非表示に設定、他 2015年10月14日配信の Windows Update については今まで通り保留

2015年10月14日(2015年10月 セキュリティ情報リリース) の Windows Update で再び表示された KB3083710 (前回はオプション、今回は推奨扱い)です。除外設定 済み。

なお、今回の 2015年10月14日配信の Windows Update については、今まで通りすぐにインストールは行わず、しばらく様子を見るため保留のままにしておきます。

※ 記事公開日 2015年10月17日時点では Windows Update のオプションにて 「Windows 10 (Home または Pro) にアップグレード」 という項目は表示されていません。

2015年10月上旬の段階で Windows Update 画面にて非表示にしていた更新プログラム一覧、IE10、IE11、LANドライバ(以前は NVIDIA ドライバあり)、KB3021917、KB3086255、KB308332、KB2952664(上赤枠重複表示)、KB3068708(下赤枠重複表示)、KB3075249、KB3080149、KB3083710

2015年10月中旬時点で Windows Updateの更新プログラムを 除外設定 した内容は下記の通りとなりました。

当面は Windows 10 アップグレードの更新プログラムとテレメトリー更新プログラムの公開・非公開のイタチごっこが続く状況になるかもしれません。

関連記事
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する