ソフトウェア ドライバ NVIDIA Geforce Driver 337.88 WHQL から 355.98 WHQL → 358.50 WHQL → GeForce Hotfix Driver 358.59 へと NVIDIA GeForce ドライバを一気にアップデートしてみました

NVIDIA Geforce Driver 337.88 WHQL から 355.98 WHQL → 358.50 WHQL → GeForce Hotfix Driver 358.59 へと NVIDIA GeForce ドライバを一気にアップデートしてみました

NVIDIA Geforce Driver を 「337.88 WHQL」 (2014年5月26日公開) から 「355.98 WHQL」 (2015年9月22日公開) → 「358.50 WHQL」 (2015年10月7日公開) → 「Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) へ 1年半ぶりに一気にアップデートしたときのインストールメモです。

アップデートした理由は Rainbow Six Siege (レインボーシックス シージ) のベータテストプレイ時に、テクスチャがバグって表示されてしまったためで、しばらく更新していなかった GeForce ドライバーを約一年半ぶりに 「355.98 WHQL」 (2015年9月22日公開) に更新、その結果テクスチャ表示バグを改善することができました。

その後、短期間に 「Star Wars バトルフロント」 最適化版と Hotfix ドライバーがリリースされてしまい、Star Wars バトルフロント オープンβ(ベータ)テストをやる予定はなく、使用している Windows 7 64bit、GeForce GTX 570、60Hz のシングルモニターの PC 環境でのバグ修正はない(と思ってる)みたいですが、せっかくの機会なので一気に最新版までインストールしてみることにしました。

今回はたまたまドライバのリリースとインストールしたタイミングがいろいろとかぶってしまったので、連続してアップデートインストールする内容となってしまいましたが、特に理由がない限りは最新版だけをインストールしておけば問題ありません。

本記事公開時点(2015年10月24日時点)では 公式サイト から Windows 7 64bit、GeForce GTX 570 の環境下でドライバ検索すると、358.50 WHQL」 (2015年10月7日公開) がダウンロードすることができます。

その後公開された 「G-SYNC」 のみの性能問題を修正した Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) は公式サイトではなく、NVIDIA Support サイト からダウンロードすることになります。

特に特定バージョンのドライバーにこだわりなどがなければ、いきなり最新版の Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) をインストールしたほうが手っ取り早いと思います。

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 インストール
スポンサードリンク
目次

  1. GeForce Game Ready Driver 355.98 WHQL インストール

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール

GeForce Game Ready Driver 355.98 WHQL (2015年9月22日公開) のインストールと関連情報を集めた時のメモです。

その後、本記事公開時点(2015年10月24日時点)で 公式サイト から Windows 7 64bit、GeForce GTX 570 の環境下でドライバ検索すると、GeForce Game Ready Driver 「358.50 WHQL」 (2015年10月7日公開) がダウンロードできますので、特に理由がなければ そちら からインストールしたほうがいいかと思います。

また、さらにその後公開された 「G-SYNC」 のみの性能問題を修正した Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) がダウンロードできますので、特に特定バージョンのドライバーにこだわりなどがなければ、いきなり最新版の Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) をインストールしたほうが手っ取り早いと思います。

GeForce Game Ready Driver 355.98 WHQL に関する参考 URL
NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール、カスタムインストールオプション - グラフィックスドライバー 337.88 → 355.98

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール画面で 「カスタム(詳細)」 を選択した後の 「カスタム インストール オプション」 です。

グラフィックスドライバーのチェックボックスが最初から強制オンになっており、337.88 (現在のバージョン) → 355.98 (新しいバージョン) と表示されているのがわかります。

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール、カスタムインストールオプション - Physx システムソフトウェア 9.14.0702 → 9.15.0428、クリーンインストールの実行

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール画面の 「カスタムインストールオプション」 にて 「Physx システムソフトウェア」 にチェックマークを入れて更新します。バージョンが 9.14.0702 (現在のバージョン) → 9.15.0428 (新しいバージョン) になっているのがわかります。

ちなみに、当方の PC 環境では、「3D Vision」 「HD オーディオ」 「GeForce Experience」 は使わないため、すべてチェックボックスをオフにしています。(「GeForce Experience」 については、新グラボ交換時にインストールする予定です。)

古いドライバによるトラブルを防ぐため、グラフィックスドライバーをインストールする際には毎回 「クリーンインストールの実行」 にチェックマークを入れています。「次へ」 ボタンをクリックするとインストールが始まります。(古いドライバを完全削除する場合は自己責任で 「DDU (Display Driver Uninstaller)」 か 「Driver Fusion」 を使ったほうが確実だと思います。)

なお、クリーンインストールを実行すると、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されてしまいますので、注意してください。

関連記事
NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール完了後、念のため再起動

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL のインストールが完了しました。

最近の NVIDIA グラフィックスドライバーのインストール後は再起動を促すメッセージは表示されてませんが、念のため PC の再起動をしてゲームの動作確認をするようにしています。

ドライバをクリーンインストール後、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されているので、必要に応じて元の設定に戻しておきます。

関連記事

  1. GeForce Game Ready Driver 358.50 WHQL インストール

NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール

GeForce Game Ready Driver 358.50 WHQL (2015年10月7日公開) のインストールと関連情報を集めた時のメモです。

本記事公開時点(2015年10月24日時点)で 公式サイト から Windows 7 64bit、GeForce GTX 570 の環境下でドライバ検索すると、GeForce Game Ready Driver 358.50 WHQL (2015年10月7日公開) がダウンロードができます。

その後公開された 「G-SYNC」 のみの性能問題を修正した Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) がダウンロードできますので、特に特定バージョンのドライバーにこだわりなどがなければ、いきなり最新版の Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support サイトで公開) をインストールしたほうが手っ取り早いと思います。

GeForce Game Ready Driver 358.50 WHQL に関する参考 URL
NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール、カスタムインストールオプション - グラフィックスドライバー  355.98 → 358.50

NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール画面で 「カスタム(詳細)」 を選択した後の 「カスタム インストール オプション」 です。

グラフィックスドライバーのチェックボックスが最初から強制オンになっており、355.98 (現在のバージョン) → 358.50 (新しいバージョン) と表示されているのがわかります。

NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール、カスタムインストールオプション - Phyx システムソフトウェア 9.15.0428 のまま、クリーンインストールの実行

NVIDIA Graphics Driver 355.98 WHQL インストール画面の 「カスタムインストールオプション」 にて 「Physx システムソフトウェア」 にチェックマークを入れて更新します。バージョンは 9.15.0428 (現在のバージョン) → 9.15.0428 (新しいバージョン) となっており、バージョン変更はありません。

当方の PC 環境では、「3D Vision」 「HD オーディオ」 「GeForce Experience」 は使わないため、すべてチェックボックスをオフにしています。(「GeForce Experience」 については、新グラボ交換時にインストールする予定です。)

古いドライバによるトラブルを防ぐため、グラフィックスドライバーをインストールする際には毎回 「クリーンインストールの実行」 にチェックマークを入れています。「次へ」 ボタンをクリックするとインストールが始まります。(古いドライバを完全削除する場合は自己責任で 「DDU (Display Driver Uninstaller)」 か 「Driver Fusion」 を使ったほうが確実だと思います。)

なお、クリーンインストールを実行すると、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されてしまいますので、注意してください。

関連記事
NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL インストール完了後、念のため再起動

NVIDIA Graphics Driver 358.50 WHQL のインストールが完了しました。

最近の NVIDIA グラフィックスドライバーのインストール後は再起動を促すメッセージは表示されてませんが、念のため PC の再起動をしてゲームの動作確認をするようにしています。

ドライバをクリーンインストール後、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されているので、必要に応じて元の設定に戻しておきます。

関連記事

  1. GeForce Hotfix Driver 358.59 インストール

NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 インストール

NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 (2015年10月13日公開) のインストールと関連情報を集めた時のメモです。

本記事公開時点(2015年10月24日時点)で 公式サイト から Windows 7 64bit、GeForce GTX 570 の環境下でドライバ検索すると、GeForce Game Ready Driver 「358.50 WHQL」 (2015年10月7日公開) までしかダウンロードできません。

Hotfix Driver 358.59」 (2015年10月13日 NVIDIA Support で公開) のダウンロードは、公式サイト からではなく NVIDIA Support サイト からダウンロードします。

G-SYNC」 のみの性能問題を修正したドライバですので、該当しないユーザーはインストールする必要はありませんが、特に弊害となるような不具合もなさそうなので動作確認も含めてインストールしてみました。

GeForce Hotfix Driver 358.59 に関する参考 URL
NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 インストール、カスタムインストールオプション - グラフィックスドライバー  358.50 → 358.59

GeForce Hotfix Driver 358.59 インストール画面で 「カスタム(詳細)」 を選択した後の 「カスタム インストール オプション」 です。

グラフィックスドライバーのチェックボックスが最初から強制オンになっており、358.50 (現在のバージョン) → 358.59 (新しいバージョン) と表示されているのがわかります。

NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 インストール、カスタムインストールオプション - Phyx システムソフトウェア 9.15.0428 のまま、クリーンインストールの実行

NVIDIA GeForce Hotfix Driver 358.59 インストール画面の 「カスタムインストールオプション」 にて 「Physx システムソフトウェア」 にチェックマークを入れて更新します。バージョンは 9.15.0428 (現在のバージョン) → 9.15.0428 (新しいバージョン) となっており、バージョン変更はありません。

当方の PC 環境では、「3D Vision」 「HD オーディオ」 「GeForce Experience」 は使わないため、すべてチェックボックスをオフにしています。(「GeForce Experience」 については、新グラボ交換時にインストールする予定です。)

古いドライバによるトラブルを防ぐため、グラフィックスドライバーをインストールする際には毎回 「クリーンインストールの実行」 にチェックマークを入れています。「次へ」 ボタンをクリックするとインストールが始まります。(古いドライバを完全削除する場合は自己責任で 「DDU (Display Driver Uninstaller)」 か 「Driver Fusion」 を使ったほうが確実だと思います。)

なお、クリーンインストールを実行すると、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されてしまいますので、注意してください。

※ このドライバーだけインストール中に確認のメッセージが途中で表示されますが(内容は失念)、そのまま承諾すればインストールが続行します。(おそらく WHQL がないドライバーなので、メッセージが表示されたのではないかと思われます。)

関連記事
NVIDIA Graphics Hotfix Driver 358.59 インストール完了後、念のため再起動

NVIDIA GeForce Hotfix Driver 358.59 のインストールが完了しました。

最近の NVIDIA グラフィックスドライバーのインストール後は再起動を促すメッセージは表示されてませんが、念のため PC の再起動をしてゲームの動作確認をするようにしています。

ドライバをクリーンインストール後、「NVIDIA コントロールパネル」 で設定していた内容が初期化されているので、必要に応じて元の設定に戻しておきます。

関連記事

以上で、NVIDIA グラフィックスドライバーを立て続けにインストールしてしまいましたが、特に大きな不具合に遭遇することなくブラウザや動画再生、ゲームなどで目立ったトラブルなどはなく、今まで通り問題なく動作しています。

  1. おまけ : PhysX 設定 → 自動選択(推奨)から GPU に変更

NVIDIA GeForce PhysX 設定 自動選択(推奨)

NVIDIA コントロールパネル」 にある 「Physx 構成の設定」 はデフォルトで 「自動選択(推奨)」 になっています。

今まで特に意識していなかったですが、どうもこの設定のままだと環境によってはドライバの応答停止(画面のブラックアウト)、一部のゲームや動画再生でカクつき、ブラウザのクラッシュなどが発生することがあるようです。(特に Windows 10 で多いとか)

NVIDIA GeForce PhysX 設定 自動選択(推奨)から GPU に変更

対策方法は 「Physx 構成の設定」 をデフォルトの 「自動選択(推奨)」 から使用しているグラフィックスカード ( この PC 環境では GeForce GTX 570 を選択 ) を選択して、「適用」 ボタンをクリックすることで回避できるようです。

NVIDIA GeForce PhysX 設定について参考 URL
関連記事
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する