ゲームコントローラー DUALSHOCK PS コントローラー(デュアルショック エメラルド)のメンテナンス後に元通りに組み立てて、動作確認をしました

PS コントローラー(デュアルショック エメラルド)のメンテナンス後に元通りに組み立てて、動作確認をしました

前回の記事 では PS one コントローラーのデュアルショック (DUALSHOCK SCPH-110 エメラルド) をメンテナンスするため、コントローラー本体の分解とクリーニングを行いました。

関連記事

今回の記事では分解、クリーニングした PS one コントローラーのデュアルショック (DUALSHOCK SCPH-110 エメラルド) の各パーツをを元通りに組み直し、動作確認のテストを行いました。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー裏面 ネジ穴6ヶ所(画像赤丸)にネジを締めて組立完了、各種ボタン、スティック操作をして感触をチェックする PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド アナログスティックにアンサー PS3用 プレイアップボタンセット アナログスティックアタッチメント(円形型のすべり止め)取り付け、拡大撮影 PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. デュアルショック SCPH-110 エメラルド 組立作業 基板固定用台座に基板基板取り付けとプラスチックカバーに基板、ラバーパッド、ボタン取り付け

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 基板固定用プラスチック台座にフレキシブル基板取り付け(フィルムケーブルをプラスチック台座の溝(画像四角枠)に入れて、L・R ボタン側画像赤丸2ヵ所と突起物画像赤丸2ヵ所のところで固定)

分解、クリーニングしたデュアルショック (エメラルド) コントローラーを組み直します。

フレキシブル基板と電子回路基板を繋ぐフィルムケーブルをガイド部分(画像赤枠)に入るように取り付けます。

基板固定用プラスチック台座にフレキシブル基板取り付けます。L・R ボタン側(画像赤大丸 2ヵ所)と突起物(画像赤小丸 2ヵ所)のところでフレキシブル基板を固定させます。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 スティックコントローラーにアナログスティック取り付け

スティックコントローラーにアナログスティック取り付けます。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 フレキシブル基板のフィルムケーブルを基板フィルムコネクタに接続する

フレキシブル基板のフィルムケーブルを基板フィルムコネクタ(画像赤矢印)に接続します。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 L・R ボタンのラバーパッドを基板固定用プラスチック台座に固定したフレキシブル基板の上から取り付ける

L・R ボタンのラバーパッドを基板固定用プラスチック台座に固定したフレキシブル基板の上から取り付けます。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー本体上部プラスチックカバーにプラスチックボタン、十字キー、レバーサポート取り付け

デュアルショック (エメラルド) コントローラー本体上部プラスチックカバーにプラスチックボタン、十字キー、レバーサポート取り付けます。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー本体上部プラスチックカバーにラバーパッド取り付け

デュアルショック (エメラルド) コントローラー本体上部プラスチックカバーにプラスチックボタン、十字キー、レバーサポート取り付けたあと、十字キー ・ スタートセレクト ・ ○×△□ボタンのラバーパッドを上から取り付けます。

  1. デュアルショック SCPH-110 エメラルド 組立作業 プラスチックカバーにケーブル固定、振動モーター、L1・R1 ボタン取り付け

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 プラスチックボタン、ラバーパッドを取り付けたコントローラー本体上部プラスチックカバーに基板を取り付け、コントローラーケーブルを固定する

プラスチックボタン、ラバーパッドを取り付けたデュアルショック (エメラルド) コントローラー本体上部プラスチックカバーに基板+プラスチック台座を取り付け、コントローラーケーブルを固定します。(画像赤丸)

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 プラスチックボタン、ラバーパッドを取り付けたコントローラー本体上部プラスチックカバーに基板+プラスチック台座を取り付けたあと、基板とプラスチック台座の間にあるコントローラーケーブル(画像赤丸箇所)をプラスチック台座内に収まっているように固定する

プラスチックボタン、ラバーパッドを取り付けたデュアルショック (エメラルド) コントローラー本体上部プラスチックカバーに基板+プラスチック台座を取り付けたあと、基板とプラスチック台座の間にあるコントローラーケーブル(画像赤丸箇所)がプラスチック台座内に収まっているように固定します。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 振動モーターのむきに注意してプラスチックカバーにセットする

振動モーターのむきに注意してをプラスチックカバーにセットします。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 持ち手左側振動モーターのリード線がプラスチック台座の円形部分の縁の上に配線しないよう離しておく(プラスチックカバーを閉じるときにリード線を挟む可能性があるため)

デュアルショック (エメラルド) コントローラー持ち手左側振動モーターのリード線が、プラスチック台座の円形部分の縁の上に配線しないよう離しておきます。これは、プラスチックカバーを閉じるときにリード線を挟む可能性があるためです。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 持ち手右側振動モーターのリード線がプラスチック台座の円形部分の縁の上に配線しないよう離しておく(プラスチックカバーを閉じるときにリード線を挟む可能性があるため)

デュアルショック (エメラルド) コントローラー持ち手右側振動モーターも、リード線がプラスチック台座の円形部分の縁の上に配線しないよう離しておきます。こちらも、プラスチックカバーを閉じるときにリード線を挟む可能性があるためです。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 基板の基板固定用ネジをプラスドライバーで締めて固定する

デュアルショック (エメラルド) コントローラー基板用ネジを締めて基板を固定します。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 基板固定用プラスチック台座に固定したフレキシブル基板とL・R ボタンラバーパッド上から L1・R1 ボタンを取り付ける、L1・R1 ボタン裏側の突起物と L・R ラバーパッドが画像のように正しく取り付けられていることを確認する、ラバーパッドがくぼんでいる状態だとボタンの押す感触が悪くなったり反応しなくなる可能性があるため

デュアルショック (エメラルド) コントローラーのプラスチック台座に固定したフレキシブル基板+ L・R ボタンラバーパッド上から L1・R1 ボタンを取り付けます。

L1・R1 ボタン裏側の突起物と L・R ラバーパッドがきれいに接触していることを確認します。ラバーパッドがくぼんでいる状態だと、ボタンの押す感触が悪くなったり反応しなくなる可能性があります。(参考画像

  1. デュアルショック SCPH-110 エメラルド 組立作業 プラスチックカバーの取り付けと組立完了

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー本体プラスチックカバー取り付け、L・R ボタンのラバーパッドとフレキシブル基板(画像赤丸2ヶ所)を、コントローラー本体下部プラスチックカバーの L・R ボタン取り付け穴(画像赤矢印2ヵ所)に通すように取り付ける、振動モーターが固定できないため、コントローラー基板側は寝かせたままコントローラー本体下部プラスチックカバーを上から被せるように取り付ける(この時点では L2・R2 ボタンは取り付けない、ラバーパッドとフレキシブル基板との接触部分がうまくはまらないことがあるため)

デュアルショック (エメラルド) コントローラー内部の各パーツの取り付けが終わったので、本体プラスチックカバーを取り付けます。

L・R ボタンのラバーパッド・フレキシブル基板のセット(画像赤丸 2ヶ所)を、コントローラー本体下部プラスチックカバーの L・R ボタン取り付け穴(画像赤矢印 2ヵ所)に通すように取り付けます。

振動モーターが固定できないため、コントローラー基板側は寝かせたままコントローラー本体下部プラスチックカバーを上から被せるように取り付けます。(この時点では L2・R2 ボタンはまだ取り付けません。組み立て時に邪魔になるため L2・R2 ボタン は後で取り付けます。)

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー本体プラスチックカバーを元通りに組み立てたところ、L・R ボタンのラバーパッドが見える状態になっていることを確認する

デュアルショック (エメラルド) コントローラー本体プラスチックカバーを元通りに組み立てたところです。

L・R ボタンのラバーパッドが見える状態になっていることを確認します。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー本体プラスチックカバーを取り付けた後、コントローラー内部のパーツ散乱防止のためネジを 1ヶ所仮止めで締めたところ

デュアルショック (エメラルド) コントローラー本体プラスチックカバーを取り付けた後、コントローラー内部のパーツ散乱防止のためネジ 1ヶ所を仮止めで締めておきます。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 L2・R2 ボタン取り付け、3ヵ所のツメ(画像赤丸3ヶ所)があるので左右両側のツメを押しながらコントローラーカバーに取り付けて、最後に残りのツメをコントローラーカバーに押し込んで取り付ける、L2・R2 ボタンを先に取り付けてしまうとラバーパッドと L2・R2 ボタンとの接触がうまくいかないことがあるため

L2・R2 ボタンを取り付けます。

L2・R2 ボタンにある 3ヵ所のツメ(画像赤丸 3ヶ所)があるので、左右両側のツメを押しながらコントローラーカバーに取り付けて、最後に残りのツメをコントローラー側に押し込むと取り付けができます。

ちなみに、L2・R2 ボタンを先に取り付けてしまうと、後から挿入するフレキシブル基板の L2・R2 ラバーパッドと L2・R2 ボタン側にある突起物とうまく接触できないことがあるためです。

そのため、 L2・R2 ボタンを後から取り付ける方法が一番簡単なやり方だと思います。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラープラスチックカバーに L2・R2 ボタンを取り付けたところ、L1・R1・L2・R2 ボタンを押して、ボタンを押した時の感触にばらつきがないかどうかと、ボタンを離したときに反発して戻るかどうか確認する

L1・R1、L2・R2 ボタンを押して、ボタンを押した時の感触にばらつきがないかどうか、ボタンを押して離したときに反発して戻るかどうか確認します。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナンス、組立作業 コントローラー裏面の残りのネジ穴にネジを締めて組立完了、各種ボタン、スティック操作をして感触をチェックする

コントローラー裏面の残りのネジ穴にネジを締めて、デュアルショック (エメラルド) コントローラーの組み立ては完了です。

各種ボタン、スティック操作をして感触をチェックします。

以上でデュアルショック 2 コントローラーの組み立て作業は終了となります。

  1. デュアルショック SCPH-110 エメラルド アナログスティック用アタッチメント取り付け

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド アナログスティックにアンサー PS3用 プレイアップボタンセット アナログスティックアタッチメント(円形型のすべり止め)取り付け

アナログスティック劣化防止のため手持ちの アンサー PS3用 プレイアップボタンセット ブラック から余っていたアナログスティックアタッチメント(円形型のすべり止め)を装着してみました。

参考 URL
関連記事
by カエレバ
PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド アナログスティックにアンサー PS3用 プレイアップボタンセット アナログスティックアタッチメント(円形型のすべり止め)取り付け、拡大撮影

PS3 用の アンサー PS3用 プレイアップボタンセット ですが、アナログスティックに関していえば デュアルショック (エメラルド) でも同じ大きさみたいなので、問題なく装着できるようです。

  1. デュアルショック SCPH-110 エメラルド USB 変換器 JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト

メンテナンスが完了したデュアルショック (エメラルド) コントローラーをテストするため、手持ちの サンワサプライ USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って各種ボタン、十字キー、アナログスティックの動作確認をしてみました。

なお、この サンワサプライ USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 は、サンワサプライ USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD1 の後継品ですが、 現在双方ともすでにネット通販ではほぼ流通していないためか、通常価格で購入することが難しい状態となっています。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ

そのため、これからプレイステーション専用コントローラーの USB 変換器を手に入れるとしたら、エレコムから発売されている、ELECOM ゲームパッドコンバータ USB 接続 プレステ/プレステ2 コントローラ対応 JC-PS101UBKELECOM ゲームパッドコンバータ USB 接続 プレステ/プレステ2 コントローラ対応 JC-PS101USVELECOM ゲームパッドコンバータ USB 接続 プレステ/プレステ2 コントローラ対応 JC-PS101UWH (色違いだけですべて同じ仕様) を購入することになるかと思います。

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト、ドライバインストール後 コントロールパネル → デバイスとプリンターからゲームコントローラー画面、USB ゲームパッドコンバータは USB Dual Vibration Joystick - Single として認識

USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 のドライバインストール後、「コントロールパネル」 → 「デバイスとプリンター」 からゲームコントローラー画面を開いたところです。

ゲームコントローラー画面では 「USB Dual Vibration Joystick - Single」 として認識しています。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト、プロパティ → テストタブで各種ボタンの動作を確認

「プロパティ」 ボタンをクリックして 「テスト」 タブで各種ボタンの動作確認を行います。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト、プロパティ → 軸調整タブでアナログスティックの動作を確認

「軸調整」 タブをクリックすると、アナログスティックの動作確認と調整、キャリブレーションができるようです。

PS プレイステーションコントローラー DUALSHOCK デュアルショック SCPH-110 エメラルド メンテナス後、USB ゲームパッドコンバータ JY-PSUAD11 を使って動作確認テスト、プロパティ → 振動設定タブで振動動作を確認

「振動設定」 タブをクリックすると、振動モーターの動作テストと強さの調整ができるようになっています。

以上で、すべてのボタン、十字キー、アナログスティックの操作・反応が問題ないこと、振動モーターの動作を確認することができたので、デュアルショック (エメラルド) コントローラーのメンテナンス作業は無事完了しました。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する