ソフトウェア アプリケーション Web ブラウザ X-Iron バージョン 40 から 46 へ手動アップデートした時のメモ

Web ブラウザ X-Iron バージョン 40 から 46 へ手動アップデートした時のメモ

前回の記事 では Chromium 系ポータブル Web ブラウザ 「X-Iron」 のバージョンを 27 → 40 へ各種設定を最初から設定するなどして手動アップデートを行いました。

ほぼ手動でイチから再設定をして、それなりに時間がかかりながらもなんとか無事更新できた X-Iron ですが、その苦労もつかの間 2015年11月に数か月ぶりにバージョン 46 がリリースされてしまったので、忘れないうちに続けてアップデートすることにしました。

X-Iron 46.0.2450.0 [rev14]

今回の X-Iron のアップデートでは 前回の記事 はやらなかった 「プロファイル」 による設定データの移行を行います。

また、この X-Iron バージョン 46 からいくつか仕様が変わっているらしく、以前使用していた環境が一部使えなくなっていることもあり、そのあたりの内容もあわせて確認します。

関連記事
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. X-Iron 旧バージョン 40 バックアップ

旧バージョンの X-Iron をバックアップして新バージョンの X-Iron へ設定を移行します。

前回の X-Iron バージョン 27 から 40 への移行記事 ではほぼ手作業によるイチからの再設定に近い方法で行いましたが、今回は 「プロファイル」 フォルダを使ったバックアップと復元作業を行います。

Chromium 系 ブラウザ X-Iron の詳細については下記の参考 URL をお読みください。

参考 URL

X-Iron 旧バージョン バックアップ& 「Default」 プロファイルフォルダ移行

適宜、X-Iron 旧バージョンの 設定メモ閲覧履歴データ消去tmp ファイル削除Safe Browsing ファイル削除 した後、X-Iron フォルダごと圧縮ソフトなど使って、万が一うまくいかなかったときにすぐに戻せるようバックアップを取っておきます。

その他、開いているタブは ブックマークに登録 しておくか、機能拡張の Session Manager などを使い保存しておきます。

X-Iron Default プロファイルフォルダバックアップ

X-Iron を管理しているフォルダを開き、「User → Iron」 フォルダを開き、「Default」 フォルダを見つけます。

このフォルダが X-Iron が使用している 「プロファイル」 フォルダなので、このフォルダを新しい X-Iron フォルダに配置させます。

参考 URL

  1. X-Iron バージョン 46 ダウンロード、ファイル差し替え

X-Iron 46.0.2450.0 [rev14]

X-Iron 公式サイト から新しい X-Iron をダウンロードして解凍後、旧バージョン X-Iron のフォルダ内にフォルダ名・フォルダ階層が変わらないように、上書きせずに中身を丸ごと差し替えます。

参考 URL
関連記事
X-Iron Default プロファイルフォルダ移行

X-Iron フォルダ内にある 「User → Iron」 フォルダを開き、バックアップしておいた 「Default」 フォルダを配置します。

新バージョンの X-Iron を先に起動していた場合は、すでに 「Default」 フォルダがある状態となっていますので、その場合は上書きせず新規作成された 「Default」 フォルダを削除して、バックアップしておいた 「Default」 フォルダに差し替えます。

参考 URL
X-Iron Version 46.0.2450.0

新バージョンの X-Iron を起動して、元の環境に戻っているかどうか確認します。

  1. X-Iron バージョン 46 環境設定

X-Iron の 「プロファイル」 である 「Default」 フォルダを新バージョンに移行したことにより、前環境の設定を引き継ぐことができますので、大抵の場合はこの方法で済んでしまうかと思います。

ただ、フォントをきれいに表示する MacType を使用している場合は、以下の設定をしないとフォントがきれいに表示されませんので、ご注意ください。

参考 URL

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「DirectWrite を無効にする」 を有効

X-Iron のアドレスバーに 「chrome://flags」 入力、 Enter キーを押して試験運用機能画面を開きます。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「DirectWrite を無効にする」 無効(DirectWrite 有効)設定

前回の記事でも設定 しましたが、 「DirectWrite を無効にする」 を 「有効にする」 をクリックします。(プロファイルによるバックアップ・復元方法ではこの設定情報は引き継がれないようです)

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「DirectWrite を無効にする」 有効(DirectWrite 無効)設定

DirectWrite を無効にする」 が有効になったことを確認します。

ややこしい表現ですが、「DirectWrite を無効にする」 を有効にしたことによって、DirectWrite が無効になったという意味になります。バージョンによってはこのような言い回しが変わることがあるかもしれませんので、、新バージョンに変更した場合は注意してください。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「GPU のラスター化を有効にする」 を無効

X-Iron のアドレスバーに 「chrome://flags」 入力、 Enter キーを押して試験運用機能画面を開きます。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「GPU のラスター化を有効にする」 既定(GPU のラスター化 既定)設定

GPU のラスター化を有効にする」 を 「既定」 から 「無効」 に変更します。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「GPU のラスター化を有効にする」 無効設定

GPU のラスター化を有効にする」 を 「無効」 に設定したことを確認します。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ワンコピー ラスタライザを無効にする」 を有効

X-Iron のアドレスバーに 「chrome://flags」 入力、 Enter キーを押して試験運用機能画面を開きます。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ワンコピー ラスタライザを無効にする」 無効(ワンコピー ラスタライザ 有効)設定

ワンコピー ラスタライザを無効にする」 を 「有効にする」 をクリックします。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ワンコピー ラスタライザを無効にする」 有効(ワンコピー ラスタライザ 無効)設定

ワンコピー ラスタライザを無効にする」 が有効になったことを確認します。

こちらもややこしい表現ですが、「ワンコピー ラスタライザを無効にする」 を有効にしたことによって、ワンコピー ラスタライザ が無効になったという意味になります。バージョンによってはこのような言い回しが変わることがあるかもしれませんので、新バージョンに変更した場合は注意してください。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ラスタースレッドの数」 を 1 に設定

X-Iron のアドレスバーに 「chrome://flags」 入力、 Enter キーを押して試験運用機能画面を開きます。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ラスタースレッドの数」 既定設定

ラスタースレッドの数」 を 「既定」 から 「1」 に変更します。

MacType 設定用 X-Iron 試験運用機能 「ラスタースレッドの数」 を 1 に設定

ラスタースレッドの数」 を 「1」 に設定したことを確認します。

以上で X-Iron 内で表示されるフォントに MacType を機能させるための設定は完了です。

環境によっては不必要な設定があるかもしれませんので、上から順番に設定を変更して確認する方法が確実だと思います。

MacType 設定用 X-Iron UI (ユーザーインターフェイス)、メニュー DirectWrite 無効化

MacType 設定用 X-Iron UI (ユーザーインターフェイス)、メニュー DirectWrite 無効化、ショートカットの起動オプションに --disable-directwrite-for-ui を追加

X-Iron のメニューなどの UI (ユーザーインターフェイス)部分も MacType が機能せずフォントがきれいになりません。

ショートカットの起動オプションに 「--disable-directwrite-for-ui」 を追加して、ショートカットから起動することでフォントがきれいに表示されるようになります。

ショートカット以外から X-Iron を起動した場合はこの設定が有効にならないので注意してください。

参考 URL

  1. X-Iron バージョン 46 プラグインの内容(PPAPI のみ)

X-Iron プラグイン内容はすべて PPAPI。Java、Silverlight、NPAPI 版 Adobe Flash Player はなし

X-Iron バージョン 46 のブラウザのアドレスバー 「chrome://plugins」 から見れるプラグイン内容の一覧です。

Adobe Flash Player を含め 「PPAPI」 (赤線箇所)だけしかなく、以前の X-Iron のバージョンに入っていた Java、Silverlight、Adobe Flash Player の 「NPAPI」 はありませんでした。

Java オフラインンインストールインストール 32bit 版 インストール後の Java バージョンの確認 NPAPI 非サポートメッセージ

こちらの画面は Java オフラインインストーラー 32bit 版インストール後に表示される、Java.com サイトのバージョン確認画面です。

メッセージ内容の通り、ブラウザが 「NPAPI」 プラグインがサポートされていないと表示されています。

Java.com FAQ Java と Google Chrome ブラウザ Chrome は NPAPI (Java アプレットに必要な技術) をサポートしなくなりました

こちらは Java.com にある Java と Google Chrome ブラウザ に関する FAQ の内容です。Google Chrome バージョン 45 で 「NPAPI」 のサポートが廃止されたとの記述が確認できます。

NPAPI」 プラグインを引き続き使用したい場合は、「NPAPI」 プラグインに対応した別のブラウザを使用することになります。

参考 URL

  1. X-Iron バージョン 46 一部のサイトで動画が再生されない場合の対処方法

X-Iron バージョン 46 に更新できましたが一部の動画サイト(確認した限りでは Twitch)で、動画が再生されないというトラブルが発生してしまいました。

動画関係はまだまだ Flash を使用していると思い、Flash 関係から調べてみました。

X-Iron プラグイン Adobe Flash Player バージョン 19.0.0.245 Shockwave Flash 19.0 r0 PPAPI

まず、「chrome://plugins」 画面にはすでに設定されている PPAPI 版 Adobe Flash Player ですが、バージョンが 「19.0.0.245」 となっておりました。

Adobe Flash Player PPAPI プラグインバージョン更新前

当時はすでに Flash バージョン 20 がリリース・インストール済みでしたので、今回導入した X-Iron バージョン 46 は古いバージョンの Flash がすでに入っていたことになります。

X-Iron から Adobe Flash Player をダウンロード、お使いの Google Chrome ブラウザには、Adobe Flash Player ビルトインが既に搭載されています。新バージョンのFlash Player がリリースされると、Google Chrome は自動的にアップデートされます。Adobe Flash Player システムプラグインをダウンロードするか、 説明書を表示してプラグインを有効化してください。別のオペレーティングシステムまたはブラウザをお持ちですか?をクリック

X-Iron バージョン 46 から最新版の Flash をダウンロードしようとしたところ、画像のような画面が表示されました。

どうやらこの Chrome ブラウザでは Adobe Flash Player がビルトイン(組み込まれている状態) されており、新バージョンの Adobe Flash Player がリリースされると Chrome ブラウザが自動的にアップデートされることになっているようです。

ただ、これは自動更新機能がある Chrome に限った話だと思いますので、ポータブル版ブラウザである X-Iron では自動アップデートはできないものと思われます。

おそらく、 Adobe Flash Player のアップデートは今まで通り公式サイトからダウンロードして、手動でアップデートする必要があるかと思います。

別のオペレーティングシステムまたはブラウザをお持ちですか?」 をクリックしますと、ActiveX、NPAPI、PPAPI の各 Adobe Flash Player インストーラー を選択・ダウンロードできますので、一通りダウンロードして最新状態にしておきます。

( 「Adobe Flash Player システムプラグイン」 と記述されたリンクをクリックすると、いつものダウンロード画面 が表示されます。)

Adobe Flash Player PPAPI プラグインバージョン更新後、X-Iron プラグイン Adobe Flash Player バージョンは変わらず、一部サイトの動画は見れない状態

ActiveX、NPAPI、PPAPI の Adobe Flash Player 最新バージョンにしたところです。

この時点での PPAPI 版 Adobe Flash Player のバージョンは 「20.0.0.267」 です。

ただ、この状態にしても Twitch で動画を視聴することはできませんでした。

C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash フォルダにある pepflashplayer32(インストールした Flash バージョン).dll ファイルをコピーする

その後いろいろ調べた結果、古い情報ですが X-Iron フォルダ内の 「Bin → Iron」 フォルダ内にある 「plugins」 フォルダに、Flash プラグインを入れることで動画が見れるようになるという情報を見つけました。

インストールされている Flash プラグインは 「C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash」 フォルダ (Windows 7 64bit)にありますので、そこから 「pepflashplayer32(インストールした Flash バージョン).dll」 ファイルをコピーします。

参考 URL
コピーした pepflashplayer32(バージョン).dll ファイルを pepflashplayer.dll にリネーム(名前変更)して plugins フォルダ(\Bin\Iron\plugins) に置く。見れなかった動画が見れるようになれば成功

X-Iron フォルダ内の 「Bin → Iron」 フォルダ内にある 「plugins」 フォルダに、先ほどコピーした Flash プラグインを 「pepflashplayer.dll」 にリネームしてファイルを置きます。

これで X-Iron を起動して視聴できなかった Twitch の動画が再生するようになりました。

ただ、Flash のバージョンアップのたびに更新された Flash プラグイン 「pepflashplayer.dll」 を(必要ならば)毎回差し替えることになりますので、面倒な手順となっています。

  1. X-Iron バージョン 46 で使用している機能拡張(Extensions)

X-Iron に入れている機能拡張(Extensions)一覧です。

X-Iron で使用している(いた)機能拡張や設定ファイル
拡張機能
URL
  • Session Manager
  • 複数のタブを保存・復元できる Chrome 拡張 「Session Manager」 | 窓の杜
    タブの状態を、“ セッション ” として保存できるようにする!「Session Manager」。 | k 本的に無料ソフト・フリーソフト
    Memo ブラウザの機能で開いているタブの状態を記憶しておくことはできますが、不意なクラッシュなどでタブ状態が消失することが多々ありましたので、保存したタブの状態にいつでも戻せるプラグインを使ってます。
    URL
  • Extensions (new tab)
  • Memo 拡張機能ボタンを表示して、ワンクリックで拡張機能を見ることができます。
    URL
  • Bookmarks Button
  • Memo ブックマークボタンを表示して、ワンクリックでブックマークを見ることができます。
    URL
  • History
  • Memo 履歴ボタンを表示して、ワンクリックで履歴を見ることができます。
    URL
  • Download Button
  • Memo ダウンロードボタンを表示して、ワンクリックでダウンロード履歴を見ることができます。
    URL
  • TabMemFree
  • 使っていないタブの読み込みを停止してメモリー使用量を削減してくれる 「TabMemFree」 | ライフハッカー [日本版]
    Memo たくさんのタブを開いていることが多いので、メモリ節約のため導入してます。ただ、タブ内でなにか作業中だったり動作中のものがクリアされてしまうことがあるので、頻繁にタブ内で作業していることがあるなら注意が必要です。 → 現在未使用
    URL
  • Clear History
  • Chrome の履歴を一発で抹殺消去できる 「Clear History」 | chrome 拡張機能図鑑
    Memo 履歴やクッキーをボタンから簡単に消去することができます。
    URL
  • Windows To Tabs
  • Google Chrome に拡張機能 『Windows To Tabs』 を追加 | 雑が喰おう
    Memo たまに一部のタブが別ウィンドウで表示されてしまうことがあるので、それをワンクリックで一つのウィンドウに戻す(まとめる)ようにしたいときに使っています。
    URL
  • Better History
  • 第十六回 chrome の履歴を凄く見やすくしてくれる 「Better History」 | TREVO スタッフブログ
    Memo 履歴が見やすくなるということで入れてみましたが、そもそも履歴を見ること自体あまりないので、ほとんど活用してません。
    URL
  • History Eraser
  • 1 クリックで Chrome の履歴を跡形もなく抹消する 『History Eraser』 | ライフハッカー [日本版]
    Memo ブラウザで設定した内容や履歴、クッキーなどのあらゆる情報をあらかた削除することができます。
    URL
  • Weblio エクステンション
  • Memo 英単語や用語などを検索するための辞書ツールとして使っています
    URL
  • Auto Refresh Plus
  • 一定時間ごとにタブを自動更新してくれる Chrome 拡張機能 「Auto Refresh Plus」 | 二十歳街道まっしぐら
    Memo タブごとに一定時間を指定しておくことで、定期的にオートリロードさせることができます。
    URL
  • Reload All Tabs
  • 現在開いている全てのタブを、一括更新できるようにする Chrome 拡張 「Reload All Tabs」 | フリーソフト・無料ソフトの番外編
    Memo 開いているタブをまとめて更新することができます。
    URL
  • Quick Javascript Switcher
  • Chrome で Javascript を一発無効化する拡張機能 | つきつき日記 F
    Memo Javascript の無効をボタンワンクリックでできます。
    URL
  • Smooth Gestures
  • Chrome マウスゼスチャーエクステンション Smooth Gestures はスパイウェアだった! どうしても使いたい人の為の対策版導入方法 | ハヤクユケ
    Chrome 拡張 Smooth Gestures が復活している !? バージョンは 0.17.0 | ハヤクユケ
    chromium & chrome ブラウザのマウスジェスチャー | 日々の備忘録
    Memo 定番のマウスジェスチャー拡張機能です。以前は内容に問題があって公開されなくなった経緯がありますが、現在は導入できるようになっています。 → Chrome ウェブストアからダウンロードできなくなっています。0.15.4 版を手動インストールして使っています。
    URL
  • LinkOpenNewTab
  • タブブラウジングを快適に LinkOpenNewTab | Chromed Tour Ex
    Memo リンクを開くときに違うドメインであれば別タブで開くようになります。
    URL
  • IE Tab
  • Memo X-Iron で正しい表示にならなかったり表示に問題があるときに、タブを IE エンジン で開くようにすることができます。
    URL
  • Stealthy
  • Chrome / Firefoxのプラグイン 「Stealthy」 を使って、超簡単に規制突破! | あんどろいどスマート
    居住国を IP 偽装する Google Chrome 機能拡張 - Stealthy | ID-Blogger
    Memo Game Front」 などの日本からファイルをダウンロードできないサイトなどに、IP を偽装してファイルをダウンロードできるようにするために使用しています。
    URL
  • Adblock Plus
  • 広告を消してくれるブラウザ拡張機能 「Adblock Plus」 の秘密 | GIGAZINE
    Adblock Plus のフィルタの使い方まとめ | Today is a gift
    Memo uBlock Origin に変更。(参考 URL
    URL
  • Adblock for Youtube
  • Adblock for Youtube Chrome 拡張 YouTube の広告をブロックしてシンプルな画面にする | Web アプリのいいところ
    Chrome 拡張機能 「Adblock Plus」 がついに YouTube 動画内の埋め込み広告をブロック! | ライフハッカー [日本版]
    Memo uBlock Origin と併用している Youtube 広告ブロックアドオンです。
    URL
  • Disconnect
  • 広告ブロックと SNS ボタン非表示で Chrome 等のブラウザを高速化! Disconnect | ウェブシュフ
    Memo uBlock Origin に変更。(参考 URL
    URL
  • [AdBlock] 日本向け 超強力 広告除去用 Adblock Plus フィルタリスト & Adblock.ini [AdBlock Plus] [Iron] [Chrome] | コスモノーツ [COSMO NOTES]
  • Memo 日本向けAdBlockリスト (Complete Edition) とAdblock.ini (for SRware Iron & X-Iron) を最近導入してみました。問題がなければこのまま利用したいと思います。uBlock Origin に変更。(参考 URL
    URL
  • uBlock Origin
  • uBlock 軽くて高機能の広告ブロック&トラッキング対策 | 時偶備忘録
    uBlock ニコニコ動画の My フィルタ・ルールまとめ | 時偶備忘録
    uBlock 使用する SNS ボタンだけ表示してページの高速化を図る | 時偶備忘録
    uBlock YouTube のアノテーションを消す | 時偶備忘録
    Memo Adblock for Youtube と組み合わせている Web 広告ブロックアドオンです。豊富なフィルターとサイトごとに細かい広告ブロックルールを簡単に作成・管理できるのでメインで利用しています。
    URL
  • Google Analytics オプトアウト アドオン (by Google)
  • Google アナリティクス オプトアウト アドオン | Google.com
    Google アナリティクス オプトアウト アドオン | Google アナリティクス ヘルプ
    “Google Analytics” による追跡を無効化 「Google Analytics オプトアウト アドオン」 | 窓の杜
    Memo 自分のブログをチェックするときに頻繁にアクセスするため、Google Analytics にカウントされないために使用しています。使用するブラウザに合わせて、IE・Firefox、Google Chrome、Opera それぞれのブラウザ対応版があります。
    URL
  • User-Agent Switcher for Chrome
  • User-Agent を変更できるようにする Chrome 拡張機能!「User-Agent Switcher for Chrome」。 | k 本的に無料ソフト・フリーソフト
    Memo 古いバージョンの X-Iron を使用していた時に一部のサービスが正しく利用できなかったので、User-Agent を変更するために使っていた機能です。新バージョンの X-Iron では特に不都合はないのでほとんど利用していません。
    URL
  • Advanced Font Settings
  • Chrome 47 でフォントがメイリオから MS P ゴシックに変更&元に戻す方法 | What I Know ~ワッタイナ
    Chrome 42 でフォントが MS P ゴシックからメイリオに変更&元に戻す方法 | What I Know ~ワッタイナ
    Memo 新しくなった Chrome ではフォントが微妙に変わっているみたいなので、以前のバージョンで使われいたフォントに変更したい場合に使用します。試しに入れましたが、特にこだわりがないのでフォント設定はいじってはいません。
    URL
  • Douga Getter
  • 動画を簡単に落とせる Chrome 拡張機能 「動画ゲッター」 を見失った人へのヘルプ | wingedlove.com
    Memo -
    URL
  • Chrome FC2 ブログ等のプレビューで JavaScript が機能しない 拡張機能 「X-XSS-Protection ZERO」 で有効にする方法 | Paroday
  • Memo タイトル通り、FC2 ブログの記事投稿前のプレビュー機能で JavaScript を機能させるために利用しています。
    URL
  • Check My Links
  • リンク切れのチェックもこれで簡単♪「Check My Links」 | Googlechrome をアプリ・拡張機能でまったり
    Memo ブログ記事の大量のリンクをチェックするために使用しています。
    URL
  • Enhanced Steam
  • Steam を使うなら絶対に入れておきたいお勧めのアドオン 「Enhanced Steam」 を紹介 | Damonge
    Steam をより使いやすくしてくれる 3 種類のツール! | Game Time ~ PC ゲーとか日常とか ~
    Memo ブラウザ上から Steam でのより詳細な情報(特に価格などの最安値情報)を見るために入れています。
    URL
  • FooTab
  • タブをたくさん開いている Google Chrome の起動を超絶速くする拡張機能 「FooTab」 | WEB マーケティング ブログ
    Memo ブラウザ起動時、複数のタブを一気に開かないようにタブ読み込みを制限します。
    URL
  • Keepa - Amazon Price Tracker
  • Amazon の価格変動を追跡、値下げをメールやポップアップで通知できる拡張機能 「Keepa」 | 窓の杜
    アマゾン(Amazon)で節約通販生活するための価格変動チェックツール 「Amazon Price Tracker」 の使い方 | Web と人のアマモ場
    Memo Amazon の価格履歴チェックに便利です。

    1. X-Iron 複数のプロファイルを作る方法

    ほとんどのブラウザでは複数の 「プロファイル」 を作成して使い分けることができるようになっており、X-Iron でも同様の方法でプロファイルを作成・管理することができます。

    今回導入した X-Iron では 「プロファイル」 の複数作成・使い分けはしませんでしたが、メモとして参考 URL にまとめておきます。

    参考 URL

    以上で X-Iron の最新版への更新と旧バージョンからの環境移行の設定は無事完了しました。

    以後、最新版の X-Iron がリリースされた場合は多少面倒ですが、基本的にこの 「プロファイル」 を使ったバックアップと復元方法で更新していきます。

    関連記事
    by カエレバ
    by カエレバ
    スポンサードリンク

    トラックバック一覧

    コメント一覧

    コメントの投稿

    名前

    タイトル

    メールアドレス

    URL

    本文

    パスワード

    非公開コメント

    管理者にだけ表示を許可する