生活 ライター 15年以上放置していた Zippo ライターをメンテナンスしてみました

15年以上放置していた Zippo ライターをメンテナンスしてみました

小物類を整理していたところ、2000年ごろに購入した Zippo ライターを発見しました。

この Zippo ライターは購入後、着火とオイル注入を繰り返した後に特にメンテナンスすることもなく保管していたものです。

最近寒さ対策に Zippo ジッポー ハンディーウォーマー を購入して 燃料 も一緒に購入したのですが、ライターにもその燃料が使えるということで(参考 URL)、15年ぶり取り出したこの Zippo ライターも使えるようについでにメンテナンスすることにしました。

関連記事
Zippo ライター メンテナンス、キャップを開けたところ、キャップ内とインサイドユニットの汚れ Zippo ライター メンテナンス、綿棒が入ってた空ケースと Zippo オイルで漬け置きしたインサイドユニットとライターケースを綿棒を使い、隅々まで汚れを落としてきれいになったインサイドユニットとライターケース Zippo ライター メンテナンス、Zippo ライターポーチに入れたところ
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Zippo ライター メンテナンス前チェック

Zippo ライター メンテナンス、KINGDOM OF HAWAII-COAT OF ARMS 刻印

画像は15年以上前に購入して一度もメンテナンスしてこなかった Zippo ライターです。

ほぼ室内限定で使用していて、小物入れ用のプラスチックケースに入れっぱなしにしてあったせいか、ケース表面に劣化などは見られませんでした。

ちなみにこのライターは表面に 「KINGDOM OF HAWAII-COAT OF ARMS」 と刻印されています。

参考 URL
by カエレバ
Zippo ライター メンテナンス、KINGDOM OF HAWAII-COAT OF ARMS 2000年 XVI B(2月) ボトム刻印

Zippo ライターのボトム刻印です。

この Zippo ライター 「KINGDOM OF HAWAII-COAT OF ARMS」 には 「2000 XVI B」 と刻印されており、ここから Zippo ライターの製造月がわかるようになっています。

ジッポライター・ボトムコード表 と照らし合わせてみますと、2000年の2月(B はアルファベット順で 2番目)製造品であることがわかります。

ちなみに 2001年から製造年表記をローマ数字から西暦の下 2 桁に変更されています。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、キャップを開けたところ、キャップ内とインサイドユニットの汚れ Zippo ライター メンテナンス、キャップを開けたところ、キャップ内とインサイドユニットの汚れ

Zippo ライターのキャップ内とインサイドユニットの汚れです。

芯は焦げたまま短くなっており、防風ガード(チムニー)の内側、ホイールとフリント(着火石)の接合部まわり、カム周辺などススでかなりの汚れがたまったままになっていました。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット(画像右側)を取り出したところ

ライター本体のキャップを開けたまま、インサイドユニット(画像右側)を引き抜いたところです。

インサイドユニット内部にあるフェルトパッド、綿(レーヨンボール)、芯(ウィック)をすべて取り出して掃除するための必要な道具を用意します。

ちなみに Zippo ライターは 「機能的な故障」 については送料自己負担で送付すれば、無料で修理してもらうことができます。 → Lifetime Guarantee 無料生涯保証について

参考 URL

  1. Zippo ライター メンテナンス用道具

Zippo ライター メンテナンス道具、画像左側から先曲り溝付ラジオペンチ、ピンセット、マイナスドライバー、綿棒

Zippo ライターをメンテナンスするために用意した道具です。画像左側から 「先曲り溝付ラジオペンチ、ピンセット、マイナスドライバー、綿棒」 です。

先曲り溝付ラジオペンチ」 は新しい綿に取り替える際に、市販されている球状コットンをほぐす ために使用します。

ピンセット」 はインサイドユニットにある 綿を取り出したり綿を詰める 時に使用します。

マイナスドライバー」 はインサイドユニット底部にあるネジを外す ために使います。コイン(1円硬貨)などでも代用できます。

綿棒」 はインサイドユニット各部とライターケースを掃除するときに使用します。掃除する際には Zippo オイル を綿棒に染みこませ、ススなどの汚れを落とします。今回は試していませんが、カイロ用ベンジンホワイトガソリン でも汚れ落としに使えるみたいです。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ライター メンテナンス道具、インサイドユニット浸け置き洗浄用プラスチックケース(綿棒の空きケース)

Zippo ライターのインサイドユニットやケースを、オイルでつけ置き洗浄するために用意した空の綿棒ケースです。

できればガラス瓶のほうが安心できますが用意できなかったので、プラスチックの入れ物を代用としました。

オイルを入れたまま数時間ほどつけ置き放置するため、火気と換気には十分気を付けます。

Zippo ライター インサイドユニット支え用 山田化学 携帯クリップスタンド

画像は 携帯クリップスタンド ホワイト です。

もともとは最近購入した Zippo ジッポー ハンディウォーマーオイルを注入する際の固定スタンドとして購入したもの です。

インサイドユニットを逆さにして簡単に倒さないよう固定したい場合は便利なアイテムです。

by カエレバ

  1. Zippo ライター インサイドユニットから芯・綿・フリント取り出し

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット底部のネジ

インサイドユニットつけ置き洗浄するため、インサイドユニット内部に詰め込まれているフェルトパッド、綿(レーヨンボール)、芯(ウィック)、フリント(着火石)を取り出します。

まず最初にインサイドユニット底部にあるネジを外します。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット底部のネジをマイナスドライバーかコイン(1円硬貨)で回し外す

マイナスドライバーまたはコイン(1円硬貨)など使って、インサイドユニット底部にあるネジを回して外します。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット底部のネジが外れたところ

インサイドユニット底部にあるネジが外れたところです。

ネジ先はバネとなっていますので、押し出されるようにネジが外れます。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット底部のネジを取り出したところ

ネジを完全に取り外したところです。

チューブ内に入っているフリント(着火石)を取り出します。今回は15年以上もライターを放置していたためか、フリントは完全に風化しており残りカスの粉しか残っていませんでした。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内部にあるフェルトパッドを取り出したところ

フェルトパッドを取り外します。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内部にある綿をピンセットですべて取り出したところ

ピンセットで中にある綿(レーヨンボール)をすべて取り出します。

インサイドユニット内にある芯(ウィック)が画像のように収まっており、どうもこのような配置では芯にオイルの供給がうまくいかず、オイル切れになりやすいそうです。

新品の Zippo ライターでもこのような配置になっているみたいなので、綿をほぐしてから芯が綿に絡まるようジグザグに配置すれば、オイルを効率よく芯に供給できますので、短期間でのオイル切れの心配がなくなります。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内部にある芯(ウィック)を取り出したところ

インサイドユニットから芯(ウィック)を取り出したところです。これでインサイドユニットに詰め込まれたものすべてを取り出すことができました。

ちなみに、新品の Zippo ライターに入っている白いわたは綿(めん)ではなくレーヨンが使われているらしく、綿とレーヨンでは吸収性や耐久性に違いがあるそうです。(吸収性はレーヨン、耐久性は綿がいいらしい)

レーヨンボールは Zippo 社から Zippo ジッポー オイルライター 交換用コットン & フェルト という商品が発売されているので購入することが可能ですが、消耗品として考えた場合に値段がやや高いところが難点です。

公式商品以外でちょうどよいレーヨン素材を手に入れるは難しく、劣化などの理由でレーヨンボールを交換することになると、こだわりがなければ安価で売られているコットン綿球を使用することが一番の安上がりになります。

今回のメンテナンス作業では、取り出した古い芯(ウィック)は再利用せず新しい芯に、同じく古いレーヨンボールは再利用せず市販されている新しいコットン綿球に取り替えます。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

  1. Zippo ライター インサイドユニット 洗浄

Zippo ライター メンテナンス、綿棒が入ってた空ケースに Zippo オイルとインサイドユニットを入れて数時間ほど漬け置き洗浄する

綿棒が入っていたプラスチックケース にインサイドユニットを入れて、インサイドユニット全体を浸すくらいの Zippo オイルを入れて、火気・換気に十分注意してつけ置き洗浄します。

ガラス瓶なら大丈夫かと思いますが、あまっていたプラスチックケースを再利用してるため、念のため雑巾を敷いてその上に Zippo オイルを入れたプラスチックケースを置いています。

通常の Zippo ライターのメンテナンスであれば、軽度な汚れであれば綿棒に Zippo オイルを染み込ませて、汚れているところをふき取る程度でいいかと思います。

今回は長い間放置していたのでインサイドユニットがかなり汚れていることもあって、Zippo オイルを使ったつけ置き洗浄を行いました。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、綿棒が入ってた空ケースと Zippo オイルで漬け置きしたインサイドユニットを綿棒を使い、隅々まで汚れを落とす

数時間ほどオイルで浸したインサイドユニットを、綿棒を使って隅々まで汚れを落とします。

この後、ライターケースも同じようつけ置き洗浄を行い、綿棒できれいに掃除しました。

Zippo ライター メンテナンス、綿棒が入ってた空ケースと Zippo オイルで漬け置きしたインサイドユニットとライターケースを綿棒を使い、隅々まで汚れを落としてきれいになったインサイドユニットとライターケース

Zippo オイルで漬け置き洗浄して、綿棒で隅々まで汚れを落としてきれいになったインサイドユニット(画像左側)とライターケース(画像右側)です。

Zippo ライター メンテナンス、綿棒が入ってた空ケースと Zippo オイルで漬け置きしたインサイドユニットとライターケースを綿棒を使い、隅々まで汚れを落としてきれいになったインサイドユニットとライターケース

汚れやススだらけだったライターケースとインサイドユニットですが、オイルによるつけ置き洗浄でピカピカにきれいにすることができました。

しばらく放置して十分乾燥させた後、元通りに組み立てます。

  1. Zippo ライター 芯・綿・フリント 交換とオイル注入

Zippo ウィック 替え芯 購入

Zippo ジッポ ライター ウィック 芯 替え芯 (1本入) を購入しました。

せっかくのメンテナンス機会なので古い芯は使わず新しい芯に替えることにしましたが、むかーし購入した未使用の芯を発見したのでこちらを先に使うことにしました。新しく購入した芯は予備用でとっておくことにします。

参考 URL
by カエレバ
Zippo ライター メンテナンス、新しい芯をインサイドユニットに差し込む。芯の高さは基本的に防風ガードよりも少し低い高さにセット(綿を詰め込むときに芯の高さを調節する)

画像はインサイドユニット内部から芯(ウィック)を差し込んだときの画像です。

いろいろなメンテナンスサイトを見る限りでは、防風ガード(チムニー)上部から新しい芯を差し込み、インサイドユニット内部からピンセットなどで引き込むのが一般的(?)なやり方のようです。(画像は逆方向から芯を差し込んでいる)

芯の高さは防風ガードより少し低い位置にセットするのがベストですが、この後のコットン綿球を詰め込むときに芯の長さを調節します。

芯には銅線が入っていますので、インサイドユニット内部の芯の穴のところで折り曲げておくことで、芯の長さを固定することはできます。

Zippo ライター用綿 リーダー コットン球 #10(12g) 購入

Zippo ライター交換用コットンとして購入した リーダー コットン球 12g 直径10mm です。

Zippo ジッポー オイルライター 交換用コットン & フェルト も販売されていますが、消耗品としては値段が高いので今回は購入を見送っています。

同じ市販品の綿製品に リーダー コットン球 12g 直径14mm というサイズが一回り大きいコットン綿球があるので、サイズが一回り小さい コットン球 直径10mm で多くのコットン綿球を詰め込むよりかは、こちらのほうが少ない作業数で交換できるかもしれません。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニットに新しく詰め込むリーダー コットン球 #10、画像左側がほぐす前のコットン綿球、画像右側が先曲り溝付ラジオペンチでほぐしたコットン球

画像左側がほぐす前のコットン綿球で、画像右側が先曲り溝付ラジオペンチでほぐしたコットン綿球です。インサイドユニットに詰めるコットンは必ずほぐすようにします。

このコットン綿球は小さいためか簡単にはほぐれませんので、ラジオペンチなどで外側から徐々にほぐしていきます。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内のチューブ(フリントを入れる筒)側にほぐしたコットン綿球を2個分詰め込む

インサイドユニット内のチューブ(フリントを入れる筒)側にほぐしたコットン綿球を 2 個分を詰めます。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内にほぐしたコットン綿球を2個分詰め込み、ほぐしたコットン綿球にウィック(芯)を密着させる(1回目)

インサイドユニット内にほぐしたコットン綿球を 2 個分詰め込み、ほぐしたコットン綿球にウィック(芯)を密着させます。

この時、芯の高さを防風ガードより少し低い位置になっているか確認しつつ、芯の長さを調節します。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内にほぐしたコットン綿球を2個分詰め込み、ほぐしたコットン綿球にウィック(芯)を密着させる(2回目)

繰り返しインサイドユニットにほぐしたコットン綿球を 2 個分詰め込み、ほぐしたコットン綿球にウィック(芯)を密着させます。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内にほぐしたコットン綿球を2個分詰め込み、ほぐしたコットン綿球にウィック(芯)を密着させる(3回目、ここで芯の末端部分になり終了)

最後にもう一度インサイドユニット内にほぐしたコットン綿球を 2 個分入れて、芯と芯の間にコットン綿球を挟むようにします。(芯の長さによっては途中で終わるかもしれません)

Zippo ライター メンテナンス、入れ終わった芯とチューブ部分にほぐしたコットン綿球2個分を詰め込む(チューブ部分にコットン綿球を詰め込むのは入れたコットン綿球の詰め込み量調節のため)、使用したコットン綿球(リーダー コットン球 10mm)は計10個分

芯の末端上にほぐしたコットン綿球 2 個分詰めて、芯を完全に隠します。

ここまで使用したコットン綿球は(リーダー コットン球 10mm)は計 10個分です。

Zippo オイルライター用フリント 着火石 購入

画像は新しく購入した Zippo ジッポー オイルライター用フリント 着火石 です。

せっかく購入した新しいフリント(着火石)ですが、こちらもむかし購入したフリントが未使用のまま残っていましたので、まずはそちらから使います。新しく購入したフリントは予備用に取っておきます。

参考 URL
by カエレバ
Zippo ライター メンテナンス、芯と綿が詰め終わったらフェルトパッドをして、新しいフリントを1個取り出してチューブに入れる

フェルトパッドをセットして、新しいフリント(着火石)をチューブ(インサイドユニット内部にある筒)に 1 個だけ挿入します。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、新しいフリントを入れたチューブにフリントスプリングを差し込み、ドライバーやコイン(1円硬貨)でネジを締める

新しいフリントを入れたチューブにフリントスプリングを差し込み、マイナスドライバーやコイン(1円硬貨)などでネジを締めます。

この時きつく締める必要はなく、ドライバーを使わなくても指の腹で押しながら回して軽く最後まで締める程度で十分です。

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニット内部の芯と綿の配置イメージ図

今回作業したインサイドユニット内部の芯と綿の配置のイメージ図です。

このように配置することで芯に効率よくオイルが行き渡り、オイルがすぐ切れることがなくなります。

Zippo ライター メンテナンス、Zippo オイル注入 画像左側 2015年購入 オイル缶 大缶 355ml、画像右側 かなり前に購入したオイル缶 小缶 133ml

Zippo ライター用に用意したオイル缶です。

画像左側が 2015年購入した Zippo ジッポー オイル缶 大缶 355ml で、画像右側がかなり前に購入した Zippo ジッポー オイル缶 小缶 133ml です。

参考 URL

下記の参考 URL 先で説明されているオイルの入れ方を参考に、Zippo ライターにオイルを注入します。

  1. ライター本体のキャップを開け、インサイドユニットを引き抜く
  2. インサイドユニット底部にある、フェルトパッドを片手の指でめくる
  3. オイル缶の注入口をマイナスドライバーなどで立ち上げ、インサイドユニット内部にあるコットン(綿)にゆっくり注入する
  4. オイルがコットンに染み出てきたら注入を止める
  5. オイルがあふれた場合はティッシュなどで完全に拭き取る
  6. オイル注入が終わったインサイドユニットをライターケースに戻す
参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、Zippo オイル注入 画像左側 2015年購入 オイル缶 大缶 355ml 成分 Light Petroleum Distillate (ライター用オイル)、画像右側 かなり前に購入したオイル缶 小缶 133ml 重質ナフサ

Zippo オイル缶裏側に記載している成分表示です。

画像左側が 2015年購入した Zippo ジッポー オイル缶 大缶 355ml で 「Light Petroleum Distillate (ライター用オイル)」 となっています。

画像右側がかなり前に購入した Zippo ジッポー オイル缶 小缶 133ml で 「重質ナフサ」 となっていました。(現在流通している 133ml オイル缶は成分が 「Light Petroleum Distillate (ライター用オイル)」 になっているかと思います)

過去に 「重質ナフサ」 が成分の Zippo オイルがあり、現在流通しているものは 「Light Petroleum Distillate (ライター用オイル)」 となっていますが、その間には 「合成イソパラフィン系炭化水素」 が成分の Zippo オイルがあったそうです。

いずれも Zippo オイルであることは変わりありませんが、新しく購入した 「Light Petroleum Distillate (ライター用オイル)」 は 「重質ナフサ」 に比べて臭いが違う(やや臭い?)感じがしますので、臭いに敏感な人はオイルの成分内容によって好き嫌いが分かれるかもしれません。

今回オイル缶を購入したのは、空になったオイル缶の注入口のキャップはマイナスドライバーで開けられる ことがわかり、別のオイルで空き缶に補充すれば何回も使えるということで再利用目的で購入しました。

Zippo ジッポー ハンディーウォーマー 用に購入した カイロ用ハクキンベンジン があるのですが、この容器の注入口が使いづらく Zippo オイル缶のように少量のオイルを注入するようなことが難しいので、Zippo ライターに カイロ用ハクキンベンジン を注入すると溢れたりこぼしてしまう可能性があります。

Zippo オイル缶であればオイルの出る量が少ないためこぼれる心配はほぼありませんので、Zippo オイル缶が空になったらライターオイルとしても使える カイロ用ハクキンベンジン を補充して使う予定です。 → 空になった Zippo オイル缶にハクキンベンジンを詰め替え補充した記事を公開 しました。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

  1. Zippo ライター メンテナンス完了

Zippo ライター メンテナンス、インサイドユニットをライターケースに入れてメンテナンス完了 Zippo ライター メンテナンス、メンテナンスが完了した Zippo ライター

インサイドユニットをライターケースに戻してメンテナンス完了です。

芯(ウィック)の先端をバラして広げることにより、火が太くなり風に対して火が消えにくくするようにできます。いろいろ調節してあげることで、より使いやすい自分好みの Zippo ライターが出来上がります。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、メンテナンスが完了した Zippo ライターの着火確認

Zippo ライターを着火したところです。

無事着火を確認できたところで、Zippo ライターのメンテナンス作業は終了となります。

参考 URL
Zippo ライター メンテナンス、もう一台の Zippo ライター(画像左側)も同様にメンテナンス ドイツ・国境警備隊第9部隊 Zippo ライター

画像左側にあるのは手持ちの 2002年製造の ドイツ・国境警備隊第9部隊 Zippo ライターで、こちらも一度もメンテナンスしていなかったので同様のメンテナンスを行いました。

Zippo ライター メンテナンス、もう一台の ドイツ・国境警備隊第9部隊 Zippo ライター(画像左側)も同様にメンテナンスが完了して着火確認をしたところ

手持ちのもう一台の ドイツ・国境警備隊第9部隊 Zippo ライター(画像左側)のメンテナンスが完了して着火確認をしたところです。

Zippo ライター メンテナンス、Zippo ライターポーチに入れたところ

Zippo ライターポーチ に収納したところです。

このライターポーチはズボンのベルトに通して使用するので、なくしやすいもの上位に入るライター をポケットではなくライターポーチに入れておけば、紛失する確率は減るのかもしれません。

以上で、Zippo ライターのメンテナンス作業は終わりです。

15年以上放置していてもちゃんとメンテナンスすれば問題なく着火することができる、頑丈な製品であることを改めて思いました。

万が一故障しても 無料生涯保証 で修理してもらえますので、愛着のある Zippo ライターもなくさない限り末永く愛用できるとこも安心できます。

そう考えますと一番気をつけなくてはいけないことは、まず紛失しないことになりますので、外出時などポケットに入れて外で頻繁に使用するときなどに、なくさないように管理するというところが一番難しいかもしれませんね。

by カエレバ
by カエレバ
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する