生活 ライター 紛失した時の心のショックや損失を最小限に、外での普段使い用に Zippo ライター クローム バレル仕上げを購入してみました

紛失した時の心のショックや損失を最小限に、外での普段使い用に Zippo ライター クローム バレル仕上げを購入してみました

以前の記事 で長年放置していた Zippo ライターを再び使えるようにと、素人でもできるオーバーホールを行いました。

関連記事

無事、オーバーホールも終わり問題なく着火できるようになりましたが、いざ外に持ち出して使うことを考えますと、うっかり紛失してしまう可能性が高いのではないかという不安を覚えるようになってしまいました。(いままでライターを外に持ち出して使うことがなかったというのもあります)

こういったことはライターに限らず財布・スマホなど身近でよく携帯するものでも当然考えられることですが、とりわけ Zippo ライターは非常に小さいものですので、なくしてしまう可能性は高いのではないかと思います。

オーバーホールした Zippo ライター のケースに刻印されているものは、おそらくもう流通しているものではないと思いますので、外で紛失してしまってはせっかくメンテナンスした意味もなくなってしまいます。

そこで、仮に Zippo ライターをなくしても心のショックや損失を抑えられてすぱっと諦められるよう、一般に流通している Zippo ライターを普段使い用として購入することにしました。

いろいろ吟味した結果、Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 を購入してみましたので、開封して中身を確認してみます。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 購入 Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 パッケージケースを開けたところ Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 本体 Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 キャップを開けたところ Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 レーヨンボール詰め込んだ後元通りに戻して、オイル注入後、ウィック(芯)にオイルが浸透するまでしばらく待ってから着火を確認する
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Zippo ライター クローム バレル仕上げ 購入・開封

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 購入

今回購入した Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 のパッケージです。

パッケージ側面に型番と思われる番号シール(207)が貼られています。

参考 URL
by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 パッケージケースを開けたところ

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のパッケージを開けたところです。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 パッケージケース、Zippo ライター本体、取扱説明書兼保証書

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のパッケージから Zippo ライター本体を取り出したところです。

パッケージのふたに取扱説明書兼保証書が挟まっていました。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 本体

包装袋から Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) 本体を取り出したところです。

普段使い用の Zippo ライターを購入するに当たっていくつか候補に挙がっていたものがありましたが、最終的にこの Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 にしました。

当初は低価格で売り上げ上位の Zippo (ジッポー) ライター クローム サテーナ 200.YS の購入を考えていましたが、Amazon レビュー より手で持つところがクロームポリッシュ加工されているとの情報を見つけました。

以前メンテナンスした Zippo ライター のひとつが全面クロームポリッシュ加工で、つるつるして触り心地はいいんですが、指紋跡がべたべたついてしまい見た目が悪くなってしまい、手で持つには滑りやすくまた着火時の操作はやや扱いづらいと感じていました。

そのため今回はクロームポリッシュ加工されている Zippo ライターは選択基準から外しています。

もうひとつ購入候補だったのが Zippo (ジッポー) ライター クローム マット仕上げ 205 です。

クローム マット仕上げ 205クローム バレル仕上げ 207 のレビューを見る限り、表面加工に違いがあるだけで大きな違いはなさそうだったのでかなり迷いましたが、悩んだ末にわずかに値段が安かった Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 を今回購入することにしました。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 キャップを開けたところ

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のキャップを開けたところです。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 キャップを開けたところ、防風ガード(チムニー)拡大撮影

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のキャップを開けて防風ガード(チムニー)を拡大撮影したところ。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 ボトム刻印 2015年 K(11月) 製造

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のボトム刻印です。

2015年 K(11月、アルファベット順で11番目) 製造でした。

参考 URL
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニットを引き抜いたところとライターケース内部

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のインサイドユニットをライターケースから引き抜いたところです。

ライターケース内にはなにやら青い膜状?のようなものが見えていました。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット

Zippo ライター クローム バレル仕上げ(207) のインサイドユニットです。

  1. Zippo ライター クローム バレル仕上げ レーヨンボールほぐし

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 レーヨンボール(白い綿)ほぐしのため、マイナスドライバーとピンセットを使ってスプリングネジ外し、フリント(着火石)の取り出しとフェルトパッド取り外し

新品で購入した Zippo ライターはオイルを注入すればすぐ使えるようになっていますが、中に入っているウィック(芯)とレーヨンボール(白い綿)が無造作に詰め込まれているため、ウィック(芯)にオイルが浸透せず、オイル切れをおこしやすくなります。

対策方法としては、中に入っているレーヨンボールを取り出してほぐし、ウィック(芯)をほぐしたレーヨンボールにジグザグに絡めるようにすればオイルが長持ちするようになりますので、購入後は必ずやったほうがいいでしょう。

まず、「マイナスドライバー」 で インサイドユニット底部にあるネジを外してフリント(着火石)を取り出します。コイン(1円硬貨)などでも代用できます。

次に 「ピンセット」 でフェルトパッドを外して、インサイドユニット内にある レーヨンボールをピンセットですべて取り出します

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニットからレーヨンボール(白い綿)をピンセットを使って取り出したところ

インサイドユニットからレーヨンボールすべてを取り出したところです。

レーヨンボールは Zippo ジッポー オイルライター 交換用コットン & フェルト として、フェルトパッドとセットで販売しており購入することが可能です。

ただ、消耗品として見た場合は値段がやや高いので、純正品のレーヨンボール以外のものでいいのなら リーダー コットン球 12g 直径10mmリーダー コットン球 12g 直径14mm などの 100%綿球で代用することができます。

インサイドユニット内部に見えるウィック(芯)ですが、隅っこに押し込まれるような形で収まっていたので、このような状態だとレーヨンボールに染み込んだオイルがウィック(芯)まで到達しにくくなり、十分なオイルを注入してもオイル切れになりやすくなります。

そのためレーヨンボールに絡まるような形でウィック(芯)を配置しておく必要があります。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニットからウィック(芯)を取り出したところ、長さ約 9cm

インサイドユニットからウィック(芯)を取り出したところです。レーヨンボールに絡めるようにするため直線に伸ばします。ウィック(芯)には銅線が入ってますので、直線の状態のままを維持できます。

このウィック(芯)の長さは約 9cm でした。

by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 ウィック(芯)をインサイドユニットの防風ガード(チムニー)から差し込む。芯の高さは基本的に防風ガードよりも少し低い高さにセット。レーヨンボールを詰め込むときに芯の高さを再度調節する

防風ガード(チムニー)上部からウィック(芯)を差し込み、インサイドユニット内部からピンセットなどでウィック(芯)を引き込こみます。

ウィック(芯)の高さは防風ガードより少し低い位置にセットするのがベストです。レーヨンボールを詰め込むときに芯の長さを調節します。

芯には銅線が入っていますので、インサイドユニット内部の芯の穴のところで折り曲げておくことで、芯の長さを固定しておくことはできます。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 レーヨンボールをほぐす、非常にやわかいためか手で十分にほぐすことが可能、レーヨンボール計 7個

インサイドユニットから取り出したレーヨンボールをほぐします。

このレーヨンボールは 100%綿球と違い、手で簡単にほぐすことができます。(100%綿球はラジオペンチを使ってほぐしました

ほぐしたレーヨンボールは全部で 7 個あり、以前オーバーホールした Zippo ライターに入っていたレーヨンボールも 7 個 でしたので、昔から量(数)は一緒なのかもしれません。

参考 URL
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット内のチューブ(フリントを入れる筒)側にほぐしたレーヨンボール(白い綿)を1個詰め込む

インサイドユニット内のチューブ(フリントを入れる筒)側に、ほぐしたレーヨンボール(白い綿)を 1個分を詰め込みます。

さらに押し込めばもう 1つレーヨンボールを詰め込むことができそうでしたが、今回はとりあえず 1個分だけにしておきます。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット内にほぐしたレーションボール(白い綿)を 1個分だけ詰め込む(1回目)

インサイドユニット内にほぐしたレーションボール(白い綿)を 1個分だけ詰め込みます。

芯の高さを防風ガードより少し低い位置になっているか確認しつつ、芯の長さを調節します。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット内にほぐしたレーヨンボール(白い綿)を 1個分(1回目)詰め込んだあと、ウィック(芯)を曲げてレーヨンボールに密着させる

インサイドユニット内のウィック(芯)を曲げて、ほぐしたレーヨンボールに密着させます。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット内にほぐしたレーションボール(白い綿)を 1個分だけ詰め込む(2回目)

続けて、インサイドユニット内にほぐしたレーションボール(白い綿)を 1個分詰め込み、レーヨンボールとレーヨンボールの間にウィック(芯)が挟まる状態にします。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 インサイドユニット内にほぐしたレーヨンボール(白い綿)を 1個分(2回目)詰め込んだあと、ウィック(芯)の末端を曲げてレーヨンボールに密着させる

再度、ウィック(芯)の末端部分を折り曲げてレーヨンボールに密着させます。

ウィック(芯)の長さが 9cm の場合ですと、ウィック(芯)が末端部分に到達します。もう少し長いウィック(芯)なら、同じ作業をもう一度繰り返します。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 ウィック(芯)末端部分にほぐしたレーヨンボール(白い綿)1個分を詰め込む、使用したレーヨンボール(白い綿)は計 4個分、余ったレーヨンボール(白い綿)は 3個

最後にウィック(芯)の末端部分にほぐしたレーヨンボール(白い綿) 1個分を詰め込み、ウィック(芯)を完全に隠れて見えない状態にして完了です。

フェルトパッドをセットしてチューブにフリント(着火石)を入れたら、ネジを締めてオイルを注入します。

今回使用したレーヨンボール(白い綿)は計 4個分で、3個分あまる結果となりました。

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 余ったレーヨンボール(白い綿)を Zippo ライター本体を収納していたビニール包装袋に入れてパッケージ箱に保管

あまったレーヨンボール(白い綿)は、Zippo ライター本体を収納していたビニール包装袋に入れて、パッケージの箱に保管しました。

  1. Zippo ライター クローム バレル仕上げ 着火

Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207 レーヨンボール詰め込んだ後元通りに戻して、オイル注入後、ウィック(芯)にオイルが浸透するまでしばらく待ってから着火を確認する

インサイドユニットにオイル注入後、しばらく放置してウィック(芯)にオイルが十分染み込ませたら、着火して動作確認をします。

さすがに新品ということもあってかスムーズに着火できるのが気持ちいいです。キャップを開けた時の音もよく、ケース表面に指紋がつくことなく、手になじむような持ちやすさでスムーズに着火操作できて、非常に満足できる Zippo ライターです。

ただ、連続して何回もキャップの開け閉めをしていると、中のインサイドユニットが浮き上がってしまいやすいので、元に戻す必要があります。

以前メンテしたライター でも同様なことはありますが簡単に浮き上がるわけではなく、今回購入した Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 はインサイドユニットとライターケースの隙間があるためなのか、インサイドユニットが抜けやすく浮き上がりやすいのではないかと思われます。(参考 URL

参考 URL

Zippo ライター用のオイルは Zippo ジッポー オイル缶 大缶 355ml を使っていますが、カイロ用ベンジン でも使えるので、Zippo オイルがなくなったらより容量の多い カイロ用ベンジン に切り替える予定です。

カイロ用ハクキンベンジン はもともと Zippo ジッポー ハンディーウォーマー 用に購入したものですが、この容器の注入口が使いづらく Zippo オイル缶のように少量のオイルを注入するようなことが難しいので、Zippo ライターに カイロ用ハクキンベンジン を注入すると溢れたりこぼしてしまう可能性があります。

空になったオイル缶の注入口のキャップはマイナスドライバーで開けられます ので、別のオイルで空き缶に補充すれば、毎回 Zippo オイル缶を購入する必要はなくなります。

Zippo オイル缶であればオイルの出る量が少ないためこぼれる心配はほぼありませんので、Zippo オイル缶が空になったらライターオイルとしても使える カイロ用ハクキンベンジン を補充して使う予定です。 → 空になった Zippo オイル缶にハクキンベンジンを詰め替え補充した記事を公開 しました。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
Zippo ジッポー スタンダード クローム バレル仕上げ 207(画像左側) と KINGDOM OF HAWAII-COAT OF ARMS(画像中央) と ドイツ・国境警備隊第9部隊 Zippo ライター(画像右側)

以上で新しく購入した Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 をいつでも着火して使える準備が整いました。

ケース表面に刻印がある記念品扱いで手に入れた Zippo ライター(画像中央と右側)は自宅内限定で、一般流通している今回購入した Zippo (ジッポー) ライター クローム バレル仕上げ 207 (画像左側) は、外出時などの普段の日常生活で携帯するような形で使い分けていく予定です。

紛失してもまた買えばいいというような軽い気持ちで購入した Zippo ライターですが、できればなくさず一生モノとして使っていきたいですね。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する