ハードウェア 修理 PC のケースファンから異音が発生したので、グリスを塗って修理してみました

PC のケースファンから異音が発生したので、グリスを塗って修理してみました

2012~2013年ごろに PC ケース Antec Three Hundred Two AB の専用ファンとして組み込んだ GELID Silent12 ハイドロダイナミックベアリング 120mm ファン ですが、稼働しているファンの一つから不定期に(特に冬の寒い時間帯に)異音が発生するようになってしまいました。

関連記事

新しいファンに買い替え交換を考えていましたがネットで調べていたところ、このファンのブレード(羽根)は引っ張るだけで簡単に取り外せることがわかりました。

参考 URL

またさらに調べてみると、ファンの軸にグリスなどの潤滑剤を塗ることで、ファン異音がなくなる可能性があることがわかりましたので、ダメ元でケースファンを修理してみます。

タミヤ モリブデングリス 10g 購入 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)側 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)を引き抜いたところ GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸受け・軸穴 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸穴周辺部分にタミヤ モリブデングリスを適量注入、つまようじで軸穴にグリスを流し込む GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸全体につまようじを使ってタミヤ モリブデングリスを適量塗布
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. タミヤ モリブデングリス 購入

タミヤ モリブデングリス 10g 購入 タミヤ モリブデングリス 10g パッケージ タミヤ モリブデングリス 10g パッケージ

今回ケースファンの潤滑剤として購入した タミヤ モリブデングリス です。

チューブタイプのグリス以外では、KURE 呉工業 グリースメイト 300ml などのスプレーグリスでのファン修理事例がネット上にたくさんあります。特にノートパソコンに搭載している専用の薄型ファンに関する情報のほうが多いようです。

成分が違う 値段がやや高い上位モデル?の KURE 呉工業 スーパーグリースメイト 300ml というのもありますが、こちらに関してはファン修理事例の情報は見つけられませんでした。

いずれもファン軸にグリスを塗るだけでも十分効果があり、処置後の耐久性に関してはグリスの成分によるところがあるみたいです。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
タミヤ モリブデングリス 10g グリスチューブとノズル タミヤ モリブデングリス 10g ノズルキャップをはずしたところ

タミヤ モリブデングリス付属のノズルキャップです。

タミヤ モリブデングリス 10g キャップの先端でグリスチューブ開封

青キャップ反対側にあるトゲの部分に、タミヤ モリブデングリスチューブを差し込んで開封します。

タミヤ モリブデングリス 10g グリスチューブにノズルを装着したところ

青キャップでチューブ開封後に中のグリスが勝手に出てきますので、すぐにノズルキャップを取り付けます。

これでタミヤ モリブデングリスを使う準備が整いました。

  1. GELID Silent12 ケースファンの軸と軸受け・軸穴にタミヤ モリブデングリスを塗布(とふ)

GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、PCケースから取り外した直後 GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)側

約 3年間(24時間×365日×3年=26,280時間以上)の連続稼働で PC ケース Antec Three Hundred Two AB のケースファンとして使い続けてきた、GELID Silent12 ハイドロダイナミックベアリング 120mm ファン です。

今回異音が発生したケースファンは、PC ケースフロントの吸気ファンとして使っていたものです。

PC ケース前面フロントパネルのフロントメッシュ、ダストフィルターでケース内部へのホコリの侵入を防いでいることもあり、年に数回エアーダスターでホコリを取り払ったりしているせいか、細かいチリ・ホコリが付着しているもののホコリの塊がびっしりつくほどの汚れはありませんでした。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)を引き抜いたところ

GELID Silent12 本体からブレード(羽根)を取り外したところです。ブレード(羽根)をファン本体から押し出すようにすれば、簡単に外れる仕組みになっています。

このファンだけに限らず、他社のファンでも同じように簡単に外れるものがあるようです。

グリスを塗る前に、ケースファンに付着したホコリ汚れを取り除いてきれいにおきます。

参考 URL
GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸受け・軸穴

GELID Silent12 ケースファン本体の軸受け・軸穴です。この軸穴とその周辺部分に新しいグリスを注入します。

古いグリスはいったんきれいに取り除くことが本来望ましいようですが、面倒だったので今回はやりませんでした。

GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸

こちらは取り外した GELID Silent12 ブレード(羽根)軸です。この軸にグリスを塗布(とふ)します。

こちらも同様に古いグリスを取り除ききれいにしてから新しいグリスを塗布(とふ)したほうがよかったのですが、同じく割愛。

GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、軸受け・軸穴周辺部分にタミヤ モリブデングリスを適量注入、つまようじで軸穴にグリスを流し込む

GELID Silent12 ケースファン本体の軸受け・軸穴にタミヤ モリブデングリスを盛り付けたところです。

特になにも考えずにグリスを注入してしまいましたが、グリスチューブのノズルキャップでしっかり軸穴に密着しておけば、もっとピンポイントに軸穴にグリスを注入できたのでそっちのほうがよかったかも。

注入したモリブデングリスはつまようじで軸穴に押し込みます。

GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸先端にタミヤ モリブデングリス適量塗布

GELID Silent12 ブレード(羽根)軸の先端にタミヤ モリブデングリスを塗布して、そのまま軸穴に差し込みファンを回転させグリスをなじませます。

GELID Silent12 ケースファン グリスアップ作業、ブレード(羽根)の軸全体につまようじを使ってタミヤ モリブデングリスを適量塗布

その後、ファン軸の先端だけじゃなく軸全体にグリスを塗布(とふ)したほうがよかったのかなと思い始めたので、今度はファン軸全体につまようじを使って、タミヤ モリブデングリス適量を塗って元に戻して再度グリスをなじませました。

ファンを元通りに組み立てなおして PC ケースに組み込み、電源を入れて問題なくファンが回転するかどうか確認します。

グリスを塗ってから 1 週間ほど様子を見ましたが、ファンから発生していた不快な異音は完全になくなり、ファンの異音修理は無事完了した模様です。

ただ、この PC ケース Antec Three Hundred Two AB はフロントファンを 2 基並べて設置できるのですが、回転しているファン 2 つを並べて見比べてみますと、グリスを塗ったファンのほうのブレード(羽根)の回転数が若干落ちている、または回転数が一定にならないことがあります。

今回のファン異音の修理は応急処置としては大成功、あとはこの状態でどれくらい持つかは未知数なので、当面は様子を見ながらケースファンを使っていくことになりそうです。

  1. ファン異音が直ったら PC ケースの振動がなくなった?

今回のファン軸にグリスを塗ったことにより異音を解決することができましたが、それとは別にあることに気が付きました。

以前からファンの異音が発生していた PC ケースでは(特に部屋が寒くなる冬の時期に)振動がたびたび発生しており、過去に何度か振動対策をしてやっとある程度は気にならないレベルまで試行錯誤したことがあります。

関連記事

それでも完全に振動がなくなったとは言えずその辺はほぼ諦めていましたが、今回の異音が発生したファンを修理してみたところ、PC ケースからの振動はほぼ皆無と言っていいほど静かになり、PC ケースを触っても以前から発生していた微弱な振動もほぼなくなりました。

いくつか振動の原因となるデバイス(HDD、ファン)を多数積んでましたけど、どうも PC ケース Antec Three Hundred Two AB 振動の真犯人は、異音が発生していたケースファン GELID Silent12 ハイドロダイナミックベアリング 120mm ファン が濃厚だったようです。

PC ケースにケースファンを取り付ける際に振動対策として 防振ゴムワッシャー防振ラバーブッシュ を使用しており、ケースフロントのファンには取り付けスペースの関係から 防振ゴムワッシャー だけを使っていましたが、ケースファンから発生したと思われる振動を完全に吸収できなかったのかもしれません。

関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する