PC ゲーム DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN ゲーム画面のアスペクト比を維持したまま、仮想フルスクリーンで表示する方法

ゲーム画面のアスペクト比を維持したまま、仮想フルスクリーンで表示する方法

現在使用している液晶モニターの解像度が WUXGA (1920 x 1200 アスペクト比 16:10) なのですが、DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) をプレイする時に使いたい表示方法と対応解像度がないため、いくつか不便なところがあります。

関連記事

ゲームをフルスクリーンモードでプレイする時は解像度 1920 x 1200 が用意されているので、WUXGA モニター上でフルスクリーンでプレイするには問題ありません。またフルスクリーンモードでは 解像度 1920 x 1080 も用意されているため、フル HD モニター (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) でフルスクリーンでプレイする場合でも特に問題ありません。

問題となるのは、フルスクリーンからウィンドウモードに変更すると、解像度がフル HD (1920 x 1080 アスペクト比 16:9) までしか用意されておらず、さらにウィンドウモードのためゲーム画面の縦横にウィンドウ枠が表示されてしまうので、ゲーム画面を 1ドットのズレもなくモニター内に表示させることが困難 になることです。

また、フル HD モニターを使っている人でもウィンドウモードで 1920 x 1080 に変更すると、ウィンドウ枠が表示されてしまうため、おそらくモニター内に 1ドットのズレもなくゲーム画面を表示させるのは難しいかと思われます。(フル HD モニターを持ってないためこの辺は未確認)

ゲーム内で仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)が用意されていればこのような苦労はないのですが、残念ながら DARK SOULS II SCHOLAR OF FIRST SIN (DirectX 11 対応版) では設定できません。(おそらく、DirectX 9 版にもこの仮想フルスクリーンの設定はないかもしれない)

そこで出番となるのが 仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)にできるソフトウェアを使う ことです。このツールに関しては 以前の記事 で簡単に紹介しています。これらのソフトウェアはいくつかあり、基本的にどれも仮想フルスクリーンで動作しますので、アスペクト比が崩れずゲーム画面が表示できるのであれば、あとは使い勝手や機能など好みで選ぶことになるかと思います。

関連記事

仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)ができるソフトウェアについて、液晶モニターの画面解像度とウィンドウモードで表示したゲーム画面の解像度が同じで、アスペクト比を維持したままウィンドウ枠を消去してゲーム画面を表示したい、といった用途でなら最適なツールとなります。

ただ、私が持っている WUXGA モニター (1920 x 1200 アスペクト比 16:10)ではこれらのソフトウェアを使用すると、ゲーム画面の解像度 1920 x 1080 (アスペクト比 16:9) では縦に引き延ばされるような解像度となってしまい、アスペクト比が崩れてしまいます。

そこで今回の記事では、WUXGA モニターでもアスペクト比を崩さず、ゲーム画面を仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)に表示できるツール 「Borderless Gaming」 を使った設定方法を紹介します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Borderless Gaming 8.4 起動、Applications に現在起動中のプログラムが表示 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x0-1920x1080] に設定、以後 Borderless Gaming を起動している状態であれば設定したゲームが自動的にこの解像度と座標位置で仮想フルスクリーンで表示されるようになる Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 画面左上隅 原点座標(0,0)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態 Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x60-1920x1140] に設定 Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 座標位置(0,60)基準 1920x1080 画面サイズでモニター全体のゲーム画面表示状態
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Borderless Gaming 仮想フルスクリーンにするための基本的な使い方

GitHub で公開されている Borderless Gaming のインストーラーを ここからダウンロード します。

「setup.exe」 と 「admin_setup.exe」 がありますが、両者の違いがわからなかったので、「admin_setup.exe」 版をインストールして今回は話を進めます。今回ダウンロードしたファイルは 「BorderlessGaming_8.4__admin_setup.exe」 です。

ちなみに、このソフトウェアは Steam で販売されております。

参考 URL
Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、DARK SOULS II Scholar of the First Sin グラフィックスオプション ウィンドウ 1920x1080 まで

DARK SOULS II Scholar of the First Sin のグラフィックスオプション - ウィンドウモード時の選択できる解像度一覧で、フル HD の 1920 x 1080 までの解像度しか選べません。フルスクリーンなら 1920 x 1200 まで選択できます。

ウィンドウモード時はゲーム画面の上下左右に枠が表示されてしまうため、モニター解像度とゲーム解像度が縦横どちらかが同じ場合、モニター画面内にゲーム画面が収まっていない状態で表示されてしまいます。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、DARK SOULS II Scholar of the First Sin ウィンドウモード 解像度 1920x1080 でゲーム画面表示

画像は DARK SOULS II Scholar of the First Sin のグラフィックスオプション - ウィンドウモード 解像度 1920 x 1080 で表示したゲーム画面です。

ゲーム画面のウィンドウをまるごとキャプチャーした画像で、実際にモニターで見えている領域そのままをキャプチャーしたものとなっています。

縦 1200 のモニター解像度なのでこちらは問題なく全部モニター内に表示されていますが、ウィンドウ幅がモニター解像度と同じ 1920 のため、画面内左右のどちらかに表示されたウィンドウ枠のピクセル分だけ、ゲーム画面が外にはみ出す状態となっています。(フル HD モニターなら上下表示されたウィンドウ枠のピクセル分だけ、ゲーム画面が外にはみ出す可能性があります)

ウィンドウモードなのでマウスのドラッグ・アンド・ドロップや、画面表示位置の座標を指定できるソフトウェアを駆使すれば解決できそうな感じがしますが、今回はこのウィンドウ枠を丸ごと非表示、ゲーム画面を指定した場所に配置、画面アスペクト比を崩さない、といった方法をなるべく手間をかけずにツールで簡単にできるよう試してみます。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Borderless Gaming 8.4 起動、Applications に現在起動中のプログラムが表示

インストールした 「Borderless Gaming」 を起動します。

Applications」 欄には現在稼働中のソフトが一覧で表示されます。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Applications に表示された Dark Souls II を選択した状態で 右三角ボタンをクリックして Favorites(Automatic) に追加

DARK SOULS II Scholar of the First Sin を起動すると 「Applications」 欄に DARK SOULS II が表示されますので、選択して画像赤枠の 右向きの黒三角ボタン をクリックします。

Applications」 欄にある DARK SOULS II が 右側にある 「Favorites(Automatic)」 欄に登録されます。解除したい場合はその下にある 左向きの黒三角ボタン を押します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、DARK SOULS II Scholar of the First Sin グラフィックスオプション ウィンドウ 1920x1080 で Borderless Gaming を有効にした時のアスペクト比が崩れたゲーム画面

Borderless Gaming」 で 「Favorites(Automatic)」 欄に登録された DARK SOULS II Scholar of the First Sin が、(ゲームが起動中でウィンドウモードなら)自動的にウィンドウモードから仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)に切り替わります。

以後、「Borderless Gaming」 が起動中なら、Favorites(Automatic) 欄に登録したゲームがウィンドウモードで起動すれば、自動的に仮想フルスクリーンで表示されるようになります。

画像は WUXGA (1920 x 1200 アスペクト比 16:10) モニターで仮想フルスクリーン表示された DARK SOULS II Scholar of the First Sin のキャプチャー画像です。フル HD モニターなら問題ありませんが、私が使っているモニターが WUXGA で縦方向にゲーム画面がいっぱい延びているため、アスペクト比が崩れています。

画像のようにアスペクト比が崩れるような場合、次に紹介するようなやり方で解決することができます

  1. Borderless Gaming 仮想フルスクリーンの表示位置・画面サイズのカスタマイズ方法

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) に追加された Dark Souls II を右クリックして No Size Change をクリックする

Favorites(Automatic)」 欄に登録された DARK SOULS II を右クリックして、「No Size Change」 をクリックします。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) に追加された Dark Souls II を右クリックして Set Window Size をクリックする

続けて、「Favorites(Automatic)」 欄に登録された DARK SOULS II を右クリックして、今度は 「Set Window Size」 をクリックします。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Select Area 画面が表示されるので いいえ ボタンをクリック、間違って はい を押してしまった場合は ESC キーで設定を抜ける

Would you like to select the area using your mouse cursor? If you answer No, you will be prompted for specific pixel dimensions.」 というメッセージが表示されますので、「いいえ」 ボタンをクリックします。間違って 「はい」 ボタンをクリックした場合は ESC キーを押せばキャンセルできます。

これは指定したソフトウェア(今回は DARK SOUL II) の画面サイズをマウスカーソルのドラッグ・アンド・ドロップで指定するかどうかのメッセージ内容のようです。いいえを選択した場合は、座標とウィンドウサイズの数値を入力するための画面が表示されます。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Pixel X location for the top left corner (X coordinate) というメッセージが表示されるの 0 のまま OK ボタンをクリック、仮想フルスクリーンで表示するウィンドウの X 座標位置の指定、X 座標 0 の場合は画面の一番左端

仮想フルスクリーンのウィンドウ左上角の X 座標を指定する画面です。ここでは X 座標 を 0 に設定します。X 座標 0 の場合は画面の一番左端の位置になります。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、、Pixel Y location for the top left corner (Y coordinate) というメッセージが表示されるの 0 のまま OK ボタンをクリック、仮想フルスクリーンで表示するウィンドウの Y 座標位置の指定、Y 座標 0 の場合は画面の一番上側

仮想フルスクリーンのウィンドウ左上角の Y 座標を指定する画面です。ここでは Y 座標 を 0 に設定します。Y 座標 0 の場合は画面の一番上側の位置になります。

X、Y 座標ともに 0 の場合はモニター画面の左上隅を基準に、仮想フルスクリーンを表示することになります。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Window width (in pixels) をゲーム画面で設定した解像度と同じ 1920 にセット

仮想フルスクリーンのウィンドウ幅をピクセルで指定します。ここでは Dark Souls II Scholar of the First Sin のグラフィックスオプションで設定したフル HD と同じ 1920 を入力します。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Window height (in pixels) をゲーム画面で設定した解像度と同じ 1080 にセット

仮想フルスクリーンのウィンドウ高さをピクセルで指定します。同じく Dark Souls II Scholar of the First Sin のグラフィックスオプションで設定したフル HD と同じ 1080 を入力します。

仮想フルスクリーンモードで拡大縮小させることなくゲーム画面を表示させたい場合には、ゲーム内で設定した解像度と同じ解像度の数値を入力することになります。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x0-1920x1080] に設定、以後 Borderless Gaming を起動している状態であれば設定したゲームが自動的にこの解像度と座標位置で仮想フルスクリーンで表示されるようになる

Favorites(Automatic)」 欄に先ほど設定した内容が反映され、Dark Souls II [0x0-1920x1080] と表示されました。

以後 「Borderless Gaming」 を起動している状態でゲームを起動またはその逆の起動順序でも、設定した解像度と座標位置でゲームが自動的に仮想フルスクリーンで表示されるようになります。

※ DARK SOULS III で 「Borderless Gaming → ゲーム」 の順序で起動するとゲームがエラーで起動しない現象がありました。「ゲーム → Borderless Gaming」 と起動する順番を変更してみたところ解決できましたので、もし Borderless Gaming を使ってゲームがエラーで起動しない場合は、ゲームを起動した後にツールを起動してみてください。

Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 モニター画面左上隅 原点座標(0,0)基準 解像度 1920x1080 ゲーム画面表示状態

モニター画面左上隅、原点座標(0,0)基準に解像度 1920x1080 でアスペクト比が崩れずにゲーム画面を表示することができました。ゲーム画面下側に縦 120 ピクセル分のデスクトップ画面が見えています。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、WXUGA モニター(1920x1200)でゲーム画面の表示位置を画面中央になるようにしたい場合は Pixel Y location for the top left corner (Y coordinate) で 60 をセット、WXUGA モニター(1920x1200) の 1200 と フル HD (1920x1080) の 1080 の差分、120(1200-1080) の半分

先ほどの設定だと、モニター内上側ぴったりにゲーム画面が表示されてしまうので、これをモニターの上下間の隙間が均等になるウィンドウ配置の設定に変更してみます。

Favorites(Automatic)」 欄にある DARK SOULS II を右クリックして、「Set Window Size」 をクリック、画像のように Y 座標 のみ 0 から 60 に変更 して、あとは先ほどの設定のまま変更はありません。座標位置の計算方法は下記の通りとなっています。(この辺については詳しくないため、どこか間違っているかもしれません。)

計算方法 : 1200(液晶モニター解像度 縦ピクセル) - 1080(ゲーム解像度 縦ピクセル) = 120(ゲーム画面以外の縦ピクセル数)、120 / 2(画面上下間隔を均等にするため 2 で割る) = 60(ゲーム画面を表示する Y 座標の基準点)

上記式を使えば異なる解像度の液晶モニターとゲーム画面でも、上下左右間均等な場所に表示させたい場合に、XY 座標の位置を計算できるかと思います。

Borderless Gaming 8.4 を使って DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin をアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にする方法、Favorites(Automatic) の Dark Souls II が [0x60-1920x1140] に設定

Favorites(Automatic)」 欄に先ほど設定した内容は反映され、Dark Souls II [0x60-1920x1140] と表示されました。Dark Souls II を起動してゲーム画面の表示位置をチェックします。

Borderless Gaming 8.4 を使ってアスペクト比を維持したまま、WXUGA モニター(1920x1200)でボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)で表示された DX11 版 Dark Souls II Scholar of the First Sin のゲーム画面 モニター画面座標位置(0,60)基準 解像度 1920x1080 ゲーム画面表示状態

上下間の隙間が同じになるような形でゲーム画面を表示することができました。

以上で、「Borderless Gaming」 を使って、モニター画面の表示解像度とゲーム画面の解像度が一致しない場合でも、XY 座標とウィンドウサイズを指定することでアスペクト比を崩さずに、モニター画面内に仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)でぴったりと表示することができました。

このツールでなくても、XY 座標とウィンドウサイズを数値指定できる仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)ツールであれば、おそらく同じことができるかと思います。それらの機能がほかのツールにあるかどうかまでは今回調べていません。

とりあえず、この 「Borderless Gaming」 を使えばアスペクト比を崩さず自由自在に画面表示を調節できそうなので、ほかのゲームでも当面お世話になるツールになりそうです。

2016/06/24 追記

PC 版 DARK SOULS III のゲーム画面も DARK SOULS II と同じ仕様でしたが、「Borderless Gaming」 を使うことで仮想フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)で表示できることを確認しています。

関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
関連コンテンツ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細