ゲームコントローラー Xbox 360 コントローラー スプレーを使って Xbox 360 コントローラー(ブラック)をメンテナンスしてみました

スプレーを使って Xbox 360 コントローラー(ブラック)をメンテナンスしてみました

こちらの記事 で用意したメンテナンス用スプレーを使って、手持ちのゲームコントローラー Xbox 360 コントローラー リキッドブラック を分解・メンテナンスしていきます。

手持ちのコントローラーの中では一番新しいため、メンテナンスが難しいと思われる部品のところには、今回スプレーを使用していません。

※ ゲームコントローラーに使うメンテナンス用スプレーはネット上にある各種情報を参考にして選んでいますが、使用した本人(awgs)はこの手の内容について完全に素人判断で購入・使用しています。使用したスプレー・箇所によっては効果がないところがあるかもしれませんし、かえって悪化する可能性があります。

何らかの問題が起きても、責任は一切負えませんのでご注意ください。コントローラーの保証期間が残っているのであれば、分解はせずメーカーなどで保証を受けるなど検討してください。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、スプレーによるメンテナンス完了後、元通りに組み立てて動作確認する
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) ABXYボタンとセレクト・スタートボタン、Xbox ガイドボタン、L・R ボタン、L・R トリガーのすれ合う部分にドライファストルブ

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、ABXY ボタンの側面とセレクト・スタートボタン、Xbox ガイドボタンとそれぞれのボタン穴のすれ合う部分にドライファストルブを噴射

ABXY ボタンの側面とセレクト・スタートボタン、Xbox ガイドボタンとそれぞれのボタン穴のすれ合う部分に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、L1・R1 ボタンガイドとプラスチックカバーの L1・R1 ボタン溝にドライファストルブを噴射

L1・R1 ボタンガイドとプラスチックカバーの L1・R1 ボタン溝に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、プラスチックカバーの L2・R2 トリガーボタン穴にドライファストルブを噴射

プラスチックカバーの L2・R2 トリガーボタン穴に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) 十字キー、アナログスティックとプラスチックカバーのすれ合う部分にドライファストルブ

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、十字キー内側とプラスチックカバーの十字キー取り付け穴にドライファストルブを噴射

十字キー内側とプラスチックカバーの十字キー取り付け穴に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、十字キーとアナログスティックの装着穴部分にドライファストルブを噴射

十字キーとアナログスティックの装着穴部分に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、アナログスティックのゴム以外のスティック部分にドライファストルブを噴射

アナログスティックのゴム以外のスティック部分に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) 基板とラバーパッド接点部分に接点復活王 ポリコールキング

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、基板とラバーパッドの接点部分に、接点復活王 ポリコールキングを綿棒の先端に吹きかけて接点を拭く

サンハヤト ニューポリコールキング PJR-S120 を綿棒の先端に吹きかけて、基板の接点部分とラバーパッドの導電性ゴム部分を軽く拭きます。

導電性ゴムの物理的変形や磨耗による接触不良に対しては、ポリコールキングは効果を発揮しないという内容が メーカー HP に記載されてました

導電性ゴムの接点復活の方法としては、接点ゴムと同じ大きさに切り取ったアルミ箔+両面テープまたはアルミテープをゴム部分に貼るうまく貼れない場合は導電性ゴムをサンドペーパーできれいに落とし、粘着力のある両面テープと組み合わせて貼る などが一番効果的なようです。

ただ、かなり手間暇がかかる方法な上に、頻繁にボタン入力が発生するゲームコントローラーではゴム部分との接着状態にどの程度剥がれずに耐えられるのかわかりませんので、できれば新しいラバーパッドに交換するのが確実かもしれません。

参考 URL
by カエレバ

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) L・R トリガーの可動部にドライファストルブ

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、L2・R2 トリガーボタンの可動部にドライファストルブを噴射

L2・R2 トリガーボタンの可動部に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

※ L1・R1 ボタンにあたるところにタクトスイッチ(画像赤丸)がありますが、購入してからそれほど酷使するほど使用しておらず、時間も経過してないため、スプレーによるメンテナンスはしませんでした。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、基板裏面の L2・R2 トリガーボタンの可動部にドライファストルブを噴射、ボリューム(画像赤枠)と思われる部分には今回スプレーを吹きかけないようにする

基板裏面にある L2・R2 トリガーボタンの可動部(画像赤丸)に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

ボリューム(画像赤枠、黒い正方形部品)と思われる部分には今回スプレーを吹きかけないようにしています。

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、L2・R2 トリガーボタンのばね部分にドライファストルブを噴射

L2・R2 トリガーボタンのばね部分に KURE 呉工業 ドライファストルブ を噴射。

以前からこのトリガーを押し込むたびに異音が発生していたのですが、ドライファストルブを噴射後不快な音がだいぶ小さくなりました。多少は気になりますが、とりあえず満足のいく状態にすることができました。

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) アナログスティック軸にシリコンルブスプレー

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、アナログスティックコントローラー内部にシリコンルブスプレーを噴射して軸操作で浸透させる

アナログスティックコントローラーの内部に KURE 呉工業 シリコンルブスプレー を噴射して軸操作で浸透させます。この時まわりの基板にシリコンスプレーがかからないよう注意します。

当初はエレクトロニッククリーナーで洗浄してからシリコンスプレーを吹くことを考えましたが、スティック操作は特に問題ありませんでしたので、シリコンスプレーだけで済ませました。

アナログスティックコントローラーのサイドにはボリュームとタクトスイッチ(スティック押し込みボタン)がありますが、今回の作業ではスプレーによるメンテナンスはしていません。

by カエレバ
by カエレバ

  1. Xbox 360 コントローラー(ブラック) 元通りに組み立て動作確認

Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、スプレーによるメンテナンス完了後、元通りに組み立てて動作確認する Xbox 360 コントローラー(ブラック) スプレーを使ってメンテナンス、コントローラーカバーとアナログスティックカバーを装着して完了

分解した Xbox 360 コントローラー リキッドブラック を元通りに組み立てて、ボタン・スティック操作に問題なく動作確認が取れればスプレーによるメンテナンスは完了です。

関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する