インターネット インターネット回線 フレッツ・セッションプラスを申し込んでみました

フレッツ・セッションプラスを申し込んでみました

2015年2月ごろに長年契約していた NTT 東日本 B フレッツベーシックタイプ(100Mbps) から フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) へインターネット回線の契約に変更しました。

関連記事

今回の記事では サービス情報サイト から フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本) を申し込みましたので、その手続きの流れを紹介します。

フレッツ光ネクストを含めほとんどの回線サービスの基本サービス(フレッツ・アクセスサービス)において、標準提供されるセッション数が一部を除き、 2 セッション(PPPoE セッション数上限値)参考リンク : フレッツ・セッションプラス - サービスの特長) と決まっています。

フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本)申し込む ことにより、2 セッション(PPPoE セッション数上限値) から各回線サービスで定められた最大上限数までのセッション数を増やすことができます。(参考リンク : フレッツ・セッションプラス - サービスの特長

今回の回線契約の変更を機に 2 セッション 以上同時に使うネットワーク構成にするため、フレッツ・セッションプラス(NTT 東日本) を申し込むことにしました。

私が回線契約している フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ(1Gbps) の場合であれば、追加申し込みで 最大 5 セッション 同時利用が可能になります。(サービスご利用イメージセッションを利用する主な接続先/サービス利用シーンフレッツ・セッションプラスに必要な機器と構成例

なお、複数のセッションを同時利用するには、最大同時接続セッション数のマルチセッションに対応したルーターや、複数のルーターを使い分ける場合は PPPoE ブリッジ(パススルー)機能が必要になったりと、ネットワーク構成によってルーターの機能や設定が必要になります。

また、接続先のサービスに応じた追加申し込みが必要になります。プロバイダーであれば原則 1(接続ID)契約 = 1セッション となっていると思いますので、2セッション以上ならその分の新規または追加申し込みを行います。このへんはプロバイダーによって対応がさまざまかと思いますので、今回の記事では省略しています。

参考 URL
フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 未契約 → 「詳細」ボタンをクリック フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 受付完了画面 フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. フレッツ・セッションプラス 申し込み

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 サービス申込受付をクリック

サービス情報サイト(www.v4flets-east.jp) から フレッツ・セッションプラス を申し込みます。

申し込み方法は、サービス申込受付の 「詳しくはこちら」 または、フレッツ・アプリケーションサービス等のお申込み・ご変更・ご利用状況のご確認等はこちらから、にあるの 「サービス申込受付」 をクリックします。

フレッツ・セッションプラス 申し込み時は、PPPoE 接続とドメインルーティング(バッファロールーターは接続先経路) をあらかじめ設定したルーター を使って、サービス情報サイト に接続する必要があります。

関連記事
参考 URL
フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 サービス申込受付ページからお客様 ID とアクセスキーを入力してログイン

お客様 ID」 (CAF+半角数字10桁 または COP+半角数字8桁) と 「アクセスキー」 (半角英数8桁) を入力してログインボタンをクリックします。

お客様 ID とアクセスキーはフレッツ光回線契約またはプラン変更時に NTT 東日本から送付される契約書類に記載されています。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 サービス申込受付ページにログイン

サービス申込受付ページ画面にログインします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 未契約 → 「詳細」ボタンをクリック

フレッツ・セッションプラス のご利用状況が未契約となっています。横にある 「詳細」 ボタンをクリックします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細画面 「新規申し込み」ボタンをクリック

フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細画面に切り替わりますので 「新規申し込み」 ボタンをクリックをします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス同意書を確認して画面下にスクロール フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス同意書を確認したら「同意する」ボタンをクリック

「フレッツ・セッションプラス」 の利用にあたっての同意書が表示されますので、下にスクロールして 「同意する」 ボタンをクリックします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス申込者情報入力画面で必要事項を入力して画面下にスクロール フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス申込者情報入力画面にて必要事項入力後、「次へ」ボタンをクリック

フレッツ・セッションプラス 申込者情報入力画面で必要な情報を入力したら、画面を下にスクロールして 「次へ」 ボタンをクリックします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス セッション数追加画面 基本セッション数は2、追加セッション数は1~3まで選択可能 フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス セッション数追加画面 今回は上限の追加セッション数 3 で申し込み

フレッツ・セッションプラス セッション数追加画面になりますので、「※追加セッション数」 で追加したいセッション数を選択します。今回は契約している回線の最大上限の 5 セッションにするため、追加セッション数 3 を選択して、「次へ」 ボタンをクリックします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 申し込み内容確認画面、内容を確認して問題なければ「申し込み」ボタンをクリック

フレッツ・セッションプラス 申し込み内容確認画面が表示されますので、内容に間違い・問題なければ 「申し込み」 ボタンをクリックします。

ちなみに今回のフレッツ・セッションプラス申し込み内容の料金内訳は、「月額利用料 = [追加セッション数:3]×[追加1セッションあたり月額利用料:300円] = 900円(税抜)」、工事費は 「基本工事費 1,000円 + 交換機等工事費 1,000円 = 2,000円(税抜)」となりました。

参考 URL
フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス 受付完了画面

フレッツ・セッションプラス 受付完了画面に切り替わり、フレッツ・セッションプラスの申し込みが完了しました。画面下にある 「ご利用状況詳細へ戻る」 ボタンをクリックします。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細 基本セッション数 2、追加セッション数 3 でご利用状況が登録中

フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細画面に戻ると 「基本セッション数 2、追加セッション数 3、月額利用料 900円(税込972円)、ご利用状況 登録中」 になりました。

この時点ではまだ申し込みが完了だけなので、追加したセッション分はまだ利用できません。

  1. フレッツ・セッションプラス 登録完了

フレッツ・セッション・プラス申し込み メールにて登録完了のお知らせ

しばらくすると、登録したメールアドレスに 「NTT 東日本 フレッツ・セッションプラス 登録完了のお知らせ」 が届きます。メールの内容通り追加したセッション数分が利用できるようになりました。

フレッツ・セッション・プラス申し込み サービス情報サイト NGN IPv4 フレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細

再びフレッツ・セッションプラス ご利用状況詳細画面を確認しますと、「ご利用開始日/終了日」 が 「ご利用開始日 (日付)」 に、「ご利用状況」 が 「利用中」 という内容になりました。

以上でフレッツ・セッションプラスの申し込みは完了です。

関連記事
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する