PC ゲーム DARK SOULS Steam 版 ダークソウル(DARK SOULS Prepare To Die Edition) の完全日本語化と MOD 導入ガイド

Steam 版 ダークソウル(DARK SOULS Prepare To Die Edition) の完全日本語化と MOD 導入ガイド

2016/11/22 追記

フロムソフトウェア社より、マイクロソフトの Games for Windows LIVE(GfWL) のサービス終了のためオンラインでのサービスを停止していた Windows 用日本語版 「DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION」 が、Steam に移行してサービスを再開するという 公式発表 がありました。また、あわせて Steam ストアでの販売の再開も予定しているということで日程調整中となっています。

参考 URL

2015年末に 2ch の PC 版ダークソウルのスレで Steam で販売されている Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition (リージョン制限のため、日本からストア閲覧・正規購入ともに不可) の有志による ”非公式” 完全日本語化パッチが公開・配布されておりました。

PC 版発売(2012年)から月日が経ち、さらにプレイ環境をよくする Mod が公開され、各種情報も出そろってきており、以前公開した記事 から目立たないところで Mod 内容もだいぶ充実してきました。

関連記事

今回の記事では Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition を快適にプレイするために、なにも手を付けていないインストール直後のゼロの状態から、完全日本語化にするほか各種 Mod 情報と導入方法についてまとめてみました。

なお、リージョン制限により正規ルートでは購入できない Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition の入手方法についてはいくつかあるようですが、Steam 利用規約 が絡んでいることもあり絶対に安全に入手できるという保証ができませんので、こちらについては説明を割愛します。 → Steam ストアでのデジタル販売が正式に決定しました。現在日程調整中とのことです。(公式発表

なんらかの手段ですでに Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition を手に入れており、これから Mod 導入を考えている人がいれば、可能な限り現時点でのあらゆる最新情報をまとめてみましたので、この記事が参考になれば幸いです。

Steam 版 Dark Souls エリア名日本語化 Mod、2ch ダークソウルスレ公開版 エリア名 城下不死教区 Steam 版 Dark Souls エリア名日本語化 Mod、2ch ダークソウルスレ公開版 エリア名 火継ぎの祭祀場 Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) OFF
スポンサードリンク
参考 URL
目次
  1. PC 版 ダークソウル(Steam 版、GfWL 版)の現状について
  2. Steam 版 ダークソウル 起動時の 「初回セットアップを実行中です」 を消す方法
  3. Steam 版 ダークソウル 英語版 → 日本語化作業
  4. ダークソウル用 Nexus Mod Manager (NMM) 導入
  5. ダークソウル用 Mod ダウンロードとインストール方法
  6. Nexus Mod Manager(NMM) で管理しているダークソウル Mod リスト
  7. ダークソウルで使える便利なユーティリティ Mod について
  8. ダークソウル Mod 「Dark Souls SweetFX HDR」 について
  9. ダークソウル Mod 「DSfix」 について
  10. ダークソウル トラブルシューティング(Steam 版)
  11. ゲームコントローラーについて

  1. PC 版 ダークソウル(Steam 版、GfWL 版)の現状について

Steam 版ダークソウルの完全日本語化と Mod 導入をする前に、PC 版 ダークソウル(Steam 版、GfWL 版)が置かれている状況についてですが、下記の参考 URL を参照していただくことで、より詳細な経緯と詳しい状況が把握できるかと思います。

2016年3月に認証問題・リージョン制限で問題となっている PC 版ダークソウルを、国内からでも日本語版を購入・プレイ(パッケージ版所有者には移行サポートも)できるようにするための署名活動が始まりました。同年8月に集まった約500名の署名を提出して、一定期間の猶予を設けてフロムソフトウェアからの回答を待つといった状況となっています。

ユーザーには見えない問題や障壁があるかと思いますが、年内にフロムソフトウェアから何らかのメッセージが発信されることに期待したいところです。

2016/11/22 追記

2016/11/22 にフロムソフトウェア社より 公式発表 がありました。GfWL 版ユーザーはプロダクトキーによる Steam への移行が可能となり(セーブデータの引継ぎは不可)、Steam ストアでのデジタル販売を再開することが決定しています。

長らく PC 版ダークソウル難民だった人には朗報となりました。

参考 URL
DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION PC 版 Game for Windows Live Zero Day Piracy Protection ZDPP 認証画面

この画面は 「Games for Windows Live (GfWL)」 を採用した日本語パッケージ PC 版 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION をインストールした後に表示される、ネット認証 「Zero Day Piracy Protection (ZDPP)」 です。

いままではインストール後にこの画面であらかじめ認証を済ませておくことで、オフライン・オンライン(GfWL アカウントへの接続が必要)でダークソウルをプレイすることができました。

DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION PC 版 Game for Windows Live Zero Day Piracy Protection ZDPP 認証エラー

この画像は2015年末に日本語版ダークソウルをインストールした時のもので、インターネットに正常に接続しているにもかかわらず、認証時にエラー画面が表示されてしまいネット認証することができません。それ以前からも、この認証画面がうまく通らないことが 2ch のダークソウルスレでちょくちょくと話題にでていました。

最初は PC の環境や設定が悪いのかと思っていたのですが、他の方が調べた結果 GfWL のサービス縮小に伴い、認証サーバーがひっそり(?)と終了していたため、ユーザー側で認証することができず、プレイできなくなったというのがほぼ確定のようです。

ただ、Games for Windows Live のサーバー・サービスがすべて終了しているわけではなく、ゲームや国内外によってその対応は異なっています。(GTA IV はまだ遊べるとか)

少なくとも国内においては GfWL を採用した PC 版 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION を、新規でインストールしてプレイすることができないといった状況に置かれています。

その影響を見越してなのかどうかわかりませんが、以前より日本語パッケージ版の DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION はすでに新品で入手不可、ダウンロード版の DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION [ダウンロード] もありましたが、こちらもすでに販売中止となっています。

こんな状況ですが一応の救済策があり以前インストールした際に、ZDPP 認証済みでダークソウルのデータをバックアップしてあれば、そのバックアップデータ(正確には認証済みファイル)を戻すことで、認証問題を回避してプレイすることが可能です。

以前、旧 PC の HDD からデータをサルベージした際に、インストール・認証済みのダークソウルのデータが残っていたため、GfWL 版ダークソウルを再インストールして認証が通らなかった PC にファイルを差し替えたら、ゲームを起動することが確認できました。

また、未確認ですが認証済みのファイルはシリアルキーやアカウントに紐づけされているわけではなさそうなので、なんとかしてそのデータさえ入手してファイルを置き換えれば、プレイすることができるようです。

関連記事

なお、海外ではすでに PC パッケージ版所有者に対して Steam での期間限定の移行サービスを実施しており、このタイミングでほとんどのプレイヤーが GfWL 版から Steam 版に移行を済ませております。

それに対して日本国内ではそういった移行サービスなどのサポートはなく、移行先である Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition は以前からあるリージョン制限(海外のパブリッシャーはバンダイナムコエンターテインメント)のため、ストアの閲覧とストアから直接購入ともに不可といった状況になっています。(Steam 上にある DARK SOULS: Prepare To Die Edition コミュニティページは閲覧可能

また、仮になんらかの手段で Steam 版 DARK SOULS: Prepare To Die Edition を有効化してプレイできるようになっていても、ゲーム上 9 言語をサポートしていますが、日本語は入っていない状況となっています。

GfWL 版 Dark Souls: Prepare to Die Edition(画像左側) と DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION(画像右側) パッケージ

画像左側にあるのが、コレクション目的で海外から個人輸入で購入した GfWL 版 Dark Souls: Prepare to Die Edition のパッケージです。(画像右側が日本語版 DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION)

たしか海外のパブリッシャーであるバンダイナムコがパッケージ版から Steam への移行サポートを始めた際に、この海外版パッケージのシリアルキーが Steam に登録可能になったので、VPN ソフトを使って Steam に登録させた記憶があります。VPN ソフトを使わないと日本国内から Steam に登録することができません。

日本語版パッケージのシリアルキーも Steam で VPN ソフトを使って登録できるようなことをどこかで見た記憶がありますが、すでに海外版のほうで登録済みのためこの辺については未確認です。

Steam に登録後、ゲームのインストールと起動の手続きは、通常の Steam 上から特別な操作をすることなく行えますので、今回の記事ではこの状態で完全日本語化と Mod をインストールしていきます。

by カエレバ
by カエレバ

  1. Steam 版 ダークソウル 起動時の 「初回セットアップを実行中です」 を消す方法

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面を表示させない方法

Steam 版 ダークソウル インストール後、起動時に毎回 「初回セットアップを実行中です」 が表示されます。

一瞬しか表示されませんし、なにか問題があるわけでもないのですが 、起動するたびに毎回現れるのでこの画面がうっとうしいと感じるかもしれません。

このメッセージ画面はレジストリを編集することで、表示させないようにすることができます。

参考 URL
Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面を表示させない方法、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420(OS Windows 7 64bit 版の場合)にて右クリックから 「新規」 → DWORD (32 ビット値) をクリック

レジストリエディタを開き、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420」(OS Windows 7 64bit 版の場合)を開きます。

画像右側の空白部分を右クリック、メニューが開きますので 「新規」 → 「DWORD (32 ビット値)」 をクリックします。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面を表示させない方法、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420(OS Windows 7 64bit 版の場合)にて右クリックから 「新規」 → DWORD (32 ビット値) をクリックして 「gfwlivesetup」 を作成

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420」 で作成した 「DWORD (32 ビット値)」 の名前の 「gfwlivesetup」 にします。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面を表示させない方法、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420(OS Windows 7 64bit 版の場合)にて作成した 「gfwlivesetup」 を開き、値のデータ 「1」 にして OK ボタンをクリック

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420」 にて作成した 「gfwlivesetup」 を開き、値のデータ 「1」 にして OK ボタンをクリックします。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面を表示させない方法、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Valve\Steam\Apps\211420(OS 64bit 環境)で 「gfwlivesetup」、データ 「1」 を作成したら、次回以降の Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition 初回セットアップ実行画面は表示されなくなる

ゲームを起動して 「初回セットアップを実行中です」 画面が表示されなければ完了です。

ゲームをアンインストールして再インストールすると追加したレジストリが消去されますので、その時は再度同じレジストリ編集作業をする必要があります。

  1. Steam 版 ダークソウル 英語版 → 日本語化作業

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業

2015年末に 2ch のダークソウルスレに突然有志による Steam 版 ダークソウルの完全日本語化パッチが配布されました。

最初にパッチが配布されたアップローダはすでに日本語化パッチが削除済みですが、そのあと別のアップローダにパッチがアップされていますので、現在はそちらからダウンロードすることができます。

http://www.mediafire.com/download/zxwj9ac782s7qdz/DS1JP.7z」 からファイルをダウンロード、解凍して 「DS1JP.exe」 を開きます。メッセージが表示されますので、はい ボタンをクリックします。

参考 URL
Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、インストールフォルダ指定メッセージ

Steam 版ダークソウルのフォルダを指定するメッセージ画面です。ただのメッセージ画面が表示されているだけですので、閉じるボタンをクリックします。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition インストールフォルダの場所を確認 Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、差分適用フォルダ入力画面にて Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition インストールパスを入力

Steam 版ダークソウルがインストールされている場所を確認して、パス名を入力または参照ボタンからフォルダを選択、OK ボタンをクリックします。。

この時、「DATA」 フォルダまで指定してしまうと、パッチ適用時にエラーになり日本語化ができません。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、インストールフォルダに間違いがなければ、日本語化処理は正常に完了

あとは自動的に Steam 版ダークソウルの日本語化処理が始まります。

インストールフォルダの指定が間違っている場合はこの時点でエラーがでますので、その際はもう一度やり直して、正しいインストールフォルダを指定してください。

終了のメッセージが確認できたら、閉じるボタンをクリックして日本語化完了です。

Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、ゲームを起動して日本語化の確認 Steam PC 版 Dark Souls Prepare to Die Edition アップデータ(Original → Japanese) 日本語化更新作業、ゲームを起動して日本語化の確認

Steam 版ダークソウルを起動して日本語になっていれば、日本語化作業は完了です。

なお、エリア移動時に表示されるエリア名は英語のままです。こちらも日本語化したい場合は 「DSfix」 を使った Mod の導入が必要になります。詳細については こちら をお読みください。

  1. ダークソウル用 Nexus Mod Manager (NMM) 導入

PC 版ダークソウルに入れる Mod を管理するため Nexus Mod Manager(NMM) をインストールします。

PC 版ダークソウルにおいて Nexus Mod Manager(NMM) で管理できるのは、グラフィックスを変更するテクスチャ Mod (ファイル拡張子が .png .dds) だけです。

それだけなら、「DSfix」 をインストールしたあと、DSfix.ini ファイルを開き 「enableTextureOverride」 を 「0 → 1」 に変更後、「DSfix」 フォルダ内にある 「tex_override」 フォルダにテクスチャファイルを入れるだけで変更することができます。

ただ、「tex_override」 フォルダ内にさらにテクスチャを分類するためのフォルダを作っても、ゲーム上でテクスチャが反映しないといった仕様があります。テクスチャファイルが多ければ多いほど、手動で特定のファイルを除外したり入れ替えする必要があり、Mod 管理が大変になります。

使用するテクスチャが少ない内はファイルを管理するほどの面倒くささはありませんが、たくさんのテクスチャを入れ替えして管理したい場合だと、Nexus Mod Manager(NMM) を入れたほうが手間が省けて便利です。

Nexus Mod Manager(NMM) のインストール方法については下記の URL を参考にしました。すでに Nexus Mod Manager(NMM) がインストール済みの場合は、目次の Nexus Mod Manager (NMM) 初期セットアップ からどうぞ。

参考 URL

Nexus Mod Manager (NMM) ダウンロード

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 ダウンロード、Nexus Mod Manager および Mod ダウンロードには Nexus アカウントが必要、Nexus アカウント未登録の場合は登録が必要

Nexus Mod Manager (NMM) をインストールするためファイルをダウンロードします。

Nexus Mod Manager (NMM) のダウンロードには Nexus アカウントにログイン(画像右上)しておく必要があります。

参考 URL
Nexus アカウントにログイン後、使っている OS にあわせて Nexus Mod Manager 0.61.23 をダウンロード

Nexus アカウントにログイン後、Nexus Mod Manager (NMM) をダウンロードします。

Nexus アカウントの登録方法については下記の URL が参考になります。

参考 URL
Nexus アカウントにログイン後、使っている OS にあわせて Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 をダウンロード、Click to download NMM をクリックして Nexus Mod Manager をダウンロード

使っている OS にあわせて Nexus Mod Manager (NMM) をダウンロードします。「Click to download NMM」 をクリックするとダウンロードが始まります。

Nexus Mod Manager (NMM) インストール

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、License Agreement 画面、「I accept the agreement」 を選択して Next ボタンをクリック

ダウンロードした Nexus Mod Manager (NMM) をインストールします。License Agreement 画面が表示されたら 「I accept the agreement」 を選択して Next ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Release Notes 画面、Next ボタンをクリック

Release Notes 画面です。Next ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Select Destination Location 画面、Next ボタンをクリック

Select Destination Location 画面です。インストールフォルダを指定できるので必要に応じて変更します。Next ボタンをクリックします。

基本的に Nexus サイトで公開されている大抵の Mod は Nexus Mod Manager (NMM) と関連付けられて、Mod ダウンロード後は Nexus Mod Manager (NMM) をインストールしたフォルダ内にデータが保存されます。

デフォルトでは C ドライブにインストールされますので、SSD など容量が少ないドライブにインストールする場合はご注意下さい。なお、ダウンロードした Mod を管理するフォルダは設定で変更することができます。

Nexus Mod Manager (NMM) をインストールしたフォルダに Mod ファイルも管理したい場合、でも C ドライブは SSD を使っているから C ドライブにはインストールしたくない場合は、この時点でインストールパス名を変更します。

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Select Start Menu Folder 画面、Next ボタンをクリック

Select Destination Location 画面です。Next ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Select Additional Tasks 画面、Nexus Mod Manager で使うファイルの関連付けを適宜設定、Next ボタンをクリック

Select Destination Location 画面です。

Nexus Mod Manager (NMM) で使うファイルの関連付け設定です。関連付けの設定については下記の URL が参考になります。

インストールしているツール環境に応じて関連付け設定後、Next ボタンをクリックします。

参考 URL
Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Ready to Install 画面、Install ボタンをクリック

Ready to Install 画面です。Install ボタンをクリックするとインストールが始まります。

Nexus Mod Manager(NMM) 0.61.23 インストール、Information 画面、Next ボタンをクリック

Information 画面です。Next ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager 0.61.23 インストール、Completing the Nexus Mod Manager Setup Wizard 画面、Finish ボタンをクリックしてインストール完了

Finish ボタンをクリックして Nexus Mod Manager (NMM) インストール完了です。

Nexus Mod Manager (NMM) 初期セットアップ

Nexus Mod Manager 初回起動時に表示される Game Detection 画面、自動的に NMM が対応しているゲームフォルダを検索するが負荷が高いため、中止させたい場合は Stop Searching ボタンをクリック

画像は Nexus Mod Manager (NMM) 初回起動時に表示される Game Detection 画面です。

Nexus Mod Manager (NMM) が対応しているゲームフォルダを自動的に検索しますが、負荷が高いので中止させたい場合は Stop Searching ボタンをクリックします。

Dark Souls がインストールされているフォルダパス名を手動で入力または選択。間違いがなければ緑のチェックマークが表示、パス名は Steam 版のものだが GfWL 版でも可能

Steam 版ダークソウルがインストールされているフォルダパス名を手動で入力するか、参照ボタンからフォルダを選択します。パス名に間違いがあったりフォルダ内にゲームがないと判断されると、参照ボタンの横に 「」 マークが表示されます。問題なければ緑のチェックマークをクリックします

Dark Souls がインストールされているフォルダパス名を入力または選択後に表示される緑のチェックマークをクリックすると、NMM に Dark Souls のインストールパス名を設定。OK ボタンをクリック。パス名は Steam 版のものだが GfWL 版でも可能

Nexus Mod Manager (NMM) に Steam 版ダークソウルがインストールされているフォルダの設定を確定したところです。

これで Steam 版ダークソウルのインストールパス名を設定できました。OK ボタンがクリックできるようになりますので、OK ボタンをクリックして先に進めます。

ちなみに、GfWL 版ダークソウルにも対応していますが、Nexus Mod Manager (NMM) ではどちらか一方のバージョンしか管理できません。(あとで変更可能です)

Nexus Mod Manager Game Selection 画面、先ほどの Game Detection 画面で設定したゲームタイトルが表示される。Dark Souls をダブルクリックをするか、選択された状態で OK ボタンをクリックする

Nexus Mod Manager (NMM) の Game Selection 画面です。

先ほどの Game Detection 画面で設定したゲームタイトルが表示されます。Dark Souls をダブルクリックをするか、選択された状態で OK ボタンをクリックして先に進めます。

Nexus Mod Manager ダウンロードした Mod ファイルを保存するための初回セットアップメッセージ画面

ダウンロードした Mod ファイルを Nexus Mod Manager (NMM) で管理する際、どのフォルダに保存するかを設定するための初回セットアップメッセージ画面です。

とりあえず OK ボタンをクリックしてメッセージを閉じます。

Nexus Mod Manager ダウンロードした Mod ファイルの保存フォルダ設定画面、デフォルトでは NMM がインストールされた場所に自動的にフォルダ名・パス名が指定され、Finish ボタンをクリックすると設定される(後で変更は可能)

ダウンロードした Mod ファイルを保存・管理するフォルダの設定画面です。ゲームごとに保存フォルダを設定するようになっています。

デフォルトでは Nexus Mod Manager (NMM) がインストールされた場所に自動的にフォルダ名・パス名が指定されます。

Finish ボタンをクリックすると設定が確定します。(後で変更は可能)

Nexus Mod Manager ダウンロードした Mod ファイルの保存フォルダ設定画面、今回は NMM がインストールされたフォルダ以外の場所を手動で設定して Finish ボタンをクリック

今回の設定ではダウンロードした Mod ファイルの保存フォルダを、Nexus Mod Manager (NMM) がインストールされたフォルダ以外の場所に手動で設定しました。

たくさんの Mod ファイルを管理するのであれば、容量が少ない SSD やシステムドライブ以外の場所がよいかと思います。また、保存するフォルダのパス名が長いとエラーで読み込まれなくなる可能性があるようなので、あまり長いパス名の階層・フォルダにしないよう気を付ける必要があるようです。

Mod 保存フォルダを設定したら、Finish ボタンをクリックします。

参考 URL
Nexus Mod Manager(NMM) ダウンロードした Mod ファイルの保存フォルダ設定画面、設定したパス名にフォルダがないため表示される警告メッセージ、問題ないのでそのまま Finish ボタンをクリック

画像は設定した Mod ファイル保存フォルダのパス名に、フォルダがないため表示される警告メッセージです。このあと自動的に保存フォルダが作成されますので、そのまま Finish ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) Dark Souls フォルダに DSfix がインストールされていない時に表示されるメッセージ。OK ボタンをクリックすると NMM が強制終了するので、DSfix をインストールしてから設定の続きが可能

画像はダークソウルのインストールフォルダに 「DSfix」 がインストールされていない時に表示されるメッセージです。

OK ボタンをクリックすると Nexus Mod Manager (NMM) が強制終了しますので、「DSfix」 をインストール してから設定の続きをします。

Nexus Mod Manager(NMM) ダウンロードした Mod のカテゴリーセットアップ確認メッセージ画面、今回は No ボタンをクリック。Yes ボタンをクリックするとカテゴリーが自動的に作成されるが、ダウンロードした Mod がカテゴリー別に分類されず未分類(Unassigned)にされてしまう現象発生、可能性としては Categories.xml と info.xml に記載されている Category ID が不一致しているから?

ダウンロードした Mod のカテゴリーセットアップ確認メッセージ画面です。今回は No ボタンをクリックしてカテゴリー別に Mod を管理しないようにしています。

Yes ボタンをクリックするとカテゴリーが自動的に作成されますが、少し前に設定した際にダウンロードした Mod がカテゴリー別に分類されず、すべて未分類(Unassigned)にされてしまう現象が発生してしまいました。

いろいろ調べてみましたが、可能性としては Mod フォルダにある 「Categories.xml」 と 「info.xml」 に記載されている 「Category ID」 の番号が不一致しているからではないかという 情報 見つけました。

両ファイルを開いてみると確かに番号が違うことがわかりましたが、これ以上自力で解決するには手に負えなさそうなので、今回はカテゴリーは作らない設定で先に進みます。

参考 URL
Nexus Mod Manager 初期セットアップが完了して起動完了

Nexus Mod Manager (NMM) の初期セットアップが完了して Mod 管理画面が開きました。

Nexus Mod Manager (NMM) 起動用 ダークソウル Mod 「DSfix」 インストール

Dark Souls DSfix をインストールする前に、ゲームのオプション画面からアンチエイリアス OFF

DSfix」 をインストールする前に、ダークソウルを起動してオプション画面から 「アンチエイリアス OFF」 にしておきます。

Steam 版 Dark Souls Prepare To Die がインストールされているフォルダ内部、ちなみに NMM インストール後のセットアップで DSfix がインストールされなくて終了した場合は、dsfix フォルダが勝手に作られる

DSfix」 をインストールする前の Steam 版ダークソウルフォルダです。

Nexus Mod Manager (NMM) の初期セットアップで 「DSfix」 がインストールされてなく強制終了した場合に、「dsfix」 という空フォルダが勝手に作られます。

dsfix」 フォルダにはなにも入っていませんので、この後の 「DSfix」 インストール時にフォルダを上書きしても問題ありません。

最新版 DSfix dsfix-2.3.2-allver-mod.zip をダウンロードして解凍、dsfix フォルダ、DINPUT8.dll ファイル、DSfix.ini ファイル、DSfixKeys.ini ファイルを Steam 版 Dark Souls Prepare To Die がインストールされているフォルダに配置する

最新版 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip) をダウンロードして解凍します。

dsfix フォルダ」、「DINPUT8.dll」、「DSfix.ini」、「DSfixKeys.ini」 をダークソウルがインストールされているフォルダに配置します。なお、バージョンが古い DSfix をインストールすると正常に動作しない可能性があります。

余談ですが、GfWL 版ダークソウルに 最新版 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip) を入れてみましたが、きちんと 60fps で動作していることを確認しています。(Readme に 日本語 PC 版への対応との記載があります)

参考 URL
Steam 版 Dark Souls Prepare To Die がインストールされているフォルダに配置した DSfix ファイル・フォルダ

DSfix」 をインストールした、ダークソウルのフォルダ内です。「DSfix」 のインストールはこれで完了です。

Nexus Mod Manager (NMM) から Nexus アカウントログイン

Nexus Mod Manager(NMM) Nexus ログイン方法、画面左下の赤い人型アイコンをクリック

Nexus Mod Manager (NMM) から Nexus にログインしてみます。画面左下の赤い人型アイコンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) Nexus ログイン方法、Username と Password を入力して Login ボタンをクリック

Nexus アカウントの 「Username」 と 「Password」 を入力して Login ボタンをクリックします。

Nexus Mod Manager(NMM) Nexus ログイン方法、ログインに成功すると赤から緑の人型アイコンになる

赤から緑の人型アイコンになれば Nexus アカウントでのログインに成功です。

  1. ダークソウル用 Mod ダウンロードとインストール方法

Nexus サイトから Mod ファイルをダウンロードして、Nexus Mod Manager (NMM) にインストールしてみます。

基本的に Nexus サイトから Mod ファイルを Nexus Mod Manager(NMM) に直接取り込む方法ダウンロードした Mod ファイルを Nexus Mod Manager(NMM) に手動で取り込む方法 の 2種類があります。

前者 のほうが手間が省ける簡単なやり方で、後者 は一部の Mod ファイルを取り込むのにこの方法を使う必要があります。

Nexus サイトから Mod ファイルを Nexus Mod Manager(NMM) に直接取り込む

ブラウザから Nexus mods and community にアクセス、Dark Souls の Mod ファイルをダウンロードして Nexus Mod Manager(NMM) に直接取り込む、Mod ページにアクセスして DOWNLOAD(NMM) ボタンをクリック

ブラウザから Nexus サイトにあるダークソウルの Mod ファイルをダウンロードして、Nexus Mod Manager (NMM) に直接取り込んでみます。

ダークソウルの Mod ページにアクセスして 「DOWNLOAD(NMM)」 ボタンをクリックします。

DOWNLOAD(NMM) ボタンがない Mod ページがあるので、その場合は、DOWNLOAD(MANUAL) ボタンをクリックして DOWNLOAD WITH MANAGER ボタンをクリックする。Mod によってはこれらのボタンがないことがあり(Nexus Mod Manager(NMM) に直接ダウンロード非対応)、その場合は圧縮された Mod ファイルをダウンロードして手動で NMM に取り込む

中には 「DOWNLOAD(NMM)」 ボタンがない Mod ページがありますので、その場合は、「DOWNLOAD(MANUAL)」 ボタンをクリックして 「DOWNLOAD WITH MANAGER」 ボタンをクリックします。

Mod によってはたくさんのダウンロード項目があるかもしれませんが、基本的には 「MAIN FILES」 が最新版でここからダウンロードするのがメインで、見た目やサイズが違うものは 「OPTIONAL FILES」 として、以前公開していた古いものは 「OLD VERSIONS」 と、だいたいそのように分類されているようです。

Mod によってはこれらのボタンがないことがあります。その場合は 「download manually」 をクリックして、ダウンロードした Mod ファイルを Nexus Mod Manager(NMM) に手動で取り込む ことになります。

ブラウザから Nexus mods and community の各 Mod ページにある DOWNLOAD(NMM) や DOWNLOAD WITH MANAGER ボタンをクリックすると、外部プロトコル リクエストメッセージが表示される(Chrome系ブラウザ X-Iron の場合)、アプリケーションの起動をクリックする

Nexus サイトの Mod ページにある 「DOWNLOAD(NMM)」 または 「DOWNLOAD WITH MANAGER」 ボタンをクリックすると、「外部プロトコル リクエスト」 メッセージが表示されます。(画像は Chrome 系ブラウザ X-Iron の場合)

アプリケーションの起動」 をクリックすると Nexus Mod Manager (NMM) が起動して、Mod マネージャー内でファイルのダウンロードが自動的にスタートします。

Nexus Mod Manager(NMM) の設定内容によっては DOWNLOAD(NMM) や DOWNLOAD WITH MANAGER ボタンをクリックしても NMM が反応しないことがある、NMM の Settings ボタンをクリックして設定内容を確認

Nexus Mod Manager (NMM) の設定内容によっては 「DOWNLOAD(NMM)」 や 「DOWNLOAD WITH MANAGER」 ボタンをクリックしても反応しないことがあります。

その場合は Nexus Mod Manager (NMM) の 「Settings」 ボタンをクリックして設定内容を確認してみます。

Nexus Mod Manager(NMM) の Setting から General タブにある Associate with NXM URLs にチェックマークが入ってないと、ブラウザから直接 NMM に Mod をダウンロード・インストールすることができない

Nexus Mod Manager (NMM) の 「Settings」 から 「General」 タブにある 「Associate with NXM URLs」 にチェックマークが入ってないと、Mod サイトから Nexus Mod Manager (NMM) に直接 Mod をダウンロードすることができません。

Nexus Mod Manager(NMM) の Setting から General タブにある Associate with NXM URLs にチェックマークいれて設定すれば、ブラウザから直接 NMM に Mod をダウンロード・インストールすることができるようになる

Associate with NXM URLs」 にチェックマークいれて設定すれば、Mod サイトから Nexus Mod Manager (NMM) に直接 Mod ファイルをダウンロードしてインストールすることができるようになります。

Nexus Mod Manager(NMM) にて Mod のダウンロードが始まる、画面左下の Download Manager タブをクリックするとダウンロードの状態を確認できる、画面中央には NMM に導入された Mod ファイルが表示される、NMM に Mod 情報が登録されただけで、この時点ではまだ Mod はゲームに適用されていない状態

Mod ファイルのダウンロードが始まると、Nexus Mod Manager (NMM) 画面左下にある 「Download Manager」 タブからダウンロードの状態を確認できます。

画面中央には導入された Mod ファイルが一覧が表示されるます。この時点では Nexus Mod Manager (NMM) に Mod 情報が登録されただけで、まだ Mod がゲームに適用されていない状態となっています。

Nexus Mod Manager(NMM) に登録された Mod をゲームに適用させるには、Mod が選択された状態で画面左側にある緑のチェックマーク(Installs and/or enables the selected mod.)をクリックするか、Mod 項目をダブルクリックする

Nexus Mod Manager (NMM) に登録された Mod をゲームに適用させるには、Mod が選択された状態で画面左側にある緑のチェックマーク(Installs and/or enables the selected mod.)をクリックするか、Mod 項目をダブルクリックします。

ゲームに適用したい Mod を右クリックして表示されたメニューにある Install and activate をクリックしてインストールすることもできる

または、ゲームに適用したい Mod を右クリックして表示されたメニューにある 「Install and activate」 をクリックしてインストールすることもできます。

Nexus Mod Manager(NMM) でインストールされた Mod 項目に緑のチェックマークがつく、画面右下に現在インストール・アクティブになった Mod 数がわかる

インストールされた Mod 項目に緑のチェックマークがつき、画面右下に現在インストール・アクティブになった Mod 数がわかるようになっています。

Nexus Mod Manager(NMM) にインストールした Mod を外したい場合は、インストールしたときと方法と同じ操作(画面左側の禁止マーククリック、Mod 項目をダブルクリック)で簡単に無効化できる、Mod を完全に削除したい場合は Delete キーを押すか、右クリックメニューの Uninstall or Delete から Delete mod (permanently) and uninstall. をクリック

Nexus Mod Manager (NMM) にインストールした Mod を外したい場合は、インストールしたときと方法と同じ操作で簡単に無効化できます。画面左側の禁止マークをクリックするか、Mod 項目をダブルクリックします。この操作は Mod を外すだけで Mod マネージャーからまだ削除されてはいません。

Mod を完全に削除したい場合は Mod を選択して Delete キーを押すか、右クリックメニューの 「Uninstall or Delete」 から 「Delete mod (permanently) and uninstall.」 をクリックします。

今回の記事では詳しくは取り上げませんが、最新バージョンの Nexus Mod Manager (NMM) には 「Profile」 機能が追加され、プロファイルごとに Mod のインストールされた状態を記憶しておくことができる機能が追加されています。

あらかじめプロファイル毎に Mod インストール状態を個別に登録しておけば、プロファイルの切り替えだけで設定が済みますので、Mod の適用・除外作業を省略することができます。たくさんの Mod を管理したり、頻繁に Mod を入れ替えたい場合などは便利な機能となっています。

参考 URL
Nexus Mod Manager(NMM) で Mod インストール時に同名ファイルがある場合に Confirm Overwite 画面が表示される、readme.txt なら問題ないので Yes ボタンをクリック。Mod によって入れたい同名ファイルが決まっている場合は、Mod を入れる順番と上書き処理を考慮する必要があり、確認画面で適宜上書きするかしないか選択する必要がある。間違って上書きしまっても簡単にやり直すことが可能

Nexus Mod Manager (NMM) で Mod インストール時に、同名ファイルがある場合に 「Confirm Overwite」 画面が表示されます。この画像の場合ですと readme.txt の上書き確認なので、問題ないため Yes ボタンをクリックします。

基本的にあとからインストールした Mod に同名のファイルが存在した場合、この 「Confirm Overwite」 画面が表示されるようになっています。

Mod によって入れたい同名ファイルが決まっている場合は、Mod を入れる順番と上書き処理を考慮する必要があるため、「Confirm Overwite」 画面で適宜上書きするかしないか選択する必要があります。

もし、間違って上書きしまっても、該当 Mod を外しておいてインストールしなおすことで、簡単にやり直すことができます。

ダウンロードした Mod ファイルを Nexus Mod Manager(NMM) に手動で取り込む

ブラウザから Nexus mods and community にアクセス、Dark Souls の Mod ファイルをダウンロードして Nexus Mod Manager(NMM) に手動で取り込む、Mod ページにアクセスして DOWNLOAD(NMM) や DOWNLOAD WITH MANAGER がない場合は DOWNLOAD(MANUAL) ボタンをクリックしてファイルをダウンロード

Nexus サイトの Mod ページに 「DOWNLOAD(NMM)」 または 「DOWNLOAD WITH MANAGER」 ボタンがない場合があります。その場合は 「DOWNLOAD(MANUAL)」 ボタンをクリックして、個別にファイルをダウンロードします。

ブラウザから Nexus mods and community にアクセス、Dark Souls の Mod ファイルをダウンロードして Nexus Mod Manager(NMM) に手動で取り込む、Mod ページにアクセスして download manually をクリック

DOWNLOAD WITH MANAGER」 ボタンがありませんので、「download manually」 をクリックして Mod ファイルをブラウザからダウンロードします。

ダウンロードした Mod ファイルは圧縮ファイル(7z や zip、rar など)でまとめられており、基本的に展開・解凍する必要はありません。ただ、一部のダークソウルの Mod について、フォルダ構成でまとめられている Mod については解凍・展開、ファイルを整理して再圧縮 する必要があります。

Nexus Mod Manager(NMM) 画面右側にある +ボタン(Add Mod from File) をクリックしてダウンロードした Mod ファイルを追加するか、NMM に Mod ファイルをドラッグアンドドロップで追加する

ダウンロードした Mod ファイルを Nexus Mod Manager (NMM) に登録します。

Nexus Mod Manager (NMM) のウィンドウ内に Mod ファイルをドラッグアンドドロップだけで簡単に登録できます。または画面右側にある +ボタン(Add Mod from File) をクリックしてダウンロードした Mod ファイルを選択して追加することもできます。

Nexus Mod Manager (NMM) でインストールした Mod は dsfix フォルダ内にある tex_override フォルダにテクスチャファイル(拡張子が dds または png 形式ファイル) が解凍・展開されて配置、Dark Souls のテクスチャ入れ替え Mod は DSfix を導入後 dsfix.ini ファイルを開き enableTextureOverride 1 に書き換える必要がある

Nexus Mod Manager (NMM) にインストールした Mod は、dsfix フォルダ内にある 「tex_override」 フォルダにテクスチャファイル(拡張子が dds または png 形式ファイル) が解凍・展開されて配置されます。

ダークソウルのテクスチャ入れ替え Mod について DSfix を導入 後、 dsfix.ini ファイルを開き 「enableTextureOverride 1」 にしないとゲーム中に反映されません。忘れずに編集して書き換えておきましょう。

Nexus Mod Manager(NMM) で Dark Souls のテクスチャ入れ替え Mod をインストールした際に、tex_override フォルダ内にインストールした Mod のフォルダが作成されてしまった場合は、テクスチャの入れ替えができない仕様になっている。画像は tex_override フォルダ内に作成された Dark Souls HD Texture Pack の Dark Souls HD Texture pack Performance edition フォルダ

Nexus Mod Manager (NMM) でテクスチャ入れ替え Mod をインストールした際に、一部の Mod では 「tex_override」 フォルダ内にフォルダが作成されてしまう場合があります。このようなフォルダが配置されると、DSfix ではテクスチャの入れ替えができません。

画像は 「tex_override」 フォルダ内に作成された、Dark Souls HD Texture Pack の Dark Souls HD Texture pack Performance edition フォルダです。

Nexus Mod Manager(NMM) で Dark Souls のテクスチャ入れ替え Mod をインストールした際に、tex_override フォルダ内にインストールした Mod のフォルダが作成されてしまった場合は、テクスチャの入れ替えができない仕様になっている。画像は tex_override フォルダ内に作成された Dark Souls HD Texture Pack の Dark Souls HD Texture pack version 3 フォルダ

こちらの画像は 「tex_override」 フォルダ内に作成された、Dark Souls HD Texture Pack の Dark Souls HD Texture pack version 3 フォルダ群です。先ほどと同じ理由で、この状態ではゲームではテクスチャが反映されません。

今回導入した Mod の中では Dark Souls HD Texture Pack (Dark Souls HD Texture pack Performance edition、Dark Souls HD Texture pack version 3 含む)と HQ Painted World Art がフォルダ階層になっているため、NMM と DSfix に対応させるには Mod ファイル解凍・展開後、フォルダ階層をなくして手動で再圧縮させる必要がある

今回導入した Mod の中では Dark Souls HD Texture Pack (Dark Souls HD Texture pack Performance edition、Dark Souls HD Texture pack version 3 含む)と HQ Painted World Art がフォルダ階層になっているため、Nexus Mod Manager (NMM) と DSfix に対応させるには Mod ファイルを解凍・展開後、フォルダ階層をなくして手動で再圧縮させる必要があります。

画像はテクスチャファイルのフォルダ階層削除後、7-Zip を使って一つにまとめて圧縮させるところです。圧縮後に解凍・展開してフォルダが作成されないようになれば、処理完了です。(フォルダが作成されない圧縮ファイルは、解凍・展開した場所に、テクスチャファイルをばらまいてしまいますので気を付けて下さい)

テクスチャファイルの中身を確認したい場合は、下記の参考 URL のソフトが便利かと思います。

参考 URL

  1. Nexus Mod Manager(NMM) で管理しているダークソウル Mod リスト

Nexus Mod Manager (NMM) にインストールした Dark Souls PtDE Mod 一覧

私の PC 環境で Nexus Mod Manager (NMM) にインストールしたダークソウル Mod ファイル一覧です。

個々の Mod 情報については下記にまとめました。一部の Mod については補足でコメントを入れています。

参考 URL
  1. キャラクター関係 - Andres Cranial EmberNexus mods
  2. 遠景・風景関係 - Anor Londo Better Distance TexturesNexus mods
  3. 遠景・風景関係 - Dark Souls HD Texture PackNexus mods
  4. テクスチャ変更系 - UI 関係 - HD Summon SignsNexus mods
  5. 遠景・風景関係 - HQ Painted World ArtNexus mods
    • 2048x2048 版と 4096x4096 版(こちらを導入)にフォルダが分かれているため、手動でダウンロード、解凍・展開後に使いたいテクスチャのみ選択して再圧縮後、Nexus Mod Manager (NMM) に手動で登録
  6. Improved Normal Arrows | Nexus - mods and community
    1. Re-Textured Normal Arrows (MAIN FILES) を最初にインストール
    2. (好みで)Improved Moonlight Arrows (OPTIONAL FILES) を 上書き (Re-Textured Normal Arrows テクスチャの一部入れ替え)
    3. (好みで) Matching Quiver for the retex arrows(Quiver ・・・ 矢筒) をインストール
  7. ダークソウル エリア名日本語化 Mod (修正版) | 【PC】 DARK SOULS Part42 2ch.net
  8. テクスチャ変更系 - UI 関係 - Minimal Player Aura EffectsNexus mods
    • キャラクターエフェクトを(好みで)オン・オフ
  9. テクスチャ変更系 - UI 関係 - ボタン表示変更系
  10. テクスチャ変更系 - UI 関係 - Revamped Stat Buff IconsNexus mods
  11. テクスチャ変更系 - UI 関係 - UI fixesNexus mods
  12. 遠景・風景関係 - Undead Parish Mural Texture FixNexus mods

  1. ダークソウルで使える便利なユーティリティ Mod について

ダークソウルで使える便利な、場合によっては必須なユーティリティ Mod とエリア名日本語表示 Mod について解説します。

Morten242s UI for DSFix (DSfix.ini 編集ツール)

DSFix の設定には 「DSfix.ini」 と 「DSfixKeys.ini」 をテキストエディタで開き、必要に応じてキーボードで入力して保存する必要があります。Morten242s UI for DSFix - Portable edition を使えば、ini ファイルを直接開いて中身を見渡すことなく、必要な項目を編集・変更できるようになります。

参考 URL
DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Morten242s UI for DSFix - Portable edition.exe、Morten242 Csharp Library.dll、RegistryIniTool.dll 計 3 ファイルを Dark Souls フォルダにインストール

ダウンロードした Morten242s UI for DSFix - Portable edition を解凍・展開して、「Morten242s UI for DSFix - Portable edition.exe」、「Morten242 Csharp Library.dll」、「RegistryIniTool.dll」の 3ファイルをダークソウルフォルダに配置します。

Morten242s UI for DSFix - Portable edition.exe」 を起動して DSfix.ini ファイルを編集することができます。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Graphics タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Graphics」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、AA & SSAO タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「AA & SSAO」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、HUD タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「HUD」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Windows & Tab タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Windows & Tab」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Save Backup タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Save Backup」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Texture Override タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Texture Override」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Misc タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Misc」 タブです。

DSfix.ini 編集ツール Morten242s UI for DSfix、Keybindings タブ 初期設定状態

Morten242s UI for DSFix の 「Keybindings」 タブです。

各項目の設定内容については参考 URL または関連記事からどうぞ。

参考 URL
関連記事

基本的な使い方は Morten242s UI for DSFix 起動して各種項目を変更後に 「Save」 ボタンをクリックします。

Morten242s UI for DSFix 初回起動後に 「settings.ini」 が作成され、同フォルダ内に保存されます。ツール内にある 「Save application settings」 ボタンをクリックすると、ツールで設定した値が 「settings.ini」 に保存されるようになっています。

便利ツールですがちょっと問題点があります。

Misc」 タブの 「overrideLanguage」 がなんらかのタイミングで 「No override」(DSfix.ini では none) から 「English」(DSfix.ini では en-GB) に勝手に変更されてしまうことがあります。この変更による影響は不明ですが、DSfix.ini を読み込んだ時になぜか設定していたものと、違う内容が表示されてしまうところにやや不安があります。

Keybindings」 タブにある一部のショートカットキー(DSfixKeys.ini)が正しく保存されないことがあります。確認できたところでは 「Toggle SMAA」 のオンオフの切り替えおよび違うキーへの変更です。この部分は手動で DSfixKeys.ini を書き換えています。

DSfix.ini には 「filteringOverride」、「forceWindowed」、「forceFullscreen」、「enableVsync」、「fullscreenHz」 がありますが、Morten242s UI for DSfix にはこの項目がありません。設定を変更したい場合は、DSfix.ini を開き直接編集する必要があります。

最新版 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip) には本家 DSfix にはない各種機能(FPS などを表示するオーバーレイ HUDとそのキーバインド、仮想フルスクリーンオプション)が追加されていますが、Morten242s UI for DSfix 上からでは当然変更できません。こちらも DSfix.ini から直接編集する必要があります。

Dark Souls PVP Watchdog (オンラインマルチプレイ チーター監視対策用ツール)

オンラインでマルチプレイする時に活躍するチーター監視対策用ツール 「Dark Souls PVP Watchdog」 です。以前は DSVfix というツールがありましたが、現在のバージョンでは不要 です。

あくまで監視と検知がメインで、チーターと遭遇した場合は手動で BAN 操作する必要があります。ショートカットキーが割り当てられているので、BAN 操作自体はシンプルで簡単です。

野良で知らないプレイヤーとマッチングしてプレイする場合はほぼ必須のツールです。

参考 URL
オンラインマルチプレイ チーター監視対策用ツール Dark Souls PVP Watchdog、d3d9.dll、DSPWSteam.ini、msvcp120.dll、msvcr120.dll 計 4 ファイルをコピー マルチプレイチーター監視対策用ツール Dark Souls PVP Watchdog、d3d9.dll、DSPWSteam.ini、msvcp120.dll、msvcr120.dll 計 4 ファイルを Dark Souls フォルダに配置

Dark Souls PVP Watchdog をダウンロード、解凍・展開して 「d3d9.dll」、「DSPWSteam.ini」、「msvcp120.dll」、「msvcr120.dll」 4 ファイルをダークソウルのフォルダに配置します。

Dark Souls を起動すると画面左上隅に PVP Watchdog がオーバーレイで表示、マルチプレイでマッチングすると接続したプレイヤーの名前が表示、白文字のプレイヤーは問題なく赤文字のプレイヤーがチーター、デフォルトで F1 キーでマッチング中にチーターを強制 BAN、F5 キーが無視?、その他に F9 キーがオーバーレイ表示のオンオフ、DSPWSteam.ini で細かい設定が可能

ダークソウルを起動すると画面左上隅に PVP Watchdog の監視状態がオーバーレイで表示します。

マルチプレイでマッチングすると、接続したプレイヤーの名前が表示されます。白文字のプレイヤーは問題なく、赤文字のプレイヤーがチーターとなります。

基本操作は F1 キーでマッチング中にチーターを強制 BAN、F5 キーが無視?(Ignore)、F9 キーでオーバーレイ表示のオンオフです。「DSPWSteam.ini」 を編集することでキーの割り当てを変更できます。

DSPWSteam.ini」 でいくつか設定が可能です。初期設定のままでも構いませんが、「IncreaseNodeDbLimit」 が false になっているので true に変更することを推奨します。

マルチプレイでの他プレイヤーとのつながる数(ノード数)に影響します。デフォルト(false)だと 20 までで、true に変更することでノード数最大 32 まで上がり、よりオンラインでマッチングしやすくなる可能性が上がります。

PC のスペックによってはツール系で表示されるオーバーレイを複数同時に表示すると、パフォーマンスが落ちる(普段 60fps だったのが 50台fps に落ち込む)可能性ありますので、必要に応じてオーバーレイを非表示にしたほうがいいかもしれません。

PVP Watchdog を入れている状態で SweetFX を導入の際には、そのままでは入れることができません。導入方法については あとで説明します

Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) (マルチプレイヤー間ネットワーク自動接続ツール)

Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM)」 は DSCM-net を通して、オンラインプレイヤーとのつながり(ノード)を素早く確立します。

プレイヤー間のマッチング場所やレベルもツール側が自動的に調節して、システム上マッチングできるプレイヤーとの接続にかかる時間を短縮できることができます。また、Steam ID (Steam64 ID or Profile URL) を入力することで、フレンドや狙った人につながることもできます。

Nexus では安定版しかありません。作者のサイト では最新テストバージョン(2016-06-26-21)がありますので、そちらを導入したほうが便利かと思います。

Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) は exe ファイル(DSCM.exe のみ)でダークソウルのフォルダに置く必要はなく、単独で起動して使うツールとなっています。

参考 URL
Steam 版 Dark Souls マルチプレイヤー間ネットワーク自動接続ツール、Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM)、Dark Souls インストールフォルダに置く必要はなく単体で起動・機能するツール

画像は Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) 最新テストバージョン(2016-06-26-21)を単独で起動したところです。ダークソウルが起動しないと機能しません。

Steam 版 Dark Souls プレイヤーマッチング改善ツール、Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM)、DSCM.exe 起動後に Dark Souls を起動すれば自動的に専用のネットワーク?(DSCM-Net)に接続することで、同じエリア内・Coop 対応可能なレベルのプレイヤーと繋がる、DSCM-Net 機能をオフにすることも可能、Steam64 ID または Profile URL を入力して Attempt Connection to Player ボタンをクリックすることで指定したプレイヤーに繋がることも可能

ダークソウルを起動すると画面左下に 「Attached to Dark Souls process」 と表示され、Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) が自動的にノード接続が機能します。

画面左上にある 「Node Drawing」 はゲーム中にノード接続状況をオーバーレイで可視化、「Expand DSCM」・・・画面下に表示される各種情報の表示・非表示の設定、「Join DSCM-Net」・・・初期設定はオンでノードがつながりやすくなります。

各種タブからオンラインでのプレイヤーとの接続状況やプレイヤーのお気に入り管理、ノード接続履歴、使っているキャラデータのゲーム内情報(死亡回数や周回数など)がわかります。

画面右上が接続できるノード数の設定でデフォルトは 20 で、最大 31 まで指定できます。起動するたびに 20 になりますが、Dark Souls PVP Watchdog で 「DSPWSteam.ini」 の 「IncreaseNodeDbLimit」 が true になっていれば、常に最大ノード数 31 に自動設定されます。

接続したい人の Steam ID (Steam64 ID or Profile URL) を入力して、「Attempt Connection to Player」 をクリックすることで、フレンドや狙った人につながることができます。

Steam 版 Dark Souls プレイヤーマッチング改善ツール、Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) が起動している状態でゲーム中にキーボードの Ctrl + 1 キーを押すことで、オーバーレイで接続しているプレイヤー名を視覚的に確認することが可能

Wulf's Dark Souls Connectivity Mod (DSCM) が起動している状態で、ゲーム中にキーボードの Ctrl + 1 キーを押すことで、オーバーレイ表示で現在接続しているプレイヤー名を視覚的に確認することができます。(かなり、見づらいですが・・・)

ダークソウル エリア名日本語化 Mod (2ch 公開版)

Steam 版 Dark Souls エリア名日本語化 Mod、2ch ダークソウルスレ公開版 エリア名 城下不死教区 Steam 版 Dark Souls エリア名日本語化 Mod、2ch ダークソウルスレ公開版 エリア名 火継ぎの祭祀場

画像は 2ch で公開されたエリア名日本語表示 Mod を入れて、エリア移動時にエリア名を表示させたところです。

今までは Nexus で公開されたものしかありませんでしたが、より製品版に近いフォントでエリア名が表示できるようになりました。

参考 URL

  1. ダークソウル Mod 「Dark Souls SweetFX HDR」 について

Nexus で公開している画質を大きく変更する Mod、Dark Souls SweetFX HDR をインストールしてみます。

必要なファイルを入れておけば、あとはネット上で公開されている設定ファイル(SweetFX_settings.txt)をいじったり入れ替えるだけで、簡単にさまざま画質に変更することができます。

Dark Souls SweetFX HDR インストール

参考 URL の情報をもとに Dark Souls SweetFX HDR を導入します。

参考 URL
Dark Souls SweetFX HDR インストール、PVP Watchdog と SweetFX を一緒に使う場合は PVP Watchdog の d3d9.dll ファイルを d3d9_wd.dll にリネームする

まず、すでに Dark Souls PVP Watchdog を入れている場合は、how to use it (w/ sweetfx) で説明されている方法でファイル名の変更と設定ファイルを書き換える必要があります。

最初に PVP Watchdog の 「d3d9.dll」 ファイルを 「d3d9_wd.dll」 にリネームします。

Dark Souls SweetFX HDR の SweetFX_settings.txt を開き、リネームした d3d9_wd.dll を記述

Dark Souls SweetFX HDR からファイルを個別にダウンロード(DOWNLOAD(MANUAL))して解凍・展開します。今回はプリセット名 「Warm and sharp」 を例に導入してみます。

複数の Dark Souls SweetFX HDR が公開されていますが、ファイル自体は全部同じです。それぞれに含まれている設定ファイル 「SweetFX_settings.txt」 の中身の設定だけ違います。

PVP Watchdog を入れている場合は、ダウンロードした 「SweetFX_settings.txt」 を開きます。

Dark Souls SweetFX HDR の SweetFX_settings.txt 281行目の external_d3d9_wrapper に リネームした d3d9_wd.dll を記述して保存

SweetFX_settings.txt」の 281行目にある 「external_d3d9_wrapper」 に、先ほどリネームしたファイル名 「d3d9_wd.dll」 を書き換えて保存します。

Dark Souls SweetFX HDR の SweetFX フォルダ、d3d9.dll ファイル、SweetFX_preset.txt ファイル、SweetFX_settings.txt ファイルをコピー Dark Souls インストールフォルダに Dark Souls SweetFX HDR の SweetFX フォルダ、d3d9.dll ファイル、SweetFX_preset.txt ファイル、SweetFX_settings.txt ファイルを配置

SweetFX フォルダ」、「d3d9.dll」、「SweetFX_preset.txt」、「SweetFX_settings.txt」 をダークソウルのフォルダに配置します。

SweetFX_x64 フォルダ」 内には 64bit アプリケーションに使う場合に差し替える dll ファイルが入っています。PC 版ダークソウルでは差し替える必要はありません。

dxgi.dll」 は DirextX 10/11 用ゲームで使うファイルのようです。PC 版ダークソウルは Direct X9 だけだったと思いますので、こちらも必要ありません。

Dark Souls SweetFX HDR の SweetFX フォルダ内にある Shaders フォルダ以外はすべて削除しても OK、ゲーム起動後画質が変更されていれば SweetFX HDR の導入は成功、キーボードの Scrool Lock キーを押すことで SweetFX HDR のオンオフ切り替えが可能

SweetFX フォルダ」 内にある 「Shaders」 フォルダ以外は不要なので、すべて削除しても問題ありません。ゲームを起動して画質が変更されていれば SweetFX の導入は成功です。

SweetFX ショートカットキーについて。キーボードの 「Scrool Lock」 キーを押すことで SweetFX のオン・オフ切り替えができます。「Scrool Lock」 を押すと他のアプリケーションに影響がありますので、ご注意ください。うちの環境では Excel で 「Scrool Lock」 が押された状態になっていました。また、ダークソウルフォルダ内にログファイルの 「log.log」 が作成され、 「Scrool Lock」 を押すたびに内容が更新されます。

PrintScreen」 で BMP 形式のスクリーンショットがダークソウルフォルダ内に保存されます。

PAUSE」 キーで 「SweetFX_settings.txt」 を再読み込みします。そのため、ゲーム中に 「SweetFX_settings.txt」 をいじったり差し替えることで簡単に SweetFX を変更することができます。

Dark Souls SweetFX HDR スクリーンショット比較

SweetFX オン・オフ状態でのスクリーンショットを撮って比較してみました。

ついでに、「DSfix.ini」 の設定を SweetFX 作者推奨値に変更しています。変更した内容は 「AA Quality 0」、「DoF Override Resolution 810」、「DoF Blur Amount 1」 です。

画面の明るさ(brightness)の推奨値が 5 か 6 としてありましたが、10 に設定していましたので、もしかすると今回紹介するスクリーンショットは明るめに見えるかもしれません。

Dark Souls SweetFX HDR OFF

SweetFX HDR オフのスクリーンショットです。たしか、この時点で高画質テクスチャを導入済みだったかと思います。

Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp

SweetFX HDR (Warm and sharp) オンでのスクリーンショットです。SweetFX 適用前は全体的にのっぺりとかすんでいたような感じでしたが、SweetFX 適用後は色が鮮やかになり、全体的にメリハリのある引き締まった雰囲気になりました。

Dark Souls SweetFX HDR OFF、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) ON Dark Souls SweetFX HDR OFF、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) OFF

SweetFX HDR オフ、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) それぞれオン・オフ状態でのスクリーンショットです。

DoF の切り替えは 「DSfixKeys.ini」 にある 「toggleDofGauss」 を有効(行頭にある # を削除)にしたうえで、テンキーの 3 キー(VK_NUMPAD3)で変更できます。

Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) ON Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) OFF

SweetFX HDR (Warm and sharp)オン、DoF(Depth of Field・・・被写界深度) それぞれオン・オフ状態でのスクリーンショットです。

Dark Souls SweetFX HDR ON Warm and sharp インベントリ画面

こちらの画像は SweetFX HDR (Warm and sharp)オン でのインベントリ画面です。ユーザーインターフェースにも SweetFX が反映され、アイテムアイコンがきれいな状態にみえるようになります。

Dark Souls SweetFX HDR 霧バグ対処方法

Dark Souls SweetFX HDR 霧バグ

いくつか公開されている Dark Souls SweetFX HDR のプリセットを入れた際に、画像のような霧バグに遭遇しました。

いろいろ調べた結果 「SweetFX_settings.txt」 で アンチエイリアスの SMAA が有効だと、この霧バグが発生 するようです。フォーラム で霧バグを報告した人のグラボが GTX 970 で、私が使っているグラボも同じものでしたので、ドライバの影響があるかもしれませんが、NVIDIA のグラボを使っている場合はこの問題が発生するのかもしれません。

参考 URL
Dark Souls SweetFX HDR 霧バグ対処方法、SweetFX_settings.txt 24 行目の SMAA アンチエイリアスが 1 (有効) になっているのが原因

SweetFX HDR の 「SweetFX_settings.txt」 24行目のアンチエイリアス SMAA が 1 (有効) になっていると、白い霧バグが発生します。

Dark Souls SweetFX HDR 霧バグ対処方法、SweetFX_settings.txt 24 行目の SMAA アンチエイリアスを 0 (無効)、25 行目 FXAA アンチエイリアスを 1 (有効) にすることで解決

SweetFX HDR の 「SweetFX_settings.txt」 24行目のアンチエイリアス SMAA を 0 (無効) に、25 行目のアンチエイリアス FXAA を 1 (有効) にすることで霧バグが解決しました。

Dark Souls SweetFX HDR で公開されているプリセットはこの設定がバラバラで、「cold and sharp」、「Neutral」、「warm and sharp」 以上の 3つが 「SweetFX_settings.txt」 の SMAA が最初から 1 (有効) になっています。

  1. ダークソウル Mod 「DSfix」 について

最新版 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip) で追加された機能やその他気が付いた点、注意したいことについて補足説明します。

参考 URL

DSfix で表示可能なオーバーレイステータス表示について

DARK SOULS Steam版、日本語パッケージ版対応 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip)の DSfix.ini で enableStatusHud を 1 にすることでオーバーレイ表示で FPS・アンチエイリアス・DoF(被写界深度)・カーソルキャプチャー・FPS 制限状態を確認することが可能、キーボードの右 Alt キーでオーバーレイ表示をオンオフ(DSfixkeys.ini の toggleStatusHUD に Alt キー(VK_RMENU)が割り当て)、DSfix.ini の tatusHudPosX、statusHudPosY でオーバーレイ表示位置変更可能

ゲーム画面上側中央に表示されているのは、フレームレート数(fps)のほか、フレームレート制限(FPS Limited)、アンチエイリアス(AA)、アンビエントオクルージョン(AO)、被写界深度(DoF)、マウスカーソル(Cursor Captured)の機能がオン・オフになっているかどうかを、オーバーレイ表示で確認できるステータス画面です。

最新版 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip) の 「DSfix.ini」 と 「DSfixKeys.ini」 で設定することで使えるようになります。海外版の DSfix 2.4 にはこの機能はないみたいです。

表示する方法は 「DSfix.ini」 で 「enableStatusHud」 を 1(有効) にすることでゲーム起動後、キャラクターロード完了後に画面上にオーバーレイ表示されるようになります。

表示位置を変更したい場合は同じく 「DSfix.ini」 にある 「statusHudPosX」、「statusHudPosY」 の座標数値を変更します。

オーバーレイ表示のオン・オフは 「DSfixkeys.ini」 にある 「toggleStatusHUD」 を有効(行頭にある # を削除)にしたうえで、キーボードの右 Alt キー(VK_RMENU)で切り替えることができます。

画面解像度アスペクト比 16:9 以外でのボーダーレスフルスクリーンについて

DARK SOULS Steam版、日本語パッケージ版対応 DSfix(ファイル名:dsfix-2.3.2-allver-mod.zip)の DSfix.ini で borderlessFullscreen と windowBackBufferType を 1 にすることで非 16:9 環境のモニターで、ボーダーレスフルスクリーンモードでアスペクト比を崩さず上下に黒帯を表示することが可能だが、PVP Watchdog を入れている環境ではオーバーレイが二重に表示される仕様

DSfix.ini」 にある 「borderlessFullscreen」 を 1 (有効)にすることでボーダーレスフルスクリーン(仮想フルスクリーン)にすることができます。ただし、これはモニターのアスペクト比が 16:9 の環境になっていないモニターだと、ゲーム画面の縦横の比率が崩れてしまいます。

そこで最新版の DSfix では 「DSfix.ini」 に 「windowBackBufferType」 が追加され、1 (有効)にすることでゲーム画面のアスペクト比を崩さないよう調節(上下に黒帯が表示)します。

ただし、問題点があり 1つはゲーム内オプションの明るさが変更できないこと、もう一つは PVP Watchdog のオーバーレイが表示された際に、画像のように二重表示になってしまう点があります。

関連記事

その他、DSfix に関する情報について

DSfix.ini」 にある 「skipIntro」 を 1(有効)にすることで、ゲーム起動時のロゴをすっ飛ばすことができますが、Steam ブロードキャスト(Steam Broadcasting)を使って配信したい場合は視聴側はエラーとなってみれません。

Steam ブロードキャスト(Steam Broadcasting)で配信したい場合は 「skipIntro」 を 0(無効)にしておく必要があります。

参考 URL

ダークソウルをキーボード・マウスで操作した場合は Nexus で公開されている Mouse Fix(DSMfix) を入れることになるかと思いますが、Reddit で修正版が公開されているので、こちらを入れたほうがよいかもしれません。

DSMfix を導入の際には 「DSfix.ini」 にある 「dinput8dllWrapper」 に、「dsmfix.dll」 を記述する必要があります。

参考 URL

  1. ダークソウル トラブルシューティング(Steam 版)

PC 版ダークソウルでよくあるトラブルについて調べてみました。古いゲームのため、最新 OS やハードウェアでは問題が出ることがあります。

ダークソウルが起動できない、落ちる

ゲーム起動後すぐに落ちる場合は、データ実行防止(DEP、Data Execution Prevention)の除外設定で、ダークソウルのプログラムファイルを登録すること回避できることがあるようです。

参考 URL

液晶モニターのリフレッシュレートが 60Hz 以外の場合だと、ゲーム中に決まった場所で落ちることがあるようです。どうやら、ニューゲームを始めるときに流れるオープニング動画が原因のようで、ゲームオプションで何らかの設定を変更したときにだけ起こる問題だそうです。

ゲームオプションにリフレッシュレートを変更できる項目があるので、その影響ではないかという推測がありましたが、詳細な原因は不明なようです。

解決方法は 「DSfix.ini」 にある 「skipIntro」 を 0 (無効) にするか、ダメなら 60Hz で動作するモニター(ノート PC でも可)でオープニングを終わらせて、最初の不死院のところまで進めたセーブデータを元の環境に戻す、といった方法をとるしかないようです。

参考 URL

こちらの Reddit の情報によれば 「DSfix.ini」 にある 「fullscreenHz」 (デフォルト 60) を、使っている液晶モニターのリフレッシュレートに書き換えるといった解決方法が提示されています。

参考 URL

DSfix 導入後、フレームレート(fps) が 60 fps まで上がらない、維持できない、乱高下する

ハイパースレッディングテクノロジーを搭載している CPU (例・・・Core i7 など) だと、一部の古い PC ゲームではいろいろと動作が不安定なことがあります。BIOS からハイパースレッディングテクノロジーを無効にしてみて、フレームレートが改善するかどうか確認してみてください。

また、このゲームは CPU 寄りに依存していると思われますので、CPU の省電力が働いているのであれば無効にして、パフォーマンスが改善するかどうか様子を見たほうがいいかと思います。

推奨環境の CPU が 4 コア(Quad Core)となっていますので、古い CPU や廉価版の 2 コア(Dual Core) CPU、クロック周波数が低いと厳しいところがあるかもしれません。当時の PC 版移植は実績が乏しいためか最適化不足のようで、マシンパワーに依存しているところがあります。

参考 URL

そこそこの PC スペックでも 「DSfix」 を使って 60fps 化にしても、常にこのフレームレートを維持してプレイすることはできないと思われます。特にエリア間移動時は場所によってフレームレートが激しく落ち込みます。高解像度テクスチャを入れた場合は、さらにパフォーマンスに影響があります。

あるエリアからエリアへ移動するときに長い通路だったり、階段だったり、エレベーターがあったりしますが、PS3 版でプレイしていた時には明らかにディスクの読み込みが発生していました。PS3 版のゲームディスクは HDD にインストールすることができず、ゲームディスクを入れた状態でプレイ中に決まった場所でディスクを読み込みます。PS3 のディスクの読み込み音は結構大きいので、ローディング画面以外でのエリア読み込みタイミングがほぼわかります。

PC 版ではストレージ(HDD や SSD)にインストールできるためディスクレスでプレイできますが、それでも次のエリアを読み込むタイミングでの場所では、フレームレートが落ち込みます。(SSD は使っていないため未確認)

もし、最新の CPU、ハイエンドグラボ、SSD といった環境でもフレームレートが落ちることがあれば、もともとは 30fps が前提のゲームですし、「DSfix」 という Mod をつかって無理やり 60fps 化してプレイしていますので、このゲームの仕様上限界と考えたほうがいいかもしれません。

Dark Souls PVP Watchdog ショートカットキーが反応しない

PVP Watchdog のショートカットキーが全く反応しないことがあり、あれこれ触ってみた結果、どうやら開いていたフォルダをすべて閉じたら動作するようになりました。

  1. ゲームコントローラーについて

ゲームコントローラーの設定については下記の関連記事からどうぞ。

デュアルショック 3(PS3 コントローラー) で 「XInput Wrapper for DS3」 を使って問題なくプレイできることを確認してます。

関連記事

また、新型デュアルショック 4 コントローラーでプレイできることも確認しています。詳細については関連記事をお読みください。

関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する