PC ゲーム Steam Steam を使いまくっているのなら知っておきたい!Steam のキャッシュファイルを完全に削除する方法

Steam を使いまくっているのなら知っておきたい!Steam のキャッシュファイルを完全に削除する方法

前回の記事 ではドライブのファイル・フォルダ解析ソフト DiskInfo を使って、Java の残骸ファイルを削除した記事を公開しました。

今回の記事では同じく DiskInfo を使って無駄なファイル・フォルダを調べた際に、ゲームデジタル配信ツール Steam のキャッシュファイルが数百 MB に達していたので削除してみることにしました。

Steam で保存されたキャッシュファイルを完全に削除する方法
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Steam のキャッシュフォルダ 「htmlcache」

C:\Users\%UserName%\AppData\Local\Steam にある htmlcache フォルダ

Steam のキャッシュは 「C:\Users\%UserName%\AppData\Local\Steam」 の 「htmlcache」 フォルダに格納されています。

参考 URL の情報によると、以前は複数のフォルダに分かれていたようでしたが、現在のバージョンでは 「htmlcache」 フォルダだけとなっています。

参考 URL
C:\Users\%UserName%\AppData\Local\Steam にある htmlcache フォルダ容量

Steam の 「htmlcache」 キャッシュフォルダの容量です。フォルダ内には 350 MB 前後のキャッシュファイルがため込んであります。

Steam をあらかじめ終了させておき、手動で 「htmlcache」 フォルダ内のキャッシュファイルを削除します。

Steam クライアント Web ブラウザのキャッシュを削除後の、C:\Users\%UserName%\AppData\Local\Steam にある htmlcache フォルダの容量

Steam キャッシュファイル削除後の 「htmlcache」 フォルダの容量です。

どうもキャッシュファイル削除後に Steam を起動して、いろいろとページを読み込むとすぐにキャッシュファイルがたまっていくため、常にキャッシュサイズをゼロにしておくことはできないようです。

  1. Steam 上からキャッシュを削除する方法

Steam クライアントのメニュー 表示 → 設定をクリック、Web ブラウザにある Web ブラウザのキャッシュを削除をクリック

Steam のキャッシュファイルは、Steam クライアント上からでも削除できるようになっています。

Steam クライアントのメニューから 「表示」 → 「設定」 をクリックします。Web ブラウザにある 「Web ブラウザのキャッシュを削除」 をクリックすることで、Steam のキャッシュファイルを削除することができます。

参考 URL

  1. Steam のキャッシュサイズは 350MB 固定?

Steam のキャッシュをクリアしても、Steam でのストア情報やコミュニティ情報を閲覧するだけで、すぐに数百 MB のキャッシュがたまってしまいます。

ところが、いくら Steam 内で閲覧しても 「htmlcache」 フォルダにたまる Steam のキャッシュサイズは 350 MB までで、それ以上は増えることはありませんでした。どうやら Steam のキャッシュサイズは 350 MB 固定のようです。

ドライブの空き容量を増やす方法としては一時的に有効な方法ですが、Steam をよく使うユーザーならあまり恩恵がないと思われますので、普段はキャッシュを削除する必要はなさそうです。そのため、このキャッシュを削除するタイミングとしては、次のような場合に有効となるでしょう。

  1. Steam の表示がおかしくなった
  2. 新しい SSD・HDD にシステムをクローン移行する前のディスククリーンアップ
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する