ソフトウェア ドライバ Display Driver Uninstaller(DDU)を使って GeForce ドライバの完全削除と、アカウント不要 GeForce Experience をインストールしました

Display Driver Uninstaller(DDU)を使って GeForce ドライバの完全削除と、アカウント不要 GeForce Experience をインストールしました

以前の記事 で、ビデオカード GeForce GTX 970 GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD換装 した際に、(NVIDIA GeForce、AMD Radeon、Intel 含む)グラフィックスドライバーのアンインストールに特化したフリーソフト 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 を使ってドライバの完全削除と再インストールを行いました。

関連記事

今回の記事でもしばらく更新してなかったグラフィックスドライバーを新しい状態にするために、「Display Driver Uninstaller (DDU)」 を使ってドライバの完全削除と新しいドライバのインストールを行いました。「Display Driver Uninstaller (DDU)」 はちょくちょくアップデートが入ってますので、前回から追加された点を軽くチェックしてみます。

なお、ゲームの最適化、録画、ストリーミング放送に特化した NVIDIA ビデオカード専用ソフトウェア 「GeForce Experience」 の最新版(バージョン 3 以降) が最新版 GeForce ドライバと一緒に同梱されています。バージョン 3 以降を利用するにはアカウントの登録・ログインといったことが必要になっていましたで、当面の間はアカウント・ログインが不要なバージョン 2 の最終版をインストール・設定を行うことにしました。

また、最近の NVIDIA ドライバーをインストールすると、PC の情報を収集して外部にそのデータを送信する 「テレメトリー」 も同時にインストール・設定されてしまうという情報がありましたので、一緒に確認してみます。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 日本語化済み NVIDIA グラフィックスドライバー 378.57 WHQL インストール完了
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. Display Driver Uninstaller (DDU) V17.0.5.2 を使って NVIDIA ドライバーを完全削除(通算 2回目)

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 ダウンロード・解凍・展開、Display Driver Uninstaller.exe 起動

最新版の 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 をダウンロードします。ダウンロードしたファイルは自己解凍形式のため、実行してファイルを展開・解凍、Display Driver Uninstaller.exe を起動します。

なお、このダウンロードした自己解凍形式のファイルが、私の PC 環境で使っている Microsoft Security Essentials の検出によって削除されてしまったため、お使いのセキュリティソフトによっては自動的に削除される可能性があります。ファイルに問題ないと判断できれば、自己責任でセキュリティソフトの除外設定をしたり一時的に無効にするなどして対応する必要があります。

最新版の 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 はすでに日本語に対応しています が、V17.0.4.0 から GeForce Experience 関連の機能が追加されたことにともない、一部英語のままとなっています。 → V17.0.6.6 にて日本語翻訳が更新されましたので、手動で Japanese.xml を差し替える必要はなくなりました。

そのまま利用しても問題ありませんが完全に日本語化しておきたい場合は、日本語翻訳者で日本語化ファイルを公開している DH ◆OmegaWBPUI さんのブログサイト THE MAD RADEON BLOGGERS から最新版の日本語ファイルをダウンロードしてファイルを入れ替えることで完全に日本語化できます。入れ替え方法は settings フォルダ → Languages フォルダ内にある Japanese.xml を新しいファイルに差し替えます

参考 URL
Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 起動オプション

Display Driver Uninstaller (DDU)」 を起動したときに最初に表示される起動オプション画面です。

この画面は OS が Windows 7 で表示された画面ですが、Windows 8/8.1/10 の場合はここに赤文字でメッセージが表示されるようです。Windows 8 以降の OS は持っていないため詳しくは知らないのですが、どうやら PIN(4 ケタの数字)というものがセーフモードで動作しないため、パスワードを忘れている場合すぐに終了してくださいという内容です。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 起動オプション、通常モード・セーフモード(推奨)・セーフモード(ネットワーク有効)

Display Driver Uninstaller (DDU)」 の起動オプション画面からは、「通常モード」、「セーフモード(推奨)」、「セーフモード(ネットワーク有効)」 を選択できます。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 起動オプション、セーフモード(推奨)に選択後、セーフモードで再起動ボタンをクリック

Display Driver Uninstaller (DDU)」 で基本的にドライバを安全かつ完全に削除する場合は 「セーフモード(推奨)」 を選択、「セーフモードで再起動」 ボタンをクリックすると自動的に PC 再起動が始まります。OS が自動的にセーフモードで起動、「Display Driver Uninstaller (DDU)」 も自動的に立ち上がりドライバ削除メニュー画面のところまで全部自動的に進みます。

ちなみに 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 でドライバを削除しないのであれば、セーフモードでなくても起動オプションで 「通常モード」 で 「起動」 ボタンを押すことで、設定内容を確認したり変更することが可能です。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 起動オプション、セーフモード(推奨)に選択後、セーフモードで再起動ボタンをクリック、システムの復元ポイントを作成中画面

Display Driver Uninstaller (DDU)」 で 「セーフモードで再起動」 ボタンをクリックした場合、PC が再起動する前にシステムの復元ポイントを作成します。

復元ポイントを作成するタイミングは 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 のバージョンや選択した起動オプションによって若干異なるようです。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 日本語化済み

セーフモードで起動した 「Display Driver Uninstaller (DDU)」 画面です。画面内左側にある 4つのボタンの内、一番下にある 4番目のボタン(インストーラー、キャッシュファイルの削除)が最新版 DDU で追加された機能です。最新の日本語ファイルに差し替えていない場合は、ここが英語で表示されます。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 日本語化済み、オプションの Geforce Experience(GFE)を削除

Display Driver Uninstaller (DDU)」 のオプション画面です。

DDU ではビデオカードのドライバ以外に GeForce Experience もアンインストールできます。すでにインストール済みの GeForce Experience をアンインストールしたくない場合などは、このオプション画面で削除のチェックマークをあらかじめ外しておく必要がありますので、お使いの環境に合わせて都度設定を変更します。

Display Driver Uninstaller DDU V17.0.5.2 ドライバ削除前に表示されるメッセージ画面

削除して再起動 (強く推奨します)」 ボタンをクリックするメッセージが表示されますので、OK ボタンをクリックするとドライバの削除処理が始まります。

メッセージ内容について。公式サイト から DDU をダウンロードすることで作者のモチベーションアップ・開発継続につながりますので、公式サイトから DDU をダウンロードするようにしましょう。公式サイトからダウンロードできない場合は Guru3d のミラーサイト から DDU をダウンロードすることができます。

  1. NVIDIA GeForce Hot Fix 378.57 インストール

NVIDIA グラフィックスドライバー 378.57 インストール NVIDIA グラフィックスドライバー 378.57 インストール、PhysX システムソフトウェア 9.16.0318 選択

Display Driver Uninstaller (DDU)」 でドライバを完全削除後に最新版の NVIDIA ドライバをインストールします。今回は GeForce Hot Fix 378.57 をインストールします。

PC 環境に合わせて必要なドライバを選択します。今回の記事では 「グラフィックスドライバー 378.57」 と 「PhysX システムソフトウェア 9.16.0318」 を選択してインストールします。

NVIDIA グラフィックスドライバー 378.57 WHQL インストール完了

GeForce Hot Fix 378.57 のドライバインストールが完了しました。PC を再起動させて動作確認します。

参考 URL

  1. GeForce Experience 旧バージョン 2.11.4.0 インストールと新バージョン自動アップデート停止設定

最新版 NVIDIA GeForce ドライバーに同梱されている、ゲームの最適化、録画、ストリーミング放送に特化した NVIDIA ビデオカード専用ソフトウェア 「GeForce Experience」 について。

バージョン 3 以降の最新版についてはアカウントの登録・ログインといったことが必要になっていましたで、当面の間はアカウント・ログインが不要なバージョン 2 の最終版をインストールして設定をおこないます。

バージョン 2 の最終版は 「2.11.4.0」 でインストーラー単体ファイルをダウンロードできるようになっています。公式サイトでは専用のダウンロードページがないようですので、判明しているダウンロード URL を開いて、インストーラーをダウンロードします。

参考 URL
GeForce Experience 2.11.4.0 インストール時に、NVIDIA Backend は動作を停止しました、が表示されるが問題なし

GeForce Experience 2.11.4.0 インストール時に何度か 「NVIDIA Backend は動作を停止しました」 と表示されましたが特に影響はないようです。「プログラムを終了します」 をクリックしてインストール処理を続行させます。

GeForce Experience 2.11.4.0 インストール後に C:\ProgramData\NVIDIA Corporation\GeForce Experience にある Update フォルダを削除

GeForce Experience はファイアーウォールなどで通信をブロックしない限り、勝手に新バージョンのアップデート処理を始めてしまいます。

新バージョンへのインストール処理は中止することができるのですが、そのままでは GeForce Experience が使えないため、旧バージョンを使い続けたい場合は 勝手にアップデートをさせないための設定 をする必要があります。

まず、GeForce Experience 2.11.4.0 インストール後に 「C:\ProgramData\NVIDIA Corporation\GeForce Experience」 にある 「Update フォルダ」 を削除します。

GeForce Experience 2.11.4.0 インストール後、タスクマネージャのプロセスタブから NvNetworkService.exe を終了させる

次にタスクマネージャのプロセスタブから 「NvNetworkService.exe」 を終了させておきます。

GeForce Experience 2.11.4.0 インストール後、タスクマネージャのプロセスタブから NvNetworkService.exe を終了させて、C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NetService にある NVNetworkServiceAPI.dll と NvNetworkService.exe を削除

最後に、「C:\Program Files (x86)\NVIDIA Corporation\NetService」 にある 「NVNetworkServiceAPI.dll」 と 「NvNetworkService.exe」 を削除すれば設定完了です。

GeForce Experience 2.11.4.0 インストール後、NvNetworkService.exe 削除またはファイアーウォールでブロックしている場合、起動後に Try again later が表示されるが問題なし

GeForce Experience 起動時に画像のような 「Try again later」 というメッセージが必ず表示されますが、特に問題はありません。

ファイルを削除しなかった場合、ファイアーウォールで 「NvNetworkService.exe」 の通信をブロックしていると同じメッセージが表示されます。こちらの場合は、起動するまでの時間が長かった記憶がありますので、特に理由がなければ削除したほうが早く起動できるようになるかと思います。

  1. NVIDIA テレメトリー、インストール状態のチェック

最新版 NVIDIA ドライバにはテレメトリーがインストールされるということで Autoruns for Windows でインストール状態を確認、nvidia で検索してもテレメトリーがインストールされている状態は確認できず

最新版の NVIDIA GeForce ドライバーにはテレメトリーが勝手にインストールされるという情報が話題になっていましたで、チェックしてみました。なお、テレメトリーの設定は簡単にオフにすることができるということで、今回はあまり気にせず GeForce ドライバをインストールしています。

テレメトリーが入っているかどうかについては Autoruns for Windows を使うと簡単にチェックできます。Autoruns for Windows を起動して Filter に nvidia と入力することで、NVIDIA のテレメトリーが設定されているかどうか確認できます。

タスクスケジューラーに NVIDIA のテレメトリーがセットされるらしいのですが、それらしいものを見つけることはできませんでした。

今回は Hotfix ドライバーで最低限のドライバーしかいれてないイレギュラーなやり方に加えて、他情報 によれば、カスタムインストールでドライバーのみのインストールでは入らないようなことや OS によって入ったり入らなかったりするらしいなど、導入方法や PC 環境によってテレメトリーの有無に違いがあるようです。

いずれにしても、今後どのような形でテレメトリーがインストールされてしまうかわかりませんので、今後テレメトリーを確実に排除したい場合は、最新ドライバーをインストールしたあとに Autoruns for Windows を使ってチェックしたほうがよさそうです。

参考 URL
関連記事
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細