ハードウェア 周辺機器 周辺機器選定 キーボード Dharma Tactical keyboard DRTCKB91UP2

周辺機器選定 キーボード Dharma Tactical keyboard DRTCKB91UP2

現在使用しているキーボードは iBUFFALO USB&PS/2接続 有線ゲーミングキーボード BSKBC02BK なのですが、キーボードの右側の部分・テンキーがよくマウスとぶつかることもあって、今回のPC入れ替えを機にテンキーレスのキーボードを導入することにしました。

Dharma Point さんより テンキーレスのゲーミングキーボード Dharma Tactical keyboard (テンキーレスタイプ) DRTCKB91UP2 が \5,000 を切る価格で発売されていたので、購入することにしました。

・ Nキーロールオーバー対応のDHARMAPOINT製低価格キーボードにテンキーレスモデルが登場。1月下旬に4980円で発売 | 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/044/G004481/20121214016/

・ DHARMAPOINT DRTCKB109UP1,DRTCKB91UP2 レビュー | 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/044/G004481/20130317001/

・ Dharma Tactical keyboard DRTCKB91UP2
http://www.dharmapoint.com/products/DRTCKB91UP2

20130517-021.jpg

今まで使用していたキーボードはこちら。

・ バッファローコクヨが3300円のゲーマー向けキーボードを発売。範囲限定の複数キー同時押しに対応 | 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/027/G002716/20101129043/

・ iBUFFALO USB&PS/2接続 有線ゲーミングキーボード BSKBC02BK
http://buffalo.jp/products/catalog/supply/input/keyboard/wire/bskbc02/
スポンサードリンク
DHARMAPOINT DRTCKB91UP2iBUFFALO BSKBC02BK を触って感じたことは、iBUFFALO BSKBC02BK が思いのほかよくできており、DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 に迫る出来でありながら、値段をかなり押さえた商品ということを再認識することができたということです。

両製品ともほとんど同じ仕組み・機能をもった製品であり、大きな違いといえばテンキーの有無、シリンドリカルステップスカルプチャー方式の有無、同時キー入力の対応数、PS/2の有無、キータッチの感触ぐらいなので、iBUFFALO BSKBC02BK はかなり健闘している製品と思いますが、双方の価格差は \3,000 ぐらいなので、比較した場合にこの価格差をどう捉えるかがポイントになりそうです。

これから使うメインのキーボードは DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 にして、しばらく使用してみないとその良さはまだわからないので、今後いろいろと評価が変わっていくかもしれませんが、もし iBUFFALO BSKBC02BK にテンキーレスモデルが出たらいい勝負をするのではないかと思います。
by カエレバ

by カエレバ


画像一覧

01.パッケージ箱
20130517-021.jpg


02.パッケージ箱 裏面
20130517-022.jpg


03.開封
20130517-023.jpg


04.User's Manual と 保証書
20130517-024.jpg


05.iBUFFALO BSKBC02BK(画像上側)DHARMAPOINT DRTCKB91UP2(画像下側) の比較 その1
20130517-025.jpg
きれいに撮影できなかったのですが、両方のキーボードを見比べてみてわかったのは・・・

DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 はキートップの印字が濃く、文字がくっきり視認できるようになっており、逆を言えば、iBUFFALO BSKBC02BK のキートップの印字はキーボードとしては薄い部類に入るではないかと思います。

また、DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 は 「スペース」キーの大きさが iBUFFALO BSKBC02BK と比べて約 2 倍ほどの長さとなっており、「無変換」キー、「変換」キー、「ひらがな/カタカナ」キーや左右の「Alt」キー、「コンテキストメニュー」キー、右「Ctrl」キーのキーサイズが文字キーと同じ程度までの大きさにまとまっています。

ただ、左右の「Windows」キーは文字キーと同じ大きさになっておらず、特に左の「Windows」キーは文字キーの2倍ほどの大きさとなっており、そのすぐ左にある「Ctrl」キーよりもキーのサイズが大きいものとなっています。

左「Ctrl」キーを多用するゲームがあると思いますので、「Windows」キーも文字キーと同じサイズにして、その分、左「Crtl」キーを大きくしたほうがよかったのではないかと思います。

最下段にはゲーマー向けモデルらしい配慮が見られる。[無変換][変換][ひらがな/カタカナ]キーや左右[Alt]キー,[コンテキストメニュー]キー,右[Ctrl]キーのサイズを文字キーと同じ程度にまで小型化し,その分の余裕を[Space]キーの横幅拡張に使っているのだ。

…(中略)…

ただ,2個ある[Windows]キーはいずれも意外と大きく,そのためか,左[Ctrl]キーの大きさに多少のしわ寄せが来ている。ゲーム用途を考えると,[Space]キー同様,左[Ctrl]キーももう少し大きくてよかったのではないか。

- 4Gamer.net 「DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 レビュー」より -




06.iBUFFALO BSKBC02BK(画像上側)DHARMAPOINT DRTCKB91UP2(画像下側) の比較 その2
20130517-026.jpg
DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 のキーを触った感触は、iBUFFALO BSKBC02BK よりなんとなく軽いタッチでタイプができる感じがしますが、そのせいかわかりませんが、キーを触っているときやタイプするときの打鍵音は思ったより目立って聞こえます。


07.左側面側 チルトスタンド なし
20130517-027.jpg
DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 は 「シリンドリカルステップスカルプチャー方式採用」のため、側面から見比べてみるとはっきりと湾曲してるのがわかります。

キーボード本体に厚みがあることに加え、上記の「シリンドリカルステップスカルプチャー方式」によりキートップが高い位置にあることもあり、総合的にキーの位置が高いキーボード製品となっています。

今までキートップの位置が低いキーボードを使用していた人などは、手元にパームレストなど高さを調節するための道具を用意するなどの工夫が必要になるかもしれません。

キートップを含まないキーボード面までの高さは手前側が約20mm,奥側が約34mm。また,チルトスタンドを立てると奥側が43mmまで持ち上がるようになっている。傾斜はチルトスタンドを立てずとも十分にあるので,スタンドを立てるかどうかはお好みで,といったところか。

 キートップの高さは,横から見ると湾曲したステップスカルプチャ方式が採用されていることもあって場所によって異なるが,最も高い部分で実測約9mm,逆に最も低い部分で同7mm。最も手前側となる最下段のキートップまでの高さは約29mmと高めになるので,パームレストを自前で用意する必要が生じる人もいるだろう。

- 4Gamer.net 「DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 レビュー」より -




08.左側面側 チルトスタンド あり
20130517-028.jpg


09.右側面側 チルトスタンド なし
20130517-029.jpg


10.右側面側 チルトスタンド あり
20130517-030.jpg


11.キーボード本体 裏面
20130517-031fix.jpg
好みのケーブル取り回しができる、ケーブルマネージャーがあります。
ちなみに、USBケーブルは約 190 cm(1.9m)、ケーブルマネージャの右側もしくは左側に取回したときは 180 cm(1.8m) と 約 10 cm ほど短くなりました。

PCケースまで距離があるので、Amazonベーシック USB2.0延長ケーブル 1.0m (タイプAオス- タイプAメス) を購入しました。
by カエレバ



12.ラバーストップ付チルトスタンド 収納状態
20130517-032.jpg


13.ラバーストップ付チルトスタンド 立ち上げ状態
20130517-033.jpg
iBUFFALO BSKBC02BK はチルトスタンドを立てた状態にして、キーボード上辺を適当に押すとたわんだり軋むような音が鳴るのですが、DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 はチルトスタンドを立てた状態にしても、そういったたわみや軋みが起こることがほぼ皆無なので、この点はかなりしっかりとしているのではないかと思います。


14.USBケーブル
20130517-034.jpg
円柱状のものはフェライトコアか?


15.Windows キー 無効状態
20130517-035.jpg
キーボードの一番下側にある「Windows」キー 2個 を同時に 2秒以上長押しすることで、「Windows」キーと「コンテキストメニュー」キーの無効/有効を切り替えられるようになっています。

キーが無効になった際に矢印キーの上にある「Win Lock」と印字された LEDランプの箇所が青色に点灯します。

これが思ったよりまぶしく光りますので、人によっては気になるところかもしれません。

最下段に[Windows]キーが2個あると気づいた人もいると思うが,これらはどちらも同じ機能を持っている。ただ,「2個同時に2秒以上長押し」することで,[Windows][コンテキストメニュー]キーの無効/有効を切り替えられるようになっている。

…(中略)…

[Windows][コンテキストメニュー]キーの無効化を行うと,「Num Lock」や「Caps Lock」「Scroll Lock」のLEDインジケータ横に用意された「Win Lock」のLEDインジケータが光るのだが,これらLEDインジケータの青色がかなり眩しいのも気になった。暗い室内だとかなり目立つので,もう少し大人しくてもよかったように思う。

- 4Gamer.net 「DHARMAPOINT DRTCKB91UP2 レビュー」より -




16.キーボード本体 別角度 撮影 その1
20130517-036.jpg


17.キーボード本体 別角度 撮影 その2
20130517-037.jpg


18.キーボード本体 別角度 撮影 その3
20130517-038.jpg


19.キーボード本体 別角度 撮影 その4
20130517-039.jpg


by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する