DIY 修理・メンテナンス 10年以上まったく手入れしていなかったボルネード サーキュレーター 180C をメンテナンスしてみました

10年以上まったく手入れしていなかったボルネード サーキュレーター 180C をメンテナンスしてみました

前回の記事 ではファンが回らなくなった ZEPEAL(ゼピール) サーキュレーター DKS-20 を修理した記事を公開しました。

関連記事

今回の記事では前回のサーキュレーターを修理したタイミングと一緒に、2005年に購入してからまったく手入れをしたことがなかった Vornado サーキュレーター 180C をメンテナンスしてみました。

ノーメンテナンスでいままで問題なく稼働してきた Vornado サーキュレーター ですが、さすがに 10年以上経過して一度も手入れをしたことがないまま使い続けるのはよくないと思い、ネット情報を参考にメンテナンスすることにしてみました。

以下のサーキュレーターのメンテナンス方法について、ネット上で調べて見つけた情報をもとに、実際に試してみたサーキュレーターのメンテナンス記事です。完全に素人判断でやっていることなので、かえって症状が悪化したり最悪故障・発火する可能性があります。以上の内容を踏まえた上、自己責任でお願いします。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C ゴム足の下にレック LEC 激落ちMAX S697 とカットしたカウネット 使う量が減らせるエアークッション 300mm 設置 VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、固定していた六角ボルトをナットドライバーで外したところ VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローターとベアリングをエレクトロニッククリーナーや無水エタノール・キムワイプでクリーニング
スポンサードリンク
参考 URL
目次

  1. ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具

以下、ボルネード サーキュレーター 180C をメンテナンスするために使用した道具一式です。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 キムワイプ S-200 と無水エタノール 500ml

サーキュレーターのボディやファン、部品などに付着したホコリや汚れ取りには 無水エタノールキムワイプ を使ってきれいに掃除します。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 KURE 呉工業 エレクトロニッククリーナー 380ml

サーキュレーターの金属部品に付着している古くなったグリスや汚れ落としには KURE エレクトロニッククリーナー を使います。プラスチックにも使えるのでケミカルスプレーとして安心して使用できます。

こちらの情報 によれば KURE クイックドライクリーナー も中身は一緒で容量が多く値段も安いので、たくさん使うならこちらのほうがいいかもしれません。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 KURE 呉工業 モリブデングリース 430ml

分解したサーキュレーターのベアリングとローターの軸に潤滑剤として KURE モリブデングリース を使用します。参考情報

以前、ケースファンを修理したときに使用 した タミヤ モリブデングリス がありますが、他のケースファンをメンテナンスするときに大量に消費してしまい、残り容量が少なくなってしまいました。

追加で タミヤ モリブデングリス を購入しようかと考えましたが値段がそれなりにするため、ほぼ同価格帯で容量がたくさんある KURE モリブデングリース を選んでいます。

関連記事
参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 ナポレックス アーマオール プロテクタント 500ml

サーキュレーターの本体やファンなどのプラスチック部分には ナポレックス アーマオール プロテクタント 保護&ツヤ出し剤 を使用してプラスチックを保護します。

参考 URL
by カエレバ
by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 エンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09

Vornado サーキュレーター 180C の本体裏、プラスチック筐体とモーターが固定されているナットを外すために購入した エンジニア ナットドライバー DN-09 (対辺 9mm)です。

参考 URL
by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス道具 平井工具 BROWN ナットドライバー D-86-635

Vornado サーキュレーター 180C のベアリングとローターを固定している六角ボルト(6.35mm)を外すために購入した 平井工具 BROWN ナットドライバー D-86-635 です。

スパナでもできないことはないのですが、六角ボルトが非常に長くスパナだけで外すのが大変なことと、それほど高いナットドライバーでもなかったので、作業を楽にするためにこちらを購入しています。

by カエレバ

  1. ボルネード サーキュレーター 180C ベアリング・ローターの分解・クリーニング・メンテナンス

参考 URL の情報をもとに Vornado サーキュレーター 180C を分解・クリーニング・メンテナンスしてみます。

参考 URL
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、本体後ろ側にあるナットをエンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09 で外す VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、本体後ろ側にあるナットをエンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09 で外す VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、本体後ろ側にあるナットをエンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09 で外す VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、本体後ろ側にあるナットをエンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09 で外す VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、エンジニア ナットドライバー 9.0mm DN-09 で外したナット

Vornado サーキュレーター 180C 本体裏側にある 2か所で固定されている 9mm ナット を エンジニア ナットドライバー DN-09 を使って外します。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング・ローターの分解作業、モーターを固定していたナットをナットドライバーで外して、モーターを引っ張って取り外したところ、モーターの左右に見える細いワイヤーは空いていたネジ穴に入っていたもの VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング・ローターの分解作業、モーターを固定していたナットをナットドライバーで外して、モーターを引っ張って取り外したところ、モーターの左右に見える細いワイヤーは空いていたネジ穴に入っていたもの VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング・ローターの分解作業、モーターを固定していたナットをナットドライバーで外して、モーターを引っ張って取り外したところ、モーターの左右に見える細いワイヤーは空いていたネジ穴に入っていたもの VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング・ローターの分解作業、モーターを固定していたナットをナットドライバーで外して、モーターを引っ張って取り外したところ、モーターの左右に見える細いワイヤーは空いていたネジ穴に入っていたもの

画像は エンジニア ナットドライバー DN-09Vornado サーキュレーター 180C 背面 2か所のナットを外した後、中にあるモーターを持ち上げて外したところです。

モーター両脇に見える細いワイヤーは、モーター側にある空いているネジ穴に挿入・固定されていたワイヤーのようです。モーターを引き離すと、必ずこのワイヤーも外れるようになっているようです。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、平井工具 BROWN ナットドライバー D-86-635 で六角ボルトを外す VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローターの分解作業、平井工具 BROWN ナットドライバー D-86-635 で六角ボルトを外す

Vornado サーキュレーター 180C のベアリングとローターを固定している六角ボルト(6.35mm)を 平井工具 BROWN ナットドライバー D-86-635 を使って外します。

スパナやレンチでもできないことはないのですが六角ボルトが非常に長いため、サイズがぴったりあるナットドライバーを使ったほうが楽に作業ができます。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローター VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング、ローター

分解した Vornado サーキュレーター 180C のベアリング 2個とローターです。びっくりするくらいきれいな状態で軸にホコリが付着しているくらいで、それ以外の汚れなどはほとんど見られませんでした。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリング

こちらは分解した Vornado サーキュレーター 180C のベアリングです。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローター、軸にスラストワッシャー(おそらく金属製)と思われるものが 1枚装着済み VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローター、軸周辺はカバーがないため軸にホコリが詰まりやすい

こっちは分解した Vornado サーキュレーター 180C のローターです。軸が長いほうには金属製のスラストワッシャーが 1枚はさんであり、軸が短いほうにはスラストワッシャーはありませんでした。10年以上経過していますが、ローター軸の根本にはグリスと思われるものがしっかりと残っておりました。

試しに 前回の記事で購入したスラストワッシャー を取り付けてみようとしましたが、サイズがあわず入りません。おそらくですが、Vornado サーキュレーター 180C に使われているスラストワッシャーはインチサイズ(軸径 1/4インチ、6.35mm)仕様で、ミリサイズで購入したスラストワッシャー(軸径 6.2mm 用)のサイズが合わなかったものと思われます。

ローターの軸が短いほうにはホコリが詰まっていました。こちらはベアリングとの間にすき間がそれなりに空いていたので、そこからホコリが侵入していたようです。

関連記事
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローターとベアリングをエレクトロニッククリーナーや無水エタノール・キムワイプでクリーニング VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローターとベアリングをエレクトロニッククリーナーや無水エタノール・キムワイプでクリーニング

Vornado サーキュレーター 180C のベアリングとローターを 無水エタノールキムワイプ できれいにします。

ベアリング内部など手が届かないところやローターの軸に KURE エレクトロニッククリーナーKURE クイックドライクリーナー) を使って洗浄します。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ベアリングにモリブデングリースを注油

Vornado サーキュレーター 180C のベアリング内部に KURE モリブデングリース を吹きかけます。どれくらいが適量なのかわからないので、まんべんなく適当に吹きかけています。

VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C メンテナンス ローターにスラストワッシャー(メタル)を装着してモリブデングリースを注油

Vornado サーキュレーター 180C のベアリング軸穴に接触するローターの軸回りと金属製スラストワッシャー裏表に KURE モリブデングリース を適当に吹きかけておきます。あとは元通りに組み立ててメンテナンス完了です。

参考 URL

無水エタノールキムワイプ でプラスチック筐体や羽根に付着した汚れ・ホコリを落として、ナポレックス アーマオール プロテクタント 保護&ツヤ出し剤 で処理しました。

組立完了後、ファンの電源を入れて回るようなればメンテナンス完了です。ベアリング・ローター軸にグリス塗りたての状態では低速回転時のファン回転は遅くなりますが、しばらく回せておけば元通りに戻ります。

耐久性については、しばらく回してみないとわかりませんが、数時間ほど稼働させた時点では特に問題は発生していません。

  1. ボルネード サーキュレーター 180C 振動・防振対策

サーキュレーター防振用 レック LEC 激落ちMAX S697 購入

無事メンテナスが完了した Vornado サーキュレーター 180C ですが、フローリングに置いてファンを回すと振動による床鳴りが発生してしまいます。サーキュレーターを手で持ち上げると、フローリングに置いた時の音より音が変わる(静かになる)のがわかるくらいの違いがあります。サーキュレーター本体底面には一応ゴム足がありますが、完全に防振できるというわけにはいかないようです。

今回のサーキュレーターメンテナンスを機会に、別売りのゴム足を購入して取り付けようかと思っていましたが、振動対策について調べてみると、メラミンスポンジを敷くと非常に効果がある というネット情報を見つけました。

手軽に振動対策ができそうだったので、その情報を元に レック 激落ち MAX メラミンスポンジ S-697 を購入しました。

参考 URL
by カエレバ
サーキュレーター防振用 レック LEC 激落ちMAX S697 とカウネット 使う量が減らせるエアークッション 300mm

メラミンスポンジをフローリングにじかに置くのはなんとなく抵抗があったので、ちょうどぴったりサイズの カウネット エアークッション 300mm がありましたので、カットしてメラミンスポンジの下に敷きます。

by カエレバ
VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C ゴム足の下にレック LEC 激落ちMAX S697 とカットしたカウネット 使う量が減らせるエアークッション 300mm 設置 VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C ゴム足の下にレック LEC 激落ちMAX S697 とカットしたカウネット 使う量が減らせるエアークッション 300mm 設置 VORNADO ボルネード サーキュレーター 180C ゴム足の下にレック LEC 激落ちMAX S697 とカットしたカウネット 使う量が減らせるエアークッション 300mm 設置

サーキュレーターとフローリングの間に レック 激落ち MAX メラミンスポンジ S-697 を敷くことで、フローリングに振動がほとんど伝わることがなくなり、床鳴りが気にならなくなりました。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細

コメントの内容によっては削除することがあります