PC ゲーム ゲームサウンドノイズ 特定の PC ゲームで起きるサウンドノイズ、音声早送りを解決する方法

特定の PC ゲームで起きるサウンドノイズ、音声早送りを解決する方法

特定の PC ゲームを初プレイで起動して遊ぼうとした際に、ゲーム中のみサウンドにノイズが入るという現象に何度か遭遇したことがありました。ネットで調べてみるとサウンドノイズのほかに音声が早送りになったりすることがあるようです。

今回の記事では PC ゲーム中に発生するサウンドノイズ、音声早送り現象を解決する方法についてまとめてみました。

再生デバイス スピーカーのプロパティの詳細タブ 既定の形式一覧、ゲーム中にノイズが発生する場合、96,000Hz や 48,000Hz、441,00Hz に下げてみることで解決できる可能性がある
スポンサードリンク
目次

  1. PC ゲームサウンドノイズ原因 その1 : サウンドデバイスのサンプルレートが 192,000Hz に設定

再生デバイス スピーカーのプロパティの詳細タブ サンプルレートとビット深度一覧、ゲーム中にサウンドノイズや音声早送りが発生する場合、192,000Hz から 96,000Hz や 48,000Hz、44,100Hz に下げてみることで解決できる可能性がある

画像は Windows の再生サウンドデバイス、スピーカーのプロパティにある詳細タブのサンプルレートとビット深度一覧です。

ゲーム中にサウンドノイズや音声早送りが発生する場合、このサンプルレートが 192,000Hz に設定されているのが原因です。

ほとんどの場合はサンプルレートを 96,000Hz や 48,000Hz、44,100Hz に下げてみることで解決できる可能性があります。

以下、ゲーム中にサウンドノイズが確認できたゲームと、ネット上でみつけたサンプルレート設定に影響があるゲームです。

DESTINY 2 サウンドノイズ情報

DESTINY 2 サウンドノイズ情報

2017年8月末にバンジー (Bungie) の DESTINY 2 Beta 版をプレイしましたが、サンプルレート 192,000Hz でサウンドノイズを確認しました。ゲーム起動後のメニュー画面で確認しただけでその後すぐに変更したため、ゲーム中のノイズは確認していません。

私の PC 環境ではサンプルレートを 96,000Hz に変更してとりあえず解決しましたが、Destiny 2 フォーラム情報 によると 48,000Hz で解決した報告が多いです。

すぐにサンプルレートを変更したためゲーム中の詳細なサウンドノイズは確認していませんが、ゲーム中に音声が早送りになったという情報もありました。

参考 URL

THE DIVISION サウンドノイズ情報

THE DIVISION サウンドノイズ情報

UBI ソフトのオープンワールドオンライン RPG、THE DIVISION (ザ・ディビジョン) をプレイしたことがありますが、こちらもサンプルレート 192,000Hz でサウンドノイズを確認しました。

THE DIVISION 公式フォーラム ではこの問題を解決できないことを明言しているため、解決方法は同じくサンプルレートを下げるしかありません。

だいぶ前にプレイしたゲームなので、どのサンプルレートに設定していたか覚えていませんが、192,000Hz 以外のサンプルレートでストーリー最後まで問題なくプレイできました。

サンプルレート 96,000 Hz に変更するだけで解決できるというネット情報を見つけましたが、PC 環境により一部の音声とセリフが出ない可能性がある という情報もあるようです。

参考 URL

DOOM サウンドノイズ情報

DOOM サウンドノイズ情報

以前 Steam で DOOM (2016) がフリープレイで遊べるということでプレイしたのですが、サンプルレート 192,000Hz でサウンドノイズが発生することを確認しました。

どのサンプルレートに変更して設定していたか覚えていませんが、基本的に 48,000Hz 以下のサンプルレートにすることで解決できるというネット情報が多いようです。

参考 URL

ただ、サンプルレートが 192,000Hz でもノイズや音声早送り問題がないという 報告 がありました。ゲーム側のアップデートにより一部のサウンドカード (ASUS STRIX RAID DLX) では 192,000Hz のノイズ・早送り問題が解決した事例もあるようです。

参考 URL

Dead Rising 2 サウンドノイズ情報

Dead Rising 2 サウンドノイズ情報

古いゲームですが、2010年発売の Dead Rising 2 もサンプルレートが原因の不具合(ゲームが起動しない?)があるようです。サンプルレートを 24ビット 48,000Hz (スタジオの音質) にすることで解決するようです。

過去にこのゲームをプレイしたことがありますが、この時はサンプルレートが原因によるトラブルには遭遇しませんでした。ただ、当時プレイした環境は Windows XP の自作 PC だったというのがあったかもしれません。

ちなみにこの PC 版 Dead Rising 2 は最初 GfWL (Games for Windows Live) 版としてリリースされましたが、その後 Steam に移行しています。

参考 URL

  1. PC ゲームサウンドノイズ原因 その2 : Crucial Storage Executive 一時キャッシュ(Momentum Cache)が有効

Crucial Storage Executive で一時キャッシュアクティブ状態の Crucial Micron SSD MX300 525GB 3D TLC NAND 3年保証 CT525MX300SSD1 でゲーム中にノイズが発生、DPC Latency Checker で確認したところ時折 1000 マイクロセカンド超えるレイテンシを確認、原因は Crucial Storage Executive で設定した SSD の一時キャッシュ(Momentum Cache) Crucial Storage Executive でアクティブにした Crucial Micron SSD MX300 525GB 3D TLC NAND 3年保証 CT525MX300SSD1 の一時キャッシュ(Momentum Cache)設定を、無効化にして再起動 Crucial Storage Executive で Crucial Micron SSD MX300 525GB 3D TLC NAND 3年保証 CT525MX300SSD1 の一時キャッシュ(Momentum Cache)無効化後の DPC Latency Checker グラフ、ゲーム中の音飛び問題は解決

PC ゲームに限らず PC 起動中にサウンドが常時ノイズが入る現象が発生することがあります。

Windows OS のサービスやドライバ(無線 LAN 接続、仮想 LAN カード、USB 3.0 環境など)が原因で発生することがあり、それらの原因を調べたりできるソフトウェアを使って原因を特定、設定の変更や無効化やドライバの削除など 自力で調べて解決する必要があります。

これとは別に、SSD のツールが原因でノイズが発生する可能性があります。

私が使っている Crucial の SSD ツールで、「Crucial Storage Executive」 にある SSD の性能を大幅に引き上げる 一時キャッシュ(Momentum Cache) を有効にしたことによりノイズが入ることを確認しています。

この手の SSD 性能を引き上げる機能は他社の SSD ツール(PlexTurbo など)でも同様にサウンドノイズが入ってしまうようです。また、物理メモリを RAM ディスク化するソフトでも同様の現象が発生するようです。

関連記事
参考 URL

  1. PC ゲームサウンドノイズ原因 その3 : PC の各種省電力機能が有効(不定期に爆音ノイズ)

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 UEFI BIOS Version 3802 Enhanced Intel SpeedStep Technology(EIST)、Turbo Mode(Turbo Boost・・・TB) Disabled(無効) に変更 ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 UEFI BIOS Version 3802 CPU C1E、C3 Report、CPU C6 Report Auto から Disable に変更

マザーボード、Windows の省電力設定が原因で時々スピーカーから爆音ノイズが何度か発生したことがありました。

古い PCI サウンドカードを使っているせいかもしれませんが、もし同じ爆音ノイズ現象に悩んでいる方がおりましたら、マザーボードとWindows の省電力設定をできるだけ無効にしてみてください。

爆音ノイズに関係ありそうな省電力機能
  1. OS(Win 7) の 電源プランを高パフォーマンス に設定
  2. OS(Win 7) の電源プランから PCI Express の リンク状態の電源管理をオフ に設定
  3. OS(Win 7) の電源プランから プロセッサの電源管理の最少・最大のプロセッサの状態を 100% に設定
  4. マザーボードの BIOS より Turbo Mode(Turbo Boost・・・TB) 無効
  5. マザーボードの BIOS より Enhanced Intel SpeedStep Technology(EIST) 無効
  6. マザーボードの BIOS より CPU C1E、C3 Report、C6 Report すべての項目を無効
関連記事
関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています詳細