ハードウェア 自作 PC 自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Celeron G540 中編

自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Celeron G540 中編

前回の記事、「自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Celeron G540 前編」 からの続きです。

20130526-042.jpg
スポンサードリンク
画像一覧

01.”バックプレート” 取り付け
20130526-031.jpg
マザーボード を逆さにして、Scythe ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 付属の バックプレート を画像のように置きます。

by カエレバ



02.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” 取り付け
20130526-032fix.jpg
同じく付属の バックプレート取り付けネジ(Intel) を 赤丸の位置 に通します。


03.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” 取り付け(4か所)
20130526-033fix.jpg
4か所 とも 4本 の バックプレート取り付けネジ(Intel) をネジ穴に通しておきます。


04.マザーボードを元の向きに戻す
20130526-034fix.jpg
バックプレート を押さえたままマザーボードを元の向きに置きます。

マザーボード 面に触れている バックプレート のゴム状のシートが、先ほど通したネジに引っかかるような形で仮止めの状態になっているので、この状態にしてもネジは簡単に落ちません。

ただ、きっちりネジ止めしているわけではないので、勢いよく動かすとネジがそのまま落ちる可能性があります。

もし、ネジが落ちてしまったら再度ネジをネジ穴に通しておいてください。


05.”バックプレート落下防止用ゴム(Intel)” 取り付け
20130526-035fix.jpg
付属品の バックプレート落下防止用ゴム(Intel) 4個分を 4本のネジに通しておきます。


06.ヒートシンク付近の ”バックプレート落下防止用ゴム(Intel)” 取り付け
20130526-036.jpg
マザーボード の ヒートシンク 付近は バックプレート落下防止用ゴム(Intel) を通しにくいと思いますので、先の細いもので押し込みます。

今回は 割り箸 を使って押し込みました。


07.”バックプレート固定ネジ(Intel)” 取り付け
20130526-037fix.jpg
付属品の バックプレート固定ネジ(Intel) 4つをネジ山に通して締めます。ただし、最後までネジを締めずに適当なところまでネジを取り付けておきます。その際に、画像ような対角線上に向かい合うようにネジの位置にしておきます。

なぜ、最後までネジを締めずに対角線上に設置しているのかは 「12.グランド鎌クロス 取り付け」「17.”CPUクーラー固定ネジ(Intel)” ネジ締め 別角度から」 をお読みください。

なお、今回の作業は BIOS のアップデートが目的なので、CPUグリス はつけません。

実は一度、CPUクーラーを取り付けずに起動させたことがあるのですが、温度が確かすぐ50度以上になってしまい、CPU の ヒートスプレッダ が手で触れないくらい熱くなってしまったため、CPUクーラーを取り付けるようにした経緯となっています。


08.Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 保護シール 剥離
20130526-038.jpg
Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 本体を取り出し逆さにして、CPU 接地面側の保護シールを剥がします。

by カエレバ



09.Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 保護シール 剥離後
20130526-039.jpg
保護シール、剥離後です。


10.グランド鎌クロス 付属品 ”取り付け金具(Intel)” 取り付け
20130526-040.jpg
グランド鎌クロス 付属品の 取り付け金具(Intel) を画像のように置きます。

”取り付け金具(Intel)” とセットで付属していたプッシュピンは 以前の記事 で取り外し済みです。

・ Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 プッシュピン取り外し作業
http://awgsfoundry.com/blog-entry-30.html



11.グランド鎌クロス 付属品 ”取り付け金具用ネジ” ネジ止め
20130526-041fix.jpg
グランド鎌クロス 付属品の 取り付け金具用ネジ を使って 4か所ネジ止めします。


12.グランド鎌クロス 取り付け
20130526-042.jpg
グランド鎌クロス を取り付ける際のフィン、ヒートパイプの向きを予め決めておき、取り付け金具(Intel) の穴にネジを通して画像のように置きます。

先ほど、「07.”バックプレート固定ネジ(Intel)” 取り付け」 の所で ”バックプレート固定ネジ(Intel)” を対角線上になるように取り付けたのは、グランド鎌クロス 本体に取り付けた 取り付け金具(Intel) の穴にスムーズに通すためです。


13.グランド鎌クロス 取り付け 別角度 1
20130526-043.jpg


14.グランド鎌クロス 取り付け 別角度 2
20130526-044.jpg


15.グランド鎌クロス 取り付け 別角度 3
20130526-045.jpg
ヒートパイプが長く伸びているほうが地面側になるように グランド鎌クロス を取り付けてます。これはマニュアルより、ヒートパイプが長く伸びている側(画像右側)を地面側に向けて取り付けるのが、メーカー推奨となっているためです。


16.”CPUクーラー固定ネジ(Intel)” ネジ締め
20130526-046fix.jpg
ユニバーサルリテンションキット 3 の付属品 CPUクーラー固定ネジ(Intel) を使って、手回しで締めます。こちらは仮止めではなくて最後までネジを締めて問題ありません。


17.”CPUクーラー固定ネジ(Intel)” ネジ締め 別角度から
20130526-047fix.jpg
「07.”バックプレート固定ネジ(Intel)” 取り付け」 で最後までネジを締めないで途中で浮かせる状態にしたのは、画像右側の マザーボード の ヒートシンク が邪魔となってしまい、手が入る隙間があまりなく CPUクーラー固定ネジ(Intel) が取り付けづらい状態になってしまうので、その対策として最後までネジ止めせず浮かせるようにしたためでした。

つまり、CPUソケット 周辺に ヒートシンクなど邪魔になるような物がなければ、ネジを浮かせる必要はないということになります。


18.マザーボード 逆さ状態
20130526-048.jpg
グランド鎌クロス と マザーボード を持ちながらゆっくり逆さにします。

グランド鎌クロス のネジがきっちりしまってない状態ですので、逆さにする際には慎重に行います。

CPUソケットの反対側(拡張スロット側)が垂れるような形になってしまうので、適当な物なり手で押さえるなりしてあまり傾かないようにさせます。


19.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” ネジ締め(4か所)
20130526-049fix.jpg
4か所の バックプレート取り付けネジ(Intel) のネジを最後まで締めます。


20.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” ネジ締め 確認
20130526-050fix.jpg
再度、マザーボード を元に戻して画像のようにネジが出ていれば、ネジ締めはきちんとできております。


21.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” ネジ締め 確認 反対側
20130526-051fix.jpg
反対側も同じようにネジが見えているか確認します。


22.”バックプレート取り付けネジ(Intel)” ネジ締め 確認 別角度
20130526-052fix.jpg
別角度からネジの頭が見えているか確認します。

以上で、グランド鎌クロス の取り付けはとりあえず完了です。



自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Celeron G540 後編」に続きます。



by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ


スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する