ハードウェア 自作 PC 自作 PC 仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Intel Core i5-3570 前編

自作 PC 仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Intel Core i5-3570 前編

前回の記事、「マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 BIOS アップデート作業」 では BIOS のアップデートが無事完了しました。

今回の記事ではマザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に装着した Intel Celeron G540 から Intel Core i5-3570 に CPU を換装して、ユニバーサルリテンションキット 3 SCURK-3000 を使って トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を装着します。

関連記事
Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに Ainex シルバーグリス Arctic Silver 5 AS-05 を適量塗布(とふ)
スポンサードリンク
参考 URL

2017年に約 4年間使い続けたトップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロスから、サイドフロー型 CPU クーラー REEVEN OURANOS(RC-1401)に換装 しています。

関連記事
ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS アップデート後、CPU を Intel Celeron G540 から Intel Core i5-3570 に換装するため CPU クーラーを取り外す、事前にマザーボードから CPU ファンコネクターに接続した CPU ファンケーブルを外しておく(今回の BIOS アップデート作業では短時間作業だったので、CPU ファンは未使用・未接続)、マザーボードに接続している 各種ケーブル類(電源ユニット、Q コネクター、USB ケーブル、モニターケーブルなど)をすべて取り外す

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に装着している トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を取り外す前に、事前に CPU ファンのケーブルコネクタを取り外しておきます。

これまでの作業では CPU ファンは取り付けてませんが、一応事前に確認しておきたい内容としてメモを残しておきます。

また、マザーボードに接続している 各種ケーブル類(電源ユニット、Q コネクター、USB ケーブル、モニターケーブルなど)をすべて取り外しておきます。

マザーボード裏面に装着した Scythe ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 バックプレートの「バックプレート取り付けネジ(Intel)」4本を少しずつゆるめる、ネジを完全に取り外す必要はなし ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 裏面に装着した Scythe ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 バックプレートの「バックプレート取り付けネジ(Intel)」4本を少しずつゆるめる、ネジを完全に取り外す必要はなし、ある程度ネジをゆるませると Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 に取り付けてある「取り付け金具(Intel)」の「バックプレート固定ネジ(Intel)」からネジが外れる、この状態になるとマザーボードから Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 が外れた状態になる(マザーボードを逆さにしているので目視では確認しづらいため、マザーボードを持ち上げたりして外れているかどうか時折確認が必要)

マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 を逆さにして ユニバーサルリテンションキット 3 SCURK-3000 の 「バックプレート取り付けネジ(Intel)」 4本をある一定のところまでゆるませます。この時、ネジを完全に取り外す必要はありません。

バックプレート取り付けネジ(Intel)」 を完全に外してしまうと、ネジに装着していた 「バックプレート落下防止用ゴム(Intel)」 も一緒に抜け落ちてしまうためです。

ある程度ネジをゆるませると トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 に取り付けてある 「取り付け金具(Intel)」 穴の 「バックプレート固定ネジ(Intel)」 + 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」 からネジが外れるようになります。

この状態であれば、マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 から トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 が完全に外れた状態になります。

ただ、マザーボードを逆さにしている状態では目視では状況を確認しづらいため、マザーボードを持ち上げたりして外れているかどうか時々確認する必要はあります。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 と バックプレートを手で押さながら、持ち上げひっくり返して Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を取り外す、マザーボードをひっくり返した際にネジが落ちてしまうかもしれないので、その場合は再度ネジ穴にネジを通す

バックプレート を手で押さえながら マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 逆さにします。

バックプレート の 「バックプレート取り付けネジ(Intel)」 に 「バックプレート落下防止用ゴム(Intel)」 が装着されていれば、ネジが抜け落ちることはないでしょう。

これ以降は CPU の換装作業になりますが、グリス塗布(とふ)以外は以前公開した 「自作 PC 仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Intel Celeron G540 前編」 と 「自作 PC 仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Intel Celeron G540 中編」 とほぼ同じ内容です。

Intel CPU 換装作業、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケット ロック解除、レバーを押し下げて横にスライドさせる

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に装着してある Intel Celeron G540 を取り出すため、CPU 固定カバーを取り外します。

CPU ソケットのレバーをゆっくり押し下げ、外側にずらしてロックを解除します。

Intel CPU 換装作業、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケット ロック解除、スライドして外したレバーをゆっくり持ち上げる

ロック解除後、スライドして外したレバーが上に上がっていくので、指で押さえながらゆっくりとレバーを上げます。

Intel CPU 換装作業、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケット ロック解除、スライドして外したレバーをゆっくり持ち上げる Intel CPU 換装作業、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケット ロック解除、レバーを持ち上げて CPU 固定カバーも持ち上げる

自然にレバーが上がり切ったところから、さらにレバーを引き上げて CPU 固定カバーを持ちあげます。

Intel CPU 換装作業、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 Intel Celeron G540 を落とさないようにゆっくり取り出した後の CPU ソケットピン

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 CPU ソケットから Intel Celeron G540 を持ち上げて取り外します。このとき CPU ソケットピンに落としてピンを曲げないよう気を付けます。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケットに Intel Core i5-3570 CPU をゆっくり落とさないように装着、装着時に CPU ソケットの突起物と CPU 本体の半円状切り欠き部分に合わせる

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の CPU ソケットの保護カバーを外すと CPU ソケットピンが見えるようになるので、CPU ソケットの突起物と CPU 本体の半円状の切り欠き部分(赤丸 2ヵ所)に合わせるようにして、Intel Core i5-3570 をゆっくり上から装着させます。

CPU ソケット ピンは曲がりやすいため、モノを落としたり指で触らないよう注意します。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 (Sandy Bridge) の BIOS が古いままだと Ivy Bridge の Intel Core i5-3570 を認識しない可能性があるため、最初は Intel Celeron G540 を装着して ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS を最新版にアップデート しています。

関連記事
by カエレバ
余っていた Ainex シルバーグリス Arctic Silver 5 AS-05 を CPU グリスとして使用

CPU グリスには以前自作 PC を組んだ時に残っていた Ainex シルバーグリス AS-05 を使います。

by カエレバ
以前購入した Ainex グリス用万能へら GH-01 を CPU グリスのヘラ塗り用に使用

CPU グリスとセットで購入した Ainex シリコングリス用ヘラ GH-01 が残っていたので、CPU グリスのヘラ塗り用として使用します。

by カエレバ
Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに Ainex シルバーグリス Arctic Silver 5 AS-05 を適量塗布(とふ) ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケットにセットした Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに塗布(とふ)した Ainex シルバーグリス Arctic Silver 5 AS-05 を Ainex グリス用万能へら GH-01 と使ってヘラ塗りする(CPU のヒートスプレッダにグリス塗布してヘラ塗りする場合は、CPU をカバーで固定してから行うこと)

CPU ヒートスプレッダの上に Ainex シルバーグリス AS-05 を適量塗布(とふ)します。

グリスの塗り方はいくつかありますが、今回は Ainex シリコングリス用ヘラ GH-01 を使ってヘラ塗りをしました。

後で気がついたのですが、CPU をロックしていない状態でグリスのヘラ塗りをしてしまったので、本来なら CPU をロックしてからやるべき作業内容でした。

グリスの塗り方やグリスの適正量を検証しているサイトがあるので、こちらを一度目に通しておいたほうがいいかもしれません。

参考 URL
ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 LGA1155 CPU ソケットにセットした Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに塗布(とふ)後、CPU が CPU ソケットに間違いなくセットされているのを確認したら、CPU 固定カバーをゆっくり下ろす

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の CPU ソケットに Intel Core i5-3570 を間違いなく装着したら、CPU 固定カバーをゆっくり下ろします。

Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに塗布(とふ)後、CPU が CPU ソケットに間違いなくセットされているのを確認、CPU 固定カバーをゆっくり下ろしたらレバーを元の位置に戻して完全にロックする、この時レバーをロックする状態まで、かなり力を入れないと元の位置に戻らないが、CPU の切欠きの位置さえ間違ってなければ問題ないはずなので、ゆっくりとレバーを押し下げながらロックさせる Intel Core i5-3570 CPU のヒートスプレッダに塗布(とふ)後、CPU が CPU ソケットに間違いなくセットされているのを確認、CPU 固定カバーをゆっくり下ろしたらレバーを元の位置に戻して完全にロックする、この時レバーをロックする状態まで、かなり力を入れないと元の位置に戻らないが、CPU の切欠きの位置さえ間違ってなければ問題ないはずなので、ゆっくりとレバーを押し下げながらロックさせる

CPU 固定カバーをゆっくり下ろしたら、レバーを元の位置に戻して CPU をロックします。

この時かなり力を入れないとレバーをロックすることができません。CPU の切り欠き位置さえ間違ってなければ問題ないはずなので、ゆっくりとレバーを押し下げれば CPU をロックできます。

Scythe ユニバーサルリテンションキット3 SCURK-3000 付属 バックプレートを ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に装着、バックプレートネジ穴に「バックプレート取り付けネジ(Intel)」を挿入、バックプレートを手で押さえたままマザーボードを反対側に向きを変更、ネジに「バックプレート落下防止用ゴム(Intel)」を取り付けたら、ネジ山に「バックプレート固定ネジ(Intel)」を最後までネジを締めずに適当なところまで締める、Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 の「取り付け金具(Intel)」穴に「バックプレート固定ネジ(Intel)」を通す必要があるため、「バックプレート固定ネジ(Intel)」の向きをあらかじめ調節しておく

ユニバーサルリテンションキット 3 SCURK-3000 付属の 「バックプレート固定ネジ(Intel)」 4つをネジ山に通して締めます。ただし、最後までネジを締めずに適当なところまでネジを締めて、画像ような対角線上に向かい合うようにネジの向きを調整にしておきます。

なぜ、最後までネジを締めずに対角線上にネジを向いている理由は、トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 に装着した 「取り付け金具(Intel)」 の穴の形に 「バックプレート固定ネジ(Intel)」 を通す ためと マザーボード VRM ヒートシンクの近くにあるスペースが狭いネジに 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」 を取り付けられるようにする ためです。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に取り付けた「バックプレート固定ネジ(Intel)」(+バックプレート+バックプレート取り付けネジ(Intel)+バックプレート落下防止用ゴム(Intel))に、Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 に装着した「取り付け金具(Intel)」を装着させる、「バックプレート固定ネジ(Intel)」のネジの向きを CPU クーラーの「取り付け金具(Intel)」穴の形に合わせてないと取り付けられない、Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 装着時にフィン、ヒートパイプの向きをあらかじめ決めておく ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 に取り付けた「バックプレート固定ネジ(Intel)」(+バックプレート+バックプレート取り付けネジ(Intel)+バックプレート落下防止用ゴム(Intel))に、Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 に装着した「取り付け金具(Intel)」を装着させる、「バックプレート固定ネジ(Intel)」のネジの向きを CPU クーラーの「取り付け金具(Intel)」穴の形に合わせてないと取り付けられない、Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 装着時にフィン、ヒートパイプの向きをあらかじめ決めておく

トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を取り付けるフィン、ヒートパイプの向きをあらかじめ決めておき、「取り付け金具(Intel)」 の穴に 「バックプレート固定ネジ(Intel)」 を通して画像のように置きます。

ヒートパイプが長く伸びているほうを地面側に向ける ように トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を取り付けてます。これはマニュアルより、ヒートパイプが長く伸びている側を地面側に向けて取り付けるのが、メーカー推奨となっているためです。

ユニバーサルリテンションキット 3 の付属品「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」を「バックプレート固定ネジ(Intel)」に取り付けて手回しで締める ユニバーサルリテンションキット 3 の付属品「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」を「バックプレート固定ネジ(Intel)」に取り付けて手回しで締める

ユニバーサルリテンションキット 3 SCURK-3000 付属 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」 を使って、手回しでネジを締めます。

バックプレート固定ネジ(Intel)」 で最後までネジを締めないで途中で浮かせる状態にしたのは、マザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の VRM ヒートシンクが邪魔となってしまい手が入るすき間があまりなく、「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」 が取り付けづらい状態になってしまうので、その対策として最後までネジ止めせず浮かせるようにしたためです。

つまり、CPU ソケット周辺に VRM ヒートシンクなど邪魔になるような物がなければ、ネジを浮かせる必要はないということになります。

バックプレートの「バックプレート取り付けネジ(Intel)」を締めるため、ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 と Scythe グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 を手で押さえながらゆっくり逆さにする、逆さ後、マザーボードの拡張スロット側が垂れる形になるので適当なもので支えておく、バックプレートの「バックプレート取り付けネジ(Intel)」を締める

トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 とマザーボード ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 を持ちながら逆さにします。

トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 のネジがきっちり締まっていない状態ですので、逆さにする際にはしっかり手で持ちゆっくり行います。

CPU ソケットの反対側(拡張スロット側)が垂れるような形になってしまうので、適当な物なり手で押さえるなりしてあまり傾かないようにさせます。

4か所の 「バックプレート取り付けネジ(Intel)」 のネジを最後まで締めます。

「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」+「バックプレート固定ネジ(Intel)」から「バックプレート取り付けネジ(Intel)」のネジ山の先端が 4か所とも均等の長さで飛び出ていることを確認する 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」+「バックプレート固定ネジ(Intel)」から「バックプレート取り付けネジ(Intel)」のネジ山の先端が 4か所とも均等の長さで飛び出ていることを確認する 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」+「バックプレート固定ネジ(Intel)」から「バックプレート取り付けネジ(Intel)」のネジ山の先端が 4か所とも均等の長さで飛び出ていることを確認する

バックプレート固定ネジ(Intel)」 + 「CPU クーラー固定ネジ(Intel)」 から 「バックプレート取り付けネジ(Intel)」 のネジ山の先端が 4か所とも均等の長さで飛び出ていることを確認したら、トップフロー型 CPU クーラー グランド鎌クロス リビジョンB SCKC-2100 装着は完了です。

次回、「自作 PC 仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + Intel Core i5-3570 後編」 に続きます。

関連記事
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
スポンサードリンク
おすすめ記事&広告

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

本文

英数字フィルタ、URLフィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)コメントの内容によっては削除することがあります