ハードウェア 自作 PC 自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + i5 3570 後編

自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + i5 3570 後編

前回の記事、「自作PC仮組み ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 + i5 3570 前編」 からの続きです。

20130528-050.jpg
スポンサードリンク
画像一覧

01.AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024
20130528-032.jpg
グランド鎌クロスGELID Silent12 PWM(CPUファン) と 埃流入防止のため Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK(アルミファンフィルター) を取り付けるのですが、CPUファン の振動を少しでも減少させるために、AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 を予め取り付けるために用意しておきます。

・ Ainex 防振ゴムワッシャー MA-024
http://www.ainex.jp/products/ma-024.htm

by カエレバ



02.CPUファン 固定用取り付けネジの変更
20130528-033.jpg
AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK を取りけるのにあたって、グランド鎌クロス に付属してあったネジ(画像上側)では長さが足りなくなるため、以前購入した XINRUILIAN RDH1225B(24SP) のネジ(画像下側)が余っていたのでこちらを流用することにしました。


03.CPUファン 固定用取り付けネジ 長さの比較
20130528-034.jpg
グランド鎌クロス 付属ネジ(画像上側)の長さは 約”26mm(2.6cm)
XINRUILIAN RDH1225B(24SP) から流用したのネジの長さは 約”34mm(3.4cm)


04.Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK ネジ取り付け
20130528-035.jpg
Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK に画像のようにネジを通しておきます。

なお、Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK の裏表には凹面凸面が決まっているので、ファンを取り付ける側は凹面になるようにしてネジを取り付けておきます。
(画像では凹面側となっています。)


05.AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 取り付け
20130528-036fix.jpg
先ほど通したネジに AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 を取り付けます。


06.AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 取り付け 拡大
20130528-037.jpg


07.GELID Silent12 PWM 取り付け
20130528-038.jpg
GELID Silent12 PWM のネジ穴にネジを通して取り付けます。
グランド鎌クロス を吹き付けで冷やすので、ファンの向きは画像のように取り付けます。
ファンの風が吹く方向は、ファンの側面部分に表記してあります。


08.GELID Silent12 PWM スリーブケーブル
20130528-039.jpg
スリーブケーブル は ファン と ネジ との間に通しておき、CPUファン周りのケーブルをすっきりさせます。
ファン と ネジ との隙間は スリーブケーブル にとってはギリギリですが、一応間に収めることはできます。


09.GELID Silent12 PWM スリーブケーブル と コネクタ
20130528-040.jpg
スリーブケーブル の末端のコネクタ付近は ファン と ネジ との間にはケーブルを通しません。
これは マザーボード に ケーブルコネクタ を取り付ける際に長さが足りなくなるためです。


10.GELID Silent12 PWM スリーブケーブル と コネクタ 別角度
20130528-041.jpg


11.GELID Silent12 PWM ネジ締め前
20130528-042fix.jpg
GELID Silent12 PWM を 画像の位置に仮置きしておきます。
この際に、ファン の スリーブケーブル を マザーボード に取り付けるところを見越して、ケーブルの長さが余らないようにファンの取り付け位置・向きを調整します。


12.AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024グランド鎌クロス のネジ穴側に設置
20130528-043fix.jpg
AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024グランド鎌クロス 側に置いて、その上からネジを締めて仮止めしておきます。

ちなみに、画像では Ainex アルミファンフィルター 120mm用 CFA-120A-BK 側に取り付けてあった AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 がずれていることがわかり、後で取り付けなおしました。

これは途中でネジを誤って外れてしまったため、再度取り付けたときに、AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 の取り付け位置がずれてしまったためです。

このように AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 は粘着力はなく軽量のため簡単に取れてしまうので、ネジを締める前にきちんと間に挟まっているか確認は必要です。


13.AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024グランド鎌クロス のネジ穴側に設置 別箇所
20130528-044fix.jpg
同じような要領で残りのネジ穴に AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 を置き、仮止めしておきます。

すべての AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 の仮止めが完了したら、4か所すべてのネジを最後まで締めます。


14.GELID Silent12 PWM 取り付け完了
20130528-045fix.jpg
AINEX 防振ゴムワッシャー MA-024 がすべてきちんと間に挟まっているか確認して完了です。


15.CPUファン スリーブケーブルコネクタ 接続
20130528-046fix.jpg
マザーボード の CPUファンコネクタ に CPUファン の スリーブケーブル を接続させます。


16.各種ケーブルの取り付け

先ほど取り外した、Q コネクター・USBキーボード・USBマウス・モニターケーブルを取り付けます。その次に、電源ユニット関係のケーブルを接続してシステムを起動できる状態にしておきます。

20130528-047.jpg
画像の電源ユニット は SilverStone SST-ST75F-G-E です。

by カエレバ

20130528-048fix.jpg
電源ユニット付属の 「24/20-Pin Motherboard connector プラグインケーブル」 取り付け

20130528-049fix.jpg
電源ユニット付属の 「8/4-Pin EPS/ATX 12V connector プラグインケーブル」 取り付け

最後に ”電源ケーブル” を 電源ユニット - コンセント間 に接続して起動準備完了です。


17.ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 POST 画面
20130528-050.jpg
パワースイッチを押して、モニターに画像のような POST 画面が出れば正常に動作していることになります。

起動しない場合は下記のサイトで一つずつ項目を確認します。
・ 起動しない場合のチェックポイント | DOS/V POWER REPORT
http://www.dosv.jp/feature/1005/18.htm

CPU 換装後に起動したので POST 画面に 「New CPU installed ! Please enter Setup to configure your system.」 と表示されます。

POST 画面に 「Press F1 to Run SETUP」 と表示されていたら、キーボードの 「F1 キー」 を押すことにより UEFI BIOS 画面に移動します。


by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ


スポンサードリンク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する