真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ でコーヒーをドリップしてみました

2014年08月31日
0

タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー ACW-S080-KQ の 「本体内洗浄」 が終わり、コーヒー粉を入れてドリップする準備が整いました。

今回の記事では タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー ACW-S080-KQ にコーヒー粉をセットしてドリップを行い、コーヒーを入れてみます。

関連記事
真空ステンレスサーバー付きコーヒーメーカー タイガー ACW-S080-KQ でコーヒーをドリップしてみました

Melitta(メリタ) エコフィルターペーパー 1×4 (4~8杯用) 購入

Melitta エコフィルターペーパー ブラウン 100枚入 10パックセット Eco PA 1×4G 購入

タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー ACW-S080-KQ のドリップ用に使う メリタ フィルターペーパー エコブラウン 4~8 杯用 です。

Melitta エコフィルターペーパー ブラウン 100枚入 10パックセット Eco PA 1×4G 10パックセット

メリタ フィルターペーパー エコブラウン 4~8 杯用 は 10パックセットで購入しました。

Melitta エコフィルターペーパー ブラウン 100枚入 10パックセット Eco PA 1×4G 箱裏の点線部分から開封 Melitta エコフィルターペーパー ブラウン 100枚入 10パックセット Eco PA 1×4G 箱裏の点線部分から開封

箱裏の点線部分から開封します。画像のように開封して中に入っている メリタ フィルターペーパー エコブラウン 4~8 杯用 を取り出します。

Melitta エコフィルターペーパー ブラウン 100枚入 10パックセット Eco PA 1×4G

このペーパーフィルターを コーヒーメーカーにセット してコーヒーをドリップします。

Kalita(カリタ) 銅メジャーカップ 購入

Kalita 銅メジャーカップ 購入 Kalita 銅メジャーカップ 購入

コーヒーメーカー付属の計量スプーン(プラスチック製)は使用せず、別に購入した カリタ 銅メジャーカップ を使用します。

特にこだわりがあるわけじゃなかったのですが、たまたまコーヒー関連商品を見ていた時に目が留まり、値段もそんなに高くはなかったので試しに購入してみました。

Kalita 銅メジャーカップ 開封 Kalita 銅メジャーカップ 開封

箱を開封して カリタ 銅メジャーカップ を取り出したところです。ビニール袋で包装されていました。

Kalita 銅メジャーカップ 開封 Kalita 銅メジャーカップ 開封

カリタ 銅メジャーカップ をビニール袋から取り出したところです。

銅製品ということでやはりプラスチックの計量スプーンと比べると重みがずっしりあり、ひときわ高級感が漂う雰囲気があります。ちなみに一杯 10g となっています。

コーヒーメーカーにペーパーフィルター、コーヒー粉、水をセット

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ に Melitta(メリタ) エコフィルターペーパー ブラウンをセットするため、ペーパーフィルターのシール部分(底と側面)を交互に折る TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ に Melitta(メリタ) エコフィルターペーパー ブラウンをセットするため、ペーパーフィルターのシール部分(底と側面)を交互に折る TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ にシール部分を交互に折った Melitta(メリタ) エコフィルターペーパー ブラウンをセット

ペーパーフィルターをコーヒーメーカーにセットするために、ペーパーフィルターのシール部分を交互に折ります。画像はペーパーフィルターの底部分と側面にあるシール部分を交互に折り曲げたところです。

シール部分を交互に折り曲げたペーパーフィルターをコーヒーメーカーにセットします。画像は タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー ACW-S080-KQメリタ フィルターペーパー エコブラウン 4~8 杯用 をセットしたところ。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ にセットしたペーパーフィルターに、カリタ 銅メジャーカップを使ってマキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンドのコーヒー粉 6杯=60g 投入

ペーパーフィルターに作りたいコーヒー分のコーヒー粉を入れます。

画像は タイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバー ACW-S080-KQ にセットした メリタ フィルターペーパー エコブラウン 4~8 杯用 に、カリタ 銅メジャーカップ を使って マキシム レギュラーコーヒーちょっと贅沢な珈琲店 豊かなコクのスペシャル・ブレンド 1kg から 6 杯 = 60g のコーヒー粉を投入したところです。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ の水タンクにフタ付きピッチャー(容器)を使って水を補給

「水タンク」 に水を入れます。パール金属 クールポット クリア 2.0L H-5304 などのフタ付きピッチャー(容器)を使えば 「水タンク」 を外さなくても水を入れられますので、そちらのほうが水をこぼす心配はなく楽だと思います。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ 水タンクの HOT 目盛 8 まで水を補給したところ

「水タンク」 の 「HOT」 目盛 「8」 まで水を入れました。ちなみに 「HOT」 目盛 「8」 まで必要な水の量は約 1.1リットルです。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ ペーパーフィルターとコーヒー粉、水を補給したらコーヒーメーカー本体フタを閉じる

ペーパーフィルターとコーヒー粉、水を補給したら、コーヒーメーカー本体のフタを閉じてドリップする準備ができました。

ドリップ開始 → ドリップ完了 → コーヒー完成

Panasonic ザ・タップX WHA25244WP 4コ口 個別防水スイッチ付にタイガー コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ ACW-S080-KQの電源コード・差込プラグをつなぎ、個別防水スイッチを入にする

コーヒーメーカーの電源コード・差込プラグをコンセントに接続します。画像は パナソニック ザ・タップ X 安全設計扉・パッキン付 WHA25244WP に差込プラグをつなげ、個別防水スイッチを入れたところです。

ペーパーフィルターとコーヒー粉、水タンクに水を補給した TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ 本体スイッチを ON にする

「水タンク」 に水を入れ、ペーパーフィルターにコーヒー粉を入れ、「真空ステンレスコーヒーサーバー」 をセットして一通りドリップに必要な準備が整いましたら、本体スイッチを 「ON」 にします。

スイッチを入れると画像のようにコーヒーメーカーの電源スイッチに赤いランプが点灯して、ドリップが始まります。

ペーパーフィルターとコーヒー粉、水タンクに水を補給した TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ 本体スイッチを ON、約 15分経過後、ランプが消灯してドリップ完了

約 15分経過後、ランプが消灯してドリップ完了です。ランプが消灯するまでの時間は室温、水量、コーヒー粉の量に左右されますので、寒い冬の季節になるとさらに時間がかかります。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ

ランプ消灯後、すぐにコーヒーメーカー本体のフタを開けると、コーヒー粉をセットしたペーパーフィルターからの蒸気で手にやけどする恐れがあるかもしれませんので、しばらく時間をおいてからふたを開けるようにしたほうがいいでしょう。

ドリップ直後のコーヒーメーカー内部は画像のようになってました。かなりの水滴が付着してますので、フタを開けた時に本体外に水滴が垂れ落ちることがありますので、フタを開けるときはすばやく水滴をふき取れるようにしたほうがいいかもしれません。

ドリップ完了後、TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ のプラグを抜かずに Panasonic ザ・タップX WHA25244WP 4コ口 個別防水スイッチ付 2m コード の個別防水スイッチを切ることにしている

ランプが消灯しているを確認した後に差込プラグをコンセントから抜きます。

私のところでは差込プラグを抜くのは面倒なので、パナソニック ザ・タップ X 安全設計扉・パッキン付 WHA25244WP の個別防水スイッチを切ることにしています。

TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ 真空ステンレスコーヒーサーバーのサーバーフタを外した内部、中身はドリップしたコーヒー約 1リットル

ランプ消灯後、約 3分たったらコーヒーメーカー本体から 「真空ステンレスコーヒーサーバー」 を取り出して、「サーバーフタ」 のレバーを押しながらコーヒーをカップに注ぎます。(画像は 「サーバーフタ」 をふたを取り外し、「真空ステンレスコーヒーサーバー」 内部のドリップされたコーヒーを試しに撮影したもの)

「水タンク」 にほぼ満水状態で水を入れたので(約 1.1リットル)、「真空ステンレスコーヒーサーバー」 内いっぱいにコーヒーが入っていました。

ちなみに、「サーバーフタ」 を取り付けた状態だと、「真空ステンレスコーヒーサーバー」 をどんなに傾けても残りのコーヒーを注ぎ切れないようです。そのため、ドリップしたコーヒーを最後の一滴までしっかり注ぎ切るようにしたい場合は、「サーバーフタ」 を取り外して注ぐ必要があります。

参考 URL
TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ 真空ステンレスコーヒーサーバーのサーバーフタを外した内部、中身はドリップしたコーヒー約 1リットル

「真空ステンレスコーヒーサーバー」 の口は小さいため、成人の手はまず入りません。「真空ステンレスコーヒーサーバー」 内が汚れて掃除をしたい場合は、激落ち ボトル洗い 伸縮 (ビーズ) のような棒付きスポンジなどが必要になるかと思います。

関連記事
TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ でドリップしたコーヒーで、ステンレスタンブラーに氷を入れてアイスコーヒー TIGER コーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック 8杯用 ACW-S080-KQ でドリップしたコーヒーで、ステンレスタンブラーに氷を入れてアイスコーヒー

手持ちの ステンレスタンブラー に氷を入れてアイスコーヒーを作ってみました。

コーヒー通ではないので味に関しては何とも言えないところがありますが、とりあえず今回作ったアイスコーヒーに関しては味に不満はありませんでした。ただ、今回コーヒー粉を 60g もセットしてドリップしたせいか、残りのコーヒーを飲み干すのがかなり大変でした。

ちなみにステンレスタンブラー (620ml) に氷を入れアイスコーヒーを作った場合、5 ~ 6杯ほど作れました。その後、いろいろコーヒー粉の量を調節して今のところ、水 1.1 リットルを入れる場合は 約 30g 前後でコーヒー粉を入れてコーヒーを作っています。

関連記事
参考 URL
awgs
Posted by awgs

Comments 0

There are no comments yet.

英数字フィルタ、URL フィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)。コメント内容は承認後に公開されますが、コメントの内容によっては削除することがあります。