使い捨てじゃないカイロを複数用意して万全の寒さ対策を!ということで Zippo ハンディウォーマーを追加購入しました

2016年02月07日
寒さ対策
0

以前の記事 で、2015年冬に寒さ対策用に購入した Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF の開封とレビュー記事を公開しました。

携帯用アイテムとしてかなり暖かく、寒い日が続く冬の間は毎日使用していますが、どうしても Zippo ハンディウォーマー 1個だけでは物足りなくなってしまい、追加でもう一つ同じものを購入することにしました。

2016年初頭では Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF は旧モデルとなっており、後継品の Zippo ジッポー ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 というモデル名でが発売されています。

Amazon レビューによれば 旧モデルとほぼ中身が一緒と思われるものが発売されており、今回はこちらの新モデルを購入してみました。そのほかにも専用フリース以外のカイロカバーや、体の部位に固定できるカイロベルトも購入してみました。

以前購入した旧モデルのハンディウォーマーと比較しつつ、オイル注入・点火をして暖かさなどをチェックしてみます。

2018/01/21 追記

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダードを購入した記事を公開しました。

関連記事
使い捨てじゃないカイロを複数用意して万全の寒さ対策を!ということで Zippo ハンディウォーマーを追加購入しました Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 パッケージから取り出した、注油カップ、オイル缶(133ml)、専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体 Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 山田化学 携帯クリップスタンドでハンディウォーマー本体を掴んで立たせた状態
スポンサーリンク

参考 URL

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 購入

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 購入

今回、追加で購入した Zippo ハンディウォーマー&オイルセット ZHW-15 です。

中身は前モデル Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF と中身はほぼ一緒のようです。(参考リンク

なお、Zippo ハンディーウォーマーは ハクキンカイロ株式会社OEM 品らしく、ハクキンカイロ株式会社 からも ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード という商品が発売されています。付属品に違いがありますが値段はほぼ同等価格で手に入れられるようになっています。

関連記事
参考 URL
Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15、以前購入した Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-JF(画像右側)とパッケージの大きさ比較

画像右側が旧モデル Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF です。

旧モデルは透明のプラスチックケースで中身が見えていましたが、新パッケージは牛乳パックのような紙パッケージになり、シンプルでおしゃれなデザインとなっています。

パッケージの高さは一緒ですが、新モデルでパッケージの横サイズが半分くらいになっています。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15、以前購入した Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-JF(画像右側)とパッケージの厚み比較

新モデルでパッケージの横サイズが半分くらいなりましたが、代わりに厚みが 2倍くらいになっています。

パッケージカラーが赤黒のアウトドア感のイメージが強いデザインから、スタイリッシュで落ち着きのあるホワイトカラーのパッケージデザインとなっています。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 開封

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 開封

Zippo ジッポー ハンディーウォーマー & オイルセット ZHW-JF を開封して付属品をチェックします。

パッケージを開けてすぐ見えるのが、専用の 注油カップ です。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 付属注油カップ取り出し

パッケージから 注油カップ を取り出したところです。

注油カップ は前モデルと同等の形をしており、特に変更点は見当たりません。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 注油カップ取り出したあとのパッケージ内、オイル缶(133ml)、専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体

注油カップ を取り出してパッケージ内部の仕切り部分を開けると Zippo オイル缶(133ml)専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体が見えます。(ハンディウォーマー本体は小さいためフリース袋に隠れています)

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 パッケージから取り出した、注油カップ、オイル缶(133ml)、専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体

パッケージから取り出した、注油カップZippo オイル缶(133ml)専用フリース袋、取扱説明書、ハンディウォーマー本体です。

前モデルと比べて取扱説明書が変わっているくらいで、特に付属品については内容はまったく同じもので変更点は見当たりませんでした。

参考 URL
Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 ハンディウォーマー本体裏面(Zippo 刻印がある本体の裏側)

Zippo ハンディウォーマー本体は前モデルと比べて変更点が 2点ほど見つかりました。

1点目はハンディウォーマー本体裏面(Zippo 刻印がある本体の裏側)です。

前モデルでは 注意書きが記載されたシール が貼付されていましたが、Amazon レビュー通り 新モデルではこのシールはなくなっていました。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 キャップ側面、前モデル ZHW-JF のキャップにあった発熱確認用インジケーターなし Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 キャップ側面、前モデル ZHW-JF のキャップにあった発熱確認用インジケーターなし

2点目は前モデルのハンディウォーマーのキャップ側面にあった 発熱確認用インジケーター がなくなっています。

キャップ側面にはインジケーターのシール貼付場所用のへこみがありましたが、そのへこみもなくなっていました。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 山田化学 携帯クリップスタンドでハンディウォーマー本体を掴んで立たせた状態

携帯クリップスタンド を使ってハンディウォーマー本体をつかんで立たせた状態です。

ハンディウォーマー本体自体直立できないため、オイルを注入する際は手で持つようにしないといけません。携帯クリップスタンド を使えば手で持つ必要がなくなるため、オイルの注入が楽になります。

参考 URL
Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 本体注油口と内綿

バーナーを取り外した後の Zippo ハンディウォーマーの給油口です。給油口の内部に見える白い物はたぶん綿と思われ、ここにオイルを注入して吸収させます。

内綿の位置が高すぎると、バーナーに接触してオイルが気化せず発熱しない場合があるので、内綿を給油口 5mm 程度下にそろえておきます。

購入直後のこのハンディウォーマーは内綿がただ無造作に詰め込まれている状態でしたので、使用する前に必ずこの内綿の位置を確認して調節します。

下記の参考 URL 先には、揮発したベンジン臭対策(火口にアルミ箔やゴムシートをはさむ)や発熱・燃料調節(キャップにアルミテープを貼る)など快適に使うため工夫しているサイトがありますので、好みのハンディウォーマー(ハクキンカイロ)にカスタマイズすることができます。

関連記事
参考 URL
Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 本体注油口と内綿、内綿を本体給油口から 5mm 程下にそろえる

Zippo ハンディウォーマー本体注油口の内綿を本体給油口から 5mm 程下にそろえたところです。

この内綿はハクキンカイロ社から ハクキンカイロ ピーコック用 取換綿 が発売されており互換性があるかと思いますが、消耗品として購入するには値段がやや高いです。

市販のカットメン であれば量の調節と多少工夫する必要がありますが、値段が安いので手間を惜しまなければ安価に交換することができます。

ただ、Zippo ハンディウォーマー(ハクキンカイロ含む)の中綿は、消耗品の中でもよほどのことがない限り短期間で劣化することはなく、頻繁に中綿を交換することはまずないので、しばらくは交換する機会はないと思います。

参考 URL

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 オイル注油と点火

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 ハンディウォーマー注油口にセットしたハクキンカイロ専用ベンジンカップにハクキンカイロ用ハクキンベンジンを注油したところ、ハクキンカイロ専用 ベンジンカップ内に 2 つの目盛りがあり、下から1段目までの量で約12時間、下から2段目までの量で約24時間程度持続して発熱が可能(画像は2段目までの目盛りまでベンジンを注いだところ)、このとき山田化学 携帯クリップスタンドなどのハンディウォーマーを立たせることができる道具があれば、片手で持つ必要がなくなり注油作業が楽になる

Zippo ハンディウォーマーの給油口に ハクキンカイロ専用 ベンジンカップ をセットして ハクキンベンジン (画像右側容器) を注いだところです。

携帯クリップスタンド で Zippo ハンディウォーマー本体をつかめば、画像のように注油作業が楽になります。

Zippo ハンディウォーマーには専用の注油カップがありますが、ベンジンカップのほうが注油作業が楽で、ネット通販でたまたま送料を含めて安く購入できたということもあって、ベンジンカップを使っています。

ネット通販で安価で売られているところでは売り切れていることが多く、購入のタイミングを逃すとなかなか手に入らないかもしれません。ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード であれば最初からベンジンカップが付属しています。

Zippo ハンディウォーマー用のオイルは Zippo オイルでも使えますが、ハクキンベンジン を購入・使用しています。

購入時期や店頭・ネット通販によって値段が変動するかと思いますが、Zippo オイルとハクキンベンジンに値段差がなかったり(同じ値段なら 500ml のハクキンベンジンがお得)、初めてのハクキンベンジンで Zippo オイルとの違いがあるかどうか確かめたかったり、空になった FLUID/ジッポーオイル 133mlFLUID/ジッポーオイル 355mlハクキンベンジンを補充 してみたかったり、などのいろいろな理由でためしに購入した次第です。 → 空になった Zippo オイル缶にハクキンベンジンを詰め替え補充した記事を公開 しました。

2017/10/29 追記

2017年8月に ハクキンカイロ専用ベンジンの廃番のご案内が発表 され、在庫限りとなりました。

今後は 2017年9月より、ハクキンカイロ指定の エビスベンジンNT ベンジン の 2製品が、ハクキンカイロ専用ベンジンとまったく同一の中身として販売されることになります。

ハクキンカイロ指定の エビスベンジンNT ベンジン のラベルには 「ハクキンカイロ指定」 と明記してあるので、購入する際にはこのラベルが目安となります。

参考 URL
Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 ハンディウォーマー注油口にセットしたハクキンカイロ専用ベンジンカップにハクキンカイロ用ハクキンベンジンを注油したあと、ベンジンカップを左右どちらかの方向90度方向にゆっくり回すとハンディウォーマー本体にオイルが注油される。注油後、ハンディウォーマーを逆さにして、タンク中央部分を軽く数回押して余分なオイルを出す。タンク中央部部を押せない場合は、ティッシュペーパーをタンクの給油口に軽く詰め、1分ほど逆さまにして余分なオイルを染み込ませる。オイルがしみ込んだティッシュは火気に注意して処分する

ハンディウォーマーの注油口にセットしたベンジンカップにハクキンベンジンを注油したあと、ベンジンカップを左右どちらか 90度方向にゆっくり回すと、ハンディウォーマー本体にオイルが注油されます。

以下、取扱説明書では・・・

  • 注油後、ハンディウォーマーを逆さにして、タンク中央部分を軽く数回押して余分なオイルが出す
  • タンク中央部部を押せない場合は、ティッシュペーパーをタンクの給油口に軽く詰め、1分ほど逆さまにして余分なオイルを染み込ませる
  • オイルがしみ込んだティッシュは火気に注意して処分する

以上のように注油したオイルがたれないよう注意する必要があります。

ハンディウォーマーを横に倒したときに入れすぎたオイルが触媒にかかってしまうと、触媒の寿命が縮む原因になります。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 注油後、バーナーを取り付け、タンクを斜めに持ち、マッチかライターの炎を上から 3~5秒間プラチナ触媒にあてる(実際にはプラチナ触媒には火はつかず、発熱作用のきっかけを作る熱を与える為の点火)

オイル注油が完了した Zippo ハンディウォーマーにバーナーを取り付け、発熱させるために点火します。これは発熱作用のきっかけを作る熱を与える為の点火です。

点火には 前回の記事 で紹介した Zippo ジッポー ライター 無地 ストリート クローム バレル仕上げ を使用します。

タンクを斜めに持ち、マッチかライターの炎を上から 3~5秒(うまくいかない場合は10秒程度)バーナーのプラチナ触媒を炙(あぶ)ります。

注意事項として、バーナーのプラチナ触媒を直接燃やすようなやり方は NG です。火を近づけて温める程度にするのが正しい点火方法です。

プラチナ触媒に点火のため火を直接当て続けると触媒の寿命が短くなり、バーナー(プラチナ触媒)を交換する時期を早めてしまいます。

バーナー(プラチナ触媒)に直接火をつけないようにして、炙(あぶ)るようにして点火すれば触媒が長持ちします。

点火後、手でバーナー回りを暗くするとプラチナ触媒がわずかにオレンジ色になり徐々に熱を発生させます。キャップの側面をバーナーにあてたときに、水蒸気によるくもりが確認 できれば、点火成功となりうまく発熱している状態となります。

参考 URL
Zippo ハンディウォーマー用 フリース袋 ZHF-BK 購入

画像は別売りで購入した Zippo ハンディーウォーマー用 フリース袋 ZHF-BK です。

Zippo ハンディウォーマーを購入したときに付属品として同じフリース袋がありますが、そちらは予備としてとっておきたいので、別売りで購入した Zippo ハンディーウォーマー用 フリース袋 ZHF-BK から先から使用します。

ハクキンカイロ社からも同様の ハクキンカイロ ピーコック・3R・プラチナム用 フリース袋 が購入できるようになっていますが、値段は Zippo フリース袋のものと比べると高いようです。

開封後、使用する前に念のため、中性洗剤で洗濯して乾燥させておきます。

参考 URL
Zippo ハンディウォーマー用 フリース袋 ZHF-BK にハンディウォーマー本体を収納 ハンディウォーマー本体を収納した Zippo ハンディウォーマー用 フリース袋 ZHF-BK

点火して本体が発熱した Zippo ハンディウォーマーにキャップを取り付けて、専用フリース袋に入れます。

点火後の Zippo ハンディウォーマーはしばらくすると手で持てないくらいかなり熱くなりますので、早めに収納しましょう。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 イス・テーブル脚カバー

汗で磨耗したハンディウォーマー収納用ベロア巾着袋

Zippo ハンディウォーマーの温度調節と専用フリース袋の擦れによる消耗を最小限にするために、ベロア巾着袋 L サイズ を購入して使っていました。

この巾着袋は生地が薄いため、しばらく使用しているうちに透けてしまうほど劣化してしまいました。穴が空くほどボロボロになっているわけじゃないのですが、おそらく肌に長時間触れていることが多かったせいか、汗と擦れで摩耗してしまったのではないかと思います。

値段なりということと、もともとの用途はアクセサリーなどの小物入れベロア巾着袋でしたので、まだまだ使えそうですがカイロ用収納袋としてはやや不向きだったのかもしれません。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリー 購入 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリー パッケージ裏面

ハンディウォーマーに使用できるカバーを調べてみたところ、ニットでできたペットボトルカバー が使えるとの情報を見つけましたが、ネットや近隣の場所で手ごろな値段で手に入れることができなかったので、代わりとなるものを探したところ・・・。

イス脚カバーを他社製カイロに使用している記事 を見つけたので、こちらの情報を参考にして キズつきにくいイス脚カバー 4個(1脚分) アイボリー AIC-03 を購入してみました。

参考 URL
旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーと Zippo ハンディウォーマー

イス脚カバーに Zippo ハンディウォーマーを入れます。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーに Zippo ハンディウォーマーを収納したところ

Zippo ハンディウォーマーを入れたイス脚カバーです。靴下のようにゴムでしっかり本体に密着しているので、ハンディウォーマーがうっかりカバーから飛び出ることはありません。

ハンディウォーマーのカバーとしてはちょうどよいのですがカバー内の余裕がないため、同じくぴったり収納できる HANDY WARMER FLEECE / ZIPPO ハンディウォーマー交換用フリース袋 との併用は厳しそうです。ご注意ください。

また、ハンディウォーマーを入れたイス脚カバーはマジックテープがあるフリース袋と違い、口元部分がしっかり閉じているわけではなくキャップが少し見えている状態のため、高温になっているこの部分をうっかり触ってしまう可能性があります。

今回購入した キズつきにくいイス脚カバー 1脚用 AIC-03 は 4個入りでしたが、同じ商品で 16個入り(4脚分) の キズつきにくいイス脚カバー AIC-01 が売られています。

大量にカバーを使ったりストックしておきたいのなら、こちらのほうが価格的にお得な内容となっています。

参考 URL
旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン 購入 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン パッケージ裏面

イス脚カバーに収納したハンディウォーマーですが、肌に触れるにはこれだけではまだ少し熱いと感じていたので、市販のもう一回り大きいテーブル脚カバー キズつきにくいテーブル脚カバー 4個(1脚分) ブラウン AIC-02 を購入して収納してみることにしました。

参考 URL
旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン に Zippo ハンディウォーマーを入れてみたところ 旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに Zippo ハンディウォーマーを収納したところ

テーブル脚カバーに Zippo ハンディウォーマーを入れてみます。

このテーブル脚カバーはハンディウォーマーがすっぽり入るくらいのゆったりとしたサイズですが、口元がゆるいため簡単に取り出せてしまいます。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに、フリース袋に入れた Zippo ハンディウォーマーを収納したところ

フリース袋に入れた Zippo ハンディウォーマーを、テーブル脚カバーに収納したところです。

これならハンディウォーマーがカバーから勝手にでることなく、収納することができます。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン、

こちらはイス脚カバーに入れた Zippo ハンディウォーマーを、テーブル脚カバーに収納したところです。

先ほどのフリース袋と同じように、ハンディウォーマーがカバーから勝手にでることなく収納することができました。

これらのイス・テーブル脚カバーを使うことで、フリース袋を使うことなく温度調節ができるようになります。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに入れた旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーの口から Zippo ハンディウォーマー本体が見える状態、ハンディウォーマー本体が見えるところを触ると熱いためやけどする恐れあり

ハンディウォーマーを収納したイス・テーブル脚カバーの口元部分です。

口元部分からハンディウォーマーのキャップが見えてる状態となっているので、高温になっているところをうっかり触ってしまうと恐れがあります。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウンに、Zippo ハンディウォーマー入れた旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいイス脚カバー AIC-03IV アイボリーの入れる向きにして収納したところ、イス脚カバー AIC-03IV アイボリーの口から Zippo ハンディウォーマー本体が見えなくなった状態

高温になっているハンディウォーマーのキャップを触らないようにするためには、イス脚カバーの入れる向きを変更します。

ハンディウォーマーを入れたイス脚カバーの口元部分から先に入れれば、高温のキャップが見えなくなりますので、誤って触ってしまう心配がなくなります。

旭電機化成 スマイルキッズ 傷つきにくいテーブル脚カバー AIC-02 ブラウン、個体差のためかカバー口元部分がゆるいものがある

手持ちの 2台の Zippo ハンディウォーマーをイス・テーブル脚カバーに収納したところですが、同じテーブル脚カバーでも、口元部分にたるみがあるもの・ないものがありました。

特に問題となるわけではないのですが、この辺は商品の個体差なのかも知れません。

Zippo ハンディウォーマー & オイルセット ZHW-15 チャック付カイロベルト

カイロベルト ファスナー付 購入 カイロベルト ファスナー付 パッケージ裏面

体の特定部位にハンディウォーマーを固定して温めたいのなら、カイロベルト が非常に便利です。

ハクキンカイロ社から ハクキンカイロ専用ハクキンベルト が売られていますが値段が高く、ハクキンカイロ社直販サイトからしか購入できないようです。

そのためカイロベルトを購入するとなると チャック付カイロベルトマジックテープ付カイロベルト のどちらかになるかと思います。

どちらを買うか迷いましたが、マジックテープより金具を使って止めるタイプのほうがしっかり装着できそうなイメージがありましたので、今回は チャック付カイロベルト を購入しました。

大抵の体の部位は上記のカイロベルトでほぼ網羅できるかと思いますが、首のうしろ第 7 頚椎の下 「大椎」 を温めたい場合は、暖か朗 II という商品がいいかもしれません。

値段が少々高いのですが体を温めるのには効果的な部位ですので、その場合はこちらの商品が便利だと思います。

参考 URL
カイロベルト ファスナー付 ファスナーを開けたところ

カイロベルト(ファスナー付)のチャックを開けたところです。

この中にハンディウォーマー(ハクキンカイロ)を入れてチャックを閉めます。

カイロベルト ファスナー付 体に接触する面側

カイロベルト(ファスナー付)のチャックがある面の反対側です。

この部分を体の部位に当ててベルトで固定します。

カイロベルト ファスナー付 伸縮自在ゴムベルトとワンタッチ止め金具

体に固定する際に使用するゴムベルトと金具です。

画像右側の金具で長さを調節し、画像左側の金具でゴムベルトの輪の部分に引っ掛けて体に固定します。

カイロベルト ファスナー付 ワンタッチ止め金具で伸縮自在ゴムベルトにつなげた状態

ゴムベルトの輪に金具を引っ掛けたところです。

カイロベルト ファスナー付のファスナーを開けて、Zippo ハンディウォーマーを収納したイス・テーブル脚カバーを入れたところ

カイロベルト(ファスナー付)にハンディウォーマーを収納したイス・テーブル脚カバーを入れたところです。

ハンディウォーマー本体にイス・テーブル脚カバーの厚みが加わっていますので、斜めにしながら入れるようにすると収納できる感じになっています。

カイロベルト ファスナー付に Zippo ハンディウォーマーを収納したイス・テーブル脚カバーを入れてファスナーを閉めたところ、ベルトの長さを調節して暖めたい部位にフィットさせる

ハンディウォーマーを収納できたらカイロベルト(ファスナー付)のチャックを閉めて、温めたい体の部位にゴムベルトで固定します。

ウエスト 115cm まで対応しているので数字で見ればかなりゆったり仕様ですが、ゴムの伸縮を含めたサイズなので、特にお腹回りに装着する際にはかなり窮屈に感じるかもしれません。

カイロで温める体の部位は大体決まっているようですので、あらかじめどの部分に当てておくと温まりやすいのかを把握しておくと、カイロベルトをより有効に活用できます。

同じ部位に長時間カイロを当て続けると、低温やけどになる可能性がありますので、管理には十分気を付けて寒さに備えましょう。

参考 URL
関連記事

awgs
Posted by awgs

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

英数字フィルタ、URL フィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)コメントの内容によっては削除することがあります